FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

去年の今頃は

今日は比較的暖かく、積もった雪も道路はほとんど溶けたけれど、
明日の夕方からまた大雪と寒波の予報。
こんな真冬のような11月はちょっとない。

20171128c_l1.jpg 
寒くなってきたので、ベッドに電気アンカを入れてあげた。
ホットカーペットよりもしっかり温まるようなので。


20171128chi1.jpg 
ちぃ、あったかいでしょ?
「ま、こんなもんでちょ」


20171128lu2.jpg 
ルカちゃんもあったかいね。
「・・・・・ま、にぇ」


20171125mj5.jpg 
まいこ~のベッドはありません。
まいこ~は絶対一人でベッドで寝るなんてことはできなく・・・
いつでも必ず私か母のそばでないとだめなので。


20171125mj3.jpg  
「おりぇのベッドはおかにゃんかぐりゃんまの膝だきゃらにゃ」
相変わらずのアマアマ大王。



ホットカーペットを去年買ったのは・・・それは千夜の高熱事件のせいだったと思い出した。

思えば・・・昨年の今頃は、千夜の原因不明の高熱がどうしても改善しなくて、
獣医師からはFIPと診断され、、、致死率99.5%の病気と言われるとなす術もない気がしたけれど、
でも、一切くよくよもおよよと泣くこともなかったな。
ただ、一応は覚悟しておこう、と思ったくらい。

だって、99.5%ちがう、と思っていたから。
いや、そんな病気じゃない、医学的な根拠など何一つ説明はできないけれど、でも、そうではないはずだ、と。
ただ、診断を信じる気になれないのは、
普段から千夜をしっかり見てきた飼い主だけの的確な判断なのか、
それとも、そうであってほしくない、という気持ちが現実を認めていないだけなのか、
それが一番の不安だった記憶がある。


20171125chi1.jpg 
「え?そんにゃに大変だったっけ?」
高熱の割になんとかこんとか食べ続けられていたし、そんなに辛そうでもなかったしね。



結果的に思った通り、千夜は問題を抱え続けたままながら、
こうして1年後の今も元気に過ごせているわけで・・・
(高栄養食の連続投与で、ムダに全員太っただけというオチ・・・笑)

あぁ、よかった。
真に受けて泣いていたら、とんでもなく損した気分になったことだろうな。

それだけに、普段からこの子たちをどれだけしっかり観察できているかが本当に大事だと感じている。
昔、朝起きて、うさぎの顔を見ただけで「発熱している」と的確に判断できたくらいに、
今、この子たちの状態を的確に観察できているかというと・・・全然ダメだなぁと思うもの。
(昔より倍も仕事の時間が増えてしまっているというのが要因の一つではあるものの)



20171125mj4.jpg 
これからますます飼い主の技量が問われることになるのかなぁ。
まいこ~もルカちゃんもいまだ病気らしい病気は一度もしたことないだけに、
これからのリスクがとても怖い。


20171125lu2.jpg 
ルカちゃんとまいこ~の健診もそろそろ・・・
ワクチンはどうしよっかな。 「いらにゃいお(きっぱり)」


20171125lu4.jpg 
「りゅ、りゅかたん、いっぱい食べてるし、いっぱい寝てるし」
一番ストレスフリーで生きているように見えるのはルカちゃんなんだけど・・・


20171125lu3.jpg 
しかしねぇ、こんなに大きくて、濁りもないきれいな目なのに、ほぼ完全に失明状態とはねぇ。
物にぶつかる様子を見ると、どうしても哀れになっちゃって。
「にゃら、もっと大事にしなきゃにぇ」  そうですか・・・



 
でもこの1年で、まいこ~の咳はほとんど治まった。
2日に1回は吐き戻していたのに、それもほとんどなくなって、さらに軟便も解消。
これは本当にうれしい!
空気清浄機とサプリと、ダイエットのために高品質な素材のフードに変えた成果だと思う。

言い換えれば、飼い主の血と汗の結晶よ。
要するに、それだけこの子たちに投資をした、ということだもの。


20171128mj1.jpg 
投資の成果は、おまえたちの健康と長寿 ということならぜんぜん惜しくはないよ。
「おかにゃん、昔、ねこまんまで育てようとしてたと聞いたぞ・・・」


20171125lu5.jpg 
「ままん、もう動いていい?」
すみません・・・いまだ新しいカメラの操作に慣れてなくて・・・



千夜のお腹の傷は治らないままだけれど、
それでも去年の今頃に比べると、ずっとずっと穏やかな気持ちで過ごせていることに感謝です・・・


20171127mj1.jpg
この冬も、みんなぬくぬく元気に過ごしてね。
「おかにゃんもにゃ」
いや、母は毎日吹雪の中もおまえ達のために働きに出るのだよ。


コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR