プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

営業部長交代

今日は久しぶりに猫友だちのakikoさんが遊びに来てくれた!

母と暮らすようになってから、めっきり来客も減ってしまって、
猫たちにも刺激が不足しているなぁと思っていたら・・・

案の定、まいこ~は接客を拒否して母の部屋に行きたいと鳴き続け・・・
逆に千夜はずっとakikoさんのそばから離れず、積極的。
先日、母の来客の際も、ずっと千夜がお客様の相手をして、
まいこ~は引っ込んだきりだったらしく・・・・いつのまにか営業部長が交代?
うん?まいこ~は思春期で、千夜はオトナになったということか?


20180120a_c3.jpg 
さ、ちぃ、久しぶりなんだから、ちゃんとakikoさんのお相手してね。
「わ、わかった。がんばるにゃ」


20180120a_c1.jpg 
「ちぃちゃん、お久しぶりぃ」
「・・・・」 ちぃ、顔が固まってるけど。


20180120a_c2.jpg 
「ちぃちゃん、かわいいねぇ」
「な、なでてもいいけど」 ちぃ、顔が険しい・・・ドキドキやら嬉しいやら。



しばらく母の部屋にこもっていたまいこ~も、そのうち、
やっぱりakikoさんが気になってまた戻ってきた。


20180120a_m1.jpg 
「さ、おりぇのおケツをどんぞ」
顔がキビシすぎるぞ、まいこ~!(笑)


20180120all1.jpg 
結局2匹して撫でられたり、おやつをもらったりして、そのくせ仏頂面のままの2匹・・・(笑)
久しぶりのお客様はやっぱりいい刺激になるみたいだね。


20180120lu1.jpg 
ルカちゃんは一  ずーっと冷めた眼差しでベッドにいました・・・
「びゃかみたい・・・・」



久しぶりに楽しい時間を過ごせて、私もリラックスできた~

私自身と、そしてにゃんこたちのためにも
とても価値ある時間でした。

20180120mj1.jpg 
「おりぇ、ちょっと照れてただけだきゃら・・・・
また来てにゃ、akikoしゃん」
今頃、思春期になるな・・・






動物園の朝食は遅い

今日も円山動物園に行ってきました。

アムールトラのアイちゃんが心配なのと、
エゾタヌキとヒマラヤグマが目的。

20180117zoo11.jpg 
さほど冷え込んでいなかったので、まあ今日の装備はこんな程度。
それでも誰も私とは分かるまい。ふふふ。
(動物園のトイレの鏡・・・)



エゾタヌキがいつも同じ場所で同じポーズで寝ているだけなので、
今日は10時には入園。
きっと展示場の掃除や朝食時間だろうから、寝てはいないはずだ、と読んで。


20180117zoo1.jpg 
今日は・・・地面の奥に引っ込んでこちらを警戒。


20180117zoo2.jpg 
相変わらずかあいい。
名前がわからないので、とりあえず心の中で「ポンちゃん」(←ベタ?)と呼ぶ。
ホンドタヌキに比べると、毛量があるせいなのか丸々ふかふかしててかあいいよね。



朝食が出てくればもっと動くかと期待して待っていたけど・・・
オープンキッチン式の調理室で飼育員がせっせと餌の用意はしているものの、
11時半になってもまーだゴハンが出て来ない。

16時頃になれはまた夕食になるというのに、
それから翌日のお昼まではお預けだなんて・・・
あくまで市職員の勤務時間に合わせるとこういうことになるんだろうけど、
うちの猫たちには到底無理です、こんな時間割。。。


20180117zoo3.jpg 
↑ 上から見下ろす、となりのアライグマ。「早くゴハン、って言ってきてくれよぉ」
道内で捕獲・保護された子です。こちらはせかせかとゴハン待ち。
しかし、貧弱なチッポがねぇ・・・


20180117zoo4.jpg 
この子もかあいい。けど、なんでヒゲが途中でカット?(一人暮らしです)
タヌキに比べると、どうしてもチンピラ風に感じる・・・


20180117zoo5.jpg 
ポンちゃんは、飼育員の気配がする方向をじっと眺めているだけ・・・・
この子は臆病な性格みたい。


20180117zoo6.jpg 
エゾユキウサギは臆病なので小さな窓から覗く方式なので、本当に撮影しづらい。
こちらも屋内の飼育場の清掃が入っていたため、みんな屋外に出て警戒モード。


20180117zoo7.jpg 
白いコートと雪、黒いウンコと黒い目で保護色の一族(笑)


20180117zoo9.jpg 
ウサギの後頭部が大好き。
夢のようにいいにおいがするんだよ。


20180117zoo8.jpg 
エゾリスはせっせとせかせか。
やっぱりねぇ、げっ歯目系はたまらなくかわいいと思う。
こんな風に、一心に食べている様子なんか見ていると、胸が熱くなるほど愛おしい。


20180117zoo10.jpg 
プレーリードッグも、ほら。・・・今、気が付いた。なんでニンゲン臭い耳・・・


20180117zoo14.jpg 
ライオンのリッキーも、ハイエナも、掃除とゴハン待ちでこの時間だけは外で待機。
あんたの子孫たちは、もっと寒い土地でずっと屋外展示なんだから、
リッキーはまだ恵まれていると思うよ。


20180117zoo13.jpg 
↑ 円山画伯によるリッキーの紹介パネル。
ほんとにいつもウマサとハイセンスに感服します・・・


20180117zoo15.jpg 
リッキーは屋内に早く入りたくて、踏み台の上を何度も往復。
(意地でも雪の上なんか歩くもんか)


20180117zoo16.jpg 
ライオンのオスとしては地味な顔立ちかもしれないけれど、
時々ちょっと気弱な表情も浮かべるところが憎めない。


20180117zoo17.jpg 
 ↑ 円山画伯作詞?のシマウマ D.Jのテーマ曲。 メロディは各自の自己責任で。


20180117zoo19.jpg 
ヒマラヤグマのトモちゃんは戸外で仰向け寝。


20180117zoo20.jpg 
ユキヒョウのリーベは、相変わらずメイン放飼場のアクバルに熱い視線・・・



この春もユキヒョウの繁殖はアクバル&シジムとのペアリングになる予定なので、
しばらくリーベは外に出られないのでは。
ユキヒョウのベストシーズンなのに。
それまたリーベのストレスが大きいなぁ・・・と心配。


20180117zoo21.jpg 
なにもかも、人間の思惑・都合と勝手で、かわいそうなことするよね・・・


20180117zoo22.jpg 
アクバルはサブ放飼場のシジムにソワソワしてた。



そして、アイちゃんのお見舞い。

今日は少しでも良い傾向を発見出来たら・・・と期待していた。
ただただ自分が安心したいための勝手なんだけど。


20180117zoo23.jpg 
しばらくは屋内展示場の台の上でうとうと眠るだけだった。
寝姿だけでも、さらにやせていた。朝食に置かれた馬肉には一切口を付けた様子もなく─


20180117zoo24.jpg 
しばらくしたら起きだして、まずは爪とぎ。



今日は感情的になりたくないと思っていた。
けど─


20180117zoo25.jpg 
放飼場を出るとき、いまだにアイちゃんは、かつて晩年のタツオがいたサブ放飼場を見つめる。
「タツオさん、まだ帰っていないのね」



タツオはかつて2年ほど帯広動物園に移っていた期間があったから、
アイはきっと今も、タツオがそのうち帰ってくる、と思っているのではないかな・・・

それが哀れで、辛くて、また泣く。。。


20180117zoo26.jpg 
腰の肉が完全にこそげてしまって腰骨が浮いている。
アイちゃん、だめだ、少しでも食べてよ。


 
20180117zoo29.jpg 
タツオと仲良く一緒に暮らしていた頃の、
おきゃんでプクプクしたアイちゃんをもっと見ておけばよかった・・・



また会いに来るよ、と約束。
つらいけど、会わなきゃ。会っておかなきゃ・・・


20180117chi1.jpg 
「ママ、ゴハンは?」
うちのゴハンタイムはだいたい7時-22時前後です。
日中は高齢者(母)ををたぶらかしてオヤツをもらっています。


もしや、更年期障害とも言う?

今日は千夜の月一の通院。

今でこそ月一になったけれど、つい最近までは2週間に一度、
最盛期?は毎週でした。

ちょうど1年前の今頃に発症した、原因不明のお腹部分の皮膚疾患。
小さな傷が治らない、と診てもらっているうちに、
びらん・潰瘍状態の傷がひどいときはお腹全体、
さらには後ろ足のかかと部分にまで広がってしまい・・・
生検でアレルギー性とは分かったものの、何のアレルギーなのかまではさっぱり。
今の病院の先生の見立ては、具体的な原因物質から発症しているアレルギー症状ではなく、
おそらく免疫不全(暴走気味)がもたらしているとのことで、
おととしの原因不明の神経症状、高熱もおそらく原因は同じ、と見ている。

この1年、あれこれ薬剤やサプリを、量や組み合わせなどを試行錯誤し、
一進一退の状態がずっと続いていたのだけど、
昨年11月ごろからやっと・・・傷の面積が縮小し始め・・・

ずっと定着していた3か所の傷のうち、2か所がついに消えたんです!

(ちょっとグロいので閲覧注意)



20180113chi1.jpg 
↑ 現在は一番大きな部分1か所だけに。
この部分もそれでも面積がかなり縮小したんです。
この傷の上と下にも恒常的に同じ傷があったんだけど、それが完全に治った!


20180113chi3.jpg 
常にじくじくした状態なのに、本猫、ほとんど気にする様子もなく。
それが一番助かった・・・
痛がったりかゆみがあったりしたら、本猫も飼い主ももっとオタオタしてたと思うから。



今日、病院の先生がしみじみ「まだ完全じゃないけど、ようやく治癒への勢いがついて、
ここまで丸1年、本当にかかりましたよねぇ」
で、改めて「こんなに治りにくいのもやっぱり免疫機能のバランスが崩れているからだと思います」と。

というわけなので、バランスを崩しているうちはこれからもあれこれ
いろんな原因不明の症状が出るかもしれないけれど、
そのうちさらに歳をとれば免疫力は嫌でも落ちてくるので、いずれ落ち着くはずだ、とも。

という話を聞いて、、、、
にゃんこの8歳前後は人間の更年期とおんなじ、とネットで見たことを思い出し・・・


20180113chi2.jpg 
ちぃ、「命の母A」でも飲んでみる?
「案外、効果てきめんきゃもにゃ」



・・・猫に飲ませても問題ないような、更年期用のサプリはないものか・・・
ちょっとホンキで試してみたい気も・
飼い主はさほど目立った更年期障害は感じたことがないのに、
愛猫はもしや・・・


20180113mj1.jpg 
「おりぇも更年期で腹がすく・・・」
そんな症状、聞いたことないぞ。



「あと3か月くらいっかなー」と病院の先生と話して、
1か月分の薬をもらって来た。
現在は抗生剤とステロイドの組み合わせを続けています。

春にはぺろんときれいなお腹に戻っていますように。


出遅れました

あたたたた・・・年が明けて、早10日になりました。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もLin家を覗きにきてくださいね。

元旦からずっと5連勤、母が体調悪かったり、
職場でインフルエンザ流行で人員不足のため休日返上もあったりで、暗雲たちこめる幕開け・・・
それでも私自身はたまに怪しげな体調ながら、
インフルエンザをも寄せ付けない固い意志(感染するわけない、と呪文を唱える)で
なんとかこんとか乗り切っている毎日です。

うちの子たちも年々・・・全員ますます甘えっこ全開。
先日、愛玩動物の精神疾患にかかわる文献を読んでいたら、
特に千夜が分離不安症の傾向「大」ということもわかり(笑)。
「猫は人間にはべったりしない動物」という当時の一般論、
今にして思えば大ウソもいいとこだよねぇ。

飼い主にくっついて楽しいうちはいいけど、
飼い主がそばにいないと不安に感じるというのは幸せじゃないでしょうに・・・


20180110chi1.jpg 
「いや、ちぃはツンデレにゃんだから、そんにゃ甘えっこじゃにゃいもん」
ものすごく俊敏な取り繕い方はいつものこと・・・(笑)



千夜は今年満10歳になる。節目の年。
おととしから続いている免疫不全が原因と言われる症状も完全に治まって、
安定した健康状態を取り戻してほしいな。


20180110lu2.jpg 
「ちぃたん10歳。それじゃあ、ままんも歳とるわけだおぉぉ」
・・・・おだまり。



ルカちゃんとまいこ~は今年の春には満8歳に。
この子らも今までは無病息災でいてくれたけど、
そろそろ何かしらの問題も生じやすくなってくるお年頃。
ちぃもちょうどこの時期だったからね。
食べるものもさらに少しずつケア系に変えていこうかと考えています。


20180110mj1.jpg 
「明けましておめでとうごじゃります。今年もいっぱいママに抱きついて寝るにゃ!」
一晩一緒に寝てあげると、翌日1日中ハッピーでいられる子・・・



自分や老母、そしてこの子たちの現状を維持するというのが、
実は年々困難になりつつある、というのを実感しています。
「飛躍」どころではない(笑)


それでも、先日1日だけの休みの時に今年初の円山動物園に。

気分転換のつもりだったんだけどね・・・


20180106zoo10.jpg 
今年は戌年。円山動物園のイヌ科動物の代表はやっぱりシンリンオオカミのジェイ。
野生下では生存限界を超えた齢になりましたが、
今も威厳ある堂々とした姿と美しさ。


20180106zoo11.jpg 
息子のルークも元気。目の状態がいつも心配だけど、
ルカちゃんのように視力が全くないといった様子は見られない。
もう1匹の息子のショウはサブ側でした。


20180106zoo7.jpg 
ホッキョクグマのリラはおもちゃ遊びに夢中。


20180106zoo8.jpg 
ママに似て美人ちゃんになってきたね。
もうすぐ、新施設に馴れるための移動開始。
事故がないことを祈っています。



20180106zoo5.jpg 
アムールヒョウの男前アクバルがガラス越しに見つめるその先には・・・


20180106zoo4.jpg 
麗しのリーベ。いや、ほんと美しい。


20180106zoo14.jpg 
午後からはメインとサブの放飼場でアクバルとシジムが入れ替え。
おそらくこれからの繁殖シーズンに向けての準備のためでしょう。


20180106zoo15.jpg 
シジム、今年はあなたもママになれるといいね。




あ、エゾタヌキ?

20180106zoo13.jpg 
・・・・3週間ほど前に見た時と全く同じ状況・・・・(笑)
これは朝イチとか時間帯を変えないとだめかなぁ。


20180106zoo12.jpg 
でも、起きてはいたみたい。
うっわ、超ラブリー。うっわーーー、こんな子、ほしいっ!
なんでアイドルにしないの?



そして・・・最近は体調も少し安定しているといわれるものの、
慢性腎不全の進行が心配されているアムールトラのアイ。


20180106zoo3.jpg 
雪の中を歩く様子もけだるげで力なく─。
夕方室内に出された馬肉にも口をつけることもなく。
3週間前に見た印象とは大きく変化していたことにショックを受けた。


20180106zoo1.jpg 
この痩せた姿に思わず─。
どうしたの、アイちゃん。なんでこんなにガリガリになっちゃったの。
ちゃんと食べなきゃダメでしょ。タツオさんも心配するよ。
と、写真を撮りながら泣く・・・


20180106zoo2.jpg 
アイちゃん、あなたにはいつまでこうして会えるんだろう。
それはきっとそんなに長くはないのかもしれない。
わかった、それは覚悟しておくよ。永遠の命は元からないのだし。
でも、アイちゃん、できれば健康を取り戻して、
もっともっとこれからもたくさん会えると確信できたら・・・・



死の直前のポッキーや、旭山動物園ののんちゃんやライラから感じた空気感があって、
それがショックで悲しくて泣けて仕方なかった・・・

また切ない気持ちで会いに行く動物ができてしまったなぁ・・・


20180110mj2.jpg 
「行く目的はトラとクマとタヌキ・・・おかにゃんの趣味らしいにゃ」



20180110lu1.jpg 
「りゅかたんたちを置いて一人で出かける理由にはにゃらにゃいお」
・・・でも、一人になる時間がままんには必要なんだよ~



今年は、少しはきれいな動物の写真が撮れるよう励みまする。


20180110chi2.jpg 
こら、ちぃ!また戸棚を開けて入り込もうとしてる・・・!



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR