FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

Lin家は非・被災

この度の北海道の地震災害においては、
たくさんの方々からご心配いただいて大変恐縮しております。

おかげさまで、Lin家では、食器棚の扉が開いて落ちた食器がいくつか割れた程度。
とても被害と呼べるようなものは何もありません。


ただ、同時に発生した停電でマンションの配水ポンプが使えず、
断水となってしまったのには一時焦った。
トイレなどに利用できる浴槽の残り湯や、
普段から備えていたペットボトル数本程度はあるものの、
停電がいつ解消するのか見当もつかず、翌日以降はどうしよう・・・と思っていたら、
配水ポンプを利用しない管理棟と、さらに隣接する公園の水道とトイレが
24時間開放で利用できるとわかり、こちらはなんとかなりそう、と、まずはほっ・・・
タンクに入れた水をエレベータなしで運ぶのはしんどかった。

それから、まだしばらくは停電は解消されないだろうと構えていたら、
予想よりずっと早く昨夜には電気が復旧。
で、断水も解消。
幸いガスは停止していなかったので、ゆっくりお風呂にも入れた。


20180907chi1.jpg 
最初の激震のあとはしばらく姿を隠していた千夜も、
以降は頻発する余震のたびに逃げまどうこともなくなり、けっこう落ち着いているほうだと思う。


ところが変な復旧で・・・
私のマンション全4棟とその周辺の街灯は点いたものの、
道路を挟んだ隣接するマンション群と周囲の街灯は真っ暗なまま。
今日になっても周囲はそんな感じで信号機も作動していなかった。

で、今日20時過ぎになって、やっと隣接するMS群と幹線道路の信号も点灯して、
なんだかようやくほっとした。
だって、隣接しながら、こっちのMSからは煌々と明かりがもれているのに、
すぐ隣は真っ暗なんて、本当に気の毒で仕方なかったもの。

昨日と今日の日中までは、同じMSで独り暮らしの友だちに付き合って
彼女の家の中の散乱したものの片づけとか、
家具などの固定を手伝ったり、
市内の知人と連絡を取り合ったり、同じMSの老夫婦の手伝いをしたり。


20180907lu1.jpg 
ルカちゃんは最初の地震の後も今も、一番平静さを保っている。
とは言え・・・常にぴりぴり警戒している様子。



同じMSの友だちの家の中とか、管理棟で水を汲む間に見聞きしたことでは・・・
ほとんどの家で食器棚や本棚やTVが倒れるなどしたようだ。
ここは震源地に近いこともあって震度5か震度5強だったらしいし、
上層階になると揺れ幅も大きかったろうから。
ごく近所では液状化現象で凄まじい被害も出ている。
が、幸い私んちは家具一つ倒れなかったので、もちろん誰もケガもせず。

実は、ずっと独り暮らしで常に動物とともに暮らしていたため、
もし自分の留守中に大きな地震でも来たら、という心配で、
可能な限り家の中の座高の高い家具はすべて耐震対策をとっていた。
大したことじゃなく、100均で買える程度のものを使ってね。

おそらくその成果だったんだろうと思う。
食器数枚が割れた程度で済んだのは。

停電になってもローソクは動物たちに危険なので、
懐中電灯だけでなくいろんな電池式のLED照明なども買っていたのでそれも役立ったし、
今回は特にラジオも用意しておいてよかったと思った。

動物たちのことを考えると、あれこれ想像しては心配が尽きず、
用意しては無駄になりそう、といつも思っていたけど
20数年してちゃんと役立ったことが証明されたわ(笑)
ラジオ1つなく、懐中電灯1個で朝を待ったという独り暮らしの友だちは本当に心細かったと思う。
(母の持ち物なども寄せ集めたら、なぜか4個もラジオが無駄にあった・・・)


20180907mj1.jpg 
一番ヘタレでびくびくしてて落ち込んでいるのが、まいこ~。
隠れ場所にしている私のクロゼットにこもって、めそめそめそめそ・・・
みんな食欲が落ちているのが心配。



それよりも・・・地震の備えではまあまあとしても、
「こりゃ、お手上げだわ」と観念したのは、むしろその2日前の台風だった。
ここで暮らすようになってから最大と思えるほどの強風だった。
MSがふっ飛ぶことはないだろうけど、ベランダのゴミ箱とかストックボックスとか一
もちろんレンガを載せたりしていつもの強風時の対策をしていたけれど、
そんなんではダメだ、と気が付き、さらに重しを追加したり、
場所を変えたりなんて作業を最大のピークの突風の中やる羽目となりました・・・

恐ろしい轟音で吹き付ける突風を受けながら作業する私を、
窓から見ていた千夜が「ママー!ママー!なにやってんじゃーーー!」と
パニックになって泣き叫んでいました・・・
そりゃ、猫には意味不明な行動に見えるよね・・・


そういうわけで、6日に予定していたルカちゃんの肥満細胞腫の切除手術はもちろんキャンセル、
今日7日にも大事に予定があったけれど、それどころじゃなくなったし・・・
明日からは仕事にも出られそう。
少なくとも私は全然被災なんかしていないから、そんな意識もない。
でも・・・震源地の地域の惨状を思うと、自分があそこにいなかったのは、結局たまたまのことでしかないし、
いつか自分が今度は「たまたま」悲劇の中心にいることも来るだろう とも思う。
友だちに付き合ってドラッグストアの前に1時間も行列待ちして、
頭上をしきりにヘリが行きかう様子を見て、
つくづくそんな「道理にかなった理不尽」みたいなものを感じた。

そして・・・電気って本当に命だ、
原発反対と言っている以上、電気料金が今の倍になっても絶対に文句は言わない、
とも心に誓った2日間でした・・・





コメント

No title

ご心配かけてすみません。幸い私のところは問題なしです。
が、、、土地的に怪しいんじゃない?と思っているので、ほんと用心しなきゃと思っています。
Tokuさんのご家族も大変だったと思いますが、今回は道民全員で乗り切りましたって感じです(笑)
帰省の際は会いましょうね。ありがとうございました!

No title

まぁささん、大丈夫だった?メイちゃんまろちゃんご家族皆さん何事もなかったようで、なによりです。自分のところが通電してから何度か電話したけれど不通でした。
うちのマンション自体は無傷だけど、どうもここいら一帯地盤沈下してるような気がしているのよねぇ、、、
まだまだ気を抜かずにいようね!

No title

長時間しかも超広範囲の停電という体験はめったにできるものではなかったなぁ、とつくづく。津軽海峡を越えないと充電できないなんて、ほんと絶望的でした。
私のところは比較的早期に通電したので、ぜんぜん苦労していない方なんだけど。電気はありがたいっす!
うちの子たち、地震のストレスで人の側でないと寝ることもできなくなって。
台風の風雨の音より、家そのものが揺れてガタガタする地震の方がよっぽど怖いようです。
しまさんも台風や地震の被害の怖さはよく知っているものね。
お互いに、何があっても絶対に負けないぞ~‼という根性で行きましょうね!

無事でよかったです

清田区が地盤沈下等で危ないと聞いた時、真っ先にLinさんの事が浮かびました。

無事でなによりです。

無事でなにより

Lin家の皆さまが無事でよかった。
家具などの被害がなかったのは、LinさんのDIYのおかげですね。
我が家は昨晩やっと通電し、テレビで被害の大きさを改めて感じました。
まだ余震が続いているので、安心はできないけど
徐々に普通の生活に戻れるといいですね。

良かった!

Linさん、ご無事で何よりです。
にゃんずも元気で良かった…

さすが、他の人のお手伝いまでとは…
感服しますよ。

そして停電。
以前新潟が大規模停電した時、うちは
ツイてない方でした。
部分的に復旧したてて、帰り道
「やった!付いてる!」と喜んだのに
この信号曲がったらウチ!って所から
真っ暗だった…(T_T)
1時間位で付いたけど、これを機に
玄関の懐中電灯をランタンに変えたもの。
教訓でしたね~。

あ、台風ご心配ありがとうございます。
こっちは夜の内に通過し、
大したことなかったです。

雨風の音にビビっていたにょろりは
最初ウロウロしてたのに、
蒸し暑さにエアコンを付けた途端、
ご機嫌でタワーの上で寝てました。
ザ☆平常です!

Linさんも、ご母堂様、にゃんずもまだ
気が張ってると思いますが、少なからず
ストレスを感じていると思います。
どうか、ご自愛下さいね。
非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR