FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

生命力

20日とそして今日、円山動物園のサーバルキャット、ポッキーに会ってきました。

20日に行った時、いや、行くたびに動けなくなってきたポッキーを目の当たりにし、
会える時に会っておこう、あの目を見ておこう、命は永遠じゃないから、
いつまでも「次」があるわけではないのだから、と心に決めていた。

20171020mzoo10.jpg 
ふらつきながらも必死にゴハンを食べる20日のポッキー。
いつもの量の半分程度は何とか自力で食べられていると聞いた。


20171020mzoo9.jpg 
数日前にケガしたという尻尾の付け根の傷はふさがりつつあるように見えるけれど・・・
ほとんど前脚でしか体を支えられない。


20171020mzoo12.jpg 
歩いて、倒れこみ、そしてそのままじっと・・・
いい、いい。無理するな。休みなさい、ポッキー。



この日からポッキーの真ん前には人が行けないよう、規制線が。
こんなポッキーに、それでもガラスをたたくヤカラが前日にいたとのことで。


20171020mzoo13.jpg 
次の休みの日にも必ず会いに来るから。
会えるよね、ポッキー。
と、心の中で声をかけて後にした、20日。



そして、今日。
いつもは昼過ぎに到着するのだけど、今日は10時半頃には到着。
はやる気持ちと不安を胸にポッキーのいるキリン館に急いだ。


規制線はさらにとなりの若いサーバルキャット、エンちゃんの手前まで広げられていた。
ポッキーの姿は遠目にやっと確認できる程度になったけれど、
このほうがいい、ポッキーが安らげる、と安心した。


20171024zoo1.jpg 
寝たきりになったポッキーは、藁のベッドの中に横たわり、点滴をされ、毛布に包まれていた。
獣医師が掌で差し出すゴハンをそれでも必死に食べていた。


20171024zoo2.jpg 
病室となったポッキーの部屋。
毛布に包まれ、さらにハロゲンヒーターであたため、そして点滴・・・
ずっとポッキーを見守っている人の話では、昨日よりは今日のほうが頭や上半身をよく動かすし、
掌で与える限りは食欲もそこそこ保っている、とのことだった。
幸い心臓も丈夫で、呼吸にも問題はなさそうとのこと。
苦しんでいるようには見えなかった。苦しい思いはしてほしくない・・・・

20171024zoo4.jpg 
ポッキー、えらいね、立派だね。あなたにはかなわないな。
あなたを見守る永年のファンの人たちみんなが言っているよ、「頭が下がる」って。


20171024zoo3.jpg 
少しだけ、頭を上げて遠くにいるこちら側を見てくれた。
そうそう、ポッキーはそうでなきゃね。その目を見せてくれてありがとう。
また土曜日に会いに来るからね、と約束して後にした・・・



切なさと感動が入り混じった感情を抑えることができない。

動物は人間のように生と死を理屈で表現するのではなく、
こうして体を張って示す。
老いたから、とか、どこかが痛いから とか人間みたいな言い訳も思いつかないだろう。
生きることを諦めない生き方─バカみたいとも思うけれど、
やっぱりこれが命あるものにとって一番大事なことではないか、と感じさせられる。
別な言葉で言えば、それを生命力 というんだろう。




今回ポッキーは、園内の病院で入院治療させるより、
住み慣れた展示室での治療を最後まで続けるのがポッキーのため、という判断になった。
その闘い続ける姿を通して限りある命の尊さを感じてほしい、という主旨が
園側から出されているけれど・・・となりのキリンも今は空き家なのだから、
もうこの辺でキリン館は閉鎖してもいいのではないか、という気がしている。

静かに、今のこの環境で過ごしてほしい。
事情をよく知らない来園者も多いのだから、その無遠慮な気配や視線に惑わされることなく。

もちろん、少しでもそばにいて見守り続けたいと願うファンの人たちの気持ちもわかるのだけどね・・・
私も一目でも顔を見られたら安心する、けれど、
とにかくポッキーが苦しまず、快適に過ごしてくれることを第一にしてほしいとも思うから。


円山動物園には、いや日本全国の動物園は高齢の動物ばかり。


20171020mzoo8.jpg 
高齢になって、神々しいばかりに白くなった、シンリンオオカミのジェイ。


20171020mzoo15.jpg 
すっかり痩せてしまって、こんな細い淵までスイスイ歩いちゃう、アムールトラのアイちゃん。


20171024zoo5.jpg 
42歳のカバのザン嬢は気持ちよさげに屋外で日向ぼっこ。


20171024zoo7.jpg 
ヒマラヤマグマのこの子たちも20歳を過ぎているけれど、
大事にされて長生きしてほしいな。


20171024mj1.jpg 
もちろん、おまえたちもね。おまえたちがとてもとても大事なんだから。。。




コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR