プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

春が近いので、やっぱりD.I.Y

で、この間どうしていたかというと・・・・

仕事で大きなイベントがあって東京日帰り、
その前はその準備で四苦八苦してて、
それから今度は部屋の改装工事を始めてた。

腰が痛い・・・
なのに、予定の半分もできなかった。
アクシデント続き。


20150221room1.jpg 
まずは、居間と続きの和室の大改装から。
猫部屋と化しているここを、母が来たら、自分の寝室にするつもり。
で、ついでに居間と一体化させようと、、、


20150223mj1.jpg 
「おかにゃん・・・計画は壮大でも、職人は素人のおかにゃん一人だけという現実を無視してにゃいきゃ?」
畳を取り除いて、まではなんつうこともなかったのだが・・・


20150223chi1.jpg 
「ママ・・・ついに電動ノコまで持ち出したにゃ・・・」



ほとんどの時間を敷居を取り除く作業に潰された!
だいたいどんな造作で取り付けているのかもわからないし、
あんまり無茶なことして壁の強度がなくなるのも心配だし、
電動ノコも敷居の高さに合わなくて使えず・・・

結局ひたすら人力でノコを引いて引いて引いて・・・最後は力任せ。
はぁ~また筋肉付いたと思うわ。


20150223room1.jpg 
敷居に四苦八苦しながら、先に壁を。
居間と同じ腰壁つけて、一部壁紙を張り替えて・・・
なんか思っていた以上に思い切ったデザインの壁紙だったかな・・・


20150223lu1.jpg 
「ままん、反対側はどうちゅるにょ?」
お待ち。


20150225room1.jpg 
コンクリートの床に防音シートを敷いた。
ここまでで力尽きた・・・フロアタイルの敷き詰めと細かな造作は次のOFF日に。


20150222food1.jpg 
それでも、ちゃんと食べるようにはしていましたとも。
nekokoさんがおくってくれた健康食材でちゃちゃっと切干大根の煮物をつくったよ。



20150223all1.jpg 
「ままんたら、またビョーキが始まって、りゅかちゃんたちのこと、かまってくりぇにゃいお・・・」
「啓蟄病。春だけにゃ・・・」
「だけどおまいら、特集組んでくれただけおりぇよりマシにゃっ」←まいこ~か・・・まだ覚えてるのか。




和室の改装が済んだら、2つの洋室にも腰壁をつけます。
これで今後また、どんな猫を預かることになっても壁紙の心配がなくなります。


20150221mj1.jpg 
作業に没頭していて、気がつくとまいこ~の姿がなく・・・と思ったら、
布団に自分で潜り込んで寝てました。


20150221mj2.jpg 
かあいい・・・なんてニンゲンくさいヤツ。


20150224mj1.jpg 
「そりより、おかにゃん。
おりぇの特集はいつやるんにゃっ!」
・・・改装が終わったらね・・・(多分相当先・・・まいこ~にはナイショ)



D.I.Yはたしかに楽しいけど、始まると家の中が片付かなくて、落ち着かなくて。
楽しいけど早く終わらせるよう頑張らなきゃ。




※Ariaの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん 



初めての一人寝?

20150214mj1.jpg 
「おかにゃん、いよいよおりぇの番にゃろ?
ルカにゃん、おねいにゃんと続いたんにゃからにゃっ。にゃっ?にゃっ?」



・・・ちょっとエネルギー不足でさ。
それはまた今度。


20150214mj4.jpg  
「・・・にゃ・・・?」




アテクシには珍しく、ちょっとストレス過多な毎日で疲労感が。
胃も痛いし、怒りっぽいし、よく眠れないし。


今日もたっぷり昼寝でもして、と思っていたんだけど、
いつもは嬉しい猫たちの添い寝が今日はどうにも煩わしく感じられて、全然眠れなく。


20150214chi1.jpg 
「・・・えっ?ちぃとルカちゃんは足元で寝てたにゃ。
まいこ~だけママと頭を並べてたけど・・・あ、それはうざいにゃ・・・」
とにかく、ママだけベッドの隅っこでした・・・



タケルのこととか、仕事のこととか、母と同居する準備とか、
どうも優先順位もこんがらがってきちゃって。

うーん。
今晩は別室にこもってひとりで寝てみようかなぁ。
やっぱり寂しいかなぁ。


20150214lu3.jpg 
「ままん・・・りゅ、りゅかちゃんにゃらままんとねんねしにゃくても、いいんだお」


20150214lu2.jpg 
  ↑ 毎日の目薬タイム。これがないなら、と期待しているんだね?残念でした・・・


20150214lu1.jpg 
「・・・・・・エゲツにゃいヤツ・・・・」



健康でないと、うちの子たちもますます寂しい思いをするばかり。
よし、今日は一人で寝てみます。(・・・おそらく・・・にゃんこと暮らすようになってから初めて)


20150207mj2.jpg 
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
まいこ~、今度ね。ねっ。



※Ariaの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん 


では、千夜も

あ、うちの千夜?

ちぃは時々、「ロシアン?ブリティッシュ?まさかコラットですか?」と聞かれることがあります。


20150207chi1.jpg 
「え?今日はちぃにゃの?」




千夜はまいこ~やルカちゃんが生まれたのと同じ場所で、
4匹の兄弟姉妹の子猫だけで草薮で鳴いていたというのを拾った中学生から、
千夜だけ弱っているように見えたので、とりあえず保護しようと思って引き取った子。
その前夜、同じ場所で交通事故で死んだという母猫らしき猫はブルーグレーではなかったようだし、
千夜の兄弟猫たち3匹は千夜と同じくブルーグレー1色だったけど、1匹だけはタイガーだったので、
ま、要するに間違いなくMixちゃんです。
知人からはよく「ロシもどき」「ブリもどき」と言われてます。

以前、猫の血統に詳しい人から、「単色・ブルーグレーと2つも劣性遺伝子が揃っているし、
兄弟の半分以上も同じだから、やっぱり洋猫の血が半分てところかな」と言われたことがあるけれど、
(実は父猫と思われる猫が、ロシアンマフィア張りのブルーでした)
まあ、後年ヨモママもちぃとそっくり同じブルーグレーの子を産んでいるし、
とにかくその産地一帯は一時ちぃみたいな「もどきちゃん銀座」状態でした。


20150207chi3.jpg 
ロシアン・マフィアの娘らしいけど、飼い主は血統種に興味なし。
だけど、このゴージャスに輝くブルーのコートは母の自慢です。


20150207chi8.jpg 
ちと小太り気味とは言え、常に5Kg以上。
女の子としては相当大柄です。
「ママは小さいにゃ」・・・ママのことはいいから。



ちぃは私のfirst cat。

今にして思えば、だけど、
生後1ヶ月程度の小ささだった千夜は、その頃からきかん気でやんちゃで、
でも生まれて初めて猫と触れ合う私は、「これが子猫というものなんだろう」と思っていたのだけど、
以来、いろんな預かりっ子や子猫を見てきたけど、
千夜ほどキツイ子には未だ会ったことがないぜ・・・あぁ、知らなかった(笑)


20150207chi13.jpg 
「ママ・・・にゃんでちぃの悪口を」 にらまれた。
ちぃはわかりやすいんだ。喜怒哀楽がモロに顔に出るのよね。



20150207chi11.jpg 
「ママ~、ちぃ、まだカニカマもらってにゃいんだけどぉ」と甘えるときの顔とは大違い。



長じて、その後まいこ~やルカちゃんが加わるまではひたすら甘えっ子のわがまま娘だったのが、
その後は「まいこ~とルカちゃんの面倒は自分が見なきゃ」というおねえちゃん猫としての自覚を持ち、
さらに、次から次へと預かりっ子が出たり入ったりするようになると、
まいこ~やルカちゃんだけでなく、飼い主の私をも厳しく監督するように。
自分の家が平和で穏やかでないと、心配で仕方ないらしい。
自分がこの家を取り仕切っていると信じているようだ。


20150207chi2.jpg 
「だって放っておくと、みんにゃ好き勝手するんにゃもん」
気苦労が絶えませんね、取締役・・・



よく、猫は飼い主のことは自分の世話係程度にしか思っていない、と聞くけれど、
千夜に限っては忠猫です。
私の心身が弱っているとき、男の子たちが全く気がついていなくても、
千夜だけは心配して小さく鳴きながら、必死に様子を伺う。
以前、便器の前でしゃがんでうえーっと吐いていたら、
千夜がその私の背中にしがみついて、うなーーーーっと大泣きしたので驚いた。
よほどの異常事態と映ったのだろう。

私が在宅しているときは、寝ていても私が移動すると必ず起きてついてくるのも千夜。
(自分が眠いから)私に、夜更かしするな、早く寝よう、と促すのも千夜。


20150207chi10.jpg  
「ママが家にいるときは、ちぃ、寝不足ににゃっちゃう・・・」
たはぁ、かわいい。この口にむしゃぶりつきたいっ!



彼女はプライドが高いので、まいこ~とルカちゃんが来てから、
弟たちの前ではあからさまに甘えなくなった。
弟たちが夢中でおもちゃで遊んでもらっていても、
本当は自分だってあそびたくても、横目で見るだけでじっと我慢。
でも・・・弟たちの目が届かないと知ると、とたんに鼻を鳴らしてまとわりつき、
さらに究極の「目が届かない」布団の中では、私の体にピッタリくっついて仰向けでゴゴゴ・・・
千夜の至福の一時らしい。
ちょっといじらしくもかわいそうな気も・・・


20150207chi7.jpg 
私の手にじゃれて遊ぶのは子供の頃から。
すぐに口をふくらませて・・・


20150207chi9.jpg 
お得意のお手々グーパー。


20150207chi14.jpg 
猫がこんなに飼い主思いで心優しく感情豊かな生きものと教えてくれたのは、千夜。
まさに、私のパートナー。
でも、実は私はいまだにしっくりきてない。なんか、いまだに信じられない思いが。
「まさか、この私が、猫と暮らすなんて」って。
それほど、突然私の人生に登場した青い猫。



ところで・・・飼い主と1対1で暮らす時期があったうさぎの女の子もそうだったけど、
ちぃも猫としては1年半私と1対1の関係の時期があったせいなのか、

気がついたら、この子ってば、私にそっくりになっちゃった!(笑)

意地っ張りで怒りっぽくて、それでいて放っておくこともできなくて、
文句言いつつあれこれ気を病んで・・・って、あぁ、まるで写鏡だ。


20150207c_l2.jpg 
だいたいいつもルカちゃんとくっついていることが多いけど、、、あれ?
「りゅ、りゅかちゃん、またちぃちゃんに怒りゃれた・・・」
ちぃちゃんはキビシイんだよ。



ちぃは私に叱られても大きな声を出されても、絶対男の子たちのように一目散に逃げたりしない。
「なんで?なんでちぃが叱られるの?ママ、ちゃんと説明しなさいよ!」と
かえって私に押し迫ってきて、絶対に引かない。迫力負けする。

・・・正直、彼女の強情さに匹敵するニンゲンは一人しか知らないと思った。
私だ・・・・


20150207chi12.jpg 
そんなちぃちゃんが大好きだけどさ。
いつまでもママのそばにいてね。尻尾が三叉になるくらい。
きっとちぃが最後まで長生きする猫になると思うから、仲良く老後をともに過ごそうね。
「あと30年にゃ?」




/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*


今さらながらに、ジョン・レノンは偉大だったと思う。

40年以上も前に、
「国境はないと想像してごらん。
天国も宗教もないと想像してごらん」と彼は、世界の悲劇の元をすでに教えてくれていた。
それが想像できる人は、いまだごくわずかの現代世界だ。


もし、神様がいるのだとしたら、私はその名前は「不条理」だと思う。
善や正義と言われるものが常に勝利するわけではなく、
むしろその反対の方が多く、そして、立場が逆の人にとって、善悪の基準はまた変わる。
何の法則も決まりごともなく、物事は無慈悲に起こるものだ。
因果応報だったら話は単純だが、実際はそんな法則なんて何もないのだから。

けれど、
ただ不条理に身を任せるだけで、抵抗もせず服従を拒否せずにいては、
それこそ不条理の神様の思う壺だ。
誰もがそれぞれに幸福感を感じて、より良く生きていくための努力をしなくなったら—



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR