FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

リーベとアイに思う

母の病院の付き添いや千夜の通院で忙しい。

けど、闘病している円山動物園のアムールトラのアイちゃん、
そして16日に浜松動物園に転出してしまうユキヒョウのリーベにも
会えるだけ会っておかないと、きっと後で後悔してしまいそう、という強迫観念に駆られ、
7日と10日今日と短時間ながら訪問だけはしていました。


以下は2/7の訪問時の様子。


20180207zoo18.jpg 
この日、リーベは室内展示室当番で、メイン放飼場にいるアクバルとお互いに意識し合ってた。


20180207zoo6.jpg 
 ↑ こっちがアクバル。アクバルはリーベが大好きなんだよねぇ。
・・・しかし、壮年になってきたら、まぁ父のシンギズそっくりになってきた。


20180207zoo8.jpg 
美しい。本当に美しいね、リーベ。
若く見えるけれど、隣で闘病しているアムールトラのアイちゃんと1歳しか違わない。



ずっとリーベの前にいる、ボランティアガイドのジャンパーを着た女性が
常連なのかゴツいカメラ装備の壮年男性と話してて・・・

「リーベはここのエースなんですよ、なのにどういうつもりなんだか」と
今回の転出を愚痴っていたので、つい「気候が変わるのが本当にかわいそうですよね」と口を挟んだら、
一緒にいた男性が憮然とした表情で「もうこの先リーベはこのままここで大事にしてやればいいのに。
それだけの貢献をしてきたのに、それをなんて仕打ちをするんだ」と吐き捨てるように言った。

で、「繁殖目的なんて名目で、ただの厄介払いでしょ」と言ったら、
「そりゃ誰もが思っている。何が何でもアクバルとシジムの繁殖を成功させたいだけだ」と。
「でも・・・やっていいことと悪いことがある」とつぶやいた。

その私たちのやり取りを聞いていた初老のボランティア女性、
「ねえ、抗議してくださいよ、なんとかしてくださいよ」と言うので
「抗議のメールしたよ」と返したら、男性も「俺も。そしてサポートクラブもやめたもんね」と言っていた。


20180207zoo7.jpg 
感傷や気分だけで言ってるんじゃない。現実的に考えて、
そしてリーベという命を預かってきた人間社会の責任としてどうなの?という問題なんだよ。



なんだか、滑稽やら哀しいやら。

体制側の立場であるはずのボランティアガイドですら納得できないと言い放ち、
ずっとリーベを何年も撮影してきた様子の男性もそう言っていたけれど、

でも、たいていの常連は「寂しくなるね」「浜松でも頑張って」などという感想しかなく、
誰も本気で抗議の声などあげていないのでは。
誰もリーベの今回の扱いを不当とは感じていないのか、
いや、それは動物園の立場や事情というものを知っていれば反対など論外のことで一と
平気で言いそう。無批判無反応を貫く。まるで身内をかばうかのように。
(ウッチー事件など、数々の問題発覚の時もほとんど無言か擁護でしたよ。今回もね)


こういう一種のグルーピー的においをぷんぷんさせる常連というのがここにはいっぱいいて、
いつも動物園の立場を代弁するようなものの言い方をされるので、本当に呆れている。
まるで、自分も体制側の人間で、そういう事情には体制側との人脈もあるから通じており、
たまに来る一般客とではどだい考え方が違うのよ、私はプロなのよ、とでも言わんばかりの態度。

よく考えてみなさい。
いくらヒマを持て余して、お金もかからないからと毎日動物園に通って写真を撮って、
ブログやインスタにUPしていても、別に動物園から給金をもらっているわけじゃない。
職員ではないのだから、どこまでも一般市民。

つまり自分が払った税金が投入されて運営されている動物園なんだから、
ファンになるのはいいけれど、同時に、一般市民としてこれは適正なのか?
問題じゃない?と感じる感性もなくしてはならないと思うし、
そういう意識がより良い施設に発展させていく素にもなる、
それこそがファンとしての貢献でしょ?と   
いつか機会があれば言ってやりたい(笑)  その機会は絶対にないと思うが(笑)

身内気取り って、ほんと、トホホざます。

もちろん、常連でも先日のボランティアやカメラマン男性のように
自分の感じ方や考え、批判を表明している人もいます。
きっと、「動物園ファン」と「動物ファン」の違いなのかもしれない。
私もいいと思うところは率直に認めつつも、
批判や疑問に対しても目をつむってはならないといつも思う。
動物を守れるのは動物園側の人間とは限らない、
その逆だという事例も多く示されてきていることを忘れることはできないですよ・・・

(やはり批判の声も多いのか、当初ただ「転出します」という内容でしかなかったHPの掲示が
2/5にかなり詳しい説明内容になっていた。詳しくはなっても説得力なしは変わらずだけど)


20180207lu1.jpg 
「・・・ままんのへちょ曲がりぃぃぃ・・・・」   ええい、だまらっしゃい。




この日は久々、シンリンオオカミのショウにも会えた。


20180207zoo3.jpg 
小柄だけど、本当にオオカミらしい顔立ちのショウ。絶滅したエゾオオカミチック。



20180207zoo4.jpg 
亡くなった母親の面影があるね。オオカミはやっぱり雪の中の姿がかっこいいね。いい顔してる。



・・・エゾタヌキのぽんちゃんとヒマラヤグマのミナミ&トモは、
その前に行った時と寸分違わぬ姿だったので、割愛(笑)


アムールトラのアイちゃんは結局この日、ついに寝室から出てくることはなく。

それでも常時飼育担当者が展示室前にいて、アイの様子をていねいに説明してくれ、
「これ、少し前のバックヤードのアイの様子です」とスマホで撮影した画像を見せてくれるなど、
本当にありがたいと思う。情報提供にずいぶん力を入れているようです。
これもタツオの臨終の際の情報不足への批判に対しての反省からなのかな。





そして、本日10日は、いろいろと忙しいので滞在時間はきっかり1時間。
(往復に費やす時間はその3倍だぜ)


でも、今日は外の放飼場でくつろぐリーベを見ることができたし。


20180210zoo1.jpg 
いつもアクバルがにおい付けをする場所にリーベもご執心。
・・・こうしていつまでもリーベとアクバルが求めあうのも、
シジムとの繁殖の障害ととらえられているのかな・・・


20180210zoo2.jpg 
今日はみぞれが降る、久々+の気温。
ホットスペースで目の前の雪の岩山を眺めるリーベ。


20180210zoo3.jpg 
もうこの先、冬でも雪はないんだよ。
せめて、道内の動物園への移動だったらまだしも・・・・


20180210zoo11.jpg 
戦国時代の悲劇のお姫様のようだね、リーベ。
どうか、どうかあなたの健康が保たれますように。




そして、昨日までまた3日ほど何も食べられなくなっていたという、アムールトラのアイ。

今日も飼育員の人が「バックヤードで寝ています。今日もまだ食べていないんですよ」と言うので、
今日も会えないのは仕方ない、とあきらめかけた頃・・・


バックヤードで肉を新しいものに差し替えたら、

20180210zoo4.jpg 
ゆっくり起き上がって、   あ、食べてる!
気まぐれに口にくわえるだけでなく、ちゃんと集中して食べている!
どうかどうか、吐き戻さず栄養になってくれー!


20180210zoo5.jpg 
ギャラリーの熱気に気が付いたのか、ゆっくり展示場スペースに出てきてくれたアイ。


20180210zoo8.jpg 
「みんな喜んで、何かあったの?」と言わんばかりの表情。
アイが食べてくれたことに喜んでいるんだよ!


20180210zoo6.jpg 
見る影もないほどの痩せ方・・・わずかに積もった雪もきれいに掻いておいた放飼場に向かう。


20180210zoo7.jpg 
が、出口で顔を出しただけで、みぞれが気にくわなかったのかUターン。
外で排尿排便がしたいのでは?と思ったけど。


20180210zoo10.jpg 
そして、またゆっくりと寝室に戻っていきました・・・この間、1~2分程度。
それでもアイに会えた貴重な瞬間でした。来てよかった、、、


20180210zoo9.jpg 
力のない足取り、ひどい痩せ方ではあるものの、思っていた以上に表情は柔らかでした。
また茫々と泣く。必死な飼育員の皆さんには悪いけれど、飼育担当じゃなくてよかった、と思った・・・




20180207zoo19.jpg 
「ママさぁ、お休みのたびに動物園に行っててさぁ」
す、すみません。リーベと会えるのもあと1回、そしてアイがもっと落ち着いてくれれば・・・



20180207mj1.jpg 
「クロヒョウにゃら、おりぇとおんなじにゃろ?」
・・・豹族に対する侮辱です・・・




ほんと、思います。感謝します。
動物と関わる仕事に就いていなくてよかったって。


ユキヒョウのリーベの最終展示は13日。
ちょうどOFF日なので、最後にお別れに行ってきます。

全国からファンが会いに来ていた、円山の宝石リーベ。
恒常的な集客要因をまたなくすことになるのに・・・





コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR