プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

幸せを見せてくれて、感謝

今日は冬靴を出したり、厚手のコートを出したり、
ベッドも厚い布団に変えて・・・と、でも今日は11月としてはかなり気温も高め。
でも、確実に今週末頃にはまた雪を見るかも。
今年の秋はほんとに一瞬で過ぎていきました。


20171101lu1.jpg 
ふっさふさの毛玉。これは何でしょう?


20171101lu2.jpg 
ルカちゃんが丸くなって寝ているの。


20171101lu5.jpg 
ルカちゃんが多少すっきりしていたのもつかの間、
またもゴージャスな毛皮を見せびらかす季節の到来です。
「立派だお」


20171101flo1.jpg 
先日、庭で咲いている花も最後、と、友だちがたくさん持ってきてくれました。
いいなぁ、庭があるってさぁ。



今日は1年前にLin家から送り出した黒猫の女の子トラムちゃんの近況の写真を。

もうもう、本当に驚きました。
涙と鼻水でぐちゃぐちゃだった、ガリガリでしょんぼりしてた、あの黒猫が・・・

あ、「あの黒猫」─Lin家で預かっていた時はこんな子。
   ↓
20161002tr1.jpg 
たしか生後4か月近く・・・と聞いていたけど、せいぜい2か月くらいの体格しかなかった。
大丈夫か~  というのが第一印象。(今だから言える本音)


それが・・・  ↓ 1年後

20171023tr1_2017110122415152c.jpg 
なんてまあ、堂々たる美猫女王様!
ツヤツヤのブラックコート。寂しげな気配なんてみじんもない。
まさに「トラム姫」です。


20171001b_t.jpg 
お兄ちゃん猫のボルタちゃんも妹のトラムちゃんをかわいがってくれている。
ボルタちゃんはうちのまいこ~よりも大きいからね、さすがにトラムちゃんとの対格差は・・・(笑)



あの子がこんなに幸せになるなんて、と感慨ひとしお。

だってねぇ、、、(まだ続く、今だから言える本音)
あの時・・・きっとこの子はなかなか貰い手が見つからないのでは、
黒猫はあまり人気がないとも聞くし・・・と、胃がきりきり痛んだものです・・・


20161002tr3.jpg 
こんなにちっちゃくて、涙と鼻水焼けで変色した顔。
ひどい猫風邪で死にそうだったところを保護されて、うちに来る前は数日入院してたんだもん。
それだけに、なんとかいいおうちとご縁を結ばせてあげたいという思いも強く。


20161002tr2.jpg 
それほどこの子は・・・と心配していた子だったのに、
本当に世界一のパパとママが迎えに来てくれた!
(なんだか懐かしくて、1年前の未公開写真を掘り出してきました)



きっともうトラムちゃんは自分がお腹を空かせて寒くて凍えていたことも
全部忘れちゃったろうな。
生まれながらに自分はお姫様なんだ、と思っているんだろうな。
そう思って暮らしてくれることが、私の一番の望みでもあります・・・

よかったなぁ、トラムちゃん。
強運は才能の1つだからね。
これからもずっとブイブイアマアマで幸せにね。


20171101chi2.jpg 
「ちぃもお姫様にゃにょ?」
ママは「千夜という猫のニンゲン」でしょ。「Linさんの猫」じゃないもん(笑)



20171101lu4.jpg 
「あ、ままん、言わにゃくてもわきゃってるお。
りゅ、りゅかたんはプリンスにゃんだおにぇ」
・・・・そ、そういうことにしておいても。


20171101mj1.jpg 
「・・・おりぇは・・・?」
せ、世界一の息子さっ!


20171101mj2.jpg 
無邪気に「自分が一番愛されている」と信じるこの子たちと出会えた奇跡にも感謝。
出会えていなかったら、この子たちもとうに・・・と思うから。


20171101mj3.jpg 
こうして日に日に寒くなってくると、Lin家から送り出したすべての子たちが
この冬も暖かく幸せな気持ちで過ごしていられることに、
つくづく・・・感謝です。



ポッキーが遺したもの

昨日10月27日早朝に、
国内最高齢(24歳以上)だった円山動物園のサーバルキャットのポッキーが永眠しました。

大往生です。
最期の最期まで、凄まじいまでの生への執念を燃やしていたサバンナの野生の猫は、
ついに─ついに息を引き取りました。

25日夕方から心配していた呼吸困難の病状も出てきたため
園内の動物病院のICUに入院。
前日24日に行った時、呼吸に問題さえ出なければこのまま住み慣れた場所にいられる・・・と
願っていた矢先だった。

20171028zoo1.jpg 
ポッキーが消えたポッキーの部屋。
すでに床の砂もきれいに掃かれ、足跡一つ残ってなく─


20171028zoo2.jpg 
藁の寝床のこのくぼみだけ─ポッキーの気配が残っていた・・・


20171028zoo5.jpg 
 ↑ 園長コメント。
これまで飼育動物の死去に際して、このようなコメントをわざわざ発表したことはなんてあったろうか。
とてもいい内容だと率直に感じました。



20171028zoo3.jpg 
献花台は動物園センター内に。
ポッキーの部屋の前に設置してくれてもいいようなものを。
そう思って、生花ではなくクラフトのリースを用意していたけれど、
まるで園側の従業員みたいな口を利く常連がまた張り付いていたので、ゲリラ戦法も叶わず─


20171028zoo4.jpg 
常連の一人のカメラマン氏が提供してくれたポッキーの遺影。
ポッキーらしい、いい表情です。


20171028zoo6.jpg 
「職員一同」からの供花。
園長コメント同様これも初めて見た。
ポッキー以上の年数を務めている人の方がわずかなのかもしれないものね。
それほどポッキーの死は、職員の人たちにとってこそ大きな哀しみだったのかもしれない。



老いたポッキーの姿を見るたび、心配と感動が重なり、
だんだん心から離れなくなり、、、いつのまにかすっかりインスパイアされていたみたい。
もう二度と、永遠に、あの命に会えることは絶対に絶対に絶対に─ない、
だから、死は哀しい。寂しい。いくら大往生であっても、そこのところはね。。。


それでも、元からポッキーは大事に飼育されていることがよく伝わってきていたし、
特に体調を崩してきてからは細やかに、そして必死にケアされていた。
展示室にいるときからこまめに寝返りをさせたり数回に分けての食餌の介助、
暖房やヒーターだけでなく、体温低下を防ぐため、さらに湯たんぽやドライヤーを使ったり。
ほぼペットのイエネコ同様の徹底したケアがなされていたので、
その点は園の関係者の方々には本当に頭が下がる思いがする。

これがポッキーに対してだけでなく、
たまたまポッキーを担当する飼育員が熱心だったから だけでなく、
園のすべての飼育動物に対して普通になされる動物園であってほしい、と
「改めてその点の重要性に気が付いた」と言わんばかりの園長のコメントにもある通り
これから、そんな円山動物園になってほしいな。
そんなところで共感しあえる動物園になってほしい・・・

ポッキーが偉大なのは、
それをみんなに気づかせ、しっかりと心に刻み付けたから。
それほど、ポッキーの生きざまは、どんな偉人のどんな名言よりも説得力があった。
20170924zoo9.jpg 
さようなら、ポッキー。
本当に立派でした。











20171028lu1.jpg  
「ままんも、これでとりあえずほっと落ち着くきゃにゃ・・・」


20171028mj2.jpg 
「また気ににゃって目が離せにゃくなる動物を見つけてしまうぞ」
それはいやだなぁ。気になったって、自分で思い通りにできない対象はストレスの元だもん。




生命力

20日とそして今日、円山動物園のサーバルキャット、ポッキーに会ってきました。

20日に行った時、いや、行くたびに動けなくなってきたポッキーを目の当たりにし、
会える時に会っておこう、あの目を見ておこう、命は永遠じゃないから、
いつまでも「次」があるわけではないのだから、と心に決めていた。

20171020mzoo10.jpg 
ふらつきながらも必死にゴハンを食べる20日のポッキー。
いつもの量の半分程度は何とか自力で食べられていると聞いた。


20171020mzoo9.jpg 
数日前にケガしたという尻尾の付け根の傷はふさがりつつあるように見えるけれど・・・
ほとんど前脚でしか体を支えられない。


20171020mzoo12.jpg 
歩いて、倒れこみ、そしてそのままじっと・・・
いい、いい。無理するな。休みなさい、ポッキー。



この日からポッキーの真ん前には人が行けないよう、規制線が。
こんなポッキーに、それでもガラスをたたくヤカラが前日にいたとのことで。


20171020mzoo13.jpg 
次の休みの日にも必ず会いに来るから。
会えるよね、ポッキー。
と、心の中で声をかけて後にした、20日。



そして、今日。
いつもは昼過ぎに到着するのだけど、今日は10時半頃には到着。
はやる気持ちと不安を胸にポッキーのいるキリン館に急いだ。


規制線はさらにとなりの若いサーバルキャット、エンちゃんの手前まで広げられていた。
ポッキーの姿は遠目にやっと確認できる程度になったけれど、
このほうがいい、ポッキーが安らげる、と安心した。


20171024zoo1.jpg 
寝たきりになったポッキーは、藁のベッドの中に横たわり、点滴をされ、毛布に包まれていた。
獣医師が掌で差し出すゴハンをそれでも必死に食べていた。


20171024zoo2.jpg 
病室となったポッキーの部屋。
毛布に包まれ、さらにハロゲンヒーターであたため、そして点滴・・・
ずっとポッキーを見守っている人の話では、昨日よりは今日のほうが頭や上半身をよく動かすし、
掌で与える限りは食欲もそこそこ保っている、とのことだった。
幸い心臓も丈夫で、呼吸にも問題はなさそうとのこと。
苦しんでいるようには見えなかった。苦しい思いはしてほしくない・・・・

20171024zoo4.jpg 
ポッキー、えらいね、立派だね。あなたにはかなわないな。
あなたを見守る永年のファンの人たちみんなが言っているよ、「頭が下がる」って。


20171024zoo3.jpg 
少しだけ、頭を上げて遠くにいるこちら側を見てくれた。
そうそう、ポッキーはそうでなきゃね。その目を見せてくれてありがとう。
また土曜日に会いに来るからね、と約束して後にした・・・



切なさと感動が入り混じった感情を抑えることができない。

動物は人間のように生と死を理屈で表現するのではなく、
こうして体を張って示す。
老いたから、とか、どこかが痛いから とか人間みたいな言い訳も思いつかないだろう。
生きることを諦めない生き方─バカみたいとも思うけれど、
やっぱりこれが命あるものにとって一番大事なことではないか、と感じさせられる。
別な言葉で言えば、それを生命力 というんだろう。




今回ポッキーは、園内の病院で入院治療させるより、
住み慣れた展示室での治療を最後まで続けるのがポッキーのため、という判断になった。
その闘い続ける姿を通して限りある命の尊さを感じてほしい、という主旨が
園側から出されているけれど・・・となりのキリンも今は空き家なのだから、
もうこの辺でキリン館は閉鎖してもいいのではないか、という気がしている。

静かに、今のこの環境で過ごしてほしい。
事情をよく知らない来園者も多いのだから、その無遠慮な気配や視線に惑わされることなく。

もちろん、少しでもそばにいて見守り続けたいと願うファンの人たちの気持ちもわかるのだけどね・・・
私も一目でも顔を見られたら安心する、けれど、
とにかくポッキーが苦しまず、快適に過ごしてくれることを第一にしてほしいとも思うから。


円山動物園には、いや日本全国の動物園は高齢の動物ばかり。


20171020mzoo8.jpg 
高齢になって、神々しいばかりに白くなった、シンリンオオカミのジェイ。


20171020mzoo15.jpg 
すっかり痩せてしまって、こんな細い淵までスイスイ歩いちゃう、アムールトラのアイちゃん。


20171024zoo5.jpg 
42歳のカバのザン嬢は気持ちよさげに屋外で日向ぼっこ。


20171024zoo7.jpg 
ヒマラヤマグマのこの子たちも20歳を過ぎているけれど、
大事にされて長生きしてほしいな。


20171024mj1.jpg 
もちろん、おまえたちもね。おまえたちがとてもとても大事なんだから。。。




旭山動物園で切ない気持ちに

少しでも独りの時間を持とうと、16日に旭山動物園、そして昨日は円山動物園に行ってきました。
(行ってきたよー、チーママ!)

20171016mj1.jpg 
「にゃんでわざわざでかいにゃんこを見にいくんだか。
おりぇよりもできゃいのきゃ?」
・・・うーん・・・おまえにはかなわないけどねぇ。



まだ体が寒さになれていないせいなのか、
それなりにかなりの防寒体制で行ったというのに、
旭山動物園では本当に寒い思いをしました。
なにせ、この日は最高気温も10℃に満たない。
でも、それでも+の気温でしょー、真冬には-の気温が当たり前に過ごすんだからー、と思っていたら大間違い。
ダウンを着ていくべきだったと後悔・・・


20171016azoo16.jpg 
すっかり晩秋の旭川。 ↑ 動物園内の温度計。



というのも、旭山動物園は円山動物園と違って、
基本、展示動物の多くは屋外展示で、
観察するお客さんも屋外からのみがほとんど。

今になって、室内外両方の展示が可能な円山動物園の良さを感じました。
それは来園者が天候にさほど左右されない、という便利さだけでなく、
動物たちにとっても負担が少なくて済むんだ、と気が付かされたからで・・・


20171016azoo14.jpg 
 ↑ そう強く感じたのが、20歳を過ぎた老ライオン夫婦のライラとレイラの姿を見て。
+9℃の気温でも風が吹くと凍える体感温度になるというのに、見るからに寒そうにしていました。
真冬でも悪天候でない限り3時間程度屋外展示になっているらしい。
真冬の旭川の気温は札幌の比ではない。


20171016azoo15.jpg 
上から見ると、1歳年上のレイラがぴったりライラにくっついていた。
・・・ほほえましいではなく、こんな寒そうにしている姿は見たくない と正直思った。
何か、工夫の余地はあると思うのになぁ。ヒーター入りの床暖房を設置するとか。




ともに20歳を超える大長寿夫婦なのだから、きっと旭山動物園としてもこれまでの飼育方法に
何らかの確信や方針があってのことと思う。
でも、正直、今はもう清掃の時間しか外に出されず、
冬季間は室内展示だけの円山動物園のライオンのほうが体の負担は少ないように思えるし、
見る観客側としても安心できる・・・


20171016azoo17.jpg 
昨年まで体調を崩してしばらく非展示だったというライラ。
単なる感情的な主観だけで言えば、もうなるべく寒い思いはさせてほしくない、
冬は日光浴を兼ねた1時間程度の展示でもいいじゃない  と感じてしまう。
(心配です・・・と旭山動物園にメールを出した)



季節や天候によって、屋内外展示を切り替えられる円山動物園の施設は
なにより動物にとっていいことなんだな、と改めて気が付かされた・・・


20171016azoo1.jpg 
 ↑ 円山動物園の建設中のホッキョクグマ館が完成したら、
きっとこんな風に水中のホッキョクグマも見られるようになるんでしょう。


20171016azoo2.jpg 
 ↑ 旭山動物園の唯一のオスのイワン。



20171016azoo18.jpg 
水中ではなんて身軽なんだろう。また2回ともガラス前に陣取って堪能しました(笑)



20171016azoo3.jpg 
 ↑ 1歳を過ぎた、これでもまだ仔虎のオスのソーンは、
すでに母トラのザリアよりも大きくなっていました。
妹のナージャとはかなりの対格差に。


20171016azoo4.jpg 
もちろん、父トラのキリルの大きさにはまだまだ・・・


20171016azoo6.jpg 
今回初めて、やっとお目にかかれたユキヒョウの子ども「リヒト」。
こちらも1歳を過ぎ、母親のジーマより一回りも大きく。


20171016azoo7.jpg 
でもまだまだあどけない表情で、ジーマにしきりにすり寄って甘えていました。
そして、5歳くらいの人間の男の子に大興奮して、一緒にフェンス越しに駆け回っていました。
子どもだから、子どもには特に関心を持つのかなぁ。


20171016azoo9.jpg 
アザラシの水槽はとても深い。


20171016azoo11.jpg 
オランウータンのオスの大きな大きな手。飼育員からおやつをもらう。


20171016azoo12.jpg 
午後、ザリア親子の後に交代展示になったのは、たしか21歳のアムールトラの のん。
アムールトラには厳しい真夏を乗り切ってくれました。


20171016azoo13.jpg 
国内の動物園には超高齢の動物たちが本当に多くいます。
生まれたばかりの子たちの成長が楽しみ以上に、
高齢のこの子に、次もまた会えるだろうか、という気がかりが多くなって・・・



というわけで、芯から冷え切ってその後もなんだか寒気が続き・・・
まあ、風邪ではないようなのでなんとか乗り切っています。

久しぶりの旭山動物園ではいつも通り感動と感心を味わいつつも、
円山動物園よりも先にできていた施設には疑問も感じる部分も気が付き・・・
いろいろ不安や疑問も感じました。

それでも1日プチ旅行でずいぶん気分転換にはなりましたよ。
(写真には撮れなかったけれど、イボイノシシの展示が本当にユニークで)


20171020chi1.jpg 
「そいで、昨日は今度は円山動物園に行ってでちょ・・・」


昨日の円山動物園については近日中に。
もしかしたら、次の火曜日、また円山動物園に行くかも。


・・・超高齢のサーバルキャットのポッキーが・・・



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR