FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

ポッキーが遺したもの

昨日10月27日早朝に、
国内最高齢(24歳以上)だった円山動物園のサーバルキャットのポッキーが永眠しました。

大往生です。
最期の最期まで、凄まじいまでの生への執念を燃やしていたサバンナの野生の猫は、
ついに─ついに息を引き取りました。

25日夕方から心配していた呼吸困難の病状も出てきたため
園内の動物病院のICUに入院。
前日24日に行った時、呼吸に問題さえ出なければこのまま住み慣れた場所にいられる・・・と
願っていた矢先だった。

20171028zoo1.jpg 
ポッキーが消えたポッキーの部屋。
すでに床の砂もきれいに掃かれ、足跡一つ残ってなく─


20171028zoo2.jpg 
藁の寝床のこのくぼみだけ─ポッキーの気配が残っていた・・・


20171028zoo5.jpg 
 ↑ 園長コメント。
これまで飼育動物の死去に際して、このようなコメントをわざわざ発表したことはなんてあったろうか。
とてもいい内容だと率直に感じました。



20171028zoo3.jpg 
献花台は動物園センター内に。
ポッキーの部屋の前に設置してくれてもいいようなものを。
そう思って、生花ではなくクラフトのリースを用意していたけれど、
まるで園側の従業員みたいな口を利く常連がまた張り付いていたので、ゲリラ戦法も叶わず─


20171028zoo4.jpg 
常連の一人のカメラマン氏が提供してくれたポッキーの遺影。
ポッキーらしい、いい表情です。


20171028zoo6.jpg 
「職員一同」からの供花。
園長コメント同様これも初めて見た。
ポッキー以上の年数を務めている人の方がわずかなのかもしれないものね。
それほどポッキーの死は、職員の人たちにとってこそ大きな哀しみだったのかもしれない。



老いたポッキーの姿を見るたび、心配と感動が重なり、
だんだん心から離れなくなり、、、いつのまにかすっかりインスパイアされていたみたい。
もう二度と、永遠に、あの命に会えることは絶対に絶対に絶対に─ない、
だから、死は哀しい。寂しい。いくら大往生であっても、そこのところはね。。。


それでも、元からポッキーは大事に飼育されていることがよく伝わってきていたし、
特に体調を崩してきてからは細やかに、そして必死にケアされていた。
展示室にいるときからこまめに寝返りをさせたり数回に分けての食餌の介助、
暖房やヒーターだけでなく、体温低下を防ぐため、さらに湯たんぽやドライヤーを使ったり。
ほぼペットのイエネコ同様の徹底したケアがなされていたので、
その点は園の関係者の方々には本当に頭が下がる思いがする。

これがポッキーに対してだけでなく、
たまたまポッキーを担当する飼育員が熱心だったから だけでなく、
園のすべての飼育動物に対して普通になされる動物園であってほしい、と
「改めてその点の重要性に気が付いた」と言わんばかりの園長のコメントにもある通り
これから、そんな円山動物園になってほしいな。
そんなところで共感しあえる動物園になってほしい・・・

ポッキーが偉大なのは、
それをみんなに気づかせ、しっかりと心に刻み付けたから。
それほど、ポッキーの生きざまは、どんな偉人のどんな名言よりも説得力があった。
20170924zoo9.jpg 
さようなら、ポッキー。
本当に立派でした。











20171028lu1.jpg  
「ままんも、これでとりあえずほっと落ち着くきゃにゃ・・・」


20171028mj2.jpg 
「また気ににゃって目が離せにゃくなる動物を見つけてしまうぞ」
それはいやだなぁ。気になったって、自分で思い通りにできない対象はストレスの元だもん。




コメント

No title

ここずっと、前から気になっていた動物園の高齢動物が立て続けに亡くなっていて、
なるほど、動物園に通うようになると、こういう哀しみにもしょっちゅうぶち当たってしまうことにもなるのかぁ、、、とやっと気がついた。
近所にコーヒー飲みながら本が読める書店があるので、この冬はそこを住み処にしようと思います(笑)

No title

ポッキーちゃん 本当にご苦労様。ヤマネコ神様のお使いをちゃんと果たして、大往生でしょう。

これからとんでもなく寒くなる。会社と自宅の行き帰りしかできないよね~
動物園も、そうそう行くのも風邪ひきそうだし・・・
図書館って近くにないの? 慣れれば人がいても静かだし、暖かいし、気分転換というか楽に呼吸が出来ると思うのよね。 幸い今はニャンズだけのお留守番ってわけじゃないから、気にせずにいられるでしょ?  あとは、自分の部屋に籠城すること!
非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR