プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

真夏の円山動物園

先日、円山動物園に行きました。
少し気温も落ち着いてきたので、今がチャンスと。

なにより・・・国内最高齢のポッキーの顔を見たいと思っていた。
いっとき体調に不安があったけれど、今はまた落ち着いたということなので。
そして、マレーグマのウッチーの死から2年になるタイミングだし。

ただ、わかっていたことだけれど、行った時間帯が動物たちのおねむタイムだったので、
どの動物もさほど活動的な様子は見られなかったけれど、
それでもみんな元気にしている様子を確認できて、なんだか安心して帰ってきました・・・

20170724zoo16.jpg 
円山公園駅からタイミングよくシャトルバスの「くらまる号」に乗ることができた。


20170724zoo14.jpg 
ララと双子の子どもたち─ポロロとマルルのデザイン。
見かけることはあっても、乗車は初めて。
おそらく夏休み期間中の運行なんじゃないかな。


20170724zoo8.jpg 
夕食まじかの夕方のにならないと動かないポッキー。
やっぱり藁のベッドでずっと寝ていました。


20170724zoo7.jpg 
一瞬少しだけ、顔を上げた時に目が合った。ありがとう。
ポッキー、達者でね、また会いに来るから、と声をかけて後にしました。



先週ほどの気温ではないとはいえ、直射日光が当たる場所ではどっと汗が吹き出す暑さ。
そんな中、寒冷地出身の動物たちはつらそうでした。

20170724zoo5.jpg 
メイン放飼場担当のシジム嬢は気の毒なほど荒い息で日陰で暑さをしのいでいた。
シジムはめでたくおめでたでしょうか・・・結果はいつ頃わかるのかなぁ。



室内展示室当番はリーベ。
暑い日はこっちのほうが楽そうです。

20170724zoo6.jpg 
それでも、いつものきりりとした様子ではなく、けだるげにしてた。


20170724zoo10.jpg 
リーベ、あと1か月もしないで涼しい風が吹くようになるからね、がんばれ。


20170724zoo3.jpg 
ところで・・・「まるやまん」のイラストが解説が増えていました。
いや、しっかし・・・うまいなぁ。画集出してないのかな。 



20170724zoo15.jpg 
暑い中、すみっこで寝ていたヒマラヤグマたち。


20170724zoo4.jpg 
ここにも飼育員手書きのボードが設置されるように。
待望の「見分け方」。
とすると・・・シンクで寝ているのはミナミ  の可能性が高い?


20170724zoo9.jpg 
にゃんことおんなじ。このきゅうきゅうとはまる感じがいいのかなぁ。



20170724zoo12.jpg  
しばらくしてまた訪れたら、今度は室内展示室と外との境目あたりでひっくり返ってた。


20170724zoo13.jpg
トモもミナミもこの夏を頑張って乗り切ってね。
あなたたちの季節はあっというまにやってくる。


来月はタツオさんの1周忌。
今年になって、タツオがいた寒帯館のタツオのパネルは外されてしまった。

それでも、こうしてここ1,2年を振り返ると、円山動物園の変化を感じる。
タツオが生きていたころと違って放飼場はいつもきれいに整備されるようになったし、
ヒマラヤグマたちにもいろいろおもちゃも与えられるようになったし。
日々動物たちとかかわる飼育員の熱意がある程度は伝わる部分も増えてきたかな・・・

にしても、いろいろ犠牲も多かった。。。


20170728flo.jpg 
今年も窓辺の観葉植物に小さな花がたくさん咲きました。


20170728mj1.jpg 
うちの坊やはティッシュケースが枕にちょうどいいと、いつもこんな感じ・・・


コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR