FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

もしや、更年期障害とも言う?

今日は千夜の月一の通院。

今でこそ月一になったけれど、つい最近までは2週間に一度、
最盛期?は毎週でした。

ちょうど1年前の今頃に発症した、原因不明のお腹部分の皮膚疾患。
小さな傷が治らない、と診てもらっているうちに、
びらん・潰瘍状態の傷がひどいときはお腹全体、
さらには後ろ足のかかと部分にまで広がってしまい・・・
生検でアレルギー性とは分かったものの、何のアレルギーなのかまではさっぱり。
今の病院の先生の見立ては、具体的な原因物質から発症しているアレルギー症状ではなく、
おそらく免疫不全(暴走気味)がもたらしているとのことで、
おととしの原因不明の神経症状、高熱もおそらく原因は同じ、と見ている。

この1年、あれこれ薬剤やサプリを、量や組み合わせなどを試行錯誤し、
一進一退の状態がずっと続いていたのだけど、
昨年11月ごろからやっと・・・傷の面積が縮小し始め・・・

ずっと定着していた3か所の傷のうち、2か所がついに消えたんです!

(ちょっとグロいので閲覧注意)



20180113chi1.jpg 
↑ 現在は一番大きな部分1か所だけに。
この部分もそれでも面積がかなり縮小したんです。
この傷の上と下にも恒常的に同じ傷があったんだけど、それが完全に治った!


20180113chi3.jpg 
常にじくじくした状態なのに、本猫、ほとんど気にする様子もなく。
それが一番助かった・・・
痛がったりかゆみがあったりしたら、本猫も飼い主ももっとオタオタしてたと思うから。



今日、病院の先生がしみじみ「まだ完全じゃないけど、ようやく治癒への勢いがついて、
ここまで丸1年、本当にかかりましたよねぇ」
で、改めて「こんなに治りにくいのもやっぱり免疫機能のバランスが崩れているからだと思います」と。

というわけなので、バランスを崩しているうちはこれからもあれこれ
いろんな原因不明の症状が出るかもしれないけれど、
そのうちさらに歳をとれば免疫力は嫌でも落ちてくるので、いずれ落ち着くはずだ、とも。

という話を聞いて、、、、
にゃんこの8歳前後は人間の更年期とおんなじ、とネットで見たことを思い出し・・・


20180113chi2.jpg 
ちぃ、「命の母A」でも飲んでみる?
「案外、効果てきめんきゃもにゃ」



・・・猫に飲ませても問題ないような、更年期用のサプリはないものか・・・
ちょっとホンキで試してみたい気も・
飼い主はさほど目立った更年期障害は感じたことがないのに、
愛猫はもしや・・・


20180113mj1.jpg 
「おりぇも更年期で腹がすく・・・」
そんな症状、聞いたことないぞ。



「あと3か月くらいっかなー」と病院の先生と話して、
1か月分の薬をもらって来た。
現在は抗生剤とステロイドの組み合わせを続けています。

春にはぺろんときれいなお腹に戻っていますように。


コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR