FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

宇宙飛行士が「それなり」に

まだ11月というのに、1月2月並みの寒波と大雪。
先月半ばの訪問の際に、すでに死ぬほど寒い思いをした旭山動物園なので、
今回は南極だって北極だって大丈夫なくらいの重装備で挑みました。
おそらく、動物園の最高気温は-5℃以上は見込めないと読み・・・

まず・・・薄手のヒートテック肌着の上に厚手のヒートテック肌着を重ね着して、
その上にヒートテックのフリースにさらに厚手のフリースの上着。
そこへインナーダウンを重ね着したダウンコート。
(つまりダウン2枚重ね。どちらも1枚では薄手のタイプなので)

下半身はヒートテックのスパッツに極暖裏地のジーンズ、ヒートテックのハイソックスに
さらにパイル地の厚手の靴下、防寒ブーツ。もちろん帽子にマフラーにマスク、厚手裏地の手袋。
万一?のため、足先と腰に貼るカイロも準備。
これ以上は絶対無理  、というくらい着込んで朝一のバスで旭山動物園に出発しました。
この着ぶくれ状態、動物園に というより、宇宙飛行士なみ・・・

新しいカメラの試運転と、そして先日、屋外放飼場にデビューしたばかりの
アムールヒョウの赤ちゃんを見たいがため、です。

結果的には服装は正解でした。
特に午前中は横殴りの吹雪、園内の気温は-4℃だったもの。
それでも顔と、カメラを操作する手以外ほとんど寒さを感じることなく快適に過ごせました。
ウールのコートに華奢なブーツ、なんていでたちのデート中の若者が
「もう無理」と休憩所でガタガタ震えて紫色の唇をしているのを、
ふふん、と嘲笑の眼差しで見送った私。
だてに宇宙飛行士みたいにモコモコしてるんじゃないんだぜ。

今回ももうじゅう館とホッキョクグマ館あたりを何度も往復。
何度も往復しているうちに、山の上の施設まで上る元気がなくなっていく・・・と、いつものパターン。

使い慣れないカメラに四苦八苦しながらもとりあえず撮ってきてみたら・・・
予想以上に、これまでのカメラでは撮影できなかったものがそこそこきれいに撮れていて、
やっぱり目的別に選んでよかったみたい、と思えました。


20171120zoo1.jpg 
アムールトラのザリア。最近息子のソーンとは親離れで別展示に。


20171120zoo2.jpg 
娘のナージャとは一緒です。しょっちゅうザリアが仕掛けて追っかけっこやじゃれあいを繰り返す。
ナージャはまだ母親ほどの体格にはなっていなかった。
こういう動きが激しいシーンは前のカメラでは無理だった。


20171120zoo3.jpg 
「ママ、また来る?来る?」とドキドキわくわくのナージャ。
ザリアもナージャも、若い個体の肉体は躍動的だなぁ。


20171120zoo4.jpg 
アムールトラの檻の前には、のん の喪中看板が。
「老衰」という言葉だけが唯一の慰め・・・


20171120zoo28.jpg 
そして、隣の放飼場には、ライラの喪中看板が。
レイラはさすがに1日中出されていませんでした。
(午後、バッグヤードの扉は開いていたので、レイラの意思に任せていた、ということなのかも)



で、お目当てのアムールヒョウの赤ちゃん。

お世辞にも広いとは言えない放飼場、見学の間口のスペースも限られていて、
その上真ん前に木やら看板やらで、撮影できるポイントはほんのわずかなのに、
ものすごい望遠レンズの隊列がズラリ。
が、なかなか赤ちゃんの姿は見えず・・・(バックヤードの扉は開放状態)

あきらめかけた頃、ちょろちょろと1匹、ちっちゃいのがちょっと出てきた。


20171120zoo6.jpg 
並み居る豪勢な望遠レンズの隊列の中に割り込み、
私も最大60倍率でやっと撮影した、アムールヒョウの赤ちゃんの顔です。
うちのまいこ~くらいの大きさかなぁ。かわいいっ


20171120zoo5.jpg 
おそらく雄雌の双子のうちの女の子。ものすごく活発なんだとか。
おそらく男の子の方は寝室でママにべったりしたまま。
あまりの人の多さで、あとからまたゆっくり・・・と後にしたら、
そのあとは何度行っても、ぜんぜん出て来ないままとなりました。



 アムールトラやユキヒョウ以上に絶滅が目前と言われているアムールヒョウ。
20数年ぶりに成功した繁殖とのこと。
この子たちにかけられる期待もさぞかし大きいことでしょう。
しかも、人工哺育ではないという点もすごい。


20171120zoo7.jpg
となりのユキヒョウ舎では、やはりこの秋に母親のジーマと離れて独り立ちしたリヒトが
1頭ですごしていた。
あぁ、あんなにかわいかった赤ちゃんもあっというまに・・・
これも檻の一番向こう側にいたのを最大倍率で撮影。



まぁ、うちの子たちも赤ちゃんぽくてかわいかったのは生後2か月程度だったものね。
まいこ~にミルク飲ませて、背中をポンポン指でたたいてゲップさせてた頃が懐かしいわ・・・


それから、ペンギン館の水中トンネルは、これまでは撮影できないからと、
いつも足早に通り過ぎるだけだったんだけど、今回ちょっと頑張って撮影してみた。


20171120zoo8.jpg 
おや、外光不足の割にはぶれずに写ってた。


20171120zoo9.jpg  
あとは私の反射神経次第、と少し手ごたえ。



そこで気をよくして、やはりいつもは撮影できなかった、アザラシ館の名物、円筒くぐりを撮影。


20171120zoo10.jpg 
この春に生まれた、まだ子供のアザラシが、オトナのように高速ですいーっと上がれず
パタパタ前足で漕いで、懸命に上に登ってゆく。


20171120zoo11.jpg 
どうにかこうにか上り切って、思わずみんなで拍手。


20171120zoo12.jpg 
もちろん大人のアザラシは速い。速いだけでなく・・・


20171120zoo13.jpg 
時々筒の中で立ち止まって、こちら側をじーっと観察。知り合いでも探しているのかな。
なんかシュール・・・



アザラシ館の筒抜けも撮影できて、「あー、無駄な買い物にならなくてよかった」と一安心。


それなら、と、これまでもどうにかこうにか撮影できていた水中のホッキョクグマ、
今季からもぐもぐタイムは1日1回なので、30分も前から水槽前で待機。


20171120zoo26.jpg 
夏季営業中は1日2回だったもぐもぐタイムが今季から1回に減ったことを
まだ呑み込めていないらしいイワンが苛立ち気味で開始を待つ。
「なんか、遅くね?」


20171120zoo17.jpg 
餌がプールに投げられてくる方向をじっと見つめるイワン。(ガラスが曇っている)
正直2年前までは貧相でブサイク・・・と感じていたこのオスグマ、いつの間にこんなに美しく。
警備係の人は「イワンだ」と言っていたけど、ほんと~?  と、いまだに違うような気がしている・・・


20171120zoo18.jpg 
ざっぶーーーん!と豪快にダイブ。水泡がきれいに撮れる!


20171120zoo19.jpg 
「そうれぇーーい!」と自在に水中を泳いで投げられた魚をゲットする。


20171120zoo16.jpg 
白い被毛がゆらゆら、夏よりずっとふんわりしています。


20171120zoo20.jpg 
本当に水中のホッキョクグマの素晴らしさときたら。
こういう命を絶やしそうになっている人間の社会って、それで本当に幸せと言えるんだろうか、と
いつもいつも同じことを考えてしまう。



ところで今度新たにオープンする円山動物園のホッキョクグマ舎は、
報道の写真を見ると、旭山動物園のペンギン館の水中トンネルがあるプールになっていた。

ということは相当深くて、複雑な構造になっているんじゃないかな。
・・・また耳を塞ぎたくなるような事故が起こらなきゃいいけど・・・と今から心配。


20171120zoo23.jpg  
「俺の角、立派だろ?」と誇らしげなエゾシカや・・・


20171120zoo25.jpg 
アザラシ館の飛べないカモメや、


20171120zoo27.jpg 
時々お客さんを驚かして遊ぶ、エゾヒグマのトンコも雪まみれになって元気そうでした。



というわけで、動物園の動物を撮影する程度なら、私のような程度の腕でも
そこそこそれなりに写ってくれるカメラと確認できた。
(唯一撮影できなかったのは、外光が全く入らず、ウンコだらけの暗い水中を泳ぐカバ・・・)


夜の室内でのにゃんこ撮影は・・・

こういう分野に長けているのは、やはり今までのカメラ。
使い分けるしかないのかなぁ。

20171121mj1.jpg 
「おりぇはどんにゃキャメリャでもイケメンに写るようににゃってんの!」
母さん、「それなり」に写る方法を探しているところだから・・・



コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR