FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

あ゛ー、すっきりしない!

月末月初は時間がなくて、なかなか更新できません。
やっと今日、月末からぷっ続け勤務から解放されたものの・・・

最近、疲労がたまると微熱が続くんですよ。
1日中、数時間寝ては買い物などの用事を済ませ、また寝込み・・・の繰り返し。
体調が悪いとますますストレスも高まり、さらに気持ちに余裕もなくなり。

だってさ、いよいよ月曜日、会社を休んで母を病院に連れて行かなきゃならないことになって。


20180203mj1.jpg 
「タクシーで乗り付けるんにゃろ?にゃのに?」
にゃんこじゃないのにねぇ。



今の病院でもらう薬ではよくならないというから、
新しい病院に行くように勧めてもなんだかだといっこうに腰を上げず、
毎日出社までと帰宅後、うだうだグチばかり聞かせられるこの辛さ、おわかり?

親が代弁しないと何もできない小学生とおんなじということね?と皮肉を言ってみても
それでも付き添いがいるのが嬉しいらしい。
自分が何も言わなくてもしなくてもいいんだもんね。

・・・なんでこうも他力本願体質なんだろう。。。
高齢で心細いのはわかるけれど、自分で何とかしよう、という意思は皆無、
娘がやってくれて当たり前、としか思っていないし、
そもそも昔から人にやってもらうことしか頭にない性質の人なんで、
歳をとるとなおのこと、ということなんでしょうが・・・
動けるうち、頭がはっきりしているうちは、極力自分のことは自分でしてほしい。
なにより、母自身のためにね。

では、私のように一人で生きる人間が母と同じ歳になったら?と問うと、
「あんたならなんとかできるんでしょ」だって。
人をアテにして生きるというのは厚かましいね・・・


20180203lu1.jpg 
「ままん、グチうるちゃい・・・」  あっ!ほんとだ。



なので、今はどんなに体調が悪くても、「雪があるから」と買い物1つしようとしない母のために、
あちこち買い物にも行かなきゃならないわけで。
もちろん、私自身が具合悪いなどと言うヒマもないし気が付きもしないし、
まあ、私も口先で「大丈夫?」なんて言われてもむかっ腹が立つだけなのでいいけど。


20180203chi1.jpg 
「まあ、まあ、ママ。ちぃがなぐさめちゃるにゃ・・・」 ↑ あざとい奴め・・・



とりあえず来月は3日間ほど一人で旅行に出ようと思います。
猫たちを置いていくのは心苦しいけれど、本当にいよいよ自分の心身が心配になってきたので。
自分を守らなきゃ、という意識がむくむく・・・





そんななか、先月月末少し前に円山動物園のアイちゃんお見舞いと
今月あと少しで浜松に転出するユキヒョウのリーベに会いに行きました。


ユキヒョウのリーベは14歳。
14歳ですよ、猫族としては十分なおばあちゃんです。
今、隣で腎不全で病んでいるアムールトラのアイが15歳なんですよ。

そのリーベを浜松に移動させて、9歳になるオスと繁殖させるのが転出の目的、と発表されてるけど・・・

20180129zoo8.jpg 
あははは、14歳にもなる高齢のメスに繁殖?
環境になれて、最速で妊娠しても15歳だよ?
また関係者の頭の中にチョウチョ飛んでる?



なぜリーベの娘2頭(東山などに転出しているがまだ出産なし)じゃなく?
しかも、円山動物園のオスのユキヒョウ・アクバルとの間にこれ以上同じ血統の子孫はいらないとして、
ずっと繁殖制限されていたのに、新しいペアリング相手の浜松のオスはアクバルの異母兄弟なんだよ~

高齢の個体をリスク覚悟で移動させてまで、
高齢の体に負担かけてまで繁殖させたいというのに、アクバルと同じ血統とはどういうこと?
だったら、このまま円山動物園でアクバルと再繁殖しても同じじゃないの。


20180129zoo9.jpg 
アクバルとリーベは相性もぴったりの最高のカップルなのにねぇ。



・・・ここまで考えると、まあ自然に浮かんでくるのは・・・
繁殖目的というのはあくまで名目上のこじつけでしかなく、
本当の目的は、ただの「姥捨て」です。

今取り組んでいる、アクバル&シジムの繁殖を成功させたい(2頭がリーベに気が行かないよう)、
もし成功して子供が増えたら飼育スペースが足りない、ので、
もう年を取ったリーベは不要、ということなんだと思う。

・・・人間側の事情最優先で、
リーベという高齢個体の幸せはここまで無視されるのかなぁ・・・
これまでどれほど貢献してきてくれたことかと思うと、
ずっとこのままユキヒョウに適したこの地で穏やかに老後を過ごさせてあげたい・・・

本当にリーベが哀れだ・・・


20180129zoo10.jpg 
美しいリーベ。札幌の青い宝石、といつも心の中で最大限に称賛してきた。




そして、この日のアイちゃんは・・・


20180129zoo1.jpg 
室内の台の上でずっと寝ていました。
寝ている姿からも、さらに体が薄くなったことが見て取れる。


20180129zoo2.jpg 
苦しくないかい?しんどくない?  んなわけないよね、腎臓病のしんどさは私も知ってる。


20180129zoo7.jpg 
外が寒すぎるから、と放飼場の扉は閉められ
(夕方頃に、少しでも歩いてほしいと開けられるがまったく出ないことも)、
かわりにバックヤードの扉はいつでも開放されていて出入り自由に。
朝に与えられていた鶏肉・馬肉・牛肉いずれも口を付けた様子もなく─


20180129zoo11.jpg 
展示室のガラスに貼られた円山動物園の方針。
・・・ポッキーを思い出す。少なくとも、タツオの時よりは大事にされてる。


20180129zoo3.jpg 
しばらくして寝がえり。


20180129zoo4.jpg 
まるで赤ちゃんのような無垢な寝顔。
まだまだ頑張れる年齢だよ、あきらめずに食べなきゃ。
ここ数日はそれでも少しは口にしていると聞いています。




・・・毎度、茫々と泣けて仕方ないので、この日はほとんどアイちゃんと、
となりのリーベだけに会って早々に退散。
大っ嫌いな常連おゃぢがいて、また妄想かましてたしさ。

次もアイちゃんに会えますように、リーベの転出前にまたあいさつしなきゃ、と
自分に言い聞かせて。


20180129zoo5.jpg 
途中、久々にしっかり顔を見られたサーバルキャットのエン。


20180129zoo6.jpg 
なんてラブリーな女の子。



あ、ぽんちゃん?


20180129zoo13.jpg 
・・・相変わらず(笑)さわってみたいなぁ。


20180203mj2.jpg 
「狸寝入りってヤツにゃろ・・・」



今日はそれぞれルカちゃん、ちぃ、まいこ~と1匹ずつ添い寝してあげられました。
まいこ~は枕に私と一緒に頭を並べて寝ます(笑)



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR