プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

千夜、バイオプシー実施

今日は千夜のお腹の湿疹のバイオプシー(生検)の処置をしてもらってきました。
病院での簡易検査ではアレルギー性 ということだったけれど、
が、何の抗アレルギー薬も効かないので。

前回の診察時「こんなに長期間全く治らない例は初めてだ」とついに言われ・・・
昨年の神経症状や原因不明の高熱の時も、やはりそれぞれの病院で同じ意味の言葉を言われてきたので、
特に今さら驚かないし、生検をしたところで出てくる結果は今までと同様ありふれた病因でしかないだろう、
とは思うものの、もしかしたら、という期待や懸念も完全に確認しておきたい。

昨夜から絶食、午前中に病院に預けて、夕方に迎えに行って・・・と、
千夜にとっては負担の大きな処置となったけれど、
傷の正体を詳しく明らかにして、治療方針を改めて検討しないことには次に進めないので、
千夜には頑張ってもらいました。



20170704chi2.jpg ←採取した 部分は縫われています。全部で4針。


20170704chi4.jpg ←その上、1週間ほど前から右脚のかかと部分にも同じ傷が。
                   これ以上あちこちに広がったら・・・



結果が出るのはおおよそ1週間後。
何か─せめて新しい治療のヒントだけでも見つかってほしい。


20170704chi5.jpg
帰宅した直後は興奮して不機嫌だったけれど、
ゴハンを食べてよく寝て起きたら、すっかり落ち着きました。


20170704chi3.jpg 
このカラー、かわいいでしょ?
ねこ友のakikoさんが千夜に、と贈ってくれたんです。


20170704chi6.jpg 
どこにも硬い材質が使われていないので快適そうです。
ぶつかっても衝撃がないし、音もしないしね。
本当にありがとう、akikoさん!



たった半日のことでも、千夜を病院において帰る、というのは胸が痛む・・・

前から、私が育てるうさぎや猫を「飼い主依存度が高い傾向がある」と
病院で指摘されたことがあり(分離不安症というほどではないけれど、要注意、と)・・・
そんなに私は動物にべったりするほうではないのに、なんでそう言われるのか、と思っていたけど、
ともかく、特に千夜にそういう傾向があると言われていたので、
今後はそんな心理面からのアプローチももっと真剣に取り入れなくてはならないのかも。

にゃんこって、そんなに人間に対して真剣なものなのかなぁ。
そういうイキモノではない、と聞かされてきたステレオタイプの知識にとらわれていてはだめなのか。
これまでもうさぎやモルモットたちも、一般的なガイド本はまったくアテにならないという例を
いくつもいくつも見せてくれた。
であれば、当然猫たちだって・・・   とは思うものの─

私はどうぶつにとって、お気楽でテキトーに付き合える 程度の飼い主と思っていてほしいな。。。


20170704chi1.jpg 
ちぃちゃん、えらいね、頑張ったね。きっと原因がはっきりして、ちゃんと治せるよ。
カラーも投薬も、もちろん嫌なことではあるけれど、
飼い主がすることなら自分にとってきっと悪いことではないんだと理解して、
絶対に抵抗しないところがいじらしい・・・


20170704lu1.jpg 
「りゅ、りゅかたんはきっと花柄のカラーが似合うと思うお」
一番そういうのを嫌がるくせに・・・


20170704mj3.jpg   
「ねいにゃん・・・エリマキトカゲ・・・」
まいこ~、しーーーーっ


コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR