FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

神々しくあれ

私は不運なほうなのかもしれない。
不運な猫たちの飼い主は、結局不運である。

今日、ルカちゃんの耳の腫瘤を検査してもらったら・・・
やはり、こちらもまいこ~と同様、肥満細胞腫と判明した。
獣医師が「同じ家庭の中で、数十匹もいるというならまだしも、
たった3匹の中で2匹が肥満細胞腫なんて初めてだ」と呆れていた。
ただ、以前に犬の肥満細胞腫で同じ家庭で飼われている2匹の犬が罹患した例があり、
でもそれは親子関係の2匹だったらしい。


20180901lu1.jpg 
ルカちゃんがまいこ~と血縁であるわけないよね。
「冗談でちょ」 冗談じゃないよね。



まあ、それは覚悟していた診断だったので想定済みだったのだけど、
今回手術で切除するとなると、まいこ~のように耳の縁ではないし、
耳の先の方にも怪しげな兆候もあるため、
腫瘤から先全部を切ってしまうという。  

つまり左の耳介の半分がなくなってしまう。

先々の不安を減らすためにも、それで仕方ないと思って了解して手術を予約してきたものの・・・

20180901mj1.jpg 
「やっぱしきゃ・・・」


20180901chi1.jpg 
「ママ・・・泣いてる・・・?」



帰ってから泣いた。


まいこ~のように耳のふちがギザギザになるくらいは何とも思わないけれど、
耳介が半分になってしまおうが、私にとって大事でかわいい猫であることも少しも変わらないけれど、
ルカちゃん自身も何の影響も感じないだろうけど、だけど、いやだ。

ひと目でルカちゃんに欠損部分がある猫に見えるのが嫌だ。
ただでさえ視力がほとんどないために、いつも怯えた気持ちで生きているのに、
それでもそれは外見からはすぐにはわからないこと。
けれど、その上片耳が半分なくなってしまっては、あまりに哀れだ。


20180901lu2.jpg 
ままんは、目が見えなくても、王子様のように華やかな姿でいてくれるルカちゃんが好きなんだもん。
それがままんのわがままな希望でしかないのはわかっていても、
ルカちゃんにはいつも幸せな姿に見えていてほしいんだもん。


「いや、待て」と、それからまだ詳細な検査結果は出ていないけれど、
転移のリスクが低い、まいこ~と同じ皮膚型の肥満細胞腫だったとしたら(きっとそうだと思う)、
それで耳介の半分を今、この時点で失うのは本当に仕方ないんだろうか?
まいこ~のようにまた耳介に再発したときに、いすれそうなるのは仕方ないとしても一

こういうこと、飼い主の決断一つではないか。

20180901lu3.jpg 
将来的なリスクを軽減しつつも、できるだけ本来の姿でいられるように。
そういう選択は飼い主じゃないと考えてあげられないものね。
「意味、わきゃんにゃいけど」



で、病院に電話して獣医師に、現時点では腫瘤がはっきりしている部分だけ切除して、
まずはその病理検査の結果を確認してから、必要であれば次の切除を考える。
だから、今の腫瘤の切除ではできるだけ耳介を残す方法を考えてほしい、と相談してみた。

すると、それではまいこ~よりもかなり食い込む形にはなるが、
上の部分は残すようにするか、または腫瘤部分だけをくり抜くようにして
その部分を縫ってしまう方法にする、という話にまとまった。

よかった・・・それなら私も揺らがないでいられる。。。

6日、ルカちゃんの手術に挑む。

20180901mj3.jpg 
「ルカたんもおっきゃにゃい目に遭うのきゃ・・・」
まいこ~は術後2,3日ふさぎこんでいた。
一度目の手術後はそんなことがなかったのに。
もしかしたら・・・ごく弱い麻酔でしっかり意識があって、
相当怖い思いをしたのかもしれない。


20180901lu4.jpg 
どうか、今回限りで再発しませんように。
ルカちゃんにはいつも神様の祝福が満ち溢れているような姿でいてほしい。


20180901chi2.jpg 
「ママ、7,8歳はお猫の更年期で病気が発症しやすい時期にゃんだって」
・・・あんたがその筆頭でしょ。


20180901chi3.jpg 
「そんにゃこと言われてもぉ」




軽い風邪なのか、空咳が止まらず睡眠不足の毎日・・・




コメント

No title

しまさん、ご心配いただいてすみません。

本当にうちの近くなんですが、幸いうちのあたりは逸れていて、
Lin家はまったく無傷です。
うちの子たちもちょっと神経質になっているけれど大丈夫。
ライフラインもすべて戻ったので、明日から仕事も再開の予定です。

それより、数日前の台風の被害はない?
すごく心配してました。

地震

Linさん、地震大丈夫ですか?
朝の情報番組で、Linさん宅から
近いであろう所で液状化している
様子を見てビックリ!

にゃんズも大変な時期なのに、
困りますね。
皆さんの無事を祈ってます。
非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR