FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

千夜 満10歳

今日も体に感じる余震が続いている。
まぁ、札幌はせいぜい震度3程度で、しかも長くは続かないので、
いちいち「あ、地震だ」なんて反応もしないことにしている。
猫たちが動揺しないように。

実際猫たちもそんなに気にしないようになったように見える。
ルカちゃんなんて寝ている目も開けない(笑)

まいこ~もそんなにオタオタしなくなったんだけど・・・
が、いまだに夜は私と一緒に寝るのじゃないと大泣きしてドアをガシガシ。
母が在宅の時はいいけれど、母も私も外出しようとすると
ハンパなくしがみついてすがりついて「行くな」と懇願されるし  で・・・

20180910mj1.jpg 
「だって、またおっきな地震が来たりゃ、おりぇ・・・」
実は気にしていないように見えて、まだまだ気持ちがざわざわしてるらしい。



ほんとにヘタレなんだから・・・と、当初はあえて気が付かないふりをしようかとも思っていたんだけど、
・・・が、
前脚のひじ下部分が舐めすぎてハゲてることに気が付いた。

20180914mj1.jpg 
 ↑ なんなのよ・・・これ・・・はぁ~・・・ストレス禿じゃん。



思えば、右耳の肥満細胞腫を切除手術した後かなりナーバスになっていて、
それが回復しかけた頃に震災。
まいこ~にはダブルでショックが続いたということなんだろう。

そういうわけで、今はつべこべ言わず、夜はまいこ~を抱いて寝ている。
ハゲが拡がらないように。

20180914mj2.jpg 
「おりぇってナイーヴ」  いいんだよ、ヘタレちゃん。
別にいつか自立しなきゃならないわけでもないんだしさ・・・



が。
今日は本当は千夜のことを書きたい。


20180914chi5.jpg 
「ちぃのこと?また悪口にゃんでちょ」



ちぃが満10歳になった。

10年前のたしか・・・10月11日に生後1か月足らずという感じの千夜を保護したので、
おそらく9月中旬頃に生まれたんだと思う。
まさか、ウサギとモルモットと暮らしていて、幼いころから身近だったのは犬で、
猫とはほとんど接触した経験もなく、いや、どちらかというと猫なんて嫌いだったのに、

10年前の10月11日に、ついに私は猫に捕らえられた。
以来、ずっと猫にお仕えしている(笑)


20180914chi7.jpg 
2008年10月11日、中学生が子猫を保護した、と見せてくれた。
衰弱しているように見えたので私が「預かる」ことにしたのがきっかけだった。

20180914chi8.jpg 
まったく警戒心なくなつき、最初からペットシーツにおしっこをしてくれて、非常にたまげたのを覚えている。


20180914chi9.jpg 
気が強いのか、子猫というものを知らないのでこれが普通なのか、
と思いながらやんちゃっこを育てたけれど一いや、
間違いなくこの子は赤ちゃんの頃から最高クラスの気の強い子だったと後でわかった。。。


当初、離乳したら頑として里子に出すと決めていたので、
呼び名をテキトーに「千代ちゃん」としたのに、
呼ぶたびに「ちーあー」と返すので、そうですか、と「千夜」とした。
それがそのまま彼女の名になった。

20180914chi1.jpg 
「我ながらきゃわいいにゃん・・・」 かわいくない子猫はいない。


そうそう、
Lin家ではこれまで一度として「盗み食い」という事件が発生したことがない。

猫たちのゴハンやおやつはいつもオープンな籐かごに袋のまま置いているが、
これまで一度も勝手に触ることすらされたことがない。
今でこそ日中も母がいるけれど、一人暮らしで日中は猫たちだけで留守番していた時代でも、
絶対に勝手に袋を持ち出されたことすらない。
どんなにゴハンやおやつをねだられても、
それがそのかごの中に入っていることは当然知っているのに、だーれも近づきもしない。
(これはうさぎも同様だったけれど)
さらに不思議なことには、一時保護猫の預かりで、ずっと野良暮らしをしていた猫と
わらわらと同居していたこともあったけれど、
その保護猫たちも絶対に食料満載の籐かごを勝手に触ることすらなかった。

私もこれは不思議だなぁと常々思っていたことなんだけど・・・
きっとこれは千夜が取り締まっているからなのではと思うようになった。

それから、トイレ事情でも、彼女をはじめうちの子たちはもちろん、
保護猫たちも一度も失敗したことがない。
保護猫たちのためにトイレを増やしてあげていても、なぜかいつもの自分たちのトイレ以外
汚れたこともない。(なので毎日山盛り汚物  で、少々ありがた迷惑だった)
これもきっと千夜が、「トイレはここ以外絶対にダメ」と保護猫たちにも言いつけていたからだと思う。

おそらく・・・Lin家のファーストキャットである千夜が、
私と1対1で暮らしている間に身に付いた暗黙のルールを、
その後家族になったまいこ~やルカちゃんに千夜が躾けたんだと思う。
だから一時預かりの保護猫たちにも、おそらく千夜が「Lin家の掟」を守らせていたんだと思う。


20180914chi6.jpg 
「ちぃが取り締まらないと無法地帯ににゃるでしょ。ちぃがルールブックにゃ」
さぞかし気苦労が多かったことと存じます・・・


もし千夜がいなくなったら、きっと秩序乱れまくりになるんじゃないだろうか・・・

この10年、ただただぬくぬくと暮らしてきたわけではないし、
何かあるたび猫たちにも苦労を分けさせてもらって来たけれど、
まいこ~やルカちゃんにくらべると、やはり千夜が最も私を気遣い、私に協力して、
私が困らないよう一番近くで共に生きてきてくれた、という実感がある。


20180914chi2.jpg 
飼い主のことを心配したり、気遣ったり、という感情が猫にあるとは思っていなかったけれど、
千夜は間違いなくそういう心を持った「忠猫」だ。
「わきゃってんにゃら、もっと感謝してにゃ」



千夜を授けてくれた猫神様、千夜との10年をくれた猫神様に感謝します。
この子がいてくれたおかげで、私の人生はすでに大当たりだった、と言えるもの。
(だから、これからの10年も約束してください)
間違いなく世界一のにゃんこを私はタダで手に入れた。

我慢させることが多い千夜に、これからはもっともっと
愛されているという満足感を与えられる飼い主になれるよう、
私も千夜に甘えず、ちゃんとやんなきゃ。
そう思う10年の節目。

20180914chi4.jpg  
早くお腹の皮膚炎も治って、あとはゆるゆるゆったりとすごしてほしい。
何の心配もしなくていいんだからね。
「ちぃはママが心配・・・この人も見張ってにゃいと何をするか」
はぁ、すいません・・・


2028年の9月、きっと老いた私の膝の上には老いた千夜がいる。


20180914chi3.jpg 
愛しているよ、世界で一番大事だよ、ちぃ。
私に拾われてよかったと思ってくれたら、最高のご褒美だな。




コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR