FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

甘えていいのは

独りになりたいなぁ。
ほんと、つくづく思います・・・

どうも職場でも家庭でもストレスが多く、どこにいても気が休まらなく。
以前だったら、家に帰ってうちの子たちの顔を見たら、
それですべて忘れられるほど家が癒しの空間だったけど、
今は母がいるので、どうしても解放的な気分にも状況にもなれず。


20171007chi1.jpg 
「ママ・・・にゃにをワガママ言ってるにゃん・・・?」
そうですね、ワガママと承知であえて愚痴ってるんですってば。
ニンゲンダモノ。




心身の健康のために、
独りで遠くに旅行に行きたい・・・けど、
猫たちを放っておくこともできず。でしょ?


20171010mj2.jpg 
「おりぇりゃを置いて?」
・・・そこまで割り切れればいいんだけどねぇ。


20171010lu2.jpg 
「ままん、いっちょに寝てあげりゅお」
これがまた、3匹一緒に寝るのも体がつらくて。



どういうわけだか、私は根本的に心が狭いので、
人に一方的に頼られたり甘えられたりするのがとっても苦手。
相手もそれなりに努力したうえでのことであれば喜んで手を貸すのだけど、
ただただ、当然のように、あるいは「あんたならできるから」という理屈で頼られるのは、
それはどちらかというと、タダ乗りでしょ、と感じてしまう。

だって、努力しない人の分まで自分が努力するのはなんか間違っている。違和感ある。

ほとほと、覚悟を決められないというか、狭量この上なし、とは自覚しているものの。
ずっとずっと、こう感じてきた。


唯一、例外がどうぶつたち。

この子らの甘えはいつだって真剣だしまっすぐ。
そしてそれは私自身が求めていて、それを知ってて彼らが与えてくれる癒しだから。
この子らにだけは甘えられる存在でいたいとも思う。

きっと・・・人に甘えられるのが大っ嫌い、というのは、
私自身が人に甘える習性を知らないままだからなんだろうな。


20171010mj1.jpg 
「にゃけど、おかにゃんはワガママ女王様で有名と聞いたぞ」
自分で自分がしたいようにするワガママだもん。
人にやってもらおうなんて露ほども考えない。


20171010chi1.jpg 
「ちぃは知能犯的甘えっ子にゃん・・・」
この子、最近ねだり方が巧妙になっちゃって・・・行く末は尻尾三つ又。



この子たちを置いてどこかに行っても、きっと解放されないな。
こういう時、一緒に出掛けられる犬はいいなぁ、と思っちゃう。


20171007mj1.jpg 
この大きな胸を借ります。突っ伏すとほっとします(笑)



20171010lu1.jpg 
 ↑ 突っ伏すと顔じゅう毛だらけになります。。。



コメント

No title

ほんと 心ってすり減るよね~
だから動物園でも行って、微量であっても補充しなくちゃ。
がんばらなくていいけど、ちょびっと自分のためだけに頑張れ!!(笑)

No title

あー、うれしい。
書いている時から、チーママに「そういうもんよ」と言ってもらぉえるのを待っていたような気がするわぁ。へへっ。
最近はただ沈黙のまま天候回復を待つこともできるようにはなってきたんだけどさ。
それでもやっぱり心は磨り減るから。

チーママ、ありがとう。
チーママは私の心のユンケルだ。

とりあえず、また一人で動物園に逃避行予定です!

No title

私もまったく同じ人間ですよ(^^;;
本当は甘えん坊なくせに、上手な甘え方を知らないというか・・・
だから動物たちには、素直に甘えられる。嫌な時は嫌というし、許容してくれる時は打算なしで許容してくれるんですもの。
そしてね まったくもって一人きりの時間がないと、発狂する人です♪
部屋に閉じこもっていても、家の中に人間の気配があるのは不十分なんです。
たとえそれが、似たもの親子の娘であっても。
それで娘も、どうやら同じらしい(爆)
どんなに犬っぽい性格でも、猫は犬になれないし、その反対も同じ。
持って生まれたモノってあるんですもの、これはもう嘆くことでもないでしょう。
自分はそういう人間だからって、どうにか工夫するしかないです。
工夫の仕様がなければ、あとはじっと我慢して日が過ぎるのを待つしかないです。
先に自分がオサラバするかもしれないけれど、いつかは解放される日が来るはずですから。
危ない時は、自分で自分に「大丈夫 大丈夫」とおまじないしています(^^;;
非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR