FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

ごめんね、ルカちゃん

震災のために中止となっていたルカちゃんの肥満細胞腫の切除手術を今日行った。

予期せぬ震災で手術が一時キャンセルになって、
その点だけはむしろほっとしたくらいの心境だったけれど・・・

とは言え、肥満細胞腫がさほど危険性が少ないまいこ~と同じタイプかどうかは
切除した腫瘤を病理検査で確認しなければわからないことだし、
やはり放っておくわけにもいかないか・・・と、
ルカちゃんの耳の形が変わってしまうことに抵抗を抑えきれないまま踏み切った次第。

20180925lu1.jpg 
さぁ、ルカちゃん、頑張っていくよ。(朝、病院に行く前)



まいこ~と違って、腫瘤の場所が耳介の真ん中 と難所のため、
獣医師と相談して、耳介の外側から腫瘤まで切開し、
腫瘤を切除したら、切開した部分を縫って閉じる という方法で
できるたけ耳の形が残るようにしてもらうことに。

・・・「できるだけ」というお役所みたいなフレーズは空しいね・・・


朝に預けて、夕方にお持ち帰り。

まいこ~の切除よりも傷が大きいので麻酔のレベルが深かったらしく、
帰宅してもしばらくはヨタヨタヨロヨロまっすぐに歩けない状態。

が・・・トイレをさせて、ゴハンを食べさせて、たっぷり水を飲んだら落ち着いたみたい。
心細くて怖かったろうに、思っていたほどマインドの痛手はまいこ~の半分もない感じ。

20180925lu3.jpg 
外側から切開した部分を縫うと、どうしても縁がよれてしまう と・・・


20180925lu2.jpg 
それでも、当初耳介の半分から上はなくなる予定だったんだから、
これでも「よかった」と言わなきゃならないのかな・・・


20180925chi1.jpg 
「にゃんか・・・耳がカールしてるにゃ」


20180925mj2.jpg  
「病院のにおいっ!くちゃいっ!しゃーーーーーっ!」
どの子も病院から帰ると、他の子たちからシャーシャーされる。
病院の薬剤?のにおいに過敏に反応しているようで。(この直後、飼い主からゲンコツをくらう)


20180925lu4.jpg 
まだ表情がいつも通りではないけれど、ゴハンをモリモリ食べて、
私に甘えて膝に乗ってきて・・・とぜんぜんへこたれた様子がないのが救い。
やっぱり、この子のハートはまいこ~よりずっと強靭にできてる。


今回、この手術のために血液検査をしていたところ、
春先に検査していた時より、腎臓の数値が悪く─
尿も検査に出してもらうことになった。
このままでは腎不全にまっしぐら。

肥満細胞腫については、きっとまいこ~と同じタイプで、
今後はまたどこかに再発しないことを祈るだけ ということになるだろうけど、
むしろ腎不全対策を今から始めなければ大変なことになるとわかったことの方が
今回は価値あったかも。

今回は抜糸が必要で、1週間後にその抜糸の際に、
詳しい病理検査の結果を聞くことになっている。

・・・それにしても・・・やっぱり悲しい。
つらいな・・・ルカちゃんの耳。
美しい形のままに残してあげたかったな・・・
なんだか自分がどうしようもなく情けない気がしてくる。。。

20180925mj3.jpg 
「おりぇだって」
まいこ~は幸いさほど印象が変わらない場所の切除だったから。
でも、まいこ~もさらに再発したら・・・やっぱりケガでも病気でも、
見慣れた、そして愛着あるカタチが変わることは切ないものだよ・・・




コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR