FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

さようなら、札幌の青い宝石

今日のフィギュアスケート男子はとても直視できず、
壁越しに音声だけ聞いてました・・・
私は録画で十分です(笑)

ジャンプラージヒルも録画でいいや。


ほんとに時間がなくて、いや、多少あっても体力がなく、
思うようにブログを更新できないのもまたストレスの元ですわ。
月曜日もまた母の病院の付き添いです。

でもね、来月早々は9日間の連休を取りましたよ。
ここ10年で初めてだと思う。こんなに休むのは。

で、いろいろ家の中の片づけ、放置しているHPの更新とかのほか、釧路市動物園に行く予定です。
本当は旭山動物園と帯広動物園ともセットで一気に3園めぐりたいと思っていたけれど、
どうにも3点をつなぐアクセスが不便で、1日1園 というセッティングができないし、
しかも冬季間の帯広動物園は土・日・祝日のみたった3時間の開園時間。
こちらは夏季間に訪問予定として、今回は旭山動物園日帰りと釧路市動物園1泊に留めます。

本当はね、釧路まで行くなら阿寒にも・・・とも思ったけれど、
女が一人で冬の阿寒にいたら、あまりよろしくない想像をされるかもと周囲の人から言われ・・・
こちらももう少し気候のいい時に足を延ばすことにしました。
悪かったわね、「お一人様」で。


--------------------------
昨日、円山動物園からユキヒョウのリーベが搬出され、
無事に到着して落ち着いている、という報告がUPされていました。


最終展示日となった13日に会ってきました。
とても忸怩たる思い、無力感、そして切なさが胸によぎるばかり・・・


20180213zoo14.jpg 
最終日のこの日は、中央区でも最高気温-8℃という寒さ。
ユキヒョウにふさわしい厳冬の放飼場でのお別れとなった。



-8℃  ではあっても、円山動物園の人間の観覧スペースは屋内なので、
暖房はないけれど風も雪も影響しないので、旭山動物園よりずっとラクです。


20180213zoo5.jpg 
飛びぬけて美しいだけではない、これまで人間の期待に応えて3頭の子を生み、
そして冷静沈着かつ愛情豊かに育て上げた。


20180213zoo1.jpg 
なのに、14歳にもなった今になって追い出されるように遠い地にやられる・・・
すっかり故郷となったであろうこの地も、愛するアクバルとも引き裂かれ。


20180213zoo2.jpg 
雪の中の跳躍もこれが最後になるのかな・・・


20180213zoo9.jpg 
「雪の女王」リーベ。
雪と厳しい寒さがあるからこその美しさ。


20180213zoo8.jpg 
初めてリーベを見た時、「クールビューティー」という形容詞が浮かんだ。
厳しさ・優しさ・激しさ・柔らかさをすべて同時に感じさせる、
この野生の生きものの美しさにショックを受けた。
崇高だと思った。人間など逆立ちしても及ばない。
かわいい なんて表現は彼女に失礼です。


20180213zoo15.jpg 
ちがう、リーベは「美しい」のです。



・・・当日はたくさんの人がリーベがいるユキヒョウの放飼場前に集まっていたけれど、
なんだか妙に騒々しくて。なぜだかみんな(常連の皆様)きゃっきゃっと楽しそうにはしゃいでる感じで。

私としては静かにリーベに心の中で語り掛け、静かにお別れをしたいと思っていたのに、
全国の動物園巡りをしているらしい常連客がグループで
やれ、あそこの仔ユキヒョウがどうしたの、どこそこのナントカはどうだったの、と嬌声止まらず。
うるさいったら、ほんとにもう・・・

そうか、あちこちの動物園を巡る彼女らにとっては「お別れ」では全然なくて、
たまたまこの円山動物園で会うのが最後、という意味でしかないらしい。

でも、私としてはたとえこの先リーベに会いたくて浜松まで行ったとしても、
ここが彼女のホームグラウンドであり、ここで生涯を全うさせてあげたかった、という思いがある以上、
やはりこの日が、「本来の」リーベを見れる「最後の日」。

本当に、我が物顔で大声で話したり笑ったりしている常連の女性陣はデリカシーなさすぎ・・・


20180213zoo19.jpg
この雪の中の美しい姿、絶対に忘れない。


20180213zoo18.jpg  
リーベも、この雪の感触、この冷たい空気を忘れるんじゃないよ。


20180213zoo11.jpg 
あくまでもまっすぐ前を見つめる眼差しを見て、リーベは大丈夫だ、と思えた。
そして、必ずいつかここに戻ってこれるよう、お互いに頑張ろうね、と語りかけた。



20180213zoo6.jpg 
さようなら、雪の女王。


20180213zoo13.jpg 
さようなら、リーベ。円山の宝石。



・・・なんか私、リーベが心配で浜松まで行きそうな予感・・・



------------------

この日、同じ屋内の隣の展示室では、
アムールトラのアイが、この日はいつになく食欲旺盛な姿を見せてくれました。


20180213zoo12.jpg 
バックヤードで肉を食べた後も、展示室で差し出される馬肉にも積極的。


20180213zoo16.jpg 
この後、ほんの少しだけ放飼場に出たけれど、肉球が濡れるのを避けるように、
ホットスペースをちょっと往復するだけ。



同じ屋内の中で、ほとんどの人は今日で見納めになるリーベの前にいたけれど、
アイがバックヤードから出て来ると、「出てきた!」と、
わーっとアイの展示室前に移動し、バックヤードに入ると、またリーベの前に戻り、
またアイが出て来ると、わーーーっ   ・・・忙しかった(笑)


20180213zoo17.jpg 
この日以降も食欲は安定しているとのこと。
がんばれ、アイちゃん。



リーベを迎えた浜松動物園ではユキヒョウ舎の改修や冷房装置の取り付けなどを約束してくれたとのこと。
人工雪も降らせてほしいところだけど・・・
どうか、どうかリーベが大事にされますように。
結果的にリーベが「いいところにきた」と感じてくれれば文句はないです・・・


20180213zoo4.jpg 
 ↑ この日のオマケ。小生意気な顔で眠るレッサー。


20180213zoo3.jpg 
始めて立ち上がった姿を見せたぽんちゃん。
やっぱり立派な尻尾をしていましたよ。ほんとにポンポンでマルマルな姿。



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR