FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

トンデモ事件のおかげで円山動物園

ほんとはね・・・今日はまた旭山動物園に行く予定だったの。
なのに・・・!
この週末からとんでもない事件が勃発し(猫たちのことではないですよ)、
結局今日まで今後の予定も見えないため、ただ自宅待機してた。
あ゛ー、こんな無為に1日を過ごすなんて・・・!

なので、その代わりではないけれど、昨日は円山動物園に行ってきました。
ヒマラヤグマやポッキーにも会いたかったので。

日曜日の円山動物園は初めて。
混雑を予想していたけれど、平日の旭山動物園ほどでもなかった。
(日曜日の旭山動物園も知らないけれど)
けれど、いつもの平日では見たことがなかった、猛禽類フライトを見学したり、
オオカミたちの食事風景も見られてよかった。



20170924zoo3.jpg 
すばらしくかっこいい!大型のミミズク。名前失念。今度ちゃんと覚えてきます。


20170924zoo2.jpg 
「鷹匠」飼育員に向かってまっすぐ、まったく羽音を消して飛翔。
ダイナミックかつ感動的です。


20170924zoo5.jpg 
全く人間にはなつかない、けれど人間を利用することの価値を理解している。
こんな大きな猛禽を肩に乗せて歩きたい・・・夢の1つです(笑)


20170924zoo11.jpg 
そして、ヒマラヤグマの・・・こっちはミナミちゃんかな?
この日はけっこう残暑の陽射しがキツイ日だったので、涼しい室内と広々屋外とを半々で過ごしていました。
(直射日光がきついと、屋外側はガラスの反射がひどくて写真も撮れない)



20170924zoo10.jpg 
夕方近くになると、そろそろお楽しみの夕食タイムが待ち遠しくて、
2頭とも室内でまったり&うろうろ。
「たのしみぃ~ 今日のメニューはなにかなぁ」みたいな顔をしてる。


20170924zoo13.jpg 
 ↑ ちょっと夢見がちなオトメ風?


20170924zoo12.jpg 
野生化での生態をほとんど知らないからこんなこと言えるのかもしれないけれど、
こんなにラブリーでかわいく見えるイキモノ、私の中ではダントツ1位。
あなたたちも決して若くはない。
これからも大事にされて長生きしてね。




そして・・・
ポッキーは今日も頑張っている姿を見せてくれました。


暑いくらいの日和だったので、夕方まではポッキーも屋外に出て日陰で丸まって寝ていました。
そして夕方近くに屋内に戻ってからは、
いつも通りゴハンタイム待ちウォーキング。

けれど・・・見るたび、おぼつかない足取りがさらに危うくなっているのを確認することになり・・・


20170924zoo6.jpg 
地面の砂に足を取られるように見えるけれど、むしろこれくらいのほうが
筋肉を衰えさせないためにはいいのか、あるいは転倒した時のケガ防止になるのか─


20170924zoo7.jpg 
もうダメか、と思うほどよろけ、倒れこむことさえあるけれど、必死に立ち上がる。
「がんばれ」と思わず見ていて声が出る。


20170924zoo14.jpg 
となりの2歳の女の子エンちゃんがしなやかで若々しく美しいだけに、
よけいにポッキーの姿には切ないものを感じるけれど─


20170924zoo15.jpg 
相変わらず食欲は旺盛。
けれど、前より食べるのにかなり時間がかかるようになったような気も。


20170924zoo16.jpg 
食べている途中に、ふと、となりのエンちゃんの気配に気づき・・・


20170924zoo17.jpg 
エンちゃんとのフェンスの境でじっと彼女の気配をうかがう。
─という繰り返しをしながらやっと完食。
見えていなくても、となりにメスがいることで、ポッキーは生きる活力を与えられている。


20170924zoo9.jpg 
遠くアフリカの草原からこんなに遠い遠い場所まで連れてこられたポッキー。
でも、きっと不本意な生涯だったと嘆いているのではなく、
いつもいつも「どうやって生き延びるか」それが命題だったのは変わらなかったはず。
だから、ポッキーは勝利したんだよ。
勝手ながら、私はあなたのことを誇りに思っているよ。



20170924zoo18.jpg 
寒帯館のアムールトラのアイちゃんも、寝室への収容が待ち遠しくて、
やせた体でごろんごろん。
タツオ同様、腎臓を患っているのです。
しかし・・・猫が高齢になるとみんな腎臓が─というパターン、
なんとか予防できる方法はないんだろうか・・・


20170924zoo19.jpg 
放飼場の清掃をしている飼育員に、吠えて「早くってば」と催促するアイちゃん。
あなたも本当に大事にしてね・・・・


20170925mj1.jpg 
「む・・・やせた大猫が吠えてるにゃ」 ↑ 肥えてる大猫
 

20170925mj3.jpg 
「おりぇだって、立派な牙があるんにゃっ!」
はいはい、すごい牙だねぇ、かわいいねぇ(笑)



事件が終息したら、雪が降る前に旭山動物園、再チャレンジする予定です・・・

事件の顛末は、また次回に。


コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR