プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

かわいそうなルカちゃん

あっというまに秋風が吹く・・・
7月の一時的な猛暑も夢だったかのよう。
ついに8月はほとんど30℃にも満たない程度の暑さでこの夏は終わりです。

千夜のお腹の傷は相変わらず。
それでも、他に特に問題もないので、ちょっと甘くするとすぐに体重も増えがち。
なので、ここ数日はきっちり決められた量のゴハンで、
母にも日中おやつはあげないように、と厳しく言いつけていたのだけど・・・

20170829m_l1.jpg 
今時期になると野草もおいしくなくなってくるけど、
うちの子たちはそれでも「ないよりはマシ」と、ワシワシ食べています。



先日、いつものように夜遅く帰宅した私に、
母が寝室から半泣きで出てきて、「ルカちゃんが・・・!」と。

いったい何があったのかと驚いてどうした?と聞いたら(ルカちゃんはいつも通りすでに私の足元)・・・

「夕方過ぎからちぃとルカちゃんがお腹すいた、としきりに泣いていたんだけど、
おやつはダメ、ママの帰りを待ちなさいと言っていたんだけど、
ふと見たら・・・
ルカちゃんが空のゴハン入れを必死になめていたのよ~!」


うわ゛ーーーーーっ!!! (思わず絶叫する私)


そそそ、そんな切ない光景、思い浮かべるだけで泣きたくなる!
母が「かわいそうで、かわいそうで。だからちょっとだけおやつあげた」と涙ぐむのも当然。

20170829lu3.jpg 
「にぇ?りゅ、りゅかたん、きゃわいちょうでちょ?」



「ルカちゃん、ごめんね、今すぐゴハンだからね」といつもより多めの豪華猫缶ディナーを提供。


20170829chi2.jpg 
「ちぃだってお腹すいてたのはおんなじにゃんだけど」
ちぃちゃんにはルカちゃんほどの哀れさはないでしょっ!



フードはいつも少し残っているくらいで、その日もいつもと同じ量だったのに、
どうもまいこ~がいつも以上ににもりもり独占して食べつくしたらしく。
その証拠に、まいこ~だけは「早くゴハン」とせがまなかった。


20170829mj2.jpg 
「・・・え。おりぇがわりゅいってのきゃい?」
あんた一人で3匹分食べたんでしょ。・・・これじゃ痩せないよね・・・


20170829m_l2.jpg 
「こ、こんにゃヤツと一緒にゃんだお。りゅ、りゅかたん、いちゅも飢えてるにょ・・・」
─ちょっと待て。


20170829lu2.jpg 
「りゅ、りゅかたんさぁ、目が見えにゃいでちょ。
だきゃら、いっちゅもちぃたんとまいきょたんに食べられちゃって、
りゅかたんは全然食べりゃれにゃくてにぇ・・・」
─おいおい。ルカちゃんだけいつも猫缶はちぃとまいこ~の倍量でしょ?
カリカリだってけっこう食べるようになったし。


・・・ルカちゃん、なんてかわいそうに、と母も私も半泣きになったけど、
いや、冷静に考えてみると、別に丸1日何も口にしていなかったわけではないし、
いつもより早くカリカリがなくなっただけで、それでいつもよりお腹がすいただけ。

どう考えても、ちょっぴりかわいそうなだけで、とんでもなくかわいそうなことじゃない!
なのに、母も私もこの動揺ぶりときたら・・・
ついついルカちゃんの哀れっぽさを真に受けてしまった。

2人とも完全に猫に支配されてるよ・・・はぁ。


20170829lu1.jpg 
「・・・・ちっ・・・」


20170829mj1.jpg 
「おかにゃんよ、ゴハンが足りにゃいってことにゃんだりょ?」
いや、ダイエットだからと言って基準量以下には絶対にしていないもん。
誰かが基準量以上を食べてるってことでしょ!


今後もダイエットはきっちり続けなきゃ!
※本日の測定 千夜とルカちゃん 5.5㎏  まいこ~ 7.8㎏
   ・・・少しも減っていなかった・・・


健康問題の順番

千夜のお腹の湿疹は、わずか・・・に傷が乾いて小さくなってきました。
お腹はそんな程度だけれど、足の方はほぼ完治。

ここ1か月、ステロイドの塗り薬をやめて、ステロイドと抗生剤投与を続けてきたのだけど、
獣医師は「抗生剤が効いている」として、徐々にステロイドを減らして抗生剤は当分続けよう、と。

でもねぇ・・・ずっと千夜のお腹の傷の状態を見ている飼い主としては、
これは効いているうちには入らない、
これほどの量のステロイドと抗生剤を投与して1か月でこの程度か、というのが正直な実感。

どちらかというと、きっと千夜の暴れる免疫が今は少し下降気味の時期になっただけ、という気がしている。

まあ、今はステロイドも減量しているのでいいけれど、
あまり効いているとも思えないのに薬剤漬けにしているようで、そちらも心配・・・


20170823c_l1.jpg 
今日は久々30℃近くまで暑くなりました。
おまえたち、くっついていないほうがいいと思うよ・・・


このアレルギー性の湿疹がお腹に出現して、約7か月にもなりました。。。
いまだ突破口が見つからないまま。


20170823di1.jpg 
暑くて何も料理したくないと母が言うので、回転すしに。
中とろを一人で7皿食べた。これだもの、まぐろ資源の枯渇も当然だわ・・・


20170823mj4.jpg 
「・・・おりぇりゃを置いて」


20170823lu1.jpg 
「はぁ・・・まぐりょ・・・・」


20170823chi1.jpg 
「さぞかし・・・・」
あ、あ、あんたたちも毎日まぐろだのカツオだのと猫缶食べてるじゃないかっ



ダイエットの方も、ずっと割高なダイエットフードを続けているのに、
みんなぴったり減量がストップ状態。
猫缶の量もさらに統制を厳しくしないとだめということか・・・


20170823mj5.jpg 
「・・・えっ・・・にゃ、にゃんとにゃ」
まいこ~もぴったり7.8㎏から落ちないし。
8.1㎏から7.8㎏への減量は順調だったのに。


20170823chi2.jpg 
「おやちゅのかつお節もほんのちょっぴりにゃのに?」
ちぃちゃんは必要ないとは言われているけど、
あと200gくらい落として安定させようね。


20170823mj1.jpg 
「この上、猫缶ディナーもにゃくにゃったら・・・」
おまえたちの楽しみを全部なくそうとは思っていないけど。


20170823mj2.jpg 
やっぱり、まいこ~はせめて7㎏ちょうどくらいにはしてあげなきゃ。
まいこ~がずっと健康に長生きするためにね。
「お、おりぇのことは心配しにゃくてもいいきゃら!」  ・・・そうはいくかい。



千夜の体調が安定してお腹の傷がきれいになること、
まいこ~のダイエットの効果が出ること、その心配が解消しないと、
なかなか自分の健康を真剣に考える順番が回ってこないなぁ。
私自身とて心配がないわけではないのだけどね。



哀しい動物園

アムールトラのタツオさんが亡くなって18日で1年となるので、
少し早いけれど追悼の花を届けに円山動物園に行ってきた。
先日マサイキリンのユウマも亡くなったばかり。
アレンジを2個持つのは大変なので、花束を2個にしました。

20170816zoo1.jpg
主が消えた空間。
いつだったか、ガラス越しにたくさん遊んでくれたことがあった。
ここにはマルヤマンの秀逸なイラスト解説がたくさん貼られていたけれど、
すべて取り外されていました・・・それが一番哀しく感じた。
ユウマ、安らかに。。。


そして、隣のポッキー(国内最高齢のオスのサーバルキャット)のところに行くと・・・


ポッキーは外に出ている雌のエンちゃんを気にしているのか、
夕飯を心待ちにしているのか、しきりに歩き回っていた。

なんだけど─元からすでに心もとない足元だったけれど、
今日は、よく転ばないものだと思うほど、ふらふらで、よれよれで、
なのにそれでも勢いのままに歩き続けていた。

20170816zoo2.jpg 
特にコーナーやターンの時に倒れそうなほどよろけてしまう。



いつのまにか、急速に衰えていたんだ・・・
その姿に衝撃を受けてしまい、それが哀れ というより、
それでもなお気持ちだけは元気にいつものようにエンちゃんを探して必死に歩き続けるポッキーを見ていて
どうしても涙をこらえることができなかった・・・

誰にもどうすることもできないことだ。
わかってはいることだけれど。

20170816zoo3.jpg 
どんなに足が痛くても、力が思うように入らなくても、
ポッキーが歩きたいのなら、好きなだけ歩くといいよ・・・



この後、寒帯館で今は雌のアムールトラのアイちゃんの一人住まいとなった場所の片隅に
タツオさんへの花をそっと置いてきた。
本当はセンター内に置くべきなんだろうけど、
そんな場所、タツオさんだって知らないもの。
やっぱりタツオさんがいた場所に置きたかった。すぐにしおれてもかまわない。


20170816zoo8.jpg ←目立たない場所に、そっと・・・・
   タツオさん、全国のあなたのファンはきっと片時も忘れないでいるよ。



夏休み期間中なので、今までに見たことがないほどの人出で、
数日ぶりに26℃以上でかなり暑く、、、という状況もあってなのか、
今日は初めてヒマラヤグマへのイベント的なおやつタイムを見た。


20170816zoo4.jpg 
 ↑ ガラスの反射でなかなかうまく撮影できないけど、
 氷の中に果物が入っています。時間をかけて食べられるようエンリッチメント的仕掛け。
トモもミナミも相変わらずゆったり、でも熱心に取り組んでいました。


20170816zoo10.jpg 
岩に背中をすりすり。いいお腹してるぅ(笑)

20170816zoo12.jpg 
プールの水の汚れ具合からすると、朝から2,3度はチャプチャプしたようだけど、
夕方になって少し涼しくなってきたからか、見ているときにはついにプールインならず。


20170816zoo5.jpg 
本日の室内展示室担当は絶世の美豹リーベ。
今回シジムとアクバルペアのジュニア誕生はならず。
来期に期待しましょう。


20170816zoo6.jpg 
大きな赤ちゃんのリラは、おっぱいタイム。
全部の乳首を吸い尽くす(笑) 一人っ子の特権。


20170816zoo7.jpg 
オオカミ舎のメイン放飼場にはショウが。久しぶりに間近に会いました。
サブ側にいた父親のジェイと兄弟のルークはすっかり夏毛になってすっきりしているのに、
なんでショウだけこんなに中途半端な状態なのかなぁ。



ポッキーの歩く様子に衝撃を受け、
ざっといつもの動物たちを見た後、またポッキーの前に戻り・・・
それから小1時間ほどもずっとポッキーを見つめていました。

もう、いつでも会える、と思ってはいけないんだな、とはっきりわかったので。


20170816zoo9.jpg 
ポッキー、立派だね。えらいね。。。


もうずっと以前から、ポッキーの前にはいつも一眼カメラを持った常連さんらしき方がいて、
今日はさらにそんな人たちが数人もいて、やはりじっと無言でポッキーを見つめていた。

きっと、みんな同じ気持ちでポッキーを見守っているのかな・・・

ユウマの献花台、近づくタツオの命日、そしてポッキー。
言葉にならない、表現する意味すらない哀しみを静かに味わった1日でした。


猫親戚の来訪

世の中はお盆休暇ですね。
私は昨日と今日だけお休み。
ここ数日、25℃以下の気温で朝晩は肌寒いくらい。
7月の猛暑は何だったのでしょうねぇ。
関東圏も一気に気温が下がっているみたいですね。

お盆休暇と言えば・・・何より楽しみなのが・・・

現在は首都圏に住む、銀次郎とシーバの家族が帰省する!

というわけで・・・mayumiさんとお嬢さんが会いに来てくれた~!

2011年に、まいこ~の1年後に生まれた弟の銀次郎、
2012年にルカちゃんと同じ時に生まれた兄弟のシーバを迎えてくれたご家族です。

1年ぶりに再会しても話題は黒猫兄弟とKY兄弟のことばかり(笑)
最近の2匹の様子を聞き、たくさん写真や動画を見せてもらい、
2匹が幸せに暮らしていることを実感して本当にうれしかった!


20170811mj2.jpg 
もっぱらまいこ~がオケツでおもてなし。
「銀とチーバのファミリーだきゃらにゃ」


20170811af2.jpg 
みんなで記念撮影!
会うたびお嬢さんが大人びてかわいくなっていくので、
これじゃあ自分が歳を取るのも当然だ・・・と噛みしめる・・・
だって、銀ちゃんを迎えてくれたときは、ほんとに小さなお子ちゃまだったんだもの。


20170811mj1.jpg ←二人にほほを寄せられてなお、冷静なこのカメラ目線・・・(笑)



ヘタレなルカちゃんは、ちょっとだけの顔出しで、あとは物陰やトイレに避難。
mayumi家では、逆に銀ちゃんがお客さん嫌いで、
シーバがお客様に興味津々らしいです。

20170812lu1.jpg 
「こ、ここにゃら見つかりゃないでちょ」  ↑ 植物の陰に隠れているつもりらしいです。


20170812lu2.jpg 
「え?りゅ、りゅかたん、見えてりゅにょ?」
ううん、見えてないよ~  ということにしておこ・・・



ようやく機嫌が直ったちぃ様にいたっては・・・

キッチンの戸棚の上に登ったまま、一度も降りてもくれず。


20170812chi1.jpg 
「ほら、ちぃはにゃ、事前アポがにゃいと」
・・・ビビリちゃんなだけです・・・・



あぁ、嬉しかったな。大好きな2人に会えて、
銀ちゃんとシーバが相変わらず仲良く元気に暮らしていて。
モノクロ一族とヨモママ一族両方の家系の面白みを共有できるんだもの。
まさに「猫親戚」です。


他の、養子を受け入れてくれたたくさんのご家族たちもお変わりないですか?
みんなみんな、ご家族に大事にされているんだろうな。。。


20170812lu3.jpg 
「ままん、ちーばたんとりゅかたんが兄弟だにゃんて・・・」
毛並みは違うけど、大きいお目々と性格が共通。おそらくヨモママの子は全員・・・(笑)




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR