FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

おびひろ動物園「ナナ」「アイラ」「ヤマト」

25日、おびひろ動物園を訪問しました。
20年ぶりくらいかなぁ。。。子どもの頃からを含めると過去3,4回は行っているはずなのに、
ほとんど記憶に残っていないのよ。

20180525sup1.jpg 
行きはスーパーおおぞら1号。
普段めったに電車を利用しないので、特急の電車というだけですっごく「旅感」が盛り上がる。


20180525zoo41.jpg 
帯広に9時半着。それから動物園経由のバスで20分程度で到着。
釧路市動物園と違って、極端に郊外でもなければ、交通アクセスも悪くない。



南門から入って、すぐに一番の目的のゾウ舎に走っていく。
(走る・・・・←期待度がわかりやすいでしょ)

20180525zoo1.jpg 
インドゾウのナナ!
1963年に推定3歳で入園。現在57歳で、国内で2番目のご長寿ゾウとありました。
開園時からここで暮らしてきた最長老。



到着した頃は、天気予報は晴れマークなのに、実際にはまだ小雨という不安定な空。
そのせいなのか当日のナナの展示は10時~12時 となっていたので、
午前中はナナの前から離れないでいよう、と心に決めていた。


20180525zoo3.jpg 
思っていたよりも小柄できゃしゃな印象。


20180525zoo4.jpg 
ナナが暮らすゾウ舎はコンクリートだけの狭い敷地。大昔の昭和の時代の動物園観そのまま。
50年以上もここでナナは四季を繰り返してきたのか一
いろんな思いが交差します。



一頃、国内最高齢だったゾウがいた井の頭自然文化園の施設や環境が最悪だ、と
特に国外のメディアやソレ系の団体から叩かれていたというけど、
こちらも・・・ただそういうハード面だけで言えば同じです。


20180525zoo2.jpg
小雨で来園者もまばらな中、ずっと前にいて「ナナちゃん」と呼び掛けたり、
大きな身振り手振りを繰り返しているうち(だって誰もいなかったからさ・・・)、
だんだん反応してくれるように。
お鼻をぶんぶんして「だれ?この人」



ずっと午前中はナナの前にいようと思っていたけれど、
11時半からホッキョクグマの給餌とレクチャーがあるというので、
これで今回はお別れだなと思って「また会いに来るからね、バイバイ」と後にし・・・

それが終わってから、まだ間に合うかな、と急いでナナの前に戻ってきたらまだ出ていて、
その頃には雨が上がって、それからは暑くも寒くもない気持ちのいい陽気になったせいなのか、
結局この日ナナは開園時間中ずっと屋外でした。

天気が良ければ外の方が気持ちいいに決まってるものね。


20180525zoo23.jpg 
こうして何度もナナの前に戻ってきては、名前を呼んで手を振ったり話しかけているうち、
ナナは私の顔を覚えたのか、戻る度に身を乗り出すような仕草で体を動かすように。
こ、これはたまらん。こうなると私も離れがたい。


20180525zoo22.jpg 
「ナナちゃん、かわいいね、ずっと達者でいてね」と話しかけるたび、
頭を振ったり、鼻をぶんぶん。


20180525zoo21.jpg 
足元の水たまりから鼻で私に鼻しぶきをかけるのよ~楽しそうに。
うわー、愛しい。嬉しい。鼻しぶき、サイコー!



しかし・・・子どもの頃から過去数回訪問した時にも、ナナは確実にここにいたはずで、
なのになぜ全く記憶がないんだろう。
帯広動物園で記憶に残っている動物はバッファローくらいで・・・
本当に不思議だ、と思っていたけど、今回はっきりとした目的で訪問して理由が分かった。

ここは、円山動物園や旭山動物園のように獣舎がまとまっていなくて、
広大すぎる敷地の中に、ほぼ単独に獣舎や放飼場が「点在」していて、
これまで私がおびひろ動物園と思っていたのは、ライオンやバッファローがいるあたりの
一部分でしかなかったような気がする・・・

それくらい(釧路市動物園もそうだけど)敷地が広く、
一部の改修した展示設備以外は昔からの場所に昔のままに単独で設置されている。
しかも旭山動物園と争うような段差の激しい土地で、段々畑状になってるし。

余計なお世話だけど、これほどの広さと急斜面の段々畑で、まとまりのない展示となると、
飼育員とか園の関係者さんたち、余計なところですごい体力を消耗していないか、と心配になっちゃう。


20180525zoo20.jpg 
夕方、閉園間近のバスの時間に合わせて帰るときに、何度も約束した。
「また近いうちに必ず会いに来るよ。元気でいてね」と。
ナナに会えてよかった。ほんとによかった。
すっかりナナに魅了されちゃいました・・・



おびひろ動物園のホッキョクグマは、円山動物園のデナリ&ララの娘アイラ。

2010年生まれだから、今8歳。
2歳からここにいます。
つまり、子だくさんのデナリ&ララの子どもは円山のリラはもちろん、
道内すべての動物園に存在してるんです。
(釧路キロル、旭山ピリカ)

実物アイラを初めて見て、少なからぬ衝撃を受けた。


20180525zoo6.jpg 
真っ白!デナリ&ララの子たちはみんな毛並みが真っ白の子たちばかりだけれど、
リラよりもピリカよりもキロルよりももっと真っ白!
絵本に出てくるようなホッキョクグマ!


20180525zoo7.jpg 
飼育員がエンリッチメントの仕掛けとしてあちこちに隠した餌を、
慣れた様子で素早く探し当てるアイラ。


20180525zoo8.jpg 
その上・・・(見る角度や距離感でそう感じるだけかとも思うけど)大きい!
私の目には母親のララより、姉のピリカより、兄のキロルよりも大きい。


20180525zoo9.jpg 
担当飼育員が直接おもちゃを手渡し。
アイラがかわいくてかわいくて仕方ないという感じで、目を細めっぱなし。
「うちの娘を見てくれ」感いっぱい(笑)



そして・・・ほんとにびっくりしたのが、
どこの動物園のホッキョクグマより、一番ぽっちゃりしてて、一番愛らしかったこと!


20180525zoo12.jpg 
この丸いぽんぽこお腹、うっわ、かわいすぎるっ!
飼育員の方の話では「本当は低脂肪の馬肉や鹿肉を与えたいんだけど、ここでは予算の関係上
一番安い牛肉なので・・・」と言い訳(笑)していた。
いえいえ、飼育下の動物はぽっちゃりでいいのよ(←持論)


20180525zoo36.jpg 
真っ白できれいで、ぽっちゃりかわいくて、その上この美貌!
ピリカも美貌のホッキョクグマと思って見てきたけれど、
アイラの光輝くようなまぶしいほどの美しさと愛らしさには圧倒されました。


20180525zoo11.jpg 
ちっぽも肉球も、このかわいらしさときたら・・・!なにもかも逸品。


20180525zoo10.jpg 
匂いたつようなお年頃の美しさのアイラ。
早くお婿さんに来てほしいものです。この美貌のDNAをなんとしても次世代に繋げたいね。




これまでいろんなブログなどでアイラの写真を見てきたけれど、
写真ではさほどアイラが特別に美しいホッキョクグマと感じたことはなかった。
きっと私の写真もそうなんだろうけど、実物の美しさでは私の中ではイチバンです。


20180525zoo34.jpg 
午後からはプールで遊びだした。
さほど大きくはないけれど、そこそこ深さはありそうなプール。


20180525zoo33.jpg 
おもちゃをめがけて・・・


20180525zoo45.jpg 
ざっぷーん。おちりとちっぽがかわいい!


20180525zoo32.jpg 
おもちゃ(プラの湯たんぽ)を顔の横に抱えて・・・・


20180525zoo31.jpg 
放り投げる!長時間ではないけれど、はしゃいで遊びまくります。


 20180525zoo39.jpg
こんなに美しくて愛らしいホッキョクグマがいると知って、なんだか感動的ですらありました。
アイラ、あなたの生涯がこれからますます光り輝くものになりますように。
それはなによりニンゲンの責任だよね。




途中、モモアカノスリのフリーフライトの実演を見学。

20180525zoo14.jpg 
南米の乾燥地帯に生息する種類のノスリとのことで・・・


20180525zoo13.jpg 
円山で見たフクロウやタカより小ぶり、でもとてもシャープで華麗で美しい。


20180525zoo15.jpg 
飼育員の合図に正確に応えて戻ってくる。
わざと見学者の頭をかすめるようにして飛んでくるんだよ~


20180525zoo25.jpg 
これで中型犬くらいなら仕留められるくらいの戦闘能力があるというから驚き。


20180525zoo24.jpg 
子供もいなかったので、私も手に止まらせる体験やらせてもろた~(笑)
(↑ 一人だと自分が体験した様子は撮影できず、これは他のお客さんなのよ)


20180525zoo26.jpg 
美しくも精悍でかわいらしくもあり。
でも猛禽類全般、けっして人になつく という感性はないんだって。




で、第3の目的の、釧路ロイヤルライオンカップルの息子のヤマト。


20180525zoo16.jpg 
あっ、写真で見るよりイケメン!
どちらかというと、旭山の故ライラ風味が漂う円山のリッキー似 という感じかな?
(どちらもこの子のおじいさんになります)



兄弟の釧路のゆうひの方が母の風味が強いんだな。
こういう微妙な空気感や微細な造りの違いって、写真ではわからず、
こうして実物にお会いして初めてわかる感覚です。


20180525zoo17.jpg 
おぉ・・・これは将来が楽しみな若獅子。
2013年の夏生まれなので、もうすぐ満5歳。



しかし・・・このヤマトがいる一帯は、個別にミミズク、さらにアムールトラ・・・と展示されているのだけど
展示場のスペース自体はさほど狭いわけでもないけれど、
なんだか立地的に陽当たりがほとんどないような、じめじめした暗さというか、
閉園後に収容されるバックヤードがヤマトには犬小屋程度の大きさしかなく、
ものすごく老朽化してるし、しかもすぐ背後は幹線道路で車の走行音が絶えず─
その上、檻にさらに二重に貼られたネットの目がうるさくて、よく見えないし。
(アムールトラの撮影はこのため断念)
冬は相当つらいのではないかな・・・


20180525zoo18.jpg 
「ま、俺にとってはここが世界のすべてなんで」




ヤマトがお嫁さんを迎えられるように、いつか繁殖も可能な環境に変わってほしい。
今のままではとても無理そう・・・
アイラとヤマト、こんなに美しく若い命を無駄にすることなく、
種の保存と彼ら個々の福祉を第一に考えてくれていると信じたい・・・


20180525zoo28.jpg 
タテガミのトップと肩まわりが黒いのよね、ヤマトは。
これからもっともっと風格も増していくはず。
ワクワクと変化がある幸せな生涯を送ってくれますように・・・



・・・と、もっとゆっくりヤマトと対峙していたかったのに、
(ホッキョクグマとライオンのいる場所は園内の対極にあって、移動も大変だし)
ここで思わぬ事件勃発、そこそこにこの場を去らねばならないことになり一

なぜだかこの場所のにいるカラスが執拗に私を狙って攻撃してきた。
さっきモモアカノスリのフリーフライトで、
頭をすれすれにかすめて飛んでくれるのが嬉しくて喜んでいたばかりなのに、
今度はカラスが私の頭をかすめてく。
・・・こっちは少しも嬉しくないんだけど・・・?

当初は巣が近くにあるからなのかな、と思ったけど、
見渡すと他の人は子供でも女性でも狙われていないし、園内に「カラス注意」の看板もないし。
どうも「Linさん限定」らしい。
食べ物が入っていそうなレジ袋も持っていないのに、
今までカラスがうるさい円山動物園でも狙われたことがないのに、なんで?

理由もわからず、2度目もやはり執拗に攻撃してくるので、
結局ヤマトもアムールトラも思いのままに、というわけにいかず、
(私一人だけカラスに狙われる図 というのも当事者には恥ずかしい図)
早々に退散せざるを得なかった・・・!

いったい、なんなのよ~おびひろ動物園のカラス。
何か「特別に」カラスの気に障る人物と判断されたらしいです。。。



というわけで、
結局この日は「ナナ」「アイラ」「ヤマト」限定状態で、
他の動物はただ通りすぎた程度・・・
時間が足りないし、移動距離が長いしさ。脚もパンパンになってきた。

20180525zoo29.jpg 
あられもない姿のカンガルーとか


20180525zoo30.jpg 
いいなぁ、草食動物の「我関せず」感、大好き。


20180525zoo40.jpg 
飼育員さんを待つアライグマとか


20180525zoo44.jpg 
顔面と並行して広がる耳が印象的なチンパンの赤ちゃんとか


20180525zoo46.jpg 
「ぼろ雑巾」と子供に笑われていた、換毛期のバッファローとか。
私が子どもの頃からこの動物園には必ずバッファローがいました。
今、2代目なのかな?


20180525zoo27.jpg 
他の動物はほんとに通り過ぎただけで、「見た」うちにも入らなかった・・・




おびひろ動物園は円山動物園に次ぐ道内2番目の動物園として昭和38年7月に開園。

地方都市で入園者数も予算も限られている中では
なかなか理想通りに改修できていないところも多く目立ち、
(アザラシが暮らす場所もザンネンに見えた。
にも関わらず・・・入園料が420円とはナニゴト?
いくら公共施設とはいえ、これだけの動物を預かる施設がこんな料金設定をしていること自体、
時代錯誤ではないか、と感じる。
ただ、おびひろ動物園は冬季間の週末以外は閉園してるけど)
一方、釧路市動物園同様、地方都市の動物園ならではののどかさもあり、
関係者の方々の熱意も感じられ、
旭山動物園や円山動物園のようなあざとさを感じないのもいい。

・・・けど、いろいろ厳しさを感じないではいられない。
たいへんだなぁ、動物園というのも。

できれば来月、今度はおびひろ動物園と釧路市動物園、
2園連日での遠征したいなぁ、とさっそく次の野望が。


20180525zoo43.jpg 
だってナナと約束したんだもん。


※長々とお疲れさまでした・・・




コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR