FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

スペシャルにゃんこウィーク!


今週はスペシャルにゃんこウィークでした!
そして、きっと来週もね。


昨日の予定していたまいこ~の肥満細胞腫の切除手術はともかく、
予定外のルカちゃんまで祭りに参加するとは。

おととい朝からお尻を気にしてなめたり、落ち着かずうろうろしているので見たら、
肛門の横が大きく赤く腫れあがっていて、痛がって触らせない。
これは大変だ、一刻も早く何とかしなきゃ!と飼い主は仁王立ち。

が、かかりつけの病院は休診日だし、前に通っていた病院に電話したら
早くても診れるのは11時と遅いし、というわけで、さらに三軍に位置する病院に走りました。
ここは獣医師独りきりだけど、「絶対に」混んでいないので、
いつ電話しても「すぐに」対応してくれるという返事 が最大の魅力。


で、タクシーで駆けつけて診てもらったら、(もしやと思ったが、やはり)肛門腺膿瘍。
肛門腺の分泌液が排出されず溜まったままになって炎症を起こしていた。
ここまで大きく腫れあがったら破裂することが多く、それなら苦痛もまだしもなのだけど、
ルカちゃんは破裂もせず腫れあがっていたので、「相当痛くてかわいそうだけど」と、
針で穴をあけて膿を絞り出した。

私がルカちゃんの上半身を抑え込んで、の体制だったけれど、
ルカちゃんの悲鳴に飼い主も「がんばれー!」と大絶叫。
これを頑張ったら楽になるからね、今だけだよ、喰いしばれーっと、
いやはや、我が子の大絶叫にこちらも絶叫していないと泣きそうでした・・・

かなりの量を排膿して、抗生剤の注射と1週間分の薬をもらいました。

猫にはそんなに多くはないと聞いていて、さほど心配もしていなかった肛門腺トラブル。
多分・・・今後ルカちゃんは定期的に肛門腺絞りをしないと同じことを繰り返すかもしれないとのこと。
やはり目が見えないことで運動量が他の子より圧倒的に少ないことが原因みたい。


20180404lu1.jpg 
死ぬほど痛い目にあって疲れ切ったらしく、その日は1日私に抱かれて眠るだけで何も食べず。
飼い主に抑え込まれて痛い目にあっているのに、それでも私に抱かれるのが安心というあたり、
猫も捨てたもんじゃないですね・・・・



そして翌日5日はまいこ~の肥満細胞腫の切除手術。

前日のルカちゃんの苦痛を見ていたので、
しっかり麻酔で眠っている間の手術なんてたいしたことないじゃん、という気にもなり。


が、肥満細胞腫はがん。
切除した腫瘤の病理検査で、悪性度がどれだけのものか が一番の問題。
さほど悪性度が高くなければ、今後も皮膚のどこかに再発しないか気を付けて見ていけばよさそうだけど、
もし悪性度が高ければ・・・内臓などに転移していないか、今後どこかに発生しないか一
相当な覚悟をしなければならないことになる・・・・


午前中に、緊張でよだれだらだらのまいこ~を預けて、
夕方に迎えに行ったら、すっかりしゃきんとしてて、前の病院ではこういう麻酔手術の後、
よく瞼がこすれていたりしていたけれど、まったく寝ぐせ一つなく。


20180405mj1.jpg  
本猫、ちょっとぼーっとしているくらいで、帰宅後すぐにゴハンをがっつきました。
どうも、何があったのか、まったくわかっていない様子。
切除した部分も思っていたより目立たなく、傷口もきれいです。
毛が生えてきたらほとんどわからなくなるかも。


さほどの恐怖心や痛みの記憶もないままに帰ってきたという状態のようで、
このあたり・・・術前後の管理や対応、かなり今までの病院と違うなぁ、と感心しました。



20180405chi1.jpg 
「・・・ぷっ。ハゲてるにゃん・・・」
すぐに生えてきますって。ちぃのお腹とは違って。


20180405mj4.jpg  
前の晩から絶食だったので、よく食べる、飲む。
「よだれもいっぱい流したしにゃ」



思っていた通り、現象としてはルカちゃんのほうがよっぽど大変でかわいそうでした。
まいこ~の病理検査の結果は1週間後。
そしてルカちゃんも来週もう一度経過を診てもらうことになってるし・・・


そして、今日は1か月に1度の千夜の診察。

わずかずつながらも確実に患部が小さくなってきているものの、
このままステロイドを継続して完全消滅させるにはまだ数か月かかることになるから、
あとは縫ってしまった方が早いでしょう、ということに。


20180405chi2.jpg 
「・・・えっ。ちぃも・・・?」



そういうわけで、うちのオールスター総出演でわたわたしっぱなしでしたが・・・


まいこ~は結果待ち、ルカちゃんは経過観察、千夜は縫合手術に踏み切る、というわけで、
本当のヤマ場は来週あたりになるのかも。


20180405lu1.jpg 
今日にはルカちゃんもやっといつも通りに食べるようになり、、、
「りゅ、りゅかたん、死ぬかと思ったんだお」


20180405mj3.jpg 
「おかにゃん、おりぇ、昨日の記憶がにゃいんにゃ・・・」
記憶喪失?いいんじゃない?記憶がなくても困ることないでしょ?


ともかく、どの子も痛い思いや怖い思いを極力させたくない、
でも多少の試練を乗り越えることで健康を維持できるというのなら、
飼い主はおまえたちにがんばれと要求するよ。
おまえたちの先々がこれからもずーっと幸せに健康で暮らせるためなら、
おかにゃんはひと踏ん張りも二踏ん張りもしてみせるさ。。。

まいこ~もルカちゃんも、本当に偉かったね。


コメント

No title

Ciba、落ち着いたみたいでよかった!
本猫が楽しく毎日を送れるならなにより。
毎日のインシュリン注射で人間の方は気が抜けなくて大変だけどね。
Ciba抱えて帰省したら、その間うちでお泊りさせてあげてもいいんだからね~

Cibaがそうなったと聞いてまいこ~やルカちゃんも血液検査したものの
特に問題なくてほっとしたのもつかの間、
まいこ~はがんが見つかり、ルカちゃんは肛門腺が炎症起こすで大騒ぎ。

これからまだまだ長生きしてもらわなきゃ困るから、
今のうちに弱点を見つけてあげられてよかったかも、と前向きに受け止めています。

しかし・・・続くときは続くのねぇ・・・

りんさーん!えらいこっちゃのにゃんこウィークでしたね…。みんな、そんなお年頃でしょうか?

ご心配をおかけしています、我が家のスーパーお騒がせ親不孝にゃんこのシーバですが、毎日のインシュリン注射は、さほど苦でもなく、(だっておいしい缶詰食べさせている間に一番感覚が鈍いという首根っこにチクンとするだけ)毛並みもツヤツヤ、健康そのもの不良シーバに戻っております。

あとは…今後どうするか?です。
一度糖尿病になると、にんげんと同じで一生インシュリンみたい。でも、減量と食事療法で離脱できるって言ってる医者もいたりして。さて。わたし、このままじゃ、シーバを抱えて帰省するのか⁈など、ちょっと心配しています。。。

銀次郎は、いたって健康です!
我が家の猫報告になってしまいました。

3猫とも、はやく悪いところが治りますように!また会いに行きたいよーー!
非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR