プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

クリスマス・ブラザース、ご縁まとまりました

昨日・今日と、キャロル&ノエルのお見合いがあり・・・
それぞれ素敵な新しい家族とのご縁が結ばれました。


20140120no1.jpg 
「ぼぼ、ぼくしゃんがきれいな顔立ちだってにゃ・・・」
今度新しいお父さんになる人—つまり、間近で男の人を初めて見たノエルは
ちょっとパニックになっちゃったけど、すぐに落ち着きました。
お父さんにも愛想よくするんだよ~


20140120ca2.jpg 
キャロルは今日、ママになる人にずっと抱っこされてました。
昨日はすぐにケロリとしていたノエルとは裏腹に、ずいぶんナーバスになっていたのに、
今日はぐにゃぐにゃ、いつもどおり。
「だって、きゃるのママになりゅ人にゃんだもん」



ここ1週間で急にモテモテになったブラザース。
子猫らしいうちにご縁が見つかって本当に良かった。

でも・・・1ヶ月もうちにいたので、私はちょっとハートが複雑。
嬉しいけれど、すんごく寂しいぞ。
毎回毎回、なんだかこの子たちをだましていたような気持ちになっちゃうんだよね。。。



20140120ca1.jpg 
「にゃに?キャルをだましてるって、意味わかんにゃいもん」
おまえたち、ここが自分たちの家だと思い込んでるから・・・



20140120no2.jpg 
「Linしゃん・・・指にペンキが」
こんなにおとなしくて美しいにゃんことももうすぐお別れかぁ・・・


20140120no3.jpg 
ノエルの顔立ちは、絶対「猫ツウ好み」と思っていたら、
やっぱり皆さん、「きれいな品のある顔」に惹かれたとのこと。
ほーら、ね?こんなにエレガントな顔の子はちょっといないもん。




兄弟は今週の土曜日に、それぞれ本当の家に旅立ちます。
兄弟は離れ離れになるけれど、それぞれの家に先住猫ちゃんがいるので、
きっと寂しい思いはしないでしょう。

今よりずっとたくさん遊んでもらえて、かわいがってもらえる。
よかった・・・おまえたちを幸せにしてあげられるんだもの、
保護主のNさんも、私も、本当に嬉しいよ。
そして、ここいらで出て行ってくれないと、本当に手放せなくなっちゃうしね・・・


20140120bro1.jpg 
兄弟で一緒にいられるのも、あとわずか。たくさん遊びなさい。
こんなに似てない顔の兄弟というのもユニークだったな。


20140120mj1.jpg 
「みんにゃ、おりぇに会いたくて来たんにゃろ?おケツ、撫でりゅきゃ?」
保護主のNさんにはすでに厚かましい態度のまいこ~・・・・



20140120gin1.jpg 
どこにもぐってるの、まいこ~・・・じゃなく!
この子はまいこ~の弟の銀次郎。
げ~(笑)ふてぶてしい眼差しまでまいこ~そっくりになって。


20140120ciba1.jpg 
そして・・・年上だけど、銀ちゃんの弟のようなCiba。
なんだなんだ、その幸せが詰まっているようなお腹は(笑)


20140120g_c1.jpg 
相変わらず銀ちゃんに熱愛され、mayumiさんご家族に大事にされている2匹です。
またいつか、会えるといいな・・・元気でいるんだよ。








・・・・え?DIY?   もう絶望的・・・


※行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

DIY地獄・・・

まだまだ終わらない・・・今回のDIY。
予想していた以上に手間が掛かり、やり直しも多いためです。
これで、ただチンタラやってりゃいいんだったら別にいいんだけど、
すべては月末の甥っ子来訪に間に合わせなきゃ意味がない。

きっと完成したら、しばらくのこぎりとトンカチ、見たくもなくなるのでは・・・

20140113re2.jpg ←ほろぼろになった壁紙をはがして、
                           ペンキを塗った板を張り・・・


20140113re3.jpg ←巾木と見切りをつけて・・・
          まだ完成じゃないよ。このあとサンドペーパーをかけなきゃならんのよ。


20140113re1.jpg ←壁の一部はアクセントウォールにした。





いえね・・・
「猫がいる家」という前提がわかっている人の来訪なら別に気にしないんだけど、
甥っ子は動物と暮らしたことないし、その上、普段から私の暮らしぶりを知っているわけでもないし。
なんだか、こんな壁ボロボロのままでは迎えられない、と急に焦っちゃって。

洗面所の床もうさぎがかじってボロボロにしちゃているので、それも張り替えなきゃならないし、
他の部屋でも一部壁を貼り直さなきゃならいし、
掃除もしなきゃならないし。  
もちろん、休みの日にしかできないし。あ゛ぁ゛ぁ゛~  誰かタ・ス・ケ・テ~


まあ、甥っ子の来訪がきっかけで腰を上げられたのでいい機会と思うことにしていますけど。


20140113chi1.jpg 
「ママ・・・にゃんでもっと早くに始めにゃかったの」
まさか、甥っ子が本当に来るなんて半信半疑だったし・・・



さて、預かりっ子たち、
特にキャロルが激しく私になついてしまって、ほとんど常に私の体の上をよじ登り、
ずり落ち、絡みつくという状態。


20140113ca1.jpg 
でも男の子なんで、無邪気にはしゃぎまくるだけで、
私をケライにしようとは思ってないみたい。・・・ほっ
「きゃる、Linしゃんとじゅーーーっと一緒にいたいんだもん」
すっごい甘えっ子なんです。


20140113ca3.jpg 
こらこら、どこにもぐろうとしているのか。


20140113ca2.jpg 
「きゃる、あちょんでほちぃもーーーん」
来た当初、白いコートの部分が薄汚れていたけど、もうピカピカ真っ白になっちゃった。


20140113no1.jpg 
ノエルは最近、自分から私に近づいてくるように。
この子も遊んでほしくって仕方ないんです。
すごいはしゃぎっぷりで遊びます。
「ぼ、ぼくしゃんも真っ白ににゃったよ・・・ぷふっ」


20140113no3.jpg 
ほんとにキャルとは似てないです。
でも、どっちもほんとにかわいくてきれいな美猫ブラザース。
「しょ、しょんにゃにぼくしゃん、品がありゅ顔?ぷふっ」




ついに・・・厳寒期となって、毎日-10°の朝だけど、
子猫たちは24時間暖房を切らさない暖かい部屋の中で、ベッドには毎日カイロが欠かさず入れられています。
当初はあるだけほおばっていたフードも、今は絶対にお腹を空かせることはないということが理解できて、
安心して落ち着いて食べるように。
保護されなければ、今頃どんなに過酷な状態でいたことか、と思うと、
まだ本当の飼い主は現れていないけど、
この仮の家にいるときから、思う存分甘やかして大事にしてあげて、
「ニンゲンの家の中って、いいにゃ」と実感してほしいと思っている。


20140113ca4_20140113230658fa2.jpg 
ね?
「きゃる、たのちいんだもーーーん」
いででででで・・・・この間爪を切ったばかりなのに、子猫の爪は細いから。


20140113ca6.jpg 
キャルちゃんのこのちっぽ。先っぽがくるりんと曲がっています。
「これがキャルのチャームポイントにゃんだもーん」

20140113no2.jpg 
シャイな兄ちゃんのノエルも、いつも嬉しそうに微笑んでいるにゃんこに。
キミたち、幸せなにゃんこになる用意は万端だね。
「バッチグーにゃ・・・ぷふっ」   昭和チックだこと。



早く家の中が片付いて、
無事に甥っ子を迎えて、
そして早く・・・この子たちの本当の飼い主さんが迎えに来てくれますように。
私だけでこの子たちの可愛さ独り占めしてて恐縮です。

そして早くタケルとモノママに会いに行きたい。



※キャロル&ノエルの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

新年早々、早とちり判明


あけましておめでとうございます。

すっかりDIYのために廃人同然…
広い面積は大方終わったけれど、まだまだこれから細かな部分が果てしなく・・・


たくさん「おめでとう」メールをいただいていました。
ありがとうございます。
今年もLin家をよろしくお願いいたします。

昨年はちょっとあれもこれも、と激走しまくりました。
激走せざるを得ない状況が続きました。
でも・・・もうタケルは元気になったし、モノママは無事に帰ってきたし、
仕事もどうにか見通しもついてきたし。
まだまだタケルのことは今後も支え続けなきゃならないけれど、
でももう去年のようなことにはならないでしょう。

特にタケルのこと、モノママの失踪事件では、応援してくれた皆さんなしには
サスガのアテクシもとうに心折れていただろうと思います。
昨年は本当に本当に本当にお世話になりました。
今年は決して…昨年のようにお世話になりっぱなしということにらはならないよう、
うちの子や自分の健康のためにも、もっと体内速度を落とすことにしようと心に決めています。
きっと、その方が皆さんにも安心してもらえると思います。

20140103mj1.jpg 
「あけましておめでとうにゃん。てへぺろ」
まいこ~…今年も母さんにおんぶ・抱っこしまくりしたいんなら、ちょっと軽くなってくれる?


20140103lu1.jpg 
「りゅ、りゅ、りゅかちゃんだお。おめれとうにゃんだお」
ルカちゃんは今年、目をしっかりきれいに治そうね。目が大きすぎるのがそもそも…



去年は16匹の猫を預かって、新しい飼い主さんのもとに送り出しました。
預かって、里親さんの代理募集をして送り出して・・・というのも、
それはそれでいろいろ大変なこともあったけれど、
でも、自分で保護して、というわけじゃないから、その苦労に比べたら。
(今でも厳寒期にファミリーを保護しようと連日通いつめていた日々が、
我ながらキ○○イ沙汰・・・とも懐かしく思う)

今年は…また頼まれれば預かって代理募集をしますが、
それとは別に…ずっと気になっていたことにも少しずつ着手しようか、と。

野良猫親子を保護して不妊手術をして新しい飼い主のもとに送り出すー
子猫の場合にはほとんど100%それでハッピーエンドとなるわけですが、
親猫が人なれしていない場合には不妊手術後リリースされることも多い。
たしかにまったく人なれできないタイプの猫というのが実際にはいるので、
それがどうにも絶望的に無理な場合は仕方ないけれど、
なかには、半年・1年という時間をかけると、やがて飼い主にだけはなつく、
というオトナ猫だって実際には多いような気がしています。
けれど多くの場合はそこまでの時間もかけられない、ということでやむなくリリースしているのが現実です。

今は猫の不妊手術が当然で、不妊手術を施した猫をリリースするのも当たり前のように思われていて、
もちろん不妊手術は私も絶対必要なことだと思うけれど、
不妊手術ののちにまた戸外に放たれる猫の立場で考えた場合一
子猫を奪われ、自らも次の新しい命を生み出す能力も失った猫は、
それから先、何を生き甲斐に、何に満足感を覚えて生きていけばいいんだろう。
何が、その喪失感・絶望に代わってくれるのだろうか。
これから何を心の支えに、厳しい戸外での生活を送っていけばいいのか。
何の喜びもなく、ただこれからも寒さや飢えに耐えていくだけなのか一
一ということを、実はずっと、保護された子猫以上に、
リリースされたオトナ猫の今後のことがとても気になっていた。



20140101m_c2.jpg 
珍しく千夜がまいこ~にぴったり体をくっつけて寝ている…


20140101m_c1.jpg 
「おねいにゃん、寒いって」
…そうか、おかにゃんDIYで体を動かしてあったかいけど、あんたたちは寒いのか…




人間以外の動物にとっては、繁殖こそが生きる目的であり、生き甲斐。
何のために生きているか、その生命力の源は何かといえば、子孫を残すことに最大の目的がある。
だからこそ不妊手術を施した動物には、その大きな犠牲に報い得るほどの
別の幸せと生き甲斐を与えるのが人間の義務だ、とも考えています。
不妊手術を施すということはどういうことか。
猫の幸せのため、と言いながら、本当はただ人間の都合になっている部分はないのか。
安易に考えすぎてはいないか。
動物にとってそれがどんな意味なのかをちゃんと理解しているか一
その犠牲に報いることを人間はちゃんと果たしているのか一

さらに、猫エイズや猫白血病などのキャリアと判明した猫は、なおのこと不遇です。
多頭飼育なら他の猫への感染を危惧するのは当然として、
1匹飼いの猫に対しても、なぜそれが重要な条件となるのか。
ましてや、そんなキャリアを持つ猫をこの厳しい気候条件下にリリースすることはどうなのか。

また、自由にしていた猫を無理してまで家猫にして自由を奪うことはないだろう、という考えの人もいますが、
繁殖期以外は、ほとんど隠れるようにしておびえながら生きている猫の方が多いと感じている。
それを「自由気ままな猫らしい生き方」というのは無理があると思う。
もちろんすべての猫を家猫にできることもできないのだし、
まだまだ私自身はっきりとした答えが見つかっているわけではないけれど、
今年は、そうしてリリースされた猫たちの犠牲に少しでも報いる努力をしたい、と考えています。


2014ch1.jpg 
「あぁ…ママ…また余計にゃことを思いついて…」
今年はちぃにあまり心配されないようにしっかりするからさ…



こうして猫を保護しては新しい飼い主に託して、という活動を、
人間の目線からは私は多少いいことをしているように見えるかもしれないけれど、
猫の立場から見たら、私は悪鬼そのものです。
猫にとってはヒトラー並みの残虐者だという自覚を忘れてはならないと思っている。
でも、もし…大きな犠牲も払ったけれど、代わりに飼い主に愛されて大事にされて、
ゆったり幸せに長生きしたよ、という満足感を味わってくれたら一
せめて、戸外での暮らしではあったけれど、いつも人間が守ってくれて困ることは何もなかったよ、
くらいのことは最低限…

不妊手術後リリースされるオトナ猫たちの行く末が一番心配です。
(はっきり言うと、北海道の場合、猫の戸外暮らしは虐待だと私は感じています。
できるだけ戸外暮らしの猫がいなくなることが最大の夢…)


20140101lu1.jpg 
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・オニ・・・」





などと思いながら、連日DIYですっかり足が痛くなり(しゃがんだり座り込んだりの作業ばかりで)、
たまに預かりの仔猫キャロルとノエルと遊んでて…
お正月早々、衝撃の事実が!


20140101ca1.jpg 
「にゃに?きゃるのこと?」
…どう見ても…なんだけどなぁ。




大変だっ
キャロル…女の子じゃなかった!
まごうことなく、正真正銘の男の子だった!

来た当初、たしかにタマタマらしきものはなかったように見えたんだけど…
きっと完全に降りきっていなかったのか、今でもつぶらな小さな小さなタマタマ。
でも、、、すっかりべた慣れになっちゃって、お股を思う存分点検して、完全に判明しました!


20140103ca2.jpg 
自分から膝の上に載ってきて、大全開状態で甘える子。
やっぱり、なんですね、ウサギ同様、タマタマに頼らずしっかりオシルシ拝見しないとだめですね。
うちのルカちゃんとまいこ~はオシルシ以前に立派な(かわいい)タマタマがあったので、
全然迷うこともなかったんだけど…




…少々疑惑はあったんです。
こんなにブイブイガール顔なのに、実際には無邪気なだけで、全然ブイブイじゃないし…


20140101ca2.jpg 
とにかく無邪気で陽気でべた慣れで、ヒモやジャラシ遊びが大好き。
かわいくてかわいくて。いやー、アタシったら柄にもなく、猫なで声。



それにしても、同じ男の子で兄弟だというのに、
ノエルとのこの顔の造りの違い、体の線の違い…これまたちょっと珍しいんじゃない?
というか、ほんとにこんなに女の子顔も珍しいなぁ。

…なーんか今年も早とちりに勘違いに激走…ということばかりにならなきゃいいんだけどな。


20140103no1.jpg 
ノエルも日に日になついてきて、これまたイケメンでかわいくて。
「Linしゃん…声がキモイにゃ…」


20140103no3.jpg この子もキラキラボールだのジャラシに夢中。



20140103no2.jpg 
キャロルとは性格も体型も全然違う。
この子はシャイで、少々おっとり。
ゴハン食べるときはすごく焦っているのに、キャロルの食べるスピードの半分。
なんか要領悪い(笑)
キャロルよりスマートに見えるのは、キャロルにいつもゴハンを横取りされるから?
ここずっと2匹が猫缶ディナーを食べ終えるまで見ていることにしています。


20140103no5.jpg 
はぁ~ほれぼれしちゃう。イイ顔だ~これは将来、イイ男になるぞ~
どうせ年末年始、募集に動きはないだろう、とのんびり構えていたせいか、
この子たち、やたらかわいくなっちゃって。(すでに親ばか化開始)


20140103ca3.jpg 
この子は男の子、男の子…と頭の中の切り替えに2日ほど要しました。
こんな美少女顔だけど、男の子!
「…きゃる、女の子だにゃんて一言も言ってにゃかったのに」


20140103no4.jpg 
ノエルは、保護後すぐの検診で病院の先生が「男の子」と言ってるから間違いないです。
「Linしゃんの性別判定、アテににゃらにゃいにゃ」



ノエルとキャロルにいいご縁がありますように。
そして、平穏な1年でありますように…



※キャロル&ノエルの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR