プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

モンスターじゃなかった

20160228chi2.jpg 
「ママ・・・・にゃんにゃの、その冴えにゃいカオは」


月末で仕事が忙しいのに加え、ずっと胃の具合が良くなくてフツフツしてます。
平日の休みもないのですぐ病院にも行けないし。

とにかく、ストレス軽減に真剣に努めなきゃ、と今はそれが第一。
胃痛は、これ間違いなくストレスが原因だと自覚あるもの。


20160228mj1.jpg 
「おかにゃん。。。アンタくらいストレスにもブリザードにも強い人間はいにゃいと思ってたが」
と、自分でもタカをくくっていたら、、、おかにゃんもモンスターではなかったらしい。



千夜の症状のはっきりとした原因もわからず。
(これもストレス要素の1つ)
ただ、知る限り同じ症状は再発していないので、何らかの一過性のものだった・・・と思いたいけど。


20160228chi1.jpg 
「ママが大丈夫か、とか、やせたとか、いろいろうるちゃくって・・・」
だってちぃはママの大事な大事な娘だもん。



年明け早々にまいこ~が吐き戻したあと倒れこむという事件もあったし(これも原因不明)。
なんか今年は飼い主も猫たちも健康要注意の年になりそうな、いやーーーーーーな予感・・・

20160228mj3.jpg 
「にゃ、にゃけど、おりぇももうそんにゃ風にはにゃらにゃいぞ」
おまえは見掛け倒しだな~  と、実感した年始でした・・・



いやいや、長い人生(と、猫生)そんな時期があってむしろ当然。
大事なのは、必ず復活すること。と、いう意識を忘れないこと。
弱気になってはダメですね。


20160228mj2.jpg 
「それでこそ、おりぇのモンスターおかにゃんにゃっ」
。。。ほめたのかい・・・?


20160228lu1.jpg 
「ままん・・・くだりゃにゃいこと言ってにゃいで、早くマンマ」
見習うべきはルカちゃんだ!



※行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん



千夜の健康

この1週間、仕事は6連勤、自分は胃痛が断続的に続き・・・という状態の中、
千夜の体調までもが・・・

現在、通院して検査中、結果待ちです。
神経系と疑われる症状があって。

20160220chi1.jpg 
普段は特に心配な症状はないものの・・・


20160220mj2.jpg 
「おかにゃん。そんにゃに心配にゃんか・・・」
元気でいてさえくれたら—ただただそれだけでおかにゃんは満足です。


20160220chi3.jpg 
「ママがちぃ、ちぃと悲しげに呼ぶから、ちぃもいちいち返事してあげるんにゃ」
あんまりこちらの動揺が伝わっては不安にさせてしまうとわかっているのだけど、
かえって千夜が私を心配して「ママ、どうちたん?」と鳴き返す。


20160220lu1.jpg 
「あーぁ。りゅ、りゅかちゃんだけだにぇ。親孝行にゃのは」
案外一番頼りなさげでとろいルカちゃんが一番頑丈だったりして。



昔はいつもこうだったな。
うさぎと暮らしていた頃は、常に心配と不安が晴れることのない毎日で、
ペットと暮らすことが「癒し」だなんて、当時の私には到底信じられなかった。

が、しばらく猫とだけ暮らすうちに、
幸いうちの猫たちが元気だったこともあって、そんな感覚から寝遠ざかっていた。

もし千夜が重篤な病気とわかっても、
やっぱり私はいつもどおりで接してあげなきゃ。
・・・とは思うものの、、、、
たくさんのうさぎを見送ってきた中で、
私は死を看取ることにある意味慣れてきたはずだったのに、
2011年にうさぎの炎龍が急死した時から、感情がリバウンドしてしまった。

飼い主の最後の最大の務めは、ペットの死を見届けきちんと送り出すこと—
飼い主はペットより絶対に先に死んではいけないし、
きちんと見届けてあげなきゃ—

その気持ちに変わりはないけれど、怖れはずっとずっと倍増している。

それは私が年を取ってきて、
命に対する畏怖と畏敬の気持ちがさらに増してきたからなのか、
ただただ気持ちが弱くなってきたからなのか—

今はとにかく、千夜が健康であることを祈るばかり。
千夜とは老後二人で仲良くまったりと暮らす計画なんだから。


20160220mj1.jpg 
この子がいなくなったらどうしよう—どの子にもいつもいつも抱いてきた気持ち。
でもそのたび乗り越えてきたじゃないか。炎龍の死までは—


20160220c_l1.jpg 
「ままん、りゅかちゃんがいっちゅもちぃちゃんのそばにいるきゃら、大丈夫だお」
「ちぃは・・・うざいけど」


20160220chi2.jpg 
ちぃ。ママの自慢の美しい娘。高慢で強情で甘えっ子。
どんなにきかん気でもかまわないから、いつでもいつまでも元気でいてね。


20160220mj3.jpg 
まいこ~は今日私と一緒に水入らずで昼寝をして、そのせいで今はとても満ち足りた表情に。
甘えっ子には一番効きます。「特別待遇の添い寝」




※行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん

マザコン猫と、美しく成長した美猫

まだまだ猫についてはわからないことが多いと自覚はしているのだけど、
それでも、我が猫たちのことぐらいは私が一番理解している存在でありたいと思う。

でも・・・うちの進撃の巨猫たち、
母と同居するようになってから、これまで私が気付かなかった性質や個性を強く感じるようになった。

今、一番困っているのが、まいこ~の後追い泣き。

とにかく母が大好きで大好きで、今では私が家にいても常に母にべったり、
私に抱きついてくることもほとんどなくなり、いつも母にギューーーーとhug。
そして母が先に寝るために自室にこもってしまうと、
しばらくの間ドアの前で大泣き。
どんなになだめても、なだめる私の手を振りほどく。

・・・猫だもの・・・いつもそばにいて、甘えたい時に甘えられる存在が一番になるんだ、
そんなものなんだ、と私も今では、これまでの執拗なまいこ~のアマアマ攻撃から解放されて
一面ラクになったとも思っているのだけど・・・


20160213mj1.jpg 
今日は私のベッドの中に潜り込んで、2,3時間も1匹きりで寝てた。
母のベッドでひとりで寝ることはないらしい。




が、母の話では、
朝私が出勤したあと、やっぱり同じように玄関ドアの前で、
いつまでもいつまでも大泣きしているんだとか。

そして夜9時くらいになると、3匹の猫たちは常に顔の方向を玄関に向け、
少しでも物音がするとものすごい反応の仕方で、
この時間は落ち着いて母の膝に乗っていることもできなくなっているらしい。

そして、私がドアを開ける前から、気配を察して3匹大興奮で玄関に駆けつける。
それを母は「いじらしい」と言うのだけど、夜の猫缶ディナーが楽しみだけだからじゃないか、と
私は思っているのだけど・・・

が、休日、まいこ~はたとえ私にベッタリしていなくても、
母に言わせると「普段より全然落ち着いている。静かだ。ママがいるからだ」ということらしい。

けれど、また夜には寝室に入った母を恋しがって大泣き・・・

20160213mj2.jpg 
かわいいかわいいゴンゾウ。
おまえはどうしてそんなにニンゲンの愛を求めて求めて、まだ満足できないでいるの?
あまりに依存度が高いのも考えもの・・・



なんなんだろ~
ワンコでもここまで人恋しがるものだろうか。
目も開いていないときに拾って、人間の手で育てられて、そのせいで他のネコと交わるより
人間のそばの方が安心できるんだろうか。
でも幼少期は千夜がしっかり面倒を見てくれたし、同い年のルカちゃんと一緒に育っているのに。
母猫の記憶がほとんどないために、何かこの子の心には欠落しているものでもあるのか・・・


20160213lu3.jpg 
「要するに・・・マジャコンてやちゅ?」
ルカちゃんはこう見えて、一番猫らしい猫。一番のオトナかも。


20160213chi1.jpg 
「え?ちぃじゃにゃいの?」
・・・・・・・ちぃもちょっと・・・



一方、千夜は・・・母の膝には乗るけど、決して母の部屋に一人で入ることはしないし、
私が帰ってくると絶対に私のそばから離れないし、
私が行くところは必ず付いてきて離れない。
夜一緒に寝る時も、千夜だけは必ず布団の中に入って一緒に枕に頭を乗せて寝ている。
まいこ~やルカちゃんのように布団の上で背中や足元、なんてことは千夜には勘弁ならないことみたい。

母の言うことには平気で逆らったり聞こえないふりをしたりで、
まるで母を馬鹿にしてるような素振りもあるけど、私には絶対に従順。
どうも千夜の中では、母と私とを完全に区別しているようで、まるで忠実なワンコのよう。
ほんとに犬みたいな猫だ、といつも思う。


20160213chi2.jpg 
「ちぃだって、モノゴコロつくかつかないかでママに育てられてるんにゃもん」
千夜は私が帰ってくると必ず腹天の「嬉しい」アピール。
母の前では決してしないらしい。



ルカちゃんは、というと、
別に母に馴染んでいないわけではないけど、未だに絶対に自分から母の膝には乗らない。
母に撫でられても、どうもまだ緊張しているようで、完全に心を許しているようには見えない。
だから、たまたま私が母の部屋に入るときに一緒にについてくることはあっても、
1匹では頼んでも入らないだろうと思われ・・・
こちらもいまだ母と私とを完全に区別しているらしい。

でもルカちゃんはいつでも私にくっついているわけではなく、
自分の要求が満たされれば、たいていは一人でベッドで寝てたりちぃと一緒にいて、
私の中では、これが巷で聞く平均的な猫らしい猫だと思っている。
生後2ヶ月くらいまで母猫や兄弟猫と一緒だった、というのがルカちゃんとほかの猫との一番の違い。
そのせいなのかな。


20160213lu1.jpg 
しかし、私が布団を敷き出すと、一番はしゃぐのもルカちゃん。
ねぇルカちゃん・・・ままんはどこに寝れば・・・「やんだお。じえったい動かにゃいお」



みんな同じような境遇で生まれて、同じように育てて接してきたはずなのに、
もうこうなると、それぞれの個性、としか言えないのかな。。。
なんてことは、これまでたくさんのうさぎと暮らしてきて、
その都度感じていたこととまったく同じなんだけどね。


20160213hina1.jpg 
母が持ってきたうさぎの置物。
知人の手作りなのだとか。お雛様の代わりです。




さて!
で、よそ様のお猫様たちはどうなんだろう、と思っていたら・・・
また嬉しい幸せリポートを里親様からいただきました!


201602noel1.jpg 
ちょうど2年前の今頃Lin家から養子に出たNoelです。
現在は「のんちゃん」と呼ばれています。
たっはーーー子猫の頃から、この端正な顔立ちに惚れ惚れしていました。
やっぱり、私の「理想の猫の顔」です。


201602noel2.jpg 
手前が先住猫の蘭ちゃん。
今では蘭ちゃん以上に甘えっ子で、毎日元気に走り回っているんだって。
クローゼットや、チェストの引き出しを全部開けていたずらするらしく・・・
もしやうちにいる間にまいこ~が伝授したんじゃなかろうね?


201602noel3.jpg 
その後里親様はワンコの里親にもなって、今はわんことも同居。
きっとのんちゃんは犬には慣れないだろうと心配していたのに、
驚くほど仲良しになってきたとのこと。



一緒にいた兄弟のキャロルよりちょっと人見知りな印象があったのんちゃんですが、
里親様の愛情と先住猫ちゃんのWelcomeで、こんなに甘えっ子で元気な男の子になるなんて、
ほんとにのんちゃんは幸せなご縁をいただきました。

よかったよかった、のんちゃん。
これからも「幸せだよ!」と電波を送ってね。


20160213lu2.jpg 
・・・ルカちゃん、何してる?
「のんちゃん、スマートだったにぇ・・・腹筋中」



※行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん

進撃の巨猫と幸せオーラの猫たち

20160131chi1.jpg 
今日これからのイベントを何も知らずにTVに夢中の千夜・・・



先日は3匹そろってお出かけ。

3匹そろって—ええ、年に1度のワクチン接種以外にはあり得ない。
目的はワクチン接種だけど、年に1度正確に体重を測定できるのが一番の関心事。

まあ、まいこ~は年明け早々通院しているので、既にその時ショックを受けているので、
あとは千夜とルカちゃんの体重がどうなっているか。

20160127mj1.jpg 
「え?おりぇの体重は測定済みきゃ?」
・・・うん。楽しみが1つ減った。


20160127lu1.jpg 
「ままん、りゅかちゃんに太れ太れってうりゅさきゃったけど」
・・・うん。たしかにままん、太れって言った。
正確には、「元の体重に戻れ」と。。。



20160131mj1.jpg 
猫たちはハーネスをつけられるととたんにぴったり動かなくなる。通院には好都合。



知りたい?うちの子たちの体重。

まいこ~ ⇒ 7.7kg (+300g)
千夜   ⇒ 5.4kg (+200g)
ルカちゃん⇒ 
5.6kg (+300g)


これまで、まいこ~のことは四捨五入で「7kg」と言っていたけど、
これからは四捨五入したら「8Kg」と言わなきゃならないようになり・・・

ルカちゃんは・・・痩せたと気にしてどんぶり猫缶食べさせていたら、
千夜をも追い越し、いつのまにかこれまででも最高MAXに。

千夜だって、一時期に比べたらほっそりしたように感じていたのに、
200gも増えていたとは・・・!


20160205lu1.jpg 
毛深いせいで痩せていることに気づかなかった・・・と思っていたら、
毛深いせいで太ったことにも気付かなかったなんて・・・あぁ、ルカちゃんはレベルが高い。
急に太って見えるように感じる今日この頃・・・




進撃の巨猫's。


これからは心を鬼にして、好きじゃないとごねられても、
高品質ダイエット系フードを貫くことにする。
病院の先生にも「食べたら食べただけ太るというのは健康である証拠」とも言われたから、
ルカちゃんもこれ以上特別扱いしなくていいようだし。
本気で「せめてこれ以上」にしないよう気を付けないと、
あきらかに「健康に悪影響」レベルに達してしまう。

ほん・・・・・・っとに私はどうしてこうも動物と植物を巨大化させてしまうんだろう。

20160127mj2.jpg 
「夢の8Kgにあとちょっと」
だだだだ、だめーーーーっ!



しかし・・・総重量約19Kgを一気に病院に連れていける私もスゴイ。
これができなくなったら隠居だわ。




などと巨猫三昧の私にはとても新鮮な小ぶりでスマートなかわいい2匹。
     ↓
2014年5月、まだ生後2ヶ月にもならない赤ちゃんだった、保護猫のOperaを
もらってくださった里親様から嬉しいご報告をいただきました。

kot-ren1.jpg
↑ 向かって右が元Operaのこてつちゃん。
あぁ、貴公子然としているぅ~
そして隣が1年前に、里親さん宅の物置に入り込んでいた子猫の「れん」ちゃん。
里親さんがこの子を保護して、こてつの弟分にしてくれたんです。



2匹とも「オレ様」「やんちゃ」キャラのためか、いまだに「とても仲良し」とまではいかないようですが、
お互いに「触れ合わない程度」を保って平和に暮らしているとのこと。

kot-ren2.jpg 
↑ そんな2匹の「奇跡の2ショット」 お尻をくっつけ合うなんてこともほとんどないのに(笑)


kot1.jpg 
こてつちゃんはリビングでれんちゃんが騒がしいと、
自分で器用にドアを開けて2階に行っちゃう。
三つ子の魂ナントカ。
この子、赤ちゃんの時からめっぽうプライドが高くてきかんきだったもの。


ren1.jpg 
そうするとれんちゃんはこのとおりソファを独り占めしてトンデモ寝姿で・・・
昨年の今頃は外で凍えていた子猫だったなんて信じられない。
こてつちゃんだけでなく、この子の命も救ってくれてありがとうございました。



2匹とも幸せそうで、こんな幸せな姿を見られるのは私も本当に幸せ。
こういう幸せな大どんでん返しをこれからも創造していける人間でいたいな・・・

ほかの里子ちゃんたちも元気にしてるかな?


20160205mj1.jpg 
ん?まいこ~、股割り稽古中?
「ちぎゃう。スレンダーボディを目指してヨガやってんにゃ!」
・・・いや、股割にしか見えない・・・



※行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR