FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

神々の庭-釧路市動物園

 忘れないうちに6月19日に訪問した釧路市動物園の写真をUPします。


3月初旬以来の訪問。
前回も、こんなにいい動物園、もっと認知されなきゃもったいないと繰り返したけれど、
今回の初夏のシーズンの訪問で、その思いはもっと強くなった。

前回は時間がなくてヒグマを見ただけですぐに引き返した園内の「北海道ゾーン」を
今回は満喫することができた。

「北海道ゾーン」というのは道東地方の湿地と森林が混在した自然環境をそのままに、
北海道に生息する動植物たちを「保全」と「距離感」をもって展示しているスペースで・・・


20180619kz44.jpg 
ホッキョクグマの裏側に北海道ゾーンの入口。


20180619kz12.jpg 
うっそうとした深い森の中。
かなり距離を置いてケージがあるのと、屋外スピーカーからのBGMで
かろうじてここがただの山林の中ではないと確認できるほどで・・・
そうでなければ、

20180619kz45.jpg
野生のヒグマに遭遇しちゃうんじゃないだろうね、と不安に思うほど。

20180619kz13.jpg 
ケガなどで保護された白鳥と飛来する水鳥が暮らす池。
静寂の中、ときどき魚が跳ねる「ちゃぽん」音だけ。
13時くらいまでは深い霧の中でした。


20180619kz11.jpg 
シマフクロウ、オオワシなどのケージが点在しています。


20180619kz8.jpg 
フクロウの森 という大型ケージにはエゾフクロウなどの在来種のフクロウたちが仕切られて展示。


 20180619kz7.jpg

20180619kz47.jpg 

20180619kz49.jpg 
この木道の先にタンチョウの生息域 なんだけど、木道は修理中で残念ながら通行止め。
木道の周辺は湿地帯のはず。


20180619kz36.jpg 
仕方なく反対側からタンチョウの広い飼育ゾーンに。
間近に羽を広げられると迫力あるのよ。


20180619kz9.jpg 
北海道ゾーンの中のひぐまの放飼場。
この広い放飼場のどこに?と思ったら・・・


20180619kz10.jpg 
ここか。
今はたった1頭で暮らすキチノスケ。
そういえば、なんでおびひろ動物園には定番のヒグマがいないんだろう・・・



そうだよなぁ、北海道なんだもん、
ライオンやゾウ以上にもっと意識すべき貴重な動物は、
この先の森の中にいるんだよなぁ と、気付かせてもらえた。
本当に、素で静かになれる場所。

でも、これほどの自然環境そのままの中のケージで暮らす鳥や動物は
すぐ目前なのに自由にはなれないこのシチュエーションをどう感じているだろう。
コンクリートの中のケージより、かえってつらい部分もあるのでは一とも、ふと思った。



さて、釧路市動物園訪問のお楽しみは、
なんといってもホッキョクグマとアムールトラ。

20180619kz4.jpg 
午前中のプールのある展示場はミラクル・ミルクちゃんの時間。
・・・が、え?ミルクじゃない?もしや、午後からの予定のキロル?



と見間違えるほど、3月初旬の頃はまだ幼い姿だったミルクが、
こんなにふっくら大きく、すっかりオトナの姿に変貌していたもんだから、
もう、ほんとに目を疑った。

20180619kz1.jpg 
プラスチックのおもちゃで遊びまくるのはいつものこと。


20180619kz2.jpg 
立ち上がっておもちゃを持ち上げ、


20180619kz3.jpg 
「そうれぇぇぇい!」
この超絶遊び方はやっぱりミルク。
それにしても、本当にふっくら丸く、かわいらしくなったもんです。


20180619kz5.jpg 
華麗なフォームで飛び込む。


20180619kz6.jpg 
この春、初めてオスのキロルとの同居を試してみたというミルク。
もう、いつでもお母さんになれる年頃になったんだものね。



午後からはキロルが交代で登場。

20180619kz21.jpg 
円山のデナリとララちょうど半々 という感じのキロル。
こちらも3か月前よりたくましくなった印象。


20180619kz22.jpg 
来園者が一斉に「あぁ~!」と悲鳴を上げるなか、恒例の「クロクマに衣替え」シーン。


20180619kz24.jpg 
真っ黒になったところで、立ち上がって背中もごしごし。

20180619kz25.jpg 
そして、キロルの もぐもぐタイムでプールに入り、またシロクマに戻る。
うわ、キロル、かわいい。ララファミリーの顔だ。

20180619kz27.jpg
飼育員氏「キロルの大好きなりんごをあげます。
リンゴを両手で持って食べる姿が一番かわいいんですよ」と前振りが。


20180619kz28.jpg 
ほんとだ、なんてかわいい笑顔で食べるんだろう!



この後、となりの小放飼場でミルクにももぐもぐタイム。

20180619kz29.jpg 
えぇっ!直接、手ずから食べさせてる。
檻から手を出さないよう躾けてあります、とのことだけど、


20180619kz31.jpg 
す、すごっ!ミルクも、飼育員氏も。



それから、にゃんこ長屋 と呼ばれるネコ科飼育ゾーンへ。

20180619kz18.jpg 
相変わらず怖い顔のゆうき姐さん。
そういえば、ゆうきの母の円山動物園の故ティモンも「姐さん」と呼ばれていたっけ。
そっくりだね。父さんのリッキーは元気にしているよ。


20180619kz19.jpg 
旭山動物園の故ライラによく似ているアキラ。間違いなくイケメン。
帯広の息子ヤマトは元気でしたよ。

 
20180619kz50.jpg 
釧路の跡取り息子のゆうひは・・・寝ていて顔も上げてくれず、呼んでも反応もせず・・・
どうもゆうひが今一つ充実した日々を送っていなさそうなのが今回も気になった。


20180619kz17.jpg 
父ちゃん、ゆうひは何に悩んでいるの?
・・・って、今は隣の別桝にいるのはわかっていても、直に顔を会わることもないんだし。



そして・・・会いたい会いたい、といつも思っていた、
アムールトラのココア。

20180619kz51.jpg 
ココア!会いたかったよ。
先日満10歳の誕生日会が盛大に開催されたというニュースを見たよ。
こんなに愛されて大事にされているアムールトラはココアだけだよ。

20180619kz16.jpg 
が、、今回気になったのは、ココアの歩行の様子。
3か月前の滑る氷の上より、現在の方が後ろ脚が動きにくく、ふらつきも大きくなったと感じた。


20180619kz15.jpg 
本当に危うい歩行。特に左後ろ脚。
痛みはあるのだろうか。・・・胸がつぶれるような思いで、懸命に歩くココアを見た。
生きるということは、並大抵のことではないんだ。
特にココアにとっては。

20180619kz14.jpg 
けれど・・・もうすでにこの子は現世を超えた神々しさに包まれている、とも感じた。


夕食でバックヤードに入ってから、
またガラス越しに何度も頭をこすりつけてくれた。
この子を思いっきり抱きしめてあげたいなぁ と、きっと誰もが思ってるだろうな・・・

ココアに会うために、きっと私はこれからも何度もここに通うよ。



20180619kz32.jpg 
アミメキリンがちゅぱちゅぱフェンスをなめていて・・・


20180619kz34.jpg 
  ↑ ズームアップ。  ゾクゾクきました。この鼻の下、ちゅーしたいんですけど!
あぁ、キリンの鼻の下フェチになりそう。


20180619kz35.jpg 
オスのキリンも立派な体格でした。すごいイケメンと思った。
いかん・・・キリンにまでゾクゾクする体質になってしまったのか・・・


20180619kz37.jpg 
森の道に、こういうオーナメントがあちこちに。びっくりするでしょうが。


20180619kz20.jpg 
 ↑ 粗末にすると、きっと呪われるんでしょ?


20180619kz38.jpg 
コキンちゃんはちょと寂しげに見えて、それが気になりました。


20180619kz39.jpg 
せっかく繋いだ命なんだもの、レーサーパンダとしての幸せをいっぱい感じてほしい。



20180619kz41.jpg 
ところで・・・山羊の喉の下に2つぶら下がってる乳首みたいなもの、これ、なに?
どういう意味があるの?誰か解説してほしいです!


20180619kz40.jpg 
もー、ポケットに入れてお持ち帰りしたいほどの衝動に駆られたモル。


20180619kz43.jpg 
モルの魅惑の3本指。


20180619kz42.jpg 
なーんか、美少年ぶりを見せつけて世の中をなめてかかってるような、
そういう反感を覚えるアルパカ。



きっと、たまにしか来れないから良く見えるところも多いからなのか、
北海道ゾーンといい、ココアといい、私には道内4園の動物園の中でも
ここ釧路市動物園が一番すばらしく、しっくりくる動物園です。

その釧路市動物園の良さ、ユニークさはまだまだ認知度が低いと思うし、
最悪な交通アクセスを整備するなどの課題を乗り越えて、
ホッキョクグマやネコ科猛獣類の飼育環境の整備がすすめられるようになれば、と
本当にそう願います。

本当にもったいないもの。

20180619kz52.jpg 
次は・・・秋かな。
帯広と違って、釧路は日帰りはできないというのがネックでねぇ。





コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR