プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

やっぱり、千夜・・・

今日は極近動物病院、千夜がデビュー。

嫌な予感が当たって、千夜の小さな傷が1週間以上たっても治らないため。
どこかにぶつけただけの傷にしては表面積は小さいのに深い気もするし、
同じ頃に牙が1本なくなっているのもやっぱり気になる。

あぁ~牙がない猫なんて、これじゃもうコンテストに出られない・・・(何のコンテストだ?)


20170128chi2.jpg 
病院の待合室でメンメぎょろぎょろの千夜。



傷を生研で確認したところ・・・アレルギー性の反応があって、
どうやら擦り傷や噛み傷ではなく、
いや、最初はごく軽微なそんな傷だったかもしれないけれど、
簡単に治せないままになっているとのこと。
歯も歯周病が原因ではあるけれど、傷が治りにくいこととも関係しているかもしれないと。
猫に歯周病は珍しくないけれど、それにしてもまだ8歳だものねぇ・・・

原因は可能性として、免疫性疾患の症状の一つではないか、と言われた。
原因不明の高熱や神経症状も、元は免疫があまりに安定していないことで起こったことだとすると、
全部説明がつく、、、と。
なので、今後も原因不明な傷が増えたり、また高熱が出たり、を繰り返すかもしれない。

と言って、免疫をコントロールできる有効な薬剤もないので、
免疫を落ち着かせる漢方薬から試してみることに。

・・・やっぱり。
だって、千夜だもん。信用できないものね・・・

と、動物病院を3件またぐと、3つの診断。

20170128chi1.jpg 
初めての病院では毎度、「ロシアンブルーは本当にきれいなコートですねぇ」などと言われ、
毎度「もどきです」と否定し・・・



今日の体重測定では5.7㎏!
11月に高熱を出した時が5.4㎏で、その後の高熱続きで5.2㎏まで落ちていたのだから、
よけいなほどの回復ぶり(笑)
もう死ぬ、と言われて、せめてこれ以上痩せないように、と
せっせと高カロリー食を食べさせていたもんだから・・・もうこの辺でやめとこ。

脳疾患やFIPなら手も足も出せないけれど、免疫系ならまだやることがあるかもしれない。
何もしないでいても同じことを繰り返すのかもしれないのなら、
今のうちにやってあげられることはしてあげなきゃ・・・


20170128m_l1.jpg 
「まま、まいきょちゃんもその新ちいビョイン、行ったんだおにぇ?」
「おう。若いねいちゃんがきゃわいきゃったぞ」


20170128m_l2.jpg 
次は・・・ルカちゃんがデビューだね。やっぱり近いから楽ちんだよ~
「りゅりゅ、りゅかたんまで?」
「・・・おりぇじゃにゃくてよかった・・・」



明日、まいこ~の気管支炎のために買った空気清浄機が届きます。

去年1年間の千夜の闘病続きで、
私も少し気負いすぎているというか、神経質になりすぎているのかもしれない。
こうしてますます過保護ぶりを加速させて、逆にこの子たちを脆弱化させているのでは―
加減 というか、度合い が今の私にはわかりません・・・


【クラウドファンディング】支援のお願い

猫180匹が暮らす施設を危険な山奥から安全な場所へ移転したい!


保護している猫たちを安全な場所に移転させる計画に1000万円が必要です。
第一段階の350万円には達成しましたが、まだまだ多くの支援を必要としています。

このプロジェクトは目標金額に達しているため、
支援後のキャンセルはできません。
1月27日(金)午後11:00まで支援を募集しています。

ぜひ募集ページをご覧ください。  ↑ リンクしています。

まいこ~の診察・・・どころではないっ

今日、新しくオープンした極近の動物病院にまいこ~を連れて行った。

診察券№は  53 。
昨日のオープン初日はけっこうコミコミだったということかな。
今日の予約時間は10時でこの番号だものね。・・・やな語呂合わせ(笑)

レントゲンを撮ったところ、どうも咳の原因は気管支炎 とのこと。
感染症での咳ではないようで、とすると、考えられるのはアレルギー。
が、「治りかけのようにも見える」とのことで、この程度なら投薬も必要ない、となって、ほっ。

20170122mj1.jpg 
「お、おりぇ、レントゲン撮影が怖くってにゃ・・・」
まいこ~の悲鳴が松合室の私にも聞こえました(笑)



もっともアレルゲン物質が何なのか突き止めるのは猫の場合無理なので、
これ以上酷くならないよう、ハウスダストや食べ物の質などに気を付けるしかないみたい。
それと・・・指摘されたのは(当然)太りすぎ。

ただ肥満が原因の疾患の様子はないので、まずは1日の飼料の量を減らす工夫から始めることに。
今日の体重測定では   7.9㎏!
あぁ~ ほんとに夢の8㎏にリーチ! ってところですかね。

肥満が原因の病気になってからでは遅いから、今日から長期戦でがんばろう。

20170122mj3.jpg 
「・・・これきゃらおりぇはみじめな生活ににゃるのきゃ・・・」
工夫して、辛くないダイエットにしてあげるからさ。



獣医師の先生もまだ若い方だけれど、説明も丁寧で、それでいて明快な表現なのが気に入りました。

先生に同居している猫の様子を聞かれたときに、昨年の千夜のことを話したら、
「それはFIPじゃないですね。発症したら割とすぐに亡くなってしまいますから」とはっきり。

やはり専門の立場の人にはっきり「違う」と言われると、
確信していたとはいえ安心感が違う。


と・・・安心して帰宅したのもつかの間。

千夜が大口開けてあくびしている様子を見て気が付いた。

右上の牙がないっっっ!!!


20170122chi1.jpg 
「・・・・・バレたにゃ・・・」



実は3日ほど前に、鼻筋の右側に爪が深くささったような傷があって、
じゃれあっているうちに相手の爪でも刺さったのかと、まあ、小さな傷だし、と
マキロンつけてそれで特に気にもしていなかった。

が、特に歯が悪い様子もなかったのに、牙が1本なくなってる!!!

さらにさらに・・・その後千夜の体をなでてて気が付いた。

右側の前脚の付け根部分に小さいけれどぶ厚いかさぶたが2個!
まるで牙でえぐったような感じ。

20170122chi2.jpg 
「にゃにをそんにゃにきゃーきゃーと。」
って、あんた、一体何があったのおおおおお!



母に聞いても3日前に猫同士で大喧嘩があったとか、どこからか落ちたとか、そんな様子も気配もないというし。
(これまでにもそんな喧嘩など一度もしたこともないし)

千夜自身も全く変わった様子もなく機嫌もよく、どこかを痛がるそぶりもないし、腫れているところもないし、
まいこ~とルカちゃんにも変わった様子もケガもないし。
(千夜の牙が折れてるなら、相手だって深手を負うと思う)

20170122lu1.jpg 
「りゅ、りゅかたんは無実だお」
まるでラグの上からにょきっと生えてきたように見える・・・



・・・せっかく新しい病院で「FIPじゃない」とはっきり言ってもらえてほっとしたのに、
やっぱり千夜はどこまでも信用できない・・・

このままかさぶたが取れてきれいに治ったら、それはやっぱりただの外傷 ということで、
何か得体のしれない疾患の症状とか皮膚病ではないと確信できると思うけれど、
にしても、それならなおのこと、いったい何があってこんな傷を負って、牙まで失ってしまったのか―
みんな体の右側なんです。
あぁ~、ナゾだぁぁぁぁぁ
あぁ~、きれいな牙だったのに、、、、!!!
牙のない猫族なんて・・・・!


20170122mj2.jpg 
「おりぇもカンケーにゃいし」
誰か1匹ぐらい、ちゃんとママに説明してよ!


どこまでもどこまでも、心配が絶えない・・・

20170122lu2.jpg 
「と、ところで、りゅかたんもダイエットにゃの?やだにゃあ」
みんなダイエット推奨なのは間違いないと思うもん・・・




難関?を乗り越えて

何十年ぶりかという寒波襲来で、
連日我が家の周囲は-10℃以下、酷いときは-15℃を下回る朝もあり・・・
これが外暮らしをしている動物の心配をしている頃だったら気が気ではなかっただろうけど、
今の私はかえってムラムラと挑むような気持になっただけで・・・ま、たいしたことなかった。

でも、数十年前まで、札幌の都心だって真冬には-15℃になるのは当たり前だった。
それが温暖化のせいなのか、今世紀に入ってからはいまだ-15℃以下は記録せず。
今回、今世紀初の-15℃かっと期待したけれど、結局都心部は-12℃程度で終わったみたい。


20170114lu1.jpg 
ルカちゃんはホットカーペットで飽き足らず、私の足にまでしがみついて・・・って、
ほんとはルカちゃんは寒い・暑いをひょうげんすることはまったくないんだけど。


20170118mj3.jpg
「今日はぐりゃんまとおかにゃん、二人してどこに行ってたんにゃ」
二人でね・・・


20170118toro1.jpg 
今日は母とお寿司を食べてきました。分厚い中トロ。  
3皿目で気が付いた。寿司として食べる以上、ネタがぶ厚すぎてもシャリが小さすぎても、
バランスよくないよね・・・


20170118mj1.jpg 
「・・・そうですきゃい・・・おいしそうですにゃ・・・よかったですにゃ・・・」
なななな、なんなの、その眼差しは!


20170118lu1.jpg 
ああああ、あんたたちには新しく桐製の爪とぎを買ってきてあげたでしょ。
「こ、こりぇ?」


20170118m_l1.jpg   
「おう、どうだった?新しい爪とぎ」
「サイテーにゃ・・・」   今のとこ、あまり評判よろしくないです。。。



先日、21日にオープンする新しい動物病院の内覧会に行ってみました。

規模としてはこれまでのかかりつけの病院と同じか、ちょっぴりそれ以上、
ただ医療機器はやはり最新のもので、獣医師も2人、看護師さんも2人という体制で、
何より「あくまで犬猫専門」で、診療科目を「内科・外科・整形外科・東洋医学」と絞っている点が
これまでの病院とかなり違うかな。
(もし今も草食動物を飼っていたら、役に立たない!とがっかりしていたところ)

次の私のOFF日は22日なので、さっそくネット予約(電話だけじゃなくスマホで予約できるのも便利)してきました。
内覧会の時に、3匹のカルテ作成だけは先に済ませちゃったもんね。

カルテ作成の時に最大難関?のまいこ~の名前も書いちゃったから、
あとは名前から皆様がイメージする姿とのギャップの衝撃波を一度受ければいいだけ。
  ↑ (これ、けっこうしんどいんだわ・・・)


20170118mj2.jpg 
「衝撃波って、なんにゃ」
おおお、おまえがイメージ以上に立派なんで、きっとびっくりされるという意味だよ~



あとは・・・願わくば、
診察室から「マイケルジャクソンくーん」と呼ばれないよう、必死に念を送るだけ!


20170118mj4.jpg 
「・・・えっ。おりぇ、病院行くのきゃ?」
まいこ~の咳き込みをちゃんと診てもらわないとね。



そのうち、千夜も引き続きその病院でも診てもらう予定。

ここんとこずっと37.5℃あたりしか体温がないのもやはり気になる。
もっとも、病的というほどの低体温という数値でもなく、
かと言ってやはり38℃あって当たり前だと思うし。
なぜこうも安定しないのだろう。

20170118chi2.jpg 
「ちぃ、元気にゃもん」
ほんとにそう感じるんだけどねぇ・・・


20170118chi1.jpg 
でも。もうあんたのことは信じないことにしたの!!!


20170118chi3.jpg 
「・・・ママだって、いつもちぃをだまして体温計をおちりに」
だだだ、だって!!!


20170118mj5.jpg 
「お、おりぇ、最近はそんにゃにケホケホしにゃくにゃったぞ!」
なんでもなければそれでよし、でも何か問題があるならこのままにはできないでしょ。



ルカちゃんの目も―

いや、目より先に・・・・


20170118lu2.jpg 
隠しようもなく、みっちり巨大に丸々なルカちゃんのお尻!



長い毛で分かりにくいけれど、一時はさわるとカリカリに痩せていると心配していたのに、
千夜の高栄養食のおこぼれを食べているうちに・・・!

20170118lu3.jpg 
こんな巨大なルカちゃんのお尻、初めて見たかも。
「にゃに?どうかちたにょ?」


・・・飼い主に対する栄養指導が先となりそう・・・

極寒の動物園を行く

今日は円山動物園に行ってきました。2か月以上のご無沙汰です。

行ってきましたとも。
昨日まで3連休で大賑わいだったはずの動物園、
明日は休園日で、しかも大寒波で日中の最高気温も-10℃くらいになるという予報。
今日だってすでに日中の気温は-5℃。

おそらく・・・今後二度とこれくらい楽しい動物園体験はないだろう、と思われるほど満喫してきた。
予想通り、入園者はまばらで、どこに行ってもほとんど貸し切り状態だったから、
動物たちも数少ないお客さんの私にみんなサービスしてくれたんだもん(笑)


20170110zoo2.jpg 
カバの父さんのドンにはまいった。
試しに私が手を振り上げると、カパッと口を開ける。
手を下に降ろすとカパッと閉じる。
きっと餌やりの時に飼育員さんが同じような仕草をしているんだろうな。

20170110zoo3.jpg 
カバはおちりとちっぽと足をめでる生きもの・・・


20170110zoo4.jpg 
ブチハイエナはあられもない姿で爆睡。


20170110zoo5.jpg 
若いサーバルキャットのエンちゃんは最初はこうしてかわいい顔で寝ているようだったけど・・・


20170110zoo10.jpg 
その後、夕食の準備の気配を感じると隣のポッキーじいちゃんもそわそわうろうろ。
後ろ足がおぼつかない様子だけれど、食べることへの執念が衰えていないのは健康の証。


20170110zoo11.jpg 
ライオンのリッキーはいち早く丸鶏をもらってがっついていました。


20170110zoo6.jpg 
雪が降るシンリンオオカミのメイン放飼場で、久しぶりに間近にジェイを見る。
白くなったぁ~・・・壮年だものね。

20170110zoo7.jpg 
こちらも久々の息子のルーク。相変わらず愛くるしい表情。


20170110zoo8.jpg 
年を取って、ますます優しい表情になったジェイ。
雪の中がよく似合うオオカミたち。



あ、あてくし?

-5℃ですからね。重装備で臨みましたとも。

20170110zoo9.jpg 
極暖ヒートテックの肌着上下にヒートテックフリース、さらに厚手のフリース、
そしてダウン。南極でも大丈夫なような。
でも、足先がちべたかった~

20170110zoo1.jpg 
雪が似合う動物たちのお次はアムールトラのアイちゃん。
今年の冬は放飼場がしっかり除雪されているので、ぐるりとウォーキングできます。
昨年の冬はまったく除雪されず、タツオもほとんど歩けない状態だったらしいけれど、
去年の秋に担当者が変ったためか、いい環境を維持してもらっているようです。


20170110zoo12.jpg 
しばらくしてまたアイちゃんのところに戻ってきたら、、、
高く積もった雪山の頂上にいた。 威風堂々。
そこからの眺めは格別でしょう。

20170110zoo13.jpg 
冬を満喫している、そんな様子が感じられたのが一番うれしかった・・・



20170110zoo14.jpg 
そして、こちらも雪の女王ユキヒョウのシジムがメイン放飼場に。
去年はいつ行っても室内展示場でつまらなさそうにしている姿しか見ていなかったので、
雪の中で機敏に動くシジムの様子は新鮮でした。


20170110zoo20.jpg 
で、今日の室内展示当番は絶世の美女リーベ。
はぁ~、さすが絵になる・・・


20170110zoo21.jpg 
いつも落ち着いていて気品があって、そして立派に子供たちを育て上げた母親。


20170110zoo22.jpg 
いつまでもいつまでも眺めていたい野生の美の頂点・・・
(ガラスに張り付いていたら、思いっきりスプレーされた)



そして・・・会いたかった、ヒマラヤグマのトモ&ミナミちゃん。

20170110zoo15.jpg 
初めに行ったときは2頭でじゃれてるような小競り合いしているような感じで、ウダウダ。


20170110zoo16.jpg 
後からまた行ってみたら・・・室内の大木の上に乗っかっていました。
よくそんな体型で登れるなぁ。


20170110zoo17.jpg 
夏よりもさらに首周りのファーが分厚くなったような。
はぁ、かわいいぃぃ。

20170110zoo18.jpg 
おっきなメタボ腹(笑)。
この後、恐ろしく不器用な感じでそろりそろりと床に降り・・・

20170110zoo19.jpg 
それからは自分の手枕でお昼寝。
さて、この子はどっち?・・・相変わらず判別不能・・・




寒かったけれど、人も少なくて、自分だけのペースで、自分が見たい動物だけしっかり観察できて、
これでしばらく病んでいた心もかなり癒えた気がします。
あんなに限られた空間で懸命に生きる動物たちに、こんなぐだぐだな自分がなんだか申し訳ないような気にも。


20170110mj1.jpg 
「そんにゃにでかいニャンコはよかったですきゃい・・・」
帰宅すると、まいこ~がふて気味。



心配していた千夜の低体温、翌日に測ったら今度は38.6℃。
まったくの正常値。
ということは・・・ただの一時的なことだったようで。

その上―体重計で測ったみたら―
やせた、こんなに高カロリー食を与えているのに太らない、と心配していたのに、

え?なんで? 5.7㎏! ・・・これまでで最高なんだけど!

ちっとも太ったように見えないのはなぜなんだろう。
まあ、人間用の体重計だから多少の誤差はあるとしても・・・なんか、私、だまされてない?


20170110chi1.jpg 
「バレたにゃ・・・もうママの前でお腹ひっこめるの、やめよっと」


11月の高熱、挙句の果てに余命いくばくもないと宣告されてから、
私も本当に追い詰められて、客観的な見方ができなくなっていたのかもしれない。
少なくとも、食べただけ体重が増えるのは健康だってことじゃん。

というわけで、今日は母からも猫からも逃避して、自分の心の健康のために1日を使った次第。

飼い主も健康な心と体でいないと、この子たちにも悪影響をおよぼすものね。

うん、いい1日だった。

来月、超・極寒の旭山動物園に行こうかな。

年始早々、今度はこう来たか

あけましておめでとうございます。
今年もなにやかにやとありそうな予感ですが、変わらず応援いただけるとありがたいです。


20170105all.jpg 
非常にやる気のない3匹の新年の朝の風景・・・ですが、
今年もLin家の3匹をよろしくお願いいたします。
 

20170105c_m1.jpg 
しかも朝からちぃとまいこ~の小競り合い。
「誰の頭に手をかけてるんにゃーーーー」
「だだだだ、だってよーーーー」
猫のケンカって、「間合い」が笑えるよね。



ようやく今年初めてのOFF日。
・・・本当は今日こそ、ずっと行きそびれていた動物園に行きたいと思っていたのだけど、
(特に千夜が体調を崩してから、休日にこの子たちを置いて自分だけ遊びに出かけるというのが
ますますできない気分になっちゃって)

または―今月新たにオープンする極近の動物病院が、実際は22日オープンとわかって、
もうそれまでどうにも待てないので、いよいよまいこ~の咳き込みを
いつもの病院に診てもらおうと思っていたのだけど―


まず、千夜。
熱がある感じでもないのに、なんだか寒そうにしていて食欲もない。
試しに体温を測ってみたら、・・・37.5℃。

実は夕べも測定していて、やはり37.5℃しかなく、その時は測り方がまずかったのだろうと思っていたけど、
やっぱり今日も2度測ってみても同じだった。
これ、低体温症というんじゃ。。。
38℃ないとまずいでしょう。

20170105chi2.jpg 
ちぃ、どういうこと?
「・・・・さぁ」


・・・FIPで低体温症なんて症状、さらに聞いたことないし、
ということは―本当にいよいよ・・・脳の機能不全 という疑いが濃くなってきた。
2か月前にどうしても下がらない高熱に悩まされていたのに、今度は低体温。
本当にますますもってわけがわからない。
脳疾患となると、免疫力も何もあったもんじゃないでしょ。

というわけで、また千夜が怪しいので結局動物園は諦め・・・

20170105lu1.jpg 
ルカちゃんはおばあちゃんにコチョコチョされて、きゃあ~と女の子みたいな声を上げ・・・



で・・・吐き戻すのは大方食べすぎと予想がついているのでそれはともかく、
食べすぎとは別に、むせるような咳をして吐いてしまうことがある、まいこ~。
こちらの咳の方が問題だと感じて、できれば今度オープンする病院で診てもらいたかったんだけど、
(8㎏のまいこ~の通院には決定的に好都合!)
オープンまでのんきに待っているわけにもいかないと観念して、今日にもセカンドの病院に連れて行くつもりだった。


20170105mj1.jpg 
見るからに☆△○で、壮健この上なし、な感じなんですけどね。
このお腹を見ると、顔をうずめたくなるあてくし・・・・


20170105mj2.jpg 
大事に甘やかして育てたバカ息子ほどかわいい、というのもまた事実で。



が。

なぜか夕べからピタリと咳が止まってしまったのよ。

私が家にいるときでも3回くらいは目にしていた咳き込みだったのに、
もしや心配してまいこ~にも飲ませていた千夜のサプリが効いたのか・・・
咳き込む様子を動画に撮ってお医者さんに見てもらうつもりでいたのに、それもできず。

今日もほんの短時間1回だけ咳き込んだけれど、それっきり。
とにかくなぜか急に咳がほとんど止まって、しかもなぜだか元気はつらつ。

というわけで、こちらもタイミングを逃し・・・


とにかく千夜はまた気を付けて様子を見なきゃならないし、
まいこ~はもしかしたらサプリがそろそろ効果を表してきたのならいいことだけど、
あるいは危機を感じたまいこ~の必死のダミー体裁で、一時的なものなのかもしれないし。


20170105mj3.jpg 
「あぶなきゃったじぇ・・・危うく病院に連行されるところだったんにゃ」
どっちにしても、新しい病院ができたら、即連れてって、診察券のナンバー1桁台目指すんだからね。


20170105chi1.jpg 
千夜には・・・毛糸のちゃんちゃんこでも着せようかな。
熱があっても、なさすぎても、とにかく温かくさせることくらいしか思い浮かばない。
「ママ、にゃにを考えちょるにょ・・・」



というわけで、
年始早々から予定通りにいかないことばかりだし、
千夜やほかの子たちの健康の心配ばかり。
でも、私だって、たまには友だちに会っておしゃべりしたり、
独りで好きな場所で好きに時間を使いたい。
私には休暇が必要。本当にそう感じているのに・・・

20170105lu2.jpg 
「まま~ん、いい子はりゅかたんだけだにぇ」
いいえ、ルカちゃんの目も新しい病院がオープンしたら、あらためて診てもらうんだから!


低体温につけるクスリってあるのかなぁ。
対症療法があるなら早めに対策を取らなきゃ。

「今度はこう来たか」という感じです。。。



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR