FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

大寒波の旭山動物園で

24日、旭山動物園に行ってきました。

本当は円山動物園にアイちゃんのお見舞いに行きたかったけれど、
あいにく第2、4水曜日は休園日。
なので、それなら極寒の旭山に挑戦しよう、と。
えぇ、よりによって全国的に最大級の大寒波に見舞われているというのに。


20180124zoo29.jpg  
 ↑ 当日の装備。下着2枚重ね、フリース2枚重ね、
さらにインナーダウンとダウンコート、下は毛糸とヒートテックのスパッツ2枚重ねに、
裏起毛のパンツに防寒ブーツ、マフラーに帽子にマスクに極寒仕様手袋。
ますます、これで私に気が付く人はいるまい。
実は・・・私は変温動物(爬虫類みたいな)らしく、
適正温度を超える寒さ暑さにはかなり弱いのです・・・



なにせ当日の旭川の最高気温予測は-8℃。
ということは、郊外で山の上の動物園なら-10℃は覚悟しなきゃ、
というわけでの超重装備。
旭山動物園は円山動物園と違って、屋外放飼場の動物の観察は
人間も原則屋外からだからね。-10℃のなか4、5時間過ごさなければならない。

でも、寒さを覚悟しての来園をほめてくれたかのように、
これまでの中でも最高に心躍る時間でした。
5時間なんてとても足りなく、よほど1泊2日ツアーにすべきだった、と後悔したほど。


以下、写真の羅列でごめんなさい。


20180124zoo1.jpg 
入園してすぐ、午前中のホッキョクグマのプールは女の子のはずだから、と覗いてみたら、
ピリカ!(円山動物園のララ&デナリの娘)
ピリカがはじけるように楽しげにおもちゃで遊んでいた。


20180124zoo4.jpg 
冬だから、丸々ふわふわ。
この足のかわいいこと!


20180124zoo2.jpg 
おもちゃをえい、えい!と陸に引き上げ・・・


20180124zoo3.jpg 
どんどん!と前脚で押しつぶして遊ぶ。(水滴が凍り付いたガラス越しなので不鮮明)


20180124zoo5.jpg 
とても元気で上機嫌で明るい表情のピリカに嬉しくなった。
反対のカプセル側の放飼場では、いつも常同行動している姿ばかり見ていたから・・・


20180124zoo6.jpg 
好きなことを思いっきり一 これはすべての動物に必要な生きる糧だよね。
母親のララより若々しく、妹のリラよりも成熟している今のピリカの美しさに目を見張り・・・



まだプールで遊んでいるピリカをずっと見ていたかったけれど、
限られた時間なのでそうも言っておられず、泣く泣くホッキョクグマ館を後にし・・・


走って行ったのは、もうじゅう館のアムールヒョウの放飼場。
11月に見ていたアムールヒョウのツインズ赤ちゃんたち、
その時はうちのまいこ~と同じくらいの大きさに見えていたけど、
今はもう2倍くらいに大きくなっていた。


20180124zoo7.jpg 
フェンスやら立ち木に邪魔される放飼場。
手前が男の子かなぁ。


20180124zoo8.jpg  
片時もじっとすることなく、双子同士でひっきりなしに追いかけっこにじゃれ合い。
大胆な女の子(ミライ)に比べ、臆病で引っ込み思案と言われていた男の子(トワ)も負けてない。

 
20180124zoo9.jpg 
ヒョウらしく、木登りも上手。


20180124zoo12.jpg 
フェンスのすぐ頭上にあるテラス。ここまで来るのは、やっぱり女の子の方。


20180124zoo11.jpg 
なんてあどけなくて、かあいい・・・。
あなたたちには種族の未来がかかっている。
どんな期待を背負っていようと、幸せな生涯でありますように・・・

 
20180124zoo13.jpg 
母親のルナは、今もピリピリ緊張を緩めず、威嚇しながら周囲を警戒。


  20180124zoo10.jpg
美豹。子育てに一生懸命。
まだ若い個体なので、今後も繁殖の期待が続くことでしょう。


20180124zoo14.jpg 
隣のユキヒョウのリヒト坊ちゃん。
たまたま直前にマナーの悪い客がいたせいもあってか、やっぱり今回も不安げで寂しげな様子に見えた。


20180124zoo15.jpg 
そして・・・1頭で放飼場にいた、アムールトラのソーン坊ちゃん。
一瞬、父トラのキリルか?と思うほど、体格がすっかりオトナに完成していてびっくりした。


20180124zoo16.jpg 
母を求めてわんわん泣きこそしていなかったけれど、やっぱりこちらもまだ寂しげな風情。
赤ちゃんの頃からの「泣き虫顔」はまだ健在(笑) かあいい。ぐさぐさくる(笑)


20180124zoo17.jpg 
まだ幼さの残る丸みがあるけれど、大きさ的には十分。
もしかしたら父親を超えるくらい立派な体格のトラになるのでは。


20180124zoo18.jpg 
父トラのキリルはこちら。やっぱり貫禄と迫力が桁違いだわ~


20180124zoo19.jpg 
この寒さがアムールトラには気持ちいいのか、初めてキリルのゴロン寝を見た。


20180124zoo23.jpg    
あ、結局この日の園内の気温は-6℃~7℃の間止まりで、
日が差していた午前中は「着込みすぎたか?」と感じていたけど、
曇ってきて風も出てきた午後からは「ぎりぎり・ちょうど」。
念のため用意していたカイロを使うまでにはならず・・・



もっとゆっくり眺めていたいのに、もうホッキョクグマの「もぐもぐタイム」の時間だ!


また水槽前を陣取るため早めにほっきょくぐま館に戻る。
もぐもぐタイムの主役はやっぱり、雄のイワン。


20180124zoo34.jpg 
ざっぶーーーん! イワンが飛び込んだ瞬間。豪快。


20180124zoo35.jpg 
イワンにとっては日課だからね、余裕のパフォーマンスです。


20180124zoo36.jpg 
水の中では自由自在。すばらしいなぁ、生きてるって感じ。


20180124zoo37.jpg 
もぐもぐタイム終了後は雪の上でごろんごろんしながら、背中をスリスリ。
アムールトラもホッキョクグマも、この寒さが嬉しいみたいだ。


20180124zoo38.jpg 
ピリカもそうだったけど、イワンも終始楽しそうにしていた。



そして、プール側と反対の放飼場では・・・


20180124zoo39.jpg 
プールで遊んでいた浮き球を咥えて走るのは・・・サツキかルルのどちらか。


20180124zoo40.jpg 
岩山の上に運んでご満悦。この子も本当に楽しそうに見えて嬉しかった。


20180124zoo30.jpg 
アザラシ館もちょっと通り過ぎた程度で・・・


20180124zoo31.jpg 
エゾシカの森の雪山の上で困り果てた様子の若い雄。


20180124zoo32.jpg 
「・・・まいったな・・・」という心の声がありありと響いてくる(笑)


20180124zoo33.jpg 
どうやら・・・雪山の下にいる立派な角のオス鹿を敬遠しているらしく。


そうこうしていたら、もうペンギンのお散歩時間!


20180124zoo27.jpg 
来たぞ、シュールな一団(笑)


20180124zoo24.jpg 
そのシュールな一団を先導するペンギンが1羽。
一団のキングペンギンではなく、2回りほど小さい、ジェンツーペンギン。
まるで先導役のチアリーダー!


20180124zoo25.jpg 
自分と同じ仲間もいないのに、一団の先頭を1羽で堂々と、羽をふりふり、超得意げ。


20180124zoo26.jpg 
散歩が嬉しいのか、客の反応が刺激なのか、とにかく「その気」満々。
この子、話題になってるらしいです。


20180124zoo28.jpg 
ペンギンって、鳥って、なんてステキな生きものなんだろう、と、
瞬間、気が遠くなるほどかわいさに衝撃を受ける・・・



ここですでに時間はあとわずか。


午後から入れ替えでアムールトラのザリアと娘のナージャを見たい、
と、またもうじゅう館に戻りかけるとき、
外からちらりとホッキョクグマのプールの水が揺れているのが見えたので戻ってみると─


もぐもぐタイムが終わった後も、またイワンがプール遊びを再開していた!


20180124zoo43.jpg 
こんなに1日中、泳ぐホッキョクグマを見られるなんて!


20180124zoo44.jpg 
水の中のホッキョクグマはなんだかとてもかわいらしく見える。


20180124zoo42.jpg 
イワンは破けたバケツの中に頭を入れて泳ぐのが大好き。
もぐもぐタイムの後もこんなに泳ぐことはめったにない、と係の人も言っていた。


20180124zoo41.jpg 
イワン、たくさん楽しませてくれてありがとう。
次もまた頼むよ、と挨拶して、やっとホッキョクグマ館を出る一



そして、もうじゅう館のザリアとナージャの元へ。

20180124zoo20.jpg 
相変わらず美しいザリア。隣のキリルの動向を気にしてうろうろ。


20180124zoo21.jpg 
娘のナージャはこうして横たわっていたので正確にはわからないけれど、
見た感じではやはり母親のザリアと変わらない体格に成長したように感じた。


20180124zoo22.jpg 
この子は母親に似て美虎になること間違いなし。



と、太鼓判を勝手に押したところで、15時30分の閉園時間間近で、バスの時間。


本当は旭山動物園のエゾタヌキも見たかったし、ホッキョクギツネも起きたところを見たかったし、
アムールヒョウのツインズも、ユキヒョウもアザラシも、もう一度見たかったのに、
結局今回は行く先々で予定外に嬉しい足止めをくらい、これで終わってしまった。

あ゛ー、時間が足りない!

・・・が、夕方が近くなると気温も―8℃近くにまで下がり、
毛糸の靴下2枚重ねに防寒ブーツでも足の先が冷たくなってきて・・・
まあ、この辺が限度なのかもね。

なんで旭山動物園ではこうも毎回忙しい思いをするのか、
本当にこの辺の運営や見せ方は見事だなぁと感心する。
のんびりぼーっとながめる円山動物園との大きな違い。
ま、どっちもそれなりの魅力はあるんだけど。

バスで札幌に戻ってきたら、なぜか昨日は旭川よりさらに低い気温(-11℃)になってました。

次のOFF日はなんとしても円山動物園に行かなきゃ。
そうしないとアムールトラのアイちゃんに会えなくなると思うから。
そして・・・突然、来月他園への移動が決まった、ユキヒョウのリーベにも一



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR