プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

ぎりぎりの抑え込み

皆さんに大変ご心配をおかけしています。
たくさんの励まし、本当にありがとう。とても力づけられています。

千夜が高熱を出してすでに10日以上。

あれから投薬のステロイド剤を強めのものに変えて、
3日間ぎりぎり40℃前半に抑えていた。
千夜も発熱状態自体に慣れてしまったのか、これくらいに抑えられると
食欲も活気もほぼ問題ないくらいに復活できるのだけど・・・

が、効いているのは半日程度。
ぐったりと寝込むほど高熱になる頃(おそらく42℃近く)に帰宅した私が真っ先に薬を飲ませ、
なんとか40℃くらいにまで下げて元気になり、
また朝に飲ませて―の繰り返しでこの3日間程度を過ごしていたものの・・・


20161106chi1.jpg 
6日夜。ステロイド投与後に元気になった千夜。
見るからにラクになった、という表情に変わります。


20161109chi1.jpg 
それでも完全に平熱にまで下げることができないためか、
いつもこんな風に体中毛羽立っている。


結構強めのステロイドでもしゃっきりと平熱に下げることができないまま、という状態である以上
ステロイドも決定打とは言えない、ということになり、
今日からはいったんステロイドをやめて、強力な解熱剤に切り替えた。
ステロイド以上に副作用が心配な薬剤ということなので、かえって心配なのだけど・・・
それでも今のところ、千夜の高熱は何とか抑えられている様子。
お目々もぱっちりで、うなうないつものおしゃべりも盛ん。
(熱でしんどくなると、どんなに呼んでも絶対に声を出さなくなる)


20161109chi2.jpg 
「ママ、ちぃ、にゃんかおやつがほちいにゃ」
いつもいつもこの明るい表情を維持してあげたい・・・



・・・とにかく、原因が不明。
獣医師は、やはり脳疾患とほぼ確信しているよう。
なにせ、検査では何の問題も見つからないのだから・・・
だから、結局は対症療法という消極的な対応法しか打つ手がなく―
それでも原因が不明であってもとにかくまずは熱を下げないことには、
今後二次的に合併症なども起こしかねないし。

今年に入ってからの神経症状につながるものとしても、
あの時はほぼ1回のステロイド注射で症状を封じ込めることができたから、
今回も同じようにできないものか、と期待していたけれど、前回ほど簡単にはいかないようだ。

なんとかだましだましでも、少しずつでも平熱に戻して維持できる方法を見出さないことには―

まだしばらく千夜と私の共闘は続きます。


20161105chi5.jpg 
勝気で、いつもママのそばにいて、文句ばかりうなうな言ってる千夜が一番好きだよ。
ママが絶対にちぃちゃんを治すからね。一緒に頑張ろう。


コメント

No title

ご心配いただいて申し訳ありません。

今、なんとか平熱に戻ったので、
自分が愛されて大事にされていることを当然のように享受している千夜です。
愛情に満たされていると感じることが
病気に打ち勝つ上で一番大事なことじゃないか、と私も感じています。

いっときのことではなく、これからもずっと健やかな日々を送ってほしい、
ただただそこにいてくれればいい、と
千夜を失いそうになって、今ますますその思いを強くしています。

No title

お久しぶりです。

今、ようやく熱も下がって小康状態を保っています。
FIPであっても脳疾患であっても完治できない病気なので、
ここは飼い主が何とかしなけりゃなりません。
チョコやタケルの時に養ったモンスターオーナーぶりを
また発揮するときです(笑)

linさん 頑張れ

ちいちゃん、今夜はどうですか。
パッチリ目が開いていますように

長くご無沙汰をしている間に何がどうしちゃったのか。タケちゃんの年末の可愛い顔の記事を先ほど見ました。タケちゃんの奇跡、ぼっちの奇跡を、ちいちゃんにも必ず!

linさん、今は無理をしないようにと言っても無理だけど、倒れないように。

No title

千夜ちゃん 大変だったんですね。
原因不明の目まいなども含めて、千夜ちゃんとクッキーはとっても似ているので、いつも心配で特に早く元気になってほしいと思っています。

先日やってきたキジトラのはちみつまるもようやく慣れてきて3人?で仲良く生活しています。
マイコ―似のポポはとっても優しく面倒を見て、クッキーは今でもシャーとかフーとか言いながら教育がかりの様に厳しく指導しています(笑)

千夜ちゃんが一日も早く全快出来ますように心よりお祈りしています。


非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR