プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

共寝 という苦行

残雪は日陰に少し見える程度になりました。
春は来たけれど・・・年度末の月末、世紀末的・・・

つうわけで、ただでさえ睡眠時間が5、6時間程度の毎日だというのに、
それでも、どうしても拒否できないのが、猫たちとの共寝。
夜中じゅうくっつかれ、布団をめくれだの、開けろだの、人の体の上に乗っかったりと
正直煩わしく感じることも多いのだけど、
飼い主とべったりくっついてられるのもこんな時しかないのだから、と
これまで一夜として猫なしで寝たことはないアテクシ。

いや・・・これまでも常にうさぎとも一緒に寝ていたので、
私自身が動物なしでは寝られない体質にもなっているんだけど。

20160130mj1_201603292053098ad.jpg 
私のおネマをしゃぶりながらフミフミする、まいこ~。
もちろん布団でもこれを毎晩やるし・・・



これまでは一緒に寝るときは、ちぃは布団の中に入って私のお腹の横あたりにぐーっと体を伸ばし、
ルカちゃんは布団の上で背中にぴったりくっつき、まいこ~は頭の横、と、
それぞれの定位置があったのだけど、最近ときたら・・・


20160329lu2.jpg 
「ちょ、ちょっと変わってきたんだよにぇ」
布団を敷き出すとまっさきに寝転がるルカちゃん。。。



なぜか、私の頭の右側にちぃ、左側にルカちゃんが、しっかり頭を揃えて寝るようになり・・・
なーんか・・・これって・・・なーんか照れくさいというか、違和感があって。
だって、どっちを向いてもちぃとルカちゃんの顔が目前なんだよ。
2匹ともぎゅうにぎゅうに枕に頭を乗せて、当然みたいな顔して。

なんなんだろう。
飼い主と頭を揃えることになにか意義でもあるのか。
なんというか、もっと体側に下がって寝るのが猫らしいというものじゃない?

20160329lu1.jpg 
布団をしまいたくても、いつまでもいつまでもゴロゴロしてるし・・・
ルカちゃんは最後の最後まで布団にしがみつく。


20160329chi1.jpg 
「一緒にたたんでしまいこんちゃえば?」
ちぃは赤ちゃんの頃から布団の中で寝るのがあたりまえになってるし。




あ、まいこ~だけは仕方なく、憮然とした表情で私の足元で寝てます。
猫らしい寝方。


20160329mj1.jpg 
「・・・ったく。ま、おりぇは日中ぐりゃんまの腕枕で昼寝してるけどにゃ」



20160329lu3.jpg 
↑ こういう猫とひとつ布団で寝る、という苦行。
飼い主もそれなりにケナゲな方だと思います。。。




真冬の夜、
電気アンカでホカホカの猫ベッドの方が絶対に暖かいと思うのに、
それでも絶対に全員私の布団にわらわらくっついてきて寝るのは・・・
こんなんだから、なんだか裏切れないなぁ、と毎度思わせられるのです・・・


20160326lu1.jpg 
せめて・・・と、今日は一生懸命ルカちゃんをブラッシングして、
ルカちゃんがもう1個できるくらいの毛を梳いた。
え?なんにも変化ない?・・・ほんとにね・・・


20160329chi2.jpg 
ちぃも日中は母にべったりらしいのだけど、
一緒に寝るのは私だけ、と決めているみたい。
・・・・・・今のところはね。




※行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん

季節の変わり目

やっと雪が溶けて地面が見えてきたと思ったら、
昨日今日はまた雪景色。
・・てな具合に毎年の春はこうしてやってくるのですが。


20160318cho1.jpg 
↑ 先日ホワイト・デーにプレゼントをたくさんもらった。
スタバのドリップコーヒーとかクッキーとかも。
日頃の小さな感謝の気持ちで私が贈ったバレンタインのチョコレートのすべて4~5倍返し。
・・・しめしめ。。。


20160320mj1.jpg 
もう春なので、と捨てようと思って出しておいたダウンのコートにすっぽり入って寝るまいこ~。
こんなことされると、捨てにくくなっちゃうんだよなぁ。


20160320mj2.jpg 
こんなんだったら、真冬に使わせてあげてたらよかった・・・


20160320mj3.jpg 
「ママ・・・そういうところが甘味過多飼い主と言われる所以にゃんよ・・・」
などと、自分以外のことには厳しい、スマートになった千夜。


年末頃から千夜とまいこ~は体調が崩れ気味の傾向があったけれど、
特に千夜のこの間の発熱事件が収まって以降、2匹とも同時に落ち着きました。
季節の変わり目、特に温度差が激しい今季の影響だったのか。
狭い室内で密接にして暮らしている猫たち、
1匹の感染症が他の子にもあっというまに影響するということなのかな。


20160321lu3.jpg 
「りゅ、りゅかちゃんだけは独立独歩だお」
この子だけは・・・一切影響しないようで(笑)



と想定すると・・・
1匹の子の発症はすぐに全員に影響する、という前提でもっとシビアに捉えないとダメなのね。
真冬の寒さ管理も、過保護だからダメだったのか(猫ベッドは常に電気アンカ、室内常時20°以上)、
それとももっと手厚くすべきだったのか・・・あぁ、わかんにゃい。

千夜の神経症状は今のところ目立って変化は無いものの・・・
こればかりは季節の変わり目だったとかは無関係なようなので、
今後も気をつけて観察して、まずはデータを集積しなきゃいけないけれど・・・


20160320chi2.jpg 
「ちぃ、もう元気にゃもん」
・・・と見えていても「見かけだけ」ということもあると学んだ今回の体験。


20160320chi1.jpg 
ちぃは今回の発熱騒ぎで、すっかり自分がさらに特別な存在と確信したようで・・・
さらにワガママで強引に。  「だって、ちぃ、当然にゃんだもん」
まいこ~もルカちゃんもちょっと引き気味・・・
ま、当分仕方ないでしょ。


20160321mj1.jpg 
「いいんにゃ。今日はおかにゃんと二人っきりで昼寝したしにゃ」
暑くなったのか、今度はダウンの外で寝る・・・鬼瓦の面相の寝顔。



このまま全員の体調が落ち着いていてくれるといいな。
早く牧草が生えて、みんなに美味しい草を食べさせてあげられるようになるのも、あと1ヶ月。。。


20160321lu1.jpg 
「そ、そりぇまではこれでガマンすりゅお」
観葉植物がエライ迷惑。
市販の猫草はどうしても好きになれない、うちの子たち。




※行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん

離れ離れにならずに・・・

千夜の投薬は昨日の夜でストップ。
モリモリ元気になって、しかも大事にされまくった体験がよほど心地よかったのか、
態度もさらにアマアマ女王様になっちゃったので、まぁ、大丈夫でしょう。
投薬終了は少し早いけれど、いったん様子を見てみようと思っています。


20160316chi2.jpg 
「ちぃ、ママのいっとう大事な子にゃんだって」
・・・本当はいっとうもにとうもないです。Lin家はいつも3頭だもん・・・
でも、こうして言って聞かせてあげることが確実に励みになるんです。


20160316mj1.jpg 
「おりぇも世界一のドラ息子とほめられてるにゃ」
・・・うん、ほめてるね・・・・



でも、今回は一過性の発熱と胃炎で治まったけれど、
例の脳疾患の疑いがある発作は今日もありました。

本猫は体の自由が利かなくなることを不思議がる程度の反応でパニックになるわけでもないし、
まったく痛みを伴うものではないようだし、
にゃっとも鳴かないし、静かに始まって、5分程度で静かに過ぎ去るので、
これは—人間が気がついていないだけで、案外もっと頻繁に発生しているのではないかとも思う。

こちらはこれからが大変そう。


20160316chi1.jpg 
ちぃは体調不良のせいで200g減。とてもスマートになりました。
このままこの程度を維持したほうがいいのかな。
でも、多少ポッチャリしていたおかげで、消耗性疾患でもこの程度で収まったんだし・・・
う~む。。。


20160316mj2.jpg 
「お、おりゃにゃんか、また太ったんじゃにゃいきゃって、おかにゃんが感激してたぞ」
感激したんじゃなくて、戦慄した、の間違いです。



今回のことで、改めて飼い主のいない猫の境遇への思いが強まりました。

今回の千夜のような一過性の発病はよくあることだと思う。
けれど・・・そのよくある風邪のような病気でも、
千夜のような診療を受けられる機会もなく、
ひと匙の薬すら口にすることもなく、冷たい風にさらされ、空腹のままだったら—
きっと千夜だって死んでいただろう。

野良猫の平均寿命は2~3歳だという。
家庭の中の猫が10歳以上生きるのが当たり前なのと比較するだけでも、
野良猫がどれほど過酷で悲惨な生き様なのかがうかがわれる。

そう、けっして死ぬほどの病気でもなくても、
ちょっとした風邪程度の疾病でも、彼らは何の手当もないために死んでいく。

猫は野生動物ではなく、人間の生活圏の中で人間に寄り添ってでなければ生を繋げない生きもの。
そんな動物たちを守ってあげることもできないなんて、
それじゃ、せっかく人間に生まれてきた甲斐もないじゃないか・・・




さて、そんななか・・・またとても嬉しい幸せリポートをいただきました。

危うく家なき猫になりかねない境遇で生まれた、うーぴとクール。
2013年5月に、猫たまごさんから多頭飼育崩壊の環境から救い出され、
Lin家で預かって代理募集でご縁をいただいた子たち。


u_c1.jpg 
ウーピ(向かって左)とクール(右)。
ともに男の子ですが、なんて仲のいい・・・お互いが大切でたまらない、といった感じ。



同じ多頭飼育崩壊の環境からレスキューされたとは言え、兄弟猫というわけではないらしいのだけど、
たまたまLin家で預かるとき2匹ペアでやってきて、
その時から、おとなしいクールは社交的なうーぴを頼りにしてくっついていました。

当初、里親となるKさんはうーぴだけを希望していたのですが、
うーぴに頼るクールのことを聞いたKさんのご主人が、
「クールがかわいそうだから」と、急遽、うーぴとクール一緒に迎えてくれることに決まったのです。


cool1.jpg 
甘えっ子のクール。よかったね。うーぴと離れ離れにならなかったのは、
おまえたちのパパとママの優しさのおかげなんだよ。



たしか、Lin家に2匹が滞在していたのはほんの数日。

でも、この2匹のことはとても印象が深いんです。

茶トラのうーぴの、変な音階の鳴き声(笑)、ピカチュウの尻尾、
そして彼はとても表現力が豊かでかわいい子でした。
当時きっちゅという名の預かりっ子もいたのだけど、
その子が大人しいクールにウガウガすると、
うーぴが走ってきて「なーん」と鳴いて間に入り、上手にきっちゅを制止し、クールを守ってくれていました。
本当にうーぴはかわいいだけでなく、心優しく、また状況をよく理解する頭のいい子だと感心していました。


u_c2.jpg 
今もクールはうーぴに甘えっぱなしなんだとか。
いやいや、2匹そろって超甘えっ子。



今もうーぴはとても表現力豊かで、鳴き方や表情、仕草で、しっかり意思を伝えています。
Kさん御夫婦は、「うーぴはヒトだね」って話しているんだって(笑)


u_c3.jpg 
うーぴとクールはうちに来て初めてペアになったのに、それもまた運命的に相性が良かったんだね。
本当におまえたちは世界一幸せな猫だね・・・




毎回預かりっ子を送り出す時、
「私があともう1人か2人いたら、全部の子を引き取りたい」といつも思うけど、
特にうーぴとクールには強くそういう思いを持ったこと、
けれど心細そうだったクールも一緒に、と言ってくれたKさんに、
何の迷いもなく喜んで送り出した当時のことを、改めて思い出しました・・・

Kさん、うーぴとクールを幸せに守って愛してくれてありがとうございます!



Lin家から送り出した子たちは、きっとどの子もどの子も幸せに暮らしているよね・・・
(それを最大の自慢にしたいアテクシ✩)




※行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん



快復しました!

みなさんに大変ご心配をおかけしました。

千夜はようやく昨夜から少しずつ食べるようになり、
今日にはほぼいつもと同じくらい食べられるようになりました。
まだけだるげにはしているものの、嘔吐もヨダレもなくなり、
おそらくほぼ平熱に回復したのではないかと思います。
私も上手に投薬もできるようになり、あとはこのまま確実に完治してくれるのを待つだけ。


20160313chi2.jpg 
顔つきもすっかり明るくなったでしょ。つらそうな表情がなくなりました。



やれやれ・・・

本当に大慌てしました。
冷静に考えると、午前中に打てる注射は全部していたのだから、
あのまま見守って静かにしていたほうがよかったのだろうけど、
私も猫の病気は初めてだったので、見守るべきか駆け込むべきかまったく判断できず。
きっと病院の先生も、「なんと大げさな飼い主」と呆れただろうな。
こういうことがあると、ますます千夜が大事でかわいくて愛しくて。
うさぎ以来の、「動物病院へ全力疾走」という得意技も健在でした。
内心「まだまだイケる」とも思いました(笑)

それでも、たまたま私のOFF日の2日間だったため会社を休まなくてよかったので、
この点は親孝行な千夜らしい配慮・・・かな?

20160313chi1.jpg 
「ご心配いただいて・・・ありがとにゃ」
ちぃはこの2日間でさらにあまえっこちゃんになっちゃったみたい。



・・・さて。

今日はこれから、すねてふてくされている大猫の対処だ。


20160313mj1.jpg 
まいこ~・・・ったく顔に似合わずガラスのハートなんだね・・・



ここ数日、私も母も「ちぃ様」に集中してかしずくような状態だったので、
まいこ~は完全にすねてしまいました。
呼びかけても振り向きもしません。
こちらも治療が必要です・・・


励ましのコメントやメールをありがとうございました!



千夜との怒涛の1日

千夜が病で臥せっています。

ここ数日心配している神経系疾患とは別に—いや、別に、なのか、
その神経系疾患の一端なのかもわからなかったけれど、
ここ2日ほど今ひとつ、いつもほどの元気がないと思っていたら・・・

昨夜、私が帰宅してすぐに吐き戻しがあり、
でも少し前に食べていたドライフードの内容だったし、
そのあとに出した猫缶もドライフードもいつものように完食していたので何も心配していなかった。

が・・・それから深夜2時半にまた吐き戻しがあり、その後4時半、6時半、7時半と断続的に嘔吐の繰り返し。
もちろんその頃には胃液しか吐くものはなくなっていて、
これは病院に連れていかなくちゃ、と用意をしていた9時頃、今度はかなりの出血を伴ってまた嘔吐。

が、行きつけの病院は金曜日は一般外来はなし。
仕方なく、すぐに診てくれるという初めての別の近所の病院に駆け込んだ。

41度近くの高熱になっていた。
おそらく感染症による高熱と胃炎だろうということで、まずは抗生剤とステロイドと
吐き気を抑える薬の注射と、そして点滴。

原因が特定できていないので血液検査もしてもらうことにして、
その結果は明日改めて—ということで帰宅。

帰宅後は注射が効いたらしく、嘔吐も収まり、しばらく私と一緒に昼寝して随分落ち着いているように見えた。


20160311chi1.jpg 
私のベッドでくつろぐ、帰宅後の千夜。
顔つきも穏やかになり、これで一安心、と思っていた。


・・・が。
夕方を過ぎてから、しきりにヨダレをポタポタこぼしては、苦しげに大泣きするようになった。
朝に病院に行く前は嘔吐を繰り返していてもそんなに大泣きするなんてなかったのに。

これは相当つらいんだ、と思って、大慌てで7時にまた千夜を連れて走って病院へ。


20160311chi2.jpg 
夕方頃からまた落ち着かなくなってきた。表情も険しく・・・


20160311chi3.jpg 
うろうろしては「あお~ん」とつらそうに泣き続け・・・


20160311chi4.jpg 
大量のヨダレが止まらない。 



病院では、明日朝に聞く予定でいた血液検査の結果も出ていて、
すべて問題なし というわけではないけれど、
今すぐ治療が必要というほどの内疾患を疑うようなものはなく、
結果的にはやはり現在の症状は何らかの一時的な感染症だろうということで、
今度は胃炎とよだれを抑える注射と脱水予防のための点滴。
熱も39.5℃で、朝より確実に下がっていた。


が、帰宅後も一切食べないし、しばらくしたらまた大量のヨダレと大泣き。

仕方なく、ずっと抱いてなでているうちに落ち着いてきて、
ついさっき、ようやく暖かい自分のベッドでこんこんと眠っている。


私も疲れた・・・
昨夜からほとんど寝ておらず、しかも今日は病院を2往復。
近所とは言っても片道1km近くはある。
怒涛の1日でした。千夜にとっても、私にとっても。

結局・・・もしかしたら神経系の疾患が関係しての発熱・嘔吐ではないか、
なにか重大な内臓疾患があるのでは、という疑いは血液検査の結果、無関係とわかった。
ということは・・・めまいのようにふらつき脱力して立てなくなる、という症状は
やはり脳疾患とはっきりしたということで・・・

千夜がその症状が出た時の動画を今日の病院の先生に見てもらったら、
これはてんかんとは違うという。
てんかんにもいろいろなタイプがあるらしいけれど、意識もはっきりしていて、
こんなに脱力する症状はてんかんとは思えないと。
てんかんの発作は筋肉をこわばらせるはずだから。(私もそう感じていた)
こちらの問題は今の病状がすっかり良くなってから、
いよいよMRI検査などで解明しなくてはならないみたい。


20160311lu1.jpg 
「今日は1日中バタバタしてりゅんだにぇ・・・」
ルカちゃんは千夜を心配しているのか、ストーカーのように付きまとっているし。



やっぱり、私はまだまだ猫に関しては初心者だな。
千夜の発熱を見抜けなかったもの。
うさぎだったら、顔を一目見るだけで確実に発熱を見破れていたのに。
まあ、これまでうちの子で発熱したなんて事件もこれが初めてだから経験不足も仕方ないか。

それに、うさぎと違って、やっぱり猫は頑丈なんだな、とも思った。
これほどの症状になるまで、食欲も変わりなかった。
でも・・・何か違う、ということには気づいていたのに、
結局その自分の勘を信じていなかったことが悔やまれる。

20160311chi5.jpg
疲れたのか、少しは楽になったのか、こんこんと眠る。
ごめんね、千夜。ママの大事なお嬢ちゃま。
ママ、もっとしっかりちぃを見てなきゃだめだね。。。



明日には元気になって、ごはんも食べてくれたらいいな。
つらそうな様子を見るのは、本当に胸が痛みます・・・


20160311mj1.jpg 
この子もさっき大量に吐き戻しました。
まあ、まいこ~の場合はガツガツ大量に食べるからですが・・・



やっぱり、おまえはラッキーな猫

20160305mj3.jpg 
「おかにゃん・・・そりぇは」
まいこ~、股割り特訓中でしょ。


20160305mj1.jpg 
「こりぇ・・・おりぇが病院に行くの?」
・・・頼んでもいないのに入るな。


20160305lu1.jpg 
「ぐ、ぐりゃんま。りゅ、りゅかちゃんじゃにゃいおね?」
最近ルカちゃんは母の手や体に、ではなく、母が持っているものにはスリスリするように(TVのリモコン)。


20160305chi1.jpg 
「行ったのは、ちぃにゃ」
そう、ちぃの通院でした。



千夜は1~2週間に1回程度、軽い神経性の発作が出るようになった。
もしかしたらもっと頻度はあるのかもしれないけれど、気が付く範囲内では。
やはり・・・てんかんが最も疑わしく。
昨日2週間ぶりに発作があったのでまた病院に連れていった。

てんかんは犬やウサギほど多くはないけれど、最近は猫でも珍しくなくなったのだとか。
猫のてんかんで危険なのは、非常に興奮度が高い激しい発作になると、
家中大激走大暴れになって、とても人間の手では制止もできず、大怪我を負わせることになるんだそうで。

そのため今は、本当にてんかんなのか(あるいは他の脳疾患なのか)、
頻度や症状の進行具合の確認待ち。
それがはっきりしてからの投薬開始となります。

20160305mj2.jpg 
待合室でドキドキしながら待つ千夜。 




よほど脳腫瘍などより、てんかんならてんかんでいい、と思っている。
できるだけケアしてあげることにしよう。
方法がないわけではないんだから。
誰のせいでもない、千夜が持って生まれた宿命で、そのうえで私のもとに託された命だもの。

ただ・・・診察台の上でも私を頼っておとなしくしがみつくこの子がいじらしくて。。。


20160305chi2.jpg  
帰宅したら、右目が赤く腫れちゃって。
キャリーの中でこすっちゃったらしい。
怖かったよね。


20160305mj4.jpg 
「ねぃにゃん・・・」
まいこ~も普段から気をつけてあげてね。



できれば、このまま軽い発作程度で治まってくれればいいけど。

今は発作を起こすと、抱き寄せる私にしがみつき、それで安心できているみたいなので、
できれば・・・発作は私がいるときだけだと、千夜が不安にならなくていいんだけどな。

・・・などと、都合のいい願いばかり頭に浮かぶ。

20160305chi3.jpg 
ちい。ママのお姫様。大丈夫。Linさんがママなんだもの、おまえはラッキーな猫に違いない・・・!




※行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR