プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

とりあえず、ひとまず、よかった

たくさんの方々から千夜と私へ励まし、心配、そして有益な情報などたくさんいただいて感謝しています。

今日まではいつもの元気も食欲も戻っていた千夜。
今日、午前中に病院に送り届け、
そして夜に、頭部のMRI・CTスキャン検査を終えた千夜を迎えに行きました。
病院の帰りは猫友のまぁささんがわざわざ車で送ってくれました。
麻酔から覚めたばかりの千夜と2往復する私を気遣ってくれて。
まぁささん、ありがとうございました。
本当に助かりました。

病院では院長先生が千夜の頭部の画像を見せながら詳しく解説してれた。

結論的には・・・どこにも異常は発見されなかった。
頭の中もきれいで、腫瘍や、また血管障害もなく、どこかが腫れているとか萎縮しているとかも一切なく—
つまり「原因不明」です。
脱力性発作が伴う、突発性のナニか。
ただ、先日かかりつけの病院で射ってもらったステロイドの注射がよく効いたことから、
今日の検査で確認されたわけではないけれど「ステロイド反応性脳脊髄炎」の可能性も、もしかしたら。
また、猫には原因がどうしても見つからない神経症状が報告されることは珍しくないのだとか。

しばらくステロイド剤の投与で様子を見て、
このまま落ち着くようなら、あとはかかりつけの病院と連携して治療方針を決めていってくれるとのこと。

・・・結局疾患は特定できなかったけれど、内心手に負えないような腫瘍でもあるのでは、
と覚悟していた私には、ひとまず「よかった」です。
少なくとも今すぐに命に関わる状態ではない、と思ってもいいということだもの。

私も気が抜けて、ちょっと脱力。

原因が特定できていない以上、今後どんな展開になるのかいまだ不透明ではあるけれど、
今回は超セレブなネコドッグを行ったと思うことにしました。


20160425chi2.jpg 
帰宅後、麻酔の影響でまだけだるげにしてる千夜ですが・・・・


20160425chi1.jpg 
夕べからの絶食から解放されて、しっかりゴハンも食べました。
強いぞ、ちぃ。



とにかく、まずはよかった。
そして今後は、私も落ち着いて千夜の病状を観察し付き合っていこうと思います。

本当にご心配いただいてありがとうございました。
千夜は大丈夫です。

20160420mj1.jpg 
まいこ~もルカちゃんも元気でいてね。
ほんと、ただそれだけでいいんだから・・・


20160424chi1.jpg 
「もう大丈夫にゃ」
・・・ほんとかなぁ。





続きを読む

美しくも哀しいレントゲン写真

20160421mj1.jpg 
「おかにゃん・・・今日は体に5.4kgの重りをつけて市内中を疾走したんだにゃ・・・」
5.4kgの重り・・・じゃなくて、それは千夜なの。



熊本地震の支援もおぼつかないなか、自分のことばかりでていっぱいになっている現実。
ほんとにつくづく情けない・・・とは思うものの、
でも、これまた避けては通れない闘いだ、と今日改めて自分に言い聞かせた。

しばらく見ていなかった千夜の神経症状。
半ば忘れていたところへ・・・昨夜気がついたら、まっすぐに歩けず、
お尻から落ちるようにへたりこんでしまう状態に。

これまではそれが5分から10分程度で回復していたのに、
ついに一晩中そのまま。ぐったり横になるだけ。
もちろん一切食べることもなくなってしまった。
朝まで寝ずに様子を見ていたけれど少しも回復せず、
今日朝かかりつけの病院が診察開始時間前にもかかわらず「すぐ来て」と診てくれた。

血液検査、エコーで心臓や腹部を診てもらうも結局一切の異常は確認できず、
「昨夜から続いているのではもう一過性の発作とは言えない。
やはり脳疾患の疑いが濃厚」ということになった。

最悪、脳外科手術となると・・・タケルの時のように隣町の大学付属病院しかないのか、と思ったら、
一般の動物病院で、札幌市内で唯一小動物の脳外科手術ができる病院を紹介してもらえることになった。

が、そこは手稲区。
私の住んでいる街も札幌の端の嘴だけど、
そこもまた対岸の端の端。
公共の交通機関を使えば2時間くらいかかる・・・

でも、そうも言ってられない、と帰宅後数時間でまた千夜を抱えて
途中までタクシー、それから地下鉄を乗り継ぎ、そしてまたタクシーでようやくたどり着いて診察してもらった。


20160421hos1.jpg 
その病院のカウンターにあった、猫の彫り物。
いい味でてるぅ・・・


20160421hos2.jpg 
そのとなりにも。
きっと猫好きな人が掘ったんだね・・・



念のため、とレントゲンを撮った。

これまで猫の全身のレントゲン写真は負傷猫のタケルのものしか見たことがなかったので、
あまりに美しい骨格に息を呑んだ。

本当にきれいだった。
先生も「すべて問題なし。内蔵も脊椎も完璧」と言うほど。
それだけに、やはり神経症状の原因は脳にある、とますます確信的になった、ということで・・・

あまりに美しいレントゲン写真を前に、かえって哀しくなった。。。
こんなに美しくて健康的な体なのに、肝心の頭に問題があるなんて—涙が出そうになった。

で、今度の月曜日に脳のMRI、CTスキャンの検査となった。
費用は莫大。タケルの時で予測は付いている。
もし手術となったらさらに・・・だけど、千夜が健康に生きていける可能性があるのなら、
私は絶対にあきらめられない。
正直、タケルの医療費の片が付いてからにしてほしかった、という気持ちも湧いてくるけど、
いや、きっとこれはタケルが一段落するまで待っててくれた試練なんだと思うことにした。

朝、かかりつけの病院で射ってくれたステロイドの注射が効いたようで、
帰宅後はふらつきもさほど目立たなくなり、
午後から片道1時間半の道中も、2度の診察や検査も頑張って耐えた千夜は、
さっき少しだけ猫缶も口にしたので今日のところはなんとかなりそう。


20160421chi1.jpg 
帰宅後、すんなり立ち座りができるようになった千夜。
今日は1日中大冒険だったけど、よく頑張ったね・・・



炎龍が急死した時も、タケルのことで大変な時も、次から次へと預かりっ子を受け入れていた時も、
いつも私を労わり、理解し、力になってくれた、千夜は私の無二のパートナー。
きっと乗り越えられると、まずは私が信じることが大事だと思っている。


20160421c_m1.jpg 
「おかにゃん・・・ちぃねいにゃん、具合悪そうだぞ」
朝、病院に行く前。まいこ~もルカちゃんも、千夜をいたわります。



頑張るとき

熊本県を中心とした九州全域の地震被害に衝撃を受けています。
これほどの激しく集中的な群発地震は東日本大震災以来。
余震の激しさではこれまでにも類を見ないのではないか。

私ももともとは地震多発地域の出身なので、地震被害は何度か体験しているけれど、
とてもそんな体験とは比べようもない激震に次ぐ激震、そして甚大な被害。

こんな時こそペットはけっして足でまとい なのではなく、大きな心の支えとなる存在。
ようやく災害時にはペットを連れて避難することが当たり前と思われるようになったとはいえ、
避難生活が長引く見込みとなると、やはり今後のペットの保護環境の用意が至急課題となります。
また、既にペットを見失ってしまっていたり、飼い主とはぐれてしまったらしいペットの情報も増えてきています。

SNSに情報が寄せられているほか、下記サイトでそれらの情報がまとめられています。
http://dogcatfun.club/kumamoto-eartquake-lost-pet  「犬猫倶楽部」


また、多くの学校施設が避難所となっていますが、そこにうさぎは飼われていないだろうか。
どうか状況が許す限り、彼らの命にも目をかけてあげてほしい。
水がなくても、牧草系の雑草で命をつなぐことができる。

これまでの甚大な被害の中せっかく生きながらえた命、
これ以上1つも失ってはいけない—遠く離れた北の地ではあるけれど、
私にも何か出来ることがあれば喜んでお手伝いしたいと思っています。

こんな時こそ、こんな時くらい、みんな助け合って命を守り合いましょう。
やっぱり、頑張るときは頑張んなきゃダメ。
特に、被害を受けていない人間たちが率先して頑張るとき。

どうか悪天候になりませんように・・・


20160415chi1.jpg 
「ママ・・・にゃんとかしにゃちゃいよ」
緊急災害時動物救援本部に、学校施設で飼われているうさぎなどのことは相談しているけど・・・もどかしい。


20160415lu1.jpg 
「もち、ここでおにゃじことが起こったりゃ?」
ここも真下に活断層が走っているからね、ほんとにヒトゴトじゃないのよ。


20160407m_l1.jpg 
改めて、いよいよになったときこの子たちの命をどう守るかシミュレーションしました。



家庭内行き倒れ猫

いやぁ、もうダメかと思った。
今年の年度末の月末。凄まじかった。

なんだかまだ疲れが取れず、さらに新しいプロジェクトも始まる、で、
本当に私は自分ながら働きものだと思います(笑)
日本人の性(さが)というヤツなんでしょう。

猫たちは春のポカポカ日差しが気持ちいいらしく、
さらにさらに眠りこけている毎日ですが・・・

20160406c_m1.jpg 
「だって、にゃんこだもん」
「寝るきゃら、ネコにゃんだろ?」
・・・・こうして見ると、千夜とまいこ~の顔の大きさの違いが目立つ。



まぁ、寝るのは全然構わないんだけど、
最近まいこ~の寝方が。

寝相 もどうでもいいんだけど、
寝ているまいこ~に声をかけても最近はまったく反応なし。
以前は頭を上げなくてもしっぽで返事するくらいのことはしていたのに、
今はまったくピクリともせず。

20160406mj1.jpg 
まいこ~はいびきはかきません。
ただただひたすらスヤスヤと寝ているだけなんだけど・・・



すぐそばで呼んでも全く反応がないんでドキリとして、
思わず体を揺すってさらに呼んでも反応なし。ほんとにピクリともしない。


20160406mj3.jpg 
↑ こんなふうに横倒しになってて、なんの反応もないと、思わず死体かと思っちゃう。


20160406lu1.jpg 
「・・・え?死んでるんでちょ?」
こらこら、ルカちゃん。



あわてて抱き上げても頭グラグラ、体を叩いて名前を呼んで、やっと「・・・にゃんにゃ?」と薄目を開ける。
もしや、どこか具合が悪いのではと心配するんだけど、
そのうち、いつもどおりにバタバタ走り回るので、やっぱり「ただ寝ていただけ」・・・

ちぃやルカちゃんなら、寝ていても近くに来て呼ばれて反応しないなんてことはありえないよ。


20160406chi1.jpg 
「ママ・・・ヤツは緊張感ゼロだっちゅうことにゃの」
あら、ちぃちゃん、厳しいご指摘。



本当に寝ているだけというなら別に文句はないけど、
でも・・・ここまでニンゲンを無視して眠りに没頭できるものかなぁ。

ほんとに毎回ドキッとします。
ほんとに行き倒れの猫のようです。
・・・の割には太ってるけど。


20160406mj2.jpg 
「・・・おりぇに、にゃんか用か?」
あ、生きてた。


20160406chi2.jpg 
「今日は1日ママに付き合って、ちぃも眠いにゃ・・・」
ママに付き合って一緒に昼寝したくせに・・・



※行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR