プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

診断結果 だけれど・・・

今日、FIP抗体価検査の結果が出た。
検査値は800倍で、ネコ腸コロナウイルスに感染していることは間違いなく、
といってFIP発症状態の数値としては低く―ではあるものの、
主治医の経験から「長期の発熱状態が続いていることから、ドライタイプのFIP」と診断された。


20161120chi2.jpg 
病院から帰ってきて、「ったくもぉ」と寝転がる千夜。
緊張した割には、今日は何の注射もなかったね。



この数日、ほとんど私の方が死にそうになるほどつらい思いで過ごしていたけれど、
いろいろ自分なりに調べたりしてみて、、、
今後どうしたらいいのか気持ちは定まっていた。
(腹をくくっていたので、抗体価はもっと何万倍 という数値になるかと思っていた)

主治医は「今後はさらに高熱になる、他の症状が出てきたなどの時にステロイドを使うことにして、
普通に食べて過ごせていられる現状を維持できることを最優先に」ということで
もはや積極的な薬剤投与もすべきではない、という意見。

それは私もそう感じているので、ストレスを感じさせる通院もできるだけなくして、
今はとにかく食欲を維持させて体重減少を食い止め、
他の感染症などにかからないように気を付け、
とにかく甘やかし、愛を注ぎまくること、自分は特別だ、と感じさせること―と思っている。


20161120chi1.jpg 
「ちぃ、今夜もママと二人っきりでネンネにゃ」
ここ数日、夜は千夜とだけで寝るようにしています。
自分だけ特別、と感じてもらうように。


20161120lu1.jpg 
「にゃ、にゃんだお、りゅかたんだってままんと寝たいのににぇ・・・」
まいこ~とルカちゃんもかわいそうなので、今日の昼寝の時はルカちゃんとまいこ~だけと寝て・・・と、
飼い主もやりくりが大変。


20161120mj1.jpg 
「おりぇにゃんか、ドアをギシギシ引っ張ってにゃ」
 ↑ こいつが「俺も入れろ」と大泣き大暴れするのよねぇ・・・



ただ・・・
いろいろ調べる中で、感染が問題なのではなく、感染したウイルスが突然変異を稀に起こして発症する、という
人間のSARSによく似たプロセスの病らしく、FIPのドライタイプは特に診断判定が非常に困難で、
抗体価もころころ変わるのでその数値に一喜一憂できるものでもないらしいし、
第一、感染・発症のメカニズムもはっきりと解明されていない病気なので、
今の段階で「100%アウト」と諦めるのも早計だと思っている。
飼い主の諦めきれない期待がそう思わせるだけかもしれないけれど。


20161117chi4.jpg 
まだちっともやつれた感がない千夜。
衰弱しないよう、頑張って食べようね。



いずれにしても、発症のポイントは免疫力の低下らしいので、
今年に入ってから風邪をひいたり、その後神経症状でずっとステロイド剤を断続的に使用していたことも
免疫力を落とす要因になっていたかもしれないと思うので、
免疫力を高めるサプリなども試していきたいと考えている。

何かなんだかわからず、という状態から、
超えるべき壁が見つかって、今これから私と千夜とで這い登る、という感じ。


・・・病院から千夜を入れたキャリーを抱えて帰る道すがら、
もうこれまで何度、うさぎたちの死を宣告されて泣きながら帰ったことか、
でも今は猫だけだから、それはきっともっと先のこと、と思っていたのになぁ、と思うと、
なんだか無力感でいっぱいになった・・・


20161117chi1.jpg 
ちぃ、ママと一緒によぼよぼのおばあさんになる、という約束があるでしょ。



※何かサプリメントなどの情報があれば、ぜひ教えてください。





コメント

No title

コメントありがとうございます。

おかげさまで千夜はやっと平熱に戻って、
元気にいつも通りの生活を送れるようになりました。
3週間も高熱が続いたというのに、本当に強い子です。
とは言え、いつどうなるのか、だれも予測できない状態。
飼い主の私が試されている時だとも感じています。

小康状態の今が、ずっと継続して、いつかこれが日常と感じられるようになる日まで
Lin家みんなで頑張ろうと思います。

これからも応援、よろしくお願いします。

No title

いつもいつも気にかけてくれてありがとう!

なんとか平熱に戻って少しほっとしたところですが、
これがいつまで続くか、少しも油断できません。
でも千夜は強い子。
今はきらきらの眼差しで、「自分が一番愛されている」と思って
自信に満ちた態度でいます。
きっとそんな前向きな気持ちが病に打ち勝つと信じています・・・

これからも応援よろしくお願いします。

心よりお祈りしています。

今回のブログを読んで涙が出てきました。
ポポとクッキーが来る前の子が、体調が悪くなり病院に行った事を思い出しました。
家にいた中で一番若くて元気な子だったのですが、その病状での初めての診断で余命数ヶ月と宣告され、涙が止めどなく流れてきてお会計をする時もずっとずっと泣いていました。

先生から毎日通院し、点滴などの治療をするとわずかばかり余命が伸びると伝えられましたが、辛い思いをさせずに家で精一杯の愛情を注いで行こうと決心しました。

毎日毎日愛情を注いだ所、なんと一家で仲良くお正月を迎える事ができ、その後も数回みんなで年を越し本当に幸せな日々を過ごす事ができました。

豊かな愛情が病気を直すみたいですね!


千夜ちゃんもたくさんの愛情の中で病気が改善していき、多くの幸せな日々を共に過ごす事ができます様に心よりお祈りしています。

No title

はじめまして。
札幌在住、ちぃちゃんの大ファンです。

大丈夫です、ちぃちゃんは絶対に元気になりますよ。
FIPと診断を受けても、結果それが間違いだった…なんてこともあると聞きます。万が一、そうであっても、この子は何がしかのミラクルを起こしてくれる子だと思っています。

どうかLINさんご自身が体調を崩されませんように。
ちぃちゃん、たくさん美味しいご飯をモリモリ食べられますように。
まいこ~、ルカたん!ママとちぃちゃん頼んだよ~。


ちゃちゃん、頑張れ!

こんにちは。ちやちゃんの診断結果を聞いて、私もショックです。FIPは、私も聞いた事があるという程度の知識ですが、LINさん、勉強されてて、これから、ちやちゃんと一緒に闘っていけますね!確か人気の猫漫画家さんの猫さんもキャリアだったけど、17歳まで元気に過ごしてましたよ!これまで以上に快適に過ごせるように、免疫力がカギなんですね!長いスパンですから、LINさん、あまり思い詰めないように、難しいと思いますが、ゆったりと構えて行きましょう!私もウチの猫達がなるべくストレスない生活をおくれるよう、頑張ります。とはいえ、ちょっと調子良さそうだと気を抜いてしまいますが(笑)ちやちゃんが成人式を迎えるとき、盛大にお祝いしましょう!
非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR