プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

哀しい動物園

アムールトラのタツオさんが亡くなって18日で1年となるので、
少し早いけれど追悼の花を届けに円山動物園に行ってきた。
先日マサイキリンのユウマも亡くなったばかり。
アレンジを2個持つのは大変なので、花束を2個にしました。

20170816zoo1.jpg
主が消えた空間。
いつだったか、ガラス越しにたくさん遊んでくれたことがあった。
ここにはマルヤマンの秀逸なイラスト解説がたくさん貼られていたけれど、
すべて取り外されていました・・・それが一番哀しく感じた。
ユウマ、安らかに。。。


そして、隣のポッキー(国内最高齢のオスのサーバルキャット)のところに行くと・・・


ポッキーは外に出ている雌のエンちゃんを気にしているのか、
夕飯を心待ちにしているのか、しきりに歩き回っていた。

なんだけど─元からすでに心もとない足元だったけれど、
今日は、よく転ばないものだと思うほど、ふらふらで、よれよれで、
なのにそれでも勢いのままに歩き続けていた。

20170816zoo2.jpg 
特にコーナーやターンの時に倒れそうなほどよろけてしまう。



いつのまにか、急速に衰えていたんだ・・・
その姿に衝撃を受けてしまい、それが哀れ というより、
それでもなお気持ちだけは元気にいつものようにエンちゃんを探して必死に歩き続けるポッキーを見ていて
どうしても涙をこらえることができなかった・・・

誰にもどうすることもできないことだ。
わかってはいることだけれど。

20170816zoo3.jpg 
どんなに足が痛くても、力が思うように入らなくても、
ポッキーが歩きたいのなら、好きなだけ歩くといいよ・・・



この後、寒帯館で今は雌のアムールトラのアイちゃんの一人住まいとなった場所の片隅に
タツオさんへの花をそっと置いてきた。
本当はセンター内に置くべきなんだろうけど、
そんな場所、タツオさんだって知らないもの。
やっぱりタツオさんがいた場所に置きたかった。すぐにしおれてもかまわない。


20170816zoo8.jpg ←目立たない場所に、そっと・・・・
   タツオさん、全国のあなたのファンはきっと片時も忘れないでいるよ。



夏休み期間中なので、今までに見たことがないほどの人出で、
数日ぶりに26℃以上でかなり暑く、、、という状況もあってなのか、
今日は初めてヒマラヤグマへのイベント的なおやつタイムを見た。


20170816zoo4.jpg 
 ↑ ガラスの反射でなかなかうまく撮影できないけど、
 氷の中に果物が入っています。時間をかけて食べられるようエンリッチメント的仕掛け。
トモもミナミも相変わらずゆったり、でも熱心に取り組んでいました。


20170816zoo10.jpg 
岩に背中をすりすり。いいお腹してるぅ(笑)

20170816zoo12.jpg 
プールの水の汚れ具合からすると、朝から2,3度はチャプチャプしたようだけど、
夕方になって少し涼しくなってきたからか、見ているときにはついにプールインならず。


20170816zoo5.jpg 
本日の室内展示室担当は絶世の美豹リーベ。
今回シジムとアクバルペアのジュニア誕生はならず。
来期に期待しましょう。


20170816zoo6.jpg 
大きな赤ちゃんのリラは、おっぱいタイム。
全部の乳首を吸い尽くす(笑) 一人っ子の特権。


20170816zoo7.jpg 
オオカミ舎のメイン放飼場にはショウが。久しぶりに間近に会いました。
サブ側にいた父親のジェイと兄弟のルークはすっかり夏毛になってすっきりしているのに、
なんでショウだけこんなに中途半端な状態なのかなぁ。



ポッキーの歩く様子に衝撃を受け、
ざっといつもの動物たちを見た後、またポッキーの前に戻り・・・
それから小1時間ほどもずっとポッキーを見つめていました。

もう、いつでも会える、と思ってはいけないんだな、とはっきりわかったので。


20170816zoo9.jpg 
ポッキー、立派だね。えらいね。。。


もうずっと以前から、ポッキーの前にはいつも一眼カメラを持った常連さんらしき方がいて、
今日はさらにそんな人たちが数人もいて、やはりじっと無言でポッキーを見つめていた。

きっと、みんな同じ気持ちでポッキーを見守っているのかな・・・

ユウマの献花台、近づくタツオの命日、そしてポッキー。
言葉にならない、表現する意味すらない哀しみを静かに味わった1日でした。


猫親戚の来訪

世の中はお盆休暇ですね。
私は昨日と今日だけお休み。
ここ数日、25℃以下の気温で朝晩は肌寒いくらい。
7月の猛暑は何だったのでしょうねぇ。
関東圏も一気に気温が下がっているみたいですね。

お盆休暇と言えば・・・何より楽しみなのが・・・

現在は首都圏に住む、銀次郎とシーバの家族が帰省する!

というわけで・・・mayumiさんとお嬢さんが会いに来てくれた~!

2011年に、まいこ~の1年後に生まれた弟の銀次郎、
2012年にルカちゃんと同じ時に生まれた兄弟のシーバを迎えてくれたご家族です。

1年ぶりに再会しても話題は黒猫兄弟とKY兄弟のことばかり(笑)
最近の2匹の様子を聞き、たくさん写真や動画を見せてもらい、
2匹が幸せに暮らしていることを実感して本当にうれしかった!


20170811mj2.jpg 
もっぱらまいこ~がオケツでおもてなし。
「銀とチーバのファミリーだきゃらにゃ」


20170811af2.jpg 
みんなで記念撮影!
会うたびお嬢さんが大人びてかわいくなっていくので、
これじゃあ自分が歳を取るのも当然だ・・・と噛みしめる・・・
だって、銀ちゃんを迎えてくれたときは、ほんとに小さなお子ちゃまだったんだもの。


20170811mj1.jpg ←二人にほほを寄せられてなお、冷静なこのカメラ目線・・・(笑)



ヘタレなルカちゃんは、ちょっとだけの顔出しで、あとは物陰やトイレに避難。
mayumi家では、逆に銀ちゃんがお客さん嫌いで、
シーバがお客様に興味津々らしいです。

20170812lu1.jpg 
「こ、ここにゃら見つかりゃないでちょ」  ↑ 植物の陰に隠れているつもりらしいです。


20170812lu2.jpg 
「え?りゅ、りゅかたん、見えてりゅにょ?」
ううん、見えてないよ~  ということにしておこ・・・



ようやく機嫌が直ったちぃ様にいたっては・・・

キッチンの戸棚の上に登ったまま、一度も降りてもくれず。


20170812chi1.jpg 
「ほら、ちぃはにゃ、事前アポがにゃいと」
・・・ビビリちゃんなだけです・・・・



あぁ、嬉しかったな。大好きな2人に会えて、
銀ちゃんとシーバが相変わらず仲良く元気に暮らしていて。
モノクロ一族とヨモママ一族両方の家系の面白みを共有できるんだもの。
まさに「猫親戚」です。


他の、養子を受け入れてくれたたくさんのご家族たちもお変わりないですか?
みんなみんな、ご家族に大事にされているんだろうな。。。


20170812lu3.jpg 
「ままん、ちーばたんとりゅかたんが兄弟だにゃんて・・・」
毛並みは違うけど、大きいお目々と性格が共通。おそらくヨモママの子は全員・・・(笑)




ちぃ様、激オコ?

ちぃの様子がおかしい・・・

昨日は通院だったので、それで一時的にむかっ腹を立てて機嫌が悪いんだと思っていたけど、
おとといあたりから、どうも私に対してよそよそしい。
気のせいかとも思っていたけど、昨夜は一緒に寝るにも、
どんなに呼んでもいつものように枕元に来ず、私の足元で寝てた。

モノの本などによると、猫の添い寝の位置で飼い主との信頼の度合いがわかる、らしく、
信頼度が高いほど飼い主の顔のあたりで寝る、足元など下に下がるにつれて、
何かしら完全に心を許せないものを感じている なーんて書かれていて・・・

その説が正しければ、全員私と枕で頭を並べるか、
布団の中で私のお腹にくっついて仰向け寝していたので、「遠慮がない、懸念がない」と
いうことは確かなんだろうな、と思っていたのに。

足元で寝る、って、なんなの。

20170809chi3.jpg 
呼んでも目を合わせてくれない・・・ちぃ様、こっち向いて!
「・・・・やんだ」


20170809lu1.jpg 
「りゅ、りゅかたんはじえったいままんの枕をゲットだお」
・・・・ルカちゃんは遠慮ないもんね・・・


もしや、どこか体調の問題でよそよそしいのか、元気がないのか(食欲はいつも通り)と
心配になって、今日は早退までしちゃったのに、やっぱり今日もおんなじ態度。
念のため熱を測っても平熱。

─が、母が呼ぶとちゃんと反応して返事する・・・!

ということは、完全に私が嫌われたみたい。。。

20170809chi2.jpg 
「ママ・・・・ようやく気が付いたみたいにゃね・・・」
って、いったいママが何を?えっ?何をしたというの?


それはたしからしいんだけど、何をして嫌われたのか、まったく自覚がないのよね・・・
昨日の通院もいつも通りで、特に痛い思いもせず時間もかからずだったし、
それに今は新たに抗生剤を投与していて、その効果を確認するためあえて塗り薬はやめているので、
エリカラもしていないので日常的なストレスもたまっていないはず。


20170809mj2.jpg 
「おかにゃん、そんにゃワガママねいにゃんの心配より、ゴハン早く出してにゃ」
ゴハン(猫缶ディナー)の準備をしだすと、シンクの不安定な位置に上って、
お皿に分ける私の作業の監督をするまいこ~。


ほんとに、何が原因なんだろう・・・
今まで一度もこんなことなかったのに。
あとで、やっぱり体調不良だったんだ、なんてことになるよりはいいけど、
でも今までも体調が悪いと逆に頼って甘えていたんだし・・・・

にゃんこ相手にこんなことでくよくよするのもばからしい、と思いつつも・・・・

たかが猫、されど猫  ってか。


20170809chi1.jpg 
ちぃちゃん、頼むからママが呼んだらいつものように返事くらいしてよ。
「・・・反省したらにゃ・・・」


なんか、決定的なことをしちゃったらしいです、あてくし。
それが何なのかわからないので・・・あ゛ー、気になる!








引退願望

あーぁ、明日はOFF日でゆっくりできるはずだったのに、
ちょい面倒な案件が発生して出勤になってしまった。

私がする仕事はいつもスリリングでリスキーで刺激的。
グラフィック業界にいた時も、そして今も、なぜか必ずそういう役回りになってしまう。
きっと自分がそういう境遇に自分を追い込んでいるんだろうな。
それを、周囲や環境のせいにするのは間違っているとわかっているけど、
もし、仕事にキケンやギャンブルのにおいが少しもしなかったら、
それはそれで飽きて続かないんだろうな、ともわかっているけど・・・でも、

あー、引退したい・・・・

私はやりたいことがたっくさんあるんだよ・・・

20170805mj2.jpg
「明日、おりぇと昼寝する約束は?」
次回となります、ご了承を。


20170805mj1.jpg 
「明日、おりぇとたっくさん遊ぶ約束は?」
・・・それも・・・


20170805chi1.jpg 
うざいと思いつつも、3匹にくっつかれて過ごす幸せな時間を取り戻さなきゃ・・・



ルカちゃんの野望

うちのルカちゃん・・・


20170801lu1.jpg 
ふわっふわでボリューミーなコートに大きなお目々。
いつも女の子に間違えられるのよね。「ま、きゃわいいってことだおにぇ」



目が見えない、というハンデのせいもあるけれど、
いつもいつもメソメソ泣きで、ちょっとした物音にも跳ね上がるほどいつもビクビク、
母が呼びかけても、飼い主の私にするような返事は絶対にせず─

つまり、まあ、いつもふにゃふにゃへにょへにょ、情けない風情で、
体育会系のまいこ~とは対極にある男の子。
「頑丈」とか「強靭」とかいう単語は、まだ千夜のほうが似合うくらい、はかなげ。


20170801mj02.jpg 
「だけど、アイツ、態度はでかいにゃ」
まいこ~のように、千夜に遠慮する とか、そういう気遣いはゼロ。


20170801lu2.jpg 
「りゅ、りゅかたん、やりたいことやりたいようにしてるだけだも」
時々、「もしやメインクーン系?」と間違えられる大きさだしね。



が・・・
3匹の猫たちと暮らして8年近くにもなると。。。

千夜は今、この通りずっと去年から自己免疫不全と言われて、あちこち原因不明の病状に悩まされ、
まいこ~はけっこう消化器系が弱いのに加え、慢性化した気管支炎が持病になってしまったし・・・

が、ルカちゃんは視力を失っているのを除けば、
これといった問題はほとんどないのよね。
常に猫缶なら好き嫌いなくなんでも平らげ、大食してもお腹を壊したことも一度もないし、
過食原因の吐き戻しなんて絶対にしないし、先日一度だけなんだか痛みに耐えているような様子があって
鎮痛剤を処方されたこと以外、まったく体調を崩すこともなく─

3匹の中で一番安定しているのがルカちゃんなんです。
見た目・性格の脆弱なイメージと違って。

20170801lu4.jpg 
「だ、だって、りゅかたん、いっちゅも食べて寝ることがいっちばん大事にゃんだも」
ルカちゃんは飼い主の動向にちぃやまいこ~ほど一喜一憂しない、という強味がある。


20170801chi1.jpg 
 ↑ 今日も病院で、「もしかしたら、甘えたい気持ちが満たされないストレスも影響しているかも・・・」などと
とんでもないことを言われ・・・「先生、わんこじゃないんですから、それは想定外です」と言ったら、
「想定外のにゃんこってことでしょ」と・・・


20170801mj1.jpg 
昨夜はまいこ~と2人っきりでネンネしたもんね。
・・・だから今夜はまいこ~とは寝られないのよ・・・「・・・ぐしゅ」


20170801lu3.jpg 
「あっ、じゃ、じゃあ、今夜はりゅかたんがままんといっちょだにぇ!」
とは言え・・・ルカちゃんは甘えたいときにはちぃもまいこ~も平気で押しのける。



弱々しいくせに、割り込み常習犯、一番の大食漢で一番よく寝てる子。
目が見えないためにいつも遅れがちになるのをニンゲンもいつも気にして見ているので、
ゴハンがちゃんと食べられるよう、ついつい世話を焼いちゃうし、
ルカちゃんのメソメソ泣きの声にはすぐに反応してかまっちゃうし。
もちろん、こんな哀れな子を叱ることなんて誰にできましょうか・・・
それがルカちゃんの生きる戦術なんだろうね。


先日も、めったに嘔吐しないルカちゃんが珍しく吐いた、と思ったら・・・
吐いたものを見てびっくり!

長さ約20cm、直径2cmの巨大毛玉。


めったに吐かないので、何か月分かの毛玉をずっと胃の中にため込んでいたらしい。
こんな巨大毛玉を長いこと胃の中にため込んで、
それで食欲も変わらず、きっと本猫も無自覚に過ごしていたんだろうと思うと・・・・

・・・哀れっぽさにだまされていたけど、気が付いたらルカちゃんが一番怪物並みにたくましい奴でした。


20170801chi2.jpg 
「あんな魚肉ソーセージみたいな毛玉、ちぃだったらきっとにゃんにも食べられにゃくにゃる」
いや、きっと普通の猫はみんな耐えられないと思う・・・


20170801lu6.jpg  
「ふふふふふふふ・・・最後に一人っ子で勝ち残りゅのは、りゅかたんにゃんだお・・・・」
ままんもそんな気がしてきた・・・



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR