FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

後から来る災難なら、今のうちに

・・・で、何があったかというと。

ある日、母から「ガス台の下から水が漏れている」と連絡があって、
帰宅して調べてみたら、たしかに、シンクの真下からではなく、
隣家との壁際のガス台の下から水が浸み出していて。

実はその2日前に排水管の高圧洗浄の業者が来ていたのよね。
管理事務所に連絡したら、やはり別の階の部屋でも同じ申告がある、
業者を手配するが、システムキッチンごと移動しないと工事できないかもしれない、
大掛かりになる、と言われ─しかも工事日は1週間も先と言われ─

それから浸み出てくる臭い排水をバスタオルでヒマなし拭い、
当然我が家のシンクの水も使えないから、一切の料理もできないので
スーパーの総菜やコンビニ弁当の毎日、という、悪夢の1週間。
お風呂と洗面所の配管とは別なのでまだしも、でしたが。

で、9月30日にやっと排水管工事の人が来てくれて・・・
システムキッチンを移動させるとなると、狭いキッチンだから、
先に食器棚や冷蔵庫を移動させることになるのでは、とうんざりしていたけど、
キッチンと反対側の排水管を覆う壁そのものを取り外す方法で済むことが分かって、ほっ。

20170930hou1.jpg 
壁に穴をあけて、私も初めて目にする排水管。
結局、破損していたのはキッチンの排水管とジョイント部分のつなぎ目でした。
そこから漏れた上階と我が家の排水がシステムキッチンの下を通ってガス台下から流れていたのです。




しかし・・・システムキッチンを動かす必要はなくなったとはいえ、
この配管のジョイント部分の交換というのは、
なんと下階の天井部分までコンクリートを削る必要があり─!
業者さんはうちと下階の部屋とを行ったり来たりしての作業。

20170930hou2.jpg 
それでも手際のいい作業で、これまでのものより数段丈夫で長持ちするというものに新たに交換され─

20170930hou3.jpg 
そして、最後に私のテキトーDIYで貼った腰壁も元通りに。
いやー、まさかプロにテキトーDIYを見られるとは想定外だったなー はははは(恥)



まさか20数年で排水管に穴が開くとは。
こんな大型MSなのに。と思っていたけど、
業者さんの話では、「まあ、珍しくもないです」と。

うちの床と下階の天井にまで及ぶ工事ぃぃぃ?と、へなへなわなわなしたけど、
業者さんたちにはありふれた作業のようでした。
ちなみに、その排水管部分は共用部なので、特に個人的な負担は一切発生しませんでした。
なので、1週間以上もの不便と不安、仕事も工事日に休みを取って、という損害については
これはもう不可抗力よね・・・


20171004mj2.jpg 
「工事の日は、1日中おりぇりゃもぐりゃんまのベッドの下に隠れてにゃ」
男性が3人も出たり入ったり、ドリルの大きな音、、、と
猫たちには恐怖の1日でした。


20171004chi1.jpg 
「でもママ、紙のお皿じゃにゃくて、いつものお茶碗でゴハン食べられるようにゃったし」
洗い物を極力足さないよう、猫たちのゴハンも紙のお皿で我慢してもらってた。



ま、考えようによっては、
どうせ10年後くらいにはこういう目に合う確率はかなり高いのだから、
だったら今済ませてしまって、これであと2、30年は心配ない、となったんだから、
まぁ、いいんじゃないの・・・・と。

あ、相変わらず能天気?

にしても・・・けっこうな、めったにない事件でしたよ。
気をつけようもないしね・・・







コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR