プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

今年はダイエット元年である!

年度末です。
まあ、毎年恒例の忙しさなのは仕方ないとして、
この時期は配置転換とか移籍で送別会などもあり・・・ほんとに物理的にやりくり不能です。

その上、うちの子たち―特に千夜の湿疹は

20170318chi1.jpg 
 ↑  全然よくならない。。。。ステロイド系の軟膏も効かない。



ただでさえ疲れているのに、OFF日はほとんど通院だし。

で、先日はまいこ~の咳が治まらないので連れて行って、気管支拡張剤を出してもらったんだけど、
お医者さんの関心のほとんどはまいこ~の気管支炎ではなく、メタボ問題に。

というのも、体重がついに・・・・8.08㎏! 夢の8㎏の大台を突破! しちゃったもんだから、
本当にここで何とかダイエットしないと、これからの壮年期にいろんな病気を発症するリスクも高くなる、
今の咳も肥満を解消するともっと改善されるかもしれない、というわけで―

と言っても、千夜やルカちゃんも一緒にいて、まいこ~だけ食餌内容を変えるのも難しいだろう、と
いうことで、最終的には「ダイエット入院も」と言われちゃった。
先生に「この子の適正体重は?」と聞いたら、「4.5~5㎏」。
・・・今はほぼ倍近くということか!  先生と一緒に力なく笑った。。。

20170319mj1.jpg 
この大きなお腹を見慣れている私にとって、5㎏のまいこ~など想像もできない・・・



とりあえずダイエットフードで管理していくことにはしたものの・・・

しかし、、、まいこ~に限らず千夜もルカちゃんも昨年末あたりにみんな太ったのよね。
例の千夜のFIP騒ぎで、高カロリー食をどんどん投入し、そのおこぼれをルカちゃんとまいこ~が・・・という具合に、
太らないわけがない食生活で、今や千夜もルカちゃんも当家史上最大MAXの体重。

なので、しばらくはまいこ~だけでなく全員ダイエットフードで乗り切ります。
母があげる日中のおやつは猫用鰹節だけ、夜はいつも通りの猫缶だけ、あとはなし。
みんなが好きなモンプチ系だの「懐石」シリーズは、たまにおやつ程度に少しだけ。
(千夜が高熱の時は、これが主食化していた・・・)毎日、はご法度。


20170322chi1.jpg 
「え・・・にゃに、それ」


20170318lu1.jpg 
「・・・・ぷんぷんだお・・・」
ぷんぷんでもぼんぼんでも―。


20170322mj1.jpg 
「にゃ、にゃんとにゃっ」
にゃんとでもこんにゃでも―。


こんな(見た目とは違って)アマアマちゃんのガラスのハートの坊やを
ひとりぼっちで入院なんてさせたら、先に心が折れてしまうだろう。

特にルカちゃんなどと比べても大食ではないと思うのに、なぜまいこ~はこんなに太っちゃうのか。
と、気にしながらここまで来たけれど、さすがに8㎏を超えて、「入院」などと言われると、
飼い主もここで決意新たに臨まねばなるまい。。。
なにより、大事なまいこ~が今後も健やかに長寿を全うできるようにする責任がある。
千夜のように、なにもかも「原因不明」で手も足も出せないような状態とは違って、
飼い主がコントロールできる範囲の話なんだから。


20170318mj2.jpg 
「入院・・・ごくり・・・」  ↑ 目頭の部分の毛がなぜか抜けてしまった。



今、各メーカーのダイエットフードを手あたり次第集めて、
いろいろ試しています。
ダイエット系って、割と食いつきがいいものもあれば、鼻もひっかけないもの、と両極端。
・・・千夜がよく食べるロイヤルカナンのシニア系のフード(高カロリー)、まだ在庫があるのにな・・・


20170318mj3.jpg 
「・・・おりぇのシワワシェな子猫時代はこうして終わったのでした・・・」
とうの昔に子猫時代は終わりました!!!


20170322lu1.jpg 
「りゅ、りゅかたんの猫缶どんぶりは?」
どんぶりだよ~どんぶりが小さいサイズになったけど・・・


20170318mj1.jpg 
ね?大事なおまえを病気にしないためなんだよ。
「・・・・・その辺の理屈がよくわきゃんにゃくてにゃ・・・」


 
目標は・・・まいこ~6㎏(-2㎏)、千夜とルカちゃんは5㎏(-1㎏) と少しゆるめに設定。
適正体重+アルファ ぐらいが私としては理想なので。
消耗性疾患などになった時、やはり貯蔵があるのとないのとではちがう、と
常々ウサギたちの時にも実感していた。

できるだけおいしいと思うダイエットフードの継続でつらさを感じさせず、
少しずつ、でも確実に1~2年で達成を目指します。




閑散としている動物園

円山動物園では、今では行く場所が完全に固定化してしまっている。

まず寒帯館でアムールトラとユキヒョウ、
そして隣の高山館(若い女の子が「たかやま館って、なに?」と大声できゃぴってた・・・)でヒマラヤグマ、
それからマレーバク、シンリンオオカミ→エゾヒグマ→ホッキョクグマ→サーバルキャット
そしてまた高山館に引き返し、最終的に寒帯館と高山館を何度も行ったり来たり。

つまり、私の場合、クマ族と大型猫族ばかり飽きずに眺めているわけで。

今日の収穫は、ユキヒョウのリーベを堪能できたこと。
本当に美しいいきもの。

20170314zoo3.jpg 
アクバルとシジムは、今、繁殖を目指して寝室でお見合い中のため、
久々リーベがメイン放飼場に。

20170314zoo2.jpg 
アクバルのにおいがするところにご執心。リーベにとっても悩ましい季節到来の様子。。。

20170314zoo12.jpg 
いやはや、美豹ぶりがハンパない。エレガントでパワフル、品格が段違い。
間違いなく、世界一の美豹  と思うわ。

20170314zoo4.jpg 
寝室の方から時々アクバルとシジムの咆哮が響くため、リーベもそわそわ落ち着かない様子でした。



 

20170314zoo1.jpg 
そしてアムールトラのアイちゃん。
先々月に見た時より少し肉付きが戻ったように見えて安心した。

20170314zoo11.jpg 
この子は旭山動物園のアムールトラのザリアよりずっと年上なのに、
ザリアより子供っぽくておきゃんな表情に感じる。
母親になったザリアとの違いなのかな。



 

20170314zoo5.jpg 
ヒマラヤグマのトモちゃんとミナミちゃんは、ゆるゆるスローに小競り合い。

20170314zoo6.jpg 
「え、えぇーーい、うるさーーい」 あっ、ゆるゆるビンタ!
そんなスローな振り方で、その上そのスロービンタをかわすこともできない2頭って・・・(笑)



しばらくそんな調子の2頭でしたが、そのうち室内に入って・・・

20170314zoo13.jpg 
ガラス面にどアップのサービス。
近くにいた飼育員さんにこの子はどっちか?と聞いたら、、、なんだかその人も心もとない様子の返答だったため、
参考程度に聞き流してしまって結局忘れちゃった・・・

20170314zoo14.jpg 
今回も判別不能・・・顔の違いは分かるようになってきたんだけどね。

 

20170314zoo8.jpg 
マレーバクのワカバちゃんは室内展示場の水の中。
今回はこの子が一番アイコンタクトしてくれた。

20170314zoo10.jpg 
ホッキョクグマのキャンディがおもちゃを抱えて雪の中に埋もれるようにして寝ていた。
か、かわいい~。まるで童話の中に出てくるクマさん。



先月、旭山動物園に行って、人出の多さ、餌やりなどのイベントの多さ、
活発に動く動物たちを見ていたせいか、
今日も閑散としてしーーーんとしている円山動物園の様子にちょっと別の意味で驚いた。

動物の側の立場からはどちらがいいのか、それは単純な話ではないと思うけれど、
少なくとも・・・入園者数を増やせるのは最新設備とか珍しい動物の展示 というだけではなさそうだ。

にしても・・・もうそんなに寒くないはず、とダウンじゃないコートにしたら、
思っていた以上にヒジョーに寒く、芯から冷えました・・・
 


昼寝の友の座をめぐり・・・

千夜のお腹の湿疹。
もう1か月になるのに一進一退の繰り返しで、まだ治らない。
本当に・・・千夜の場合、「何も効かない」が当たり前になりつつある。
困ったなぁ。

もっとも、本猫は特に気にする様子もなく、かゆみも痛みも感じていなさそうで、
ただ傷があるので、毛づくろいのたびに熱心になめている、という状態。
かゆみがあっての必死さは全然ない。

暴走気味の免疫力を安定させるには、腸を健康に維持することが最優先らしいので、
普段のビフィズス菌だけでなく、今、病院に漢方系のサプリを取り寄せてもらっているところ。
特に便秘も下痢もしたことがない子なんだけどね。

小さい頃からヨーグルトの味に慣れさせておけばよかったなぁ、と今頃になって後悔・・・
一切人間の食べ物を与えたことがないので、焼き魚を目の前にしてもまったく無関心なヤツら、
今さら はほんとに難しい・・・

20170225lu2.jpg 
「りゅ、りゅかたんもお腹を壊したこと、にゃいお」
何をどれほど食べようと、吐くことも下痢することも一切ないもんね。
そんなもったいないこと、ルカちゃんは絶対にしないよね(笑)



うちの子らでお腹が弱いのが、まいこ~。
ちょっと猫缶を多めに食べるとすぐに下痢。
普段から軟便気味だし。
ドライフードを食べた直後に吐き戻すことが多い傾向からしても、
まいこ~は消化器系がかなり弱いのではないかと心配している。
元はといえば、そんなまいこ~のために毎日ビオフェルミンを与えていたんだけど、
それだけでは十分ではないということか・・・


20170311mj4.jpg 
「そうだよ、こう見えてもおりぇはゲリピー野郎にゃんだぜ」
・・・開き直ることでは・・・


かく言う飼い主もお腹の調子はいつも不安定なので、
こうなったら全員でお腹改善作戦を開始しなくては。


・・・と、OFF日はたいてい日中に長い昼寝をするアテクシ。
普段の睡眠不足をこれで補っている感じなんですが・・・


毎日の就寝の添い寝とは別に、このたまのOFF日の昼寝が
猫たちにとっても非常に重大なイベントらしく―

今日もまいこ~と千夜が無言の攻防戦を・・・

普段は仕方ないとしても、 本当はみんな昼寝の時には私の寝室のベッドで、
私と二人っきりで寝たいと思っている。
私もたまには均等に1匹ずつと特別な時間を作ってあげたいと思っている。
で、私の様子を察知して、いち早く気が付いた子がベッドに先まわりするんだけど、
猫の特性か、一足遅くなったほかの子は、「あいつと一緒ならいやだ」と諦めることになる。
今日の昼寝がどの子と添い寝になるのか、それは毎回違うのだけど、
今日はまいこ~が先にベッドを占領していたにもかかわらず、
千夜がそのまいこ~にかまわず、布団の中にもぐりこみ、
それでもまいこ~も頑としてベッドから降りず―



20170311mj1.jpg 
「言っとくけどにゃ、おりぇが先にベッドで待っていたんにゃ!」


20170311chi1.jpg 
「だから、にゃんじゃい」 どちらもテコでも昼寝の友の座を譲らず―


仕方なく、今日は狭いベッドで2匹にぎゅうぎゅう詰められながら寝ました。
こうなると、どちらかを追いやることもできないしね・・・


20170311mj2.jpg 
「・・・おかにゃんと二人っきりで寝たかったにょによ・・・」
ごめんね、まいこ~。でもちぃちゃんもおんなじ気持ちだし。


20170311lu1.jpg 
「りゅ、りゅかたんにゃんて完全に出遅れて、ひ、ひとりぼっちだったんだお」
ごめんね、3匹は絶対に無理なんだもん。あんた、リビングで熟睡していたし。



激しいケンカにこそならないけれど、
どの子かを抱いていたり撫でていると、他の子が遠い目をしていたり、
責めるような悲しいような目で凝視していたり―
それは母が日中彼らをかわいがってくれていても変わりません・・・

20170311mj3.jpg 
「どうせ、おりぇは拾われっ子だしにゃ・・・」
みんな同じ拾われっ子だってば!!!


千夜の今後は

最近、OFF日はいつも通院です。

今日も千夜のお腹の湿疹のその後の経過を診てもらいに。

20170304chi1.jpg 
↑ 傷部分はかなり減ってきれいになってきた。
が・・・先週もらった抗ヒスタミン剤のおかげではなく、
ご覧の通り体毛が薄くなるほどなめてなめて治した、というのが実態。



全然内服薬が効いたという実感はなく、
むしろステロイド剤の軟膏をやめたことで逆に気にするようになり、
結局なめているうちになんとなく治ってきた、という経過を説明したら、
やはり元はといえばアレルギー反応を起こしている原因は千夜の自己免疫不全のせいだろう、との見解。

原因不明の発熱も湿疹も(医者が言うには原因不明の神経症状も)、
みんな原因がわからず、何の薬剤も効果なく、
そして3週間程度で何の理由もなく消失する、というパターンからしても。

20170304chi2.jpg 
「んにゃこと言われても」
そうだね、千夜自身でコントロールできることじゃないものね。


ただ・・・免疫不全が原因としたら、
今回の湿疹はまた別の場所に発症することがあったとしてもそれも一定期間のことで、
神経症状も発熱もおそらくは繰り返さないだろう、
次に何かあるとしたら関節炎かもしれない、との予測を示された。

そして、さらに年を重ねると免疫自体が低下していくので、
たぶんこの先は落ち着いていくのでは、とも言われた。

3週間もの高熱でも何かしらでも食べる意欲は消失せず、合併症も起こさず、
快復後はすぐに太ってしまうくらいの千夜なので、
「この子は元が本当に丈夫だということなので、
今後も免疫力を安定させるサプリメントなどで気長に頑張っていきましょう」ということだった。

20170304chi3.jpg 
「ちぃ、ほめられたん?」
・・・ハンパなく強いらしいよ(笑)暴走気味だけど。


新しい病院はこれまでの病院と違って、獣医師の先生も若く、説明も遠まわしではなく端的で、
私としてはとてもしっくりきてる。
まあ、これまでのかかりつけの病院でFIPと誤診されたことは何とも思っていないけど、
本当にFIPだったら3週間と持たないらしいから、ひょいと元気な千夜を連れて行って
驚かせてやろうと思っていたのに、もう今後めったに元の病院に行く機会もなくなりそう・・・
これからは元の病院がセカンドオピニオンになると思う。

20170304lu2.jpg 
ルカちゃんの目も先週もらったヒアルロン酸主成分の点眼薬のおかげで涙がかなり軽減され、
いつもさっぱりした顔に。


ルカちゃんの涙目も、これまでの病院で結膜炎だのウイルス性だのと言われて出されていた点眼薬より
よほど効果が感じられる状態。
感染症なら、他の2匹もみんな同じことになっていたと思うから、なんかなぁ・・・とは思っていたのよね。


20170304lu1.jpg 
「りゅ、りゅかたんがますますきゃわいいって、ままんとグリャンマがにぇ」
ヨモママの他の子どもたち、弱視の傾向はないのかなぁ。ちょっと気になる・・・



自分が求める診断を求めて病院をハシゴするのも考えものだけど、
病院 というより、世代の違う獣医師 に診てもらう、というのはやっぱり大事だな、と感じた。
年配の獣医師になれば経験豊富だし、若い獣医師だと最新の情報装備が違うだろうし。


次のOFF日は、まいこ~。

前回は投薬までは・・・と様子見だったけれど、
やはり咳き込みが完全になくならないので、早いとこ治してあげたい。

20170304mj1.jpg 
「え゛・・・おりぇもまた行くのきゃ」
そうだよ、おまえだよ~ははははははは ↑ 自撮り中。


20170304lu3.jpg  
そして・・・全員ダイエット・・・「りゅ、りゅかたん、めだたにゃいもん」いや、巨大なお尻は隠しようもなく。
千夜のFIP騒ぎで、結局全員太りまくる というオチ―




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR