プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

つかのまの奇跡?

皆さんに大変ご心配をおかけしています。

・・・まだ何とも言えませんが・・・

ちぃ、平熱に戻りました!

FIP発症が誤診だったのか、ただの一時的な現象なのか、それはまだ本当になんとも。
けれど、もう主治医からもさじを投げられた翌日21日以降、
もうステロイド剤も解熱剤も投与していないのに、少しずつ活気が感じられるようになり、
おやつ的なものしか食べられないでいたのに、普通にゴハンも食べだし、
さらに翌日にはその食事量もいつもと同じ程度に徐々に戻り・・・


20161121chi1.jpg 
21日夜にはこんな感じで、額を触るとまだまだ高熱。
(毛が薄い目の上には、体調不良を示す湿疹が)
あまりにしんどそうだったので、この夜に投与したステロイド剤が最後でした。


20161122chi3.jpg 
あっ。千夜が立ち座りしてる!と驚いた22日夜。
お腹をべったりと床につけるか横寝の姿勢しかできなかったのに。


20161122chi1.jpg 
なんという爽快な表情!気分がいいことがはっきりとわかります。
この夜から少しずつ食べる量も増え、私の後をついて歩くように。


20161122mj1.jpg 
「おにょ?ねいちゃん、いっちゅも通りにゃん・・・」



熱もさほど高熱には感じられなくなり・・・(注文したペット用体温計がまだ届いていなかった)
それでも、ステロイド剤も投与していないのだから、またすぐにも高熱になるだろうと覚悟していたのに、
日ごとに元気になり、体にかけていたフリースをはねのけるようになり、
廊下を3匹で爆走するようになり、にゃごにゃごいつものように文句を言うようになり・・・
さっきも体温を計ったら38.6℃! 平熱!

10/29から約3週間以上も続いた40℃以上の高熱。
そして、やっと4週間たって平熱に下がったことを確認しました!

20161124chi1.jpg 
24日朝の千夜。このころから全身の毛羽立ちがさほど目立たなくなってきて・・・



何度も繰り返すように、やはりまだ何とも言えません。
できれば・・・FIP発症は誤診であってほしいとは思うものの、この状態がいつまで続くか、
仮にFIPでなかったとしても、それなら原因は何なのか、やはり脳疾患なのか、ますます不明。
抗生剤でもステロイドでも解熱剤でも下がらなかった熱が、
なぜ今になって何の薬剤もなしに下がったのかも不明。

今回は2つの病院で診察を受けて双方が真っ向から相反する診断。
・・・なので、どちらもあまりアテにはしない、参考程度にしておこうと思うことにしました。

数種類のサプリメントも手元に届いたので、
とにかく今後は大事に大事に、滋養をつけ、免疫力を高め、ストレスフリーの日常を遅らせることに専念します。
一時的な現象に過ぎないとしても、この状態を1日でも長く維持できるように。

ネコ腸コロナウイルスにはおそらく日本の猫の40%以上が感染しているらしく、
それをキャリアというなら猫エイズよりも倍以上で、感染を防ぐ ということに固執しても意味がないとのこと。
そのウイルス自体はさほど危険性がないので。
が、そのなかで突然変異のFIPを発症する1~5%というのは、
逆に猫エイズの病原体がいつかは発症する火種であることとは全く性質が異なるようです。
なので、感染自体はあまり気にはしていないものの・・・

仮にFIPでなかったとしても、3週間以上も高熱が続いて、逆によく発症のきっかけにならなかったものだと思うし、
長期にわたる高熱の後遺症がないか心配。


20161126chi2.jpg 
元気を通り越して、いつもの不遜な眼差しに戻った。
ずっと「ちぃ様」待遇だったので、もうわがままで強引で(笑)
「それ、ほめ言葉にゃんでしょ?」


20161126mj2.jpg 
「およ・・・ねいにゃんの目に、鋭さが戻ったにゃ・・・ぞくっ」


20161126chi1.jpg 
弱っているときはあんなにすがりつくようにしていたのに、
今はあれこれ世話をやこうとすると  「ママ、うじゃい」
・・・と、つれない態度をとられることに大喜びする母と私・・・はぁ・・・



明日も明後日も、来週も来月も来年も、どうかこの子が元気でいてくれますように。
いつもいつも祈り怖れながらの毎日。
これほど大事に愛しく思って、いつもいつも一緒にいた千夜が、
思いがけない形でこんなに早くいなくなってしまうのか―と感じた時の、
体が瓦解するような哀しみ―やっぱりそれはもう少し先にしてほしい・・・


20161122chi2.jpg 
ちぃちゃん、人間ができることは全部してあげるよ。
だから、あとはアンタの気力次第。
気力で熱を出すな!「あいにゃっ!」


20161126mj1.jpg 
「おかにゃん・・・体育会系きゃ・・・」



引き続き、みなさんからも千夜に念を送ってあげてください。
どうかよろしくお願いいたします。
(どなたか、千夜と似たような症状で思い当たることがある・・・ということがあれば
ぜひ教えてください)



診断結果 だけれど・・・

今日、FIP抗体価検査の結果が出た。
検査値は800倍で、ネコ腸コロナウイルスに感染していることは間違いなく、
といってFIP発症状態の数値としては低く―ではあるものの、
主治医の経験から「長期の発熱状態が続いていることから、ドライタイプのFIP」と診断された。


20161120chi2.jpg 
病院から帰ってきて、「ったくもぉ」と寝転がる千夜。
緊張した割には、今日は何の注射もなかったね。



この数日、ほとんど私の方が死にそうになるほどつらい思いで過ごしていたけれど、
いろいろ自分なりに調べたりしてみて、、、
今後どうしたらいいのか気持ちは定まっていた。
(腹をくくっていたので、抗体価はもっと何万倍 という数値になるかと思っていた)

主治医は「今後はさらに高熱になる、他の症状が出てきたなどの時にステロイドを使うことにして、
普通に食べて過ごせていられる現状を維持できることを最優先に」ということで
もはや積極的な薬剤投与もすべきではない、という意見。

それは私もそう感じているので、ストレスを感じさせる通院もできるだけなくして、
今はとにかく食欲を維持させて体重減少を食い止め、
他の感染症などにかからないように気を付け、
とにかく甘やかし、愛を注ぎまくること、自分は特別だ、と感じさせること―と思っている。


20161120chi1.jpg 
「ちぃ、今夜もママと二人っきりでネンネにゃ」
ここ数日、夜は千夜とだけで寝るようにしています。
自分だけ特別、と感じてもらうように。


20161120lu1.jpg 
「にゃ、にゃんだお、りゅかたんだってままんと寝たいのににぇ・・・」
まいこ~とルカちゃんもかわいそうなので、今日の昼寝の時はルカちゃんとまいこ~だけと寝て・・・と、
飼い主もやりくりが大変。


20161120mj1.jpg 
「おりぇにゃんか、ドアをギシギシ引っ張ってにゃ」
 ↑ こいつが「俺も入れろ」と大泣き大暴れするのよねぇ・・・



ただ・・・
いろいろ調べる中で、感染が問題なのではなく、感染したウイルスが突然変異を稀に起こして発症する、という
人間のSARSによく似たプロセスの病らしく、FIPのドライタイプは特に診断判定が非常に困難で、
抗体価もころころ変わるのでその数値に一喜一憂できるものでもないらしいし、
第一、感染・発症のメカニズムもはっきりと解明されていない病気なので、
今の段階で「100%アウト」と諦めるのも早計だと思っている。
飼い主の諦めきれない期待がそう思わせるだけかもしれないけれど。


20161117chi4.jpg 
まだちっともやつれた感がない千夜。
衰弱しないよう、頑張って食べようね。



いずれにしても、発症のポイントは免疫力の低下らしいので、
今年に入ってから風邪をひいたり、その後神経症状でずっとステロイド剤を断続的に使用していたことも
免疫力を落とす要因になっていたかもしれないと思うので、
免疫力を高めるサプリなども試していきたいと考えている。

何かなんだかわからず、という状態から、
超えるべき壁が見つかって、今これから私と千夜とで這い登る、という感じ。


・・・病院から千夜を入れたキャリーを抱えて帰る道すがら、
もうこれまで何度、うさぎたちの死を宣告されて泣きながら帰ったことか、
でも今は猫だけだから、それはきっともっと先のこと、と思っていたのになぁ、と思うと、
なんだか無力感でいっぱいになった・・・


20161117chi1.jpg 
ちぃ、ママと一緒によぼよぼのおばあさんになる、という約束があるでしょ。



※何かサプリメントなどの情報があれば、ぜひ教えてください。





新たな可能性

千夜が原因不明の高熱を出して2週間以上になりました。
今日もまだ40.4℃もあった。
体重も発症時から300g減っていた。

変えた病院の獣医師が「原因不明、脳疾患ではないか」と、打つ手がない という言い方しかしなくなったので、
またいつものかかりつけの病院に戻りました。
この際トンデモ飼い主でも何でもいい、千夜を治すためなら。

で・・・今日は新たな―可能性の高い疾患名を告げられ、
その確認のための血液検査を依頼してきた。

猫感染性腹膜炎 FIP です。

この病気自体さほど強い感染力はなく、
仮にもともとキャリアだったとしても発症さえしなければ何ということもないけれど、
ひとたび発症すると   絶望的らしいですね。。。
発症率1~5% という、よく聞く割には実際にはかなり稀 らしいのだけど。


などと今から落ち込んでいても仕方ない。
血液検査の結果を待つしかありません。

心臓がいくつあっても足りないなぁ・・・


20161115chi1.jpg 
通院から帰ってきて、緊張が解けて横になる千夜。
今のところ、本当に発熱以外の症状はないんだけどね・・・


20161115chi2.jpg 
40℃以上の熱でもここ数日は比較的元気に過ごしています。
食欲もいつも通りだし、足元に絡まって歩き回るし。


20161115all1.jpg 
こんなに無防備に3匹一緒に過ごさせるのも見直した方がいいことになるのかも。


20161115c_m1.jpg 
寝ている千夜の頭すれすれにまいこ~が腰を下ろすもんだから(笑)


20161115mj1.jpg 
「にゃに?にゃんかおケツがあったかくていいけど」


20161115lu1.jpg 
「ままん、ちぃにゃんはだいじょびだお。
まいきょちゃんのくっちゃいオケツに敷かれても平気にゃんだも」
ままんもそう信じているよ。。。



ぎりぎりの抑え込み

皆さんに大変ご心配をおかけしています。
たくさんの励まし、本当にありがとう。とても力づけられています。

千夜が高熱を出してすでに10日以上。

あれから投薬のステロイド剤を強めのものに変えて、
3日間ぎりぎり40℃前半に抑えていた。
千夜も発熱状態自体に慣れてしまったのか、これくらいに抑えられると
食欲も活気もほぼ問題ないくらいに復活できるのだけど・・・

が、効いているのは半日程度。
ぐったりと寝込むほど高熱になる頃(おそらく42℃近く)に帰宅した私が真っ先に薬を飲ませ、
なんとか40℃くらいにまで下げて元気になり、
また朝に飲ませて―の繰り返しでこの3日間程度を過ごしていたものの・・・


20161106chi1.jpg 
6日夜。ステロイド投与後に元気になった千夜。
見るからにラクになった、という表情に変わります。


20161109chi1.jpg 
それでも完全に平熱にまで下げることができないためか、
いつもこんな風に体中毛羽立っている。


結構強めのステロイドでもしゃっきりと平熱に下げることができないまま、という状態である以上
ステロイドも決定打とは言えない、ということになり、
今日からはいったんステロイドをやめて、強力な解熱剤に切り替えた。
ステロイド以上に副作用が心配な薬剤ということなので、かえって心配なのだけど・・・
それでも今のところ、千夜の高熱は何とか抑えられている様子。
お目々もぱっちりで、うなうないつものおしゃべりも盛ん。
(熱でしんどくなると、どんなに呼んでも絶対に声を出さなくなる)


20161109chi2.jpg 
「ママ、ちぃ、にゃんかおやつがほちいにゃ」
いつもいつもこの明るい表情を維持してあげたい・・・



・・・とにかく、原因が不明。
獣医師は、やはり脳疾患とほぼ確信しているよう。
なにせ、検査では何の問題も見つからないのだから・・・
だから、結局は対症療法という消極的な対応法しか打つ手がなく―
それでも原因が不明であってもとにかくまずは熱を下げないことには、
今後二次的に合併症なども起こしかねないし。

今年に入ってからの神経症状につながるものとしても、
あの時はほぼ1回のステロイド注射で症状を封じ込めることができたから、
今回も同じようにできないものか、と期待していたけれど、前回ほど簡単にはいかないようだ。

なんとかだましだましでも、少しずつでも平熱に戻して維持できる方法を見出さないことには―

まだしばらく千夜と私の共闘は続きます。


20161105chi5.jpg 
勝気で、いつもママのそばにいて、文句ばかりうなうな言ってる千夜が一番好きだよ。
ママが絶対にちぃちゃんを治すからね。一緒に頑張ろう。


1週間が過ぎる

千夜が高熱を出してから1週間が経過しました。

感染症が原因ではないとして3日前から即効性のあるステロイドを注射して、
翌日と翌々日には39℃台半ばまで下がったものの、
昨日は1日内服のステロイドだけで様子を見ていたら、
恐れていた通り、やはり昨夜からまた高熱がぶり返し、
今日は1日まったく動かず、何も食べず、ただ横たわるだけの状態。

20161105chi2.jpg 
一時的に少し熱が下がった後のリバウンドなので、余計に体がしんどいのではないか、と
病院では言われたけれど・・・

 


内服薬のステロイドは注射よりも弱めと言っていたので、結果的に抑えきれなかった様子。
それでまた先ほど通院して注射してもらってきた。
結局先週の土曜日から、通院しなかったのは昨日1日だけ。


本当に原因がわからない―と、
病院の獣医師もため息状態。
血液検査の結果では感染症や腫瘍などを疑う要素は何もなく、
内臓疾患を予想される数値も何もなく、白血球もまったく正常値で、
少なくとも首から下は、この春に脳疾患の疑いで受信したとき以上に健康体。


20161105chi3.jpg 
病院から帰ってきて。
こうして日に何度も額に手をやって熱を測るのが習慣になり、
千夜は撫でられてるつもりで少し穏やかな表情になる。



まさか、と思っていたけど、やっぱりまた千夜の脳の問題なのか―
なら、なおのこと、根治できないにしても高熱を下げる術を見つけないことには。

今日の注射でまたぶり返すようなら、さらに強いステロイド投与を試す予定。


20161105chi4.jpg 
今はこの程度に目を開けるのがやっと。
注射が効いて、きっと今晩は楽に眠れるよ。
ちぃ、ママの大事な大事な大事なプリンセス。
絶対にママが治してあげるから、ちぃも踏ん張って・・・!


20161105mj1.jpg 
「おりぇもずっとおかにゃんと寝てにゃいんだ・・・」
まいこ~ももうしばらく我慢してね。



原因不明

千夜の高熱、5日目(気が付き、診療を開始してから)。

10/29から3日間、まずは高熱を下げることが優先、と検査なしに抗生剤の注射で通院を続けていたものの、
毎日41℃台から少しも下がらず。
感染症を疑っての抗生剤注射を続けていても何の効果もないため、
このまま高熱状態が続くのだけは何としても改善しなけりゃと、
昨日は別の病院に変えて血液検査に踏み切った。

もし万が一、悪性の感染症だった場合、千夜だけでなくまいこ~やルカちゃんも危険にさらされているということだし、
とにかく多少の身体的負担は我慢してもらってでも、原因を特定できないと熱を下げられない、と思って。

・・・が、血液検査結果は意外にも、特に何の問題も発見されなかった。
肝臓や腎臓、心臓系の数値も感染症に関係する数値も一切・・・
つまり、またもや「原因不明」。
ただ、わずかに炎症を思わせる数値が基準より高かったため、
今日からは抗生剤だけでなく即効性のあるステロイドを投与。
今はその効果を確認しているところです。


20161101chi1.jpg 
夕べの千夜。一時的に解熱剤で熱は下がるものの、5,6時間程度でまた41℃以上に。
ほとんど目も開けない状態に。



血液検査で心配していた感染症ではない、と確認できたのはよかったものの、
では、原因はいったい何なのか。
炎症かもしれない、とは言っても、どこか痛がるそぶりも触っていやがることも全くないし、
それでこんなに高熱の状態が続くものなのか、これまた疑わしい。
こんなに続いては、それこそ脳炎など二次的ダメージが一番怖い。
(・・・ここでまた頭をもたげてきたのが、千夜の原因不明の神経症状。
頭部MRIで異常はないと確認されたものの、器質的に問題がないことを確認できるだけで
機能的に問題がないかまでは確認できないので、もしかしたら体温調節機能に問題があるのでは・・・という
「可能性」も浮上してきた。)


昨日までは高熱が続きながらもいつもの半分程度はちょろちょろ食べていたのに、
今はほとんど何も口にせず。
ぐったり横になっているだけ。


20161102chi1.jpg 
ホットカーペットで温かくしています。
もうずっとちぃのぱっちりお目々を見ていない・・・



今のところ、昨日よりは少し熱が下がっているようにも感じられるけれど、
相変わらず何も口にしないし(栄養剤も投与してもらっているけれど)、ぐったり横になっているだけ。
私もずっとほとんど寝ていない毎日。
ルカちゃんもまいこ~もほとんどかまってあげられず、かわいそう。


20161102c_l1.jpg 
感染症の不安はなくなったので、今はルカちゃんも千夜のそばに。



20161102mj1.jpg 
「ちぃちゃんよ・・・病院くちゃいから、おりぇ、いやにゃんだ」
まいこ~はちぃが病院から帰るたび、しばらくシャーシャーしちゃう。



本当にルカちゃんにもまいこ~にもかわいそうな状態が続いいるけれど、
とにかく、なんとか千夜の高熱を下げなけりゃ。
本当に・・・この高熱の原因はいったい何なのか・・・!
いつになったら打開できるんだろう・・・


20161101m_l1.jpg 
それでも千夜を寝せていた場所が気になるらしく・・・
自分たちもおんなじように寝てみたい2匹(笑)






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR