プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

今回の旭山は、サツキ祭り!

さっそく遊んできました。旭山動物園。
(恐ろしく写真数が多いです)

1日中うす曇りで、暑くも寒くもなく、人出も前回の2月の時ほど団体客も多くなく、
1日中快適に遊べました。

とは言っても・・・旭山動物園の冬季開園時間は10時半~15時半。
5時起きで朝一のバスに乗って開園時間ちょうどに着いても、まったくゆっくりしていられないのです。
円山動物園と違って分刻みでもぐもぐタイムがあり、飼育員のレクチャータイムがあり、
しかも午前と午後とで個体展示が交代・・・なので、あの坂道だらけの園内を行ったり来たり。

まあ、私の場合、行ったり来たり、の大半はホッキョクグマ館ともうじゅう館の往復なんですが。

アムールトラのザリア親子は午前中の展示のみなので、真っ先に駆けつけました。


 20170406zoo2.jpg
真ん中が母親のザリア。右が女の子のナージャ、左側が男の子のソーン。ちょうど満1歳。
ソーンは男の子だけに体格がよくて、パッと見、母親のザリアと見間違うことも。


20170406zoo1.jpg 
子供たちは片時もじっとすることなく、走り回り、じゃれあい、おもちゃで遊びます。


20170406zoo17_2017040719122356e.jpg 
左側のソーンと右側のナージャと、ますます体格差が。これでどちらも平均的な体格なのかな?
ナージャも遊びたいのに、おもちゃを独り占めするソーン。


20170406zoo16.jpg 
15㎏はあろうかと思う丸太を口にくわえて移動。
自然界では大物の獲物も運べるほどあごの力もハンパないのね・・・
(このあと、ナージャもくわえて引きずっていた)


20170406zoo19.jpg
隣のマスでは父親のキリルがうらやましげに様子を伺い・・・どうも落着きがない。
というのも、春という季節のせいなのか、母親のザリアが子供たち以上にキリルに関心がある様子で、
仕切りの柵の前から動かないからで・・・自然界では子供たちはどれくらいで親離れになるのかな。

20170406zoo3.jpg 
ほんとに立派な体格のキリル。ほれぼれします。


アムールトラ以外では、今回の旭山動物園はなんといっても「サツキ祭り」でした!

午前中のもぐもぐタイム担当はサツキ。
が、水槽前を確保しようと早めに駆けつけた時から、すでにサツキは水の中でおもちゃではしゃぎまくり。

20170406zoo4.jpg 
塩ビ管を抱えて。

20170406zoo5.jpg 
自身と塩ビ管の浮力で、自由自在。

20170406zoo7.jpg 
筒の中に手を入れたり。


20170406zoo6.jpg 
楽しくて楽しくて、たまらないサツキ。

20170406zoo11.jpg 
今度は


20170406zoo10.jpg 
鼻先突っ込んでみたり。



このあと定刻通りに小魚を水中に落とすもぐもぐタイムとなったけれど、
サツキは小魚には目もくれず、プラスチックや塩ビのおもちゃで遊び通し。
時間が許せば午後のイワンとの交代までずっと見ていたかった・・・

20170406zoo12.jpg 
もとからサツキってこんなキャラだったのかな・・・お客さんは大喜びでした。


20170406zoo13.jpg 
反対側の放飼場のピリカ。
ピリカを水槽側にすることはしたことあるのかな。
いつもおばさんのルルとこちら側で常同行動している。
繁殖計画などもあるためかもしれないけれど、生活に変化をつけるなどして
もっとピリカの魅力も引き出してほしいな、と・・・

20170406zoo14.jpg ←地味に好きな誘導サイン。


もうじゅう館のユキヒョウは、今回もヤマトの日だったため、残念ながらヤマトの息子にはまた会えず。

そして、お決まりのエゾヒグマのトンコに会いに行ったら・・・

20170406zoo22.jpg 
美しい山の女王。円山のダイの母親です。


あまり人気もなかったことを幸いに、ガラス前で大げさなジェスチャーで気を引いてみた。
そうしたら・・・

20170406zoo21.jpg 
うれしそうな顔で(そう見えた)私に気が付き・・・


20170406zoo23.jpg 
来た!人なれしてるから愛想がいいのか?



と、ガラス越しに「トンコ~」となでる素振りをしたかしないうちに─

瞬速で前足で私の顔のあたりのガラスをものすごい勢いでバーーーン!!!
ガラスがなければ、間違いなく私の首は吹っ飛んでいたでしょう(笑)

きっと、私のなれなれしい態度に腹を立てたのか。
優しい顔のまま、一瞬で絞めようとするあたり、やっぱりやることがワイルド。
恐れつつ、嬉しくてニヤニヤが止まらない私を、トンコは遠くからやっぱり涼しい顔でにらんでいた。
・・・間違いなく嫌われたな(笑)

20170406zoo25.jpg 
ペンギン館では、ずーっと左手をあげたままの不思議なイワトビペンギンが・・・
おかしくて笑っちゃうけど、ケガとかじゃなきゃいいな。


20170406zoo24.jpg ←こちらも地味にかわいい。

20170406zoo26.jpg 
今回はオオカミをスルーして、前回スルーしたカバ館に。
今日も若い雌のカバが楽しそうに水中を泳ぎ回っていました。


20170406zoo27.jpg 
そして、やはり前回スルーしたこども牧場に行き・・・岩の上でどや顔してる山羊。

20170406zoo28.jpg 
夢のよう。わらわらとモルモットの団体!


20170406zoo29.jpg 
↑ この子・・・好みだわ~。やっぱりモルモット、激しくかわいいわ~

20170406zoo30.jpg 
なぜかじーーーーっと私から目をそらさない子。
かわいくてかわいくて、不整脈を起こしそうなほど。


20170406zoo31.jpg 
隣には、エサ入れのトレーにこぼれながらベッド・インするうさぎ・・・


久しぶりにモルモットとウサギの大群を目の当たりにして、
ハッと気が付くと、時間がないというのにここだけで40分も費やしてしまった!

またモルモットと暮らしたくて、でも無謀なことはやめとこう、と、
もうずっとその繰り返しを呪文のように心の中で唱えているので、
逆にまたしばらく妄想に悩まされそうです・・・


20170406zoo32.jpg ←旭山の園長が厳しい顔でレッサーパンダの施設を見ていました。
     園長と言っても、いつも完全に現業スタイルなんですね。


20170406zoo33.jpg 
アザラシ館では3/23に生まれたばかりの産毛の赤ちゃんが!

20170406zoo34.jpg 
母親を呼んでいるのか、切なげにぎゃおぎゃお泣くのに、ひとりぼっち。
アザラシは生後3週間で子育て期間を終了するため、親も無関心になったのだとか。



こんな赤ちゃんを・・・かわいそうに、と感じてしまうけれど、、、

20170406zoo35.jpg 
まだ深くは潜れないけれど、ちゃんと泳げるんです。
ましてや自然界ではないこの環境では、これで十分すぎるほどの独り立ちのタイミングなんでしょう・・・
人間の感覚としてはまだまだ守ってあげたい風情なんですけどね。



そして、またもうじゅう館に戻って、午後からの展示予定のアムールトラののんに会えるつもりだったけど・・・

ザリア親子はすでにバックヤードに入って姿を消していたのに、
のんの姿は放飼場にはなく─

ただ気分的に出たくなかったのならいいけど、国内最高齢の身だけに、
体調不良でなければいいけど・・・と心残りでした。

でも、前回は会えなかった、やはり高齢のライオン夫婦に会えたのは嬉しかった。
ただ・・・22歳になる雌レイラが、去年会った時よりずっと老け込んだ様子に見えて、
オスの21歳になるライラもしんどそうな様子に見えて・・・会ったら会ったで心配もまた。。。

20170406zoo36.jpg 
ちょっと驚きました。去年はこんな表情じゃなかった気がする。

20170406zoo37.jpg 
ライラもレイラもがんばれ。世界一の高齢カップルだよ。
自分が座っていたスノコをレイラに譲っていたライラです。



旭山動物園はこの後10日からGWまでの休園期間の後夏季営業期間になり、
開園時間も今より2時間以上長くなる。
今より少しはのんびり気分で園内を回れるかな。

真夏を避けて(札幌以上に酷暑になるから)、今度はアムールトラのノンに会えるよう、
ライオンの高齢夫婦にもまた会いたいので行く予定です。

ちっともゆっくりできないけれど、
それだけ見せてもらえるものがいつも満載の旭山動物園でした。


20170406chi2.jpg 
「ちぃは・・・1日ママを待っていたんにゃ・・・」
と、いうことにしておいてもいいけど。


20170413chi1.jpg   
「うちにもネコにゃんかいっぱいいるのに」  ・・・おっしゃる通りです  なんですが・・・


20170406lu1.jpg 
「・・・プリプリのカバ・・・?」
・・・ルカちゃんの丸々バックフォームのほうが見事かも。。。


20170406zoo39.jpg 
「クロヒョウ?ここにいるにゃんか」
・・・クロクマの間違いでしょ。


今、円山動物園も夏季営業時間に切り替える前の数日の休園期間らしいので、
こちらは再来週あたり、またヒマラヤグマに会いに出かける予定です。


コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR