FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

円山動物園の新施設に思ふ


先日、やっと円山動物園の新施設・ホッキョクグマ館に初めて足を踏み入れました。
その時の写真をいくつか。

春休み中なので混雑しているだろうことは予想済み。
でも、これから4月月初まで1年で一番過酷な月末月初となるし、
その頃に母も退院する予定だし、全然見通しがないな、というわけで、
母の見舞いの前に少しだけ。


・・・にしても、すごい人出でした。
これまでで私が見た最大の人出。
えっ、ここは旭山動物園か?と思うほど。

それもそのはず。
本当に素晴らしい施設でした。
カナダ・マニトバ州のホッキョクグマ保護法の施設基準に沿った設備で、
アジア最大級の施設 と謳っているのも嘘ではないみたい。


20180327zoo10.jpg 
まだ雪の残る広大な放飼場。この奥の方にプールがあります。


20180327zoo1.jpg 
悠々と泳ぐリラ。実は隣のガラス壁で仕切られているアザラシを狙っているんです。


20180327zoo2.jpg 
この子も、おそらく母親のララだって、
生まれて一度もこんなに深くて広いプールなど経験したことがないはずなのに。


20180327zoo7.jpg 
すごいなぁ。本能とは言え、こんなに当たり前のように泳ぐんだ。


20180327zoo12.jpg 
そんなリラの水中の姿を見ていて、なんだか胸が熱くなった。
これがおまえたちの本来の姿、よかったねぇ、リラ。
そして、他の施設のすべてのホッキョクグマたちにも体験させてあげたいものだ、と。


20180327zoo13.jpg 
水中トンネルにすし詰めの観客から歓声が上がる。
人間たちに、人間が絶対にかなわない美しさと強さを披露する。
映りこみが激しいので、ポイントを探さないとだめね。


20180327zoo4.jpg 
このポイントからアザラシが境界の壁に近づくのを待って・・・


20180327zoo5.jpg 
「今だ!」 ダイブアタック!


20180327zoo11.jpg 
こちらが壁を隔てたアザラシのプール。
現在はアズキちゃんという若い個体1頭のみ。


20180327zoo20.jpg 
ツルツルプリプリのアズキちゃん。
ホッキョクグマなんてまったく気にも留めていない様子。
当初、ここには既存の海獣たちが入るかと思っていたけど、そうじゃないようで。
だったら現在の海獣舎も改修してあげてほしいな。


20180327zoo19.jpg 
母親のララは気持ちよさげに昼寝。
親子一緒のプール・インは次回以降のお楽しみにしておきます。



そんな頃、2階の展望台から隣下方の既成施設を見ると・・・


20180327zoo6.jpg 
偉大かつ・おトボケ父のデナリが新施設のリラに負けないほどのギャラリーを集めて・・・
お立ち台で存在をアピール。


20180327zoo9.jpg 
新施設から風に乗ってくるにおいをくんくん・・・・


20180327zoo17.jpg 
サブ放飼場にいたユキヒョウのシジム。
札幌は今ようやく雪解けだけれど、浜松は桜が満開というニュース見た。
リーベはどうしているだろう・・・いつもいつもリーベのことが頭から離れない。


20180327zoo16.jpg 
アムールトラのアイちゃんは力強い足取りで歩いていた。
ますますお肉も戻ってきたみたいで、本当にうれしい。
1月2月の頃にはもうダメかも、と覚悟したのが嘘のよう。


20180327zoo15.jpg 
うちのまいこ~のように仰向け寝のヒマラヤグマ。


20180327zoo14.jpg 
相変わらず無邪気に見えるオオカミ父子。



今度こそ、もう少し人出がなくなる時期を見計らって、ゆっくり楽しもうと思っています。

20180327zoo8.jpg 
透明度に少々難あり。これだけ大きなプールだから、毎日入れ替えなんてできないんだろうしね。
これからも事故なく、ホッキョクグマたちが心待ちにするような施設運営を維持してほしい。



こんなに立派な施設でよかったと思うと同時に、
デナリやララへの恩返しのようなものなんだから、
リーベにしたような仕打ちを彼らにはしないでほしい、
それから、特に釧路や帯広のホッキョクグマたちの環境整備、なんとかできないものか、とか
ヨコシマな心のアテクシは次から次へといろんな思いや心配が尽きないのでした・・・




久々の独り暮らしで、忙しいけれど帰宅後はストレスフリー(笑)
母がいなくて猫たちがどうなるかな、と気にしていたけれど、
彼らも元々の生活のパターンに戻ったという感覚しかないみたいで、何の変化もなく。

なのに、私が一晩家を空けただけであんなにおろおろするって、
猫にとってそれほど飼い主が重要なもんなのかなぁ、となんだかいまだに解せぬ気分・・・


20180327zoo18.jpg 
「だって、ママがこの家の世帯主にゃんでちょ?」
そうだよ、市民税を払っているのはママですよ!でも、あんたたちは非課税だから。







コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR