プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

みんな穏やかにお願いします

あんこちゃん、さきほど「いつでも里親募集中」にもUPし、
いよいよ本格的に募集開始です。

しきりにうちの子たちにシャーシャーフーフーしていたのもほとんど収まりつつあり、
私がいる間はいつもみんなと一緒の場所で過ごすようになっています。
1匹きりで血縁猫もいなくて、かえって食欲を落としたら・・・と心配していたけど、
あんこちゃん、もりもりの食欲も衰えず、私には必死に甘々モード全開で甘えています。


20130529an4.jpg 
「あんこね、にゃんか忙しいの。知らない猫ばっかしだし、食べて遊んで」
 ↑ 「面麻」の正解が写っています。あるふおんすさん、ご名答。


20130529an5.jpg 
ちっちゃくて、ほんとにかわいい。お腹はまだ避妊手術後のハゲの名残が・・・


20130529an2.jpg 
「だいたい、にゃんでこの家の猫、みんなでかくてでぶってるわけ?」
しばらくはうちの子たちの動向に気を許さずにいたあんこちゃんだけど・・・


20130529lu2.jpg 
「ままん、ルカちゃんにまかせて・・・」
来た・・・・っ!ルカちゃん先生!


20130529l_a1.jpg 
やさしく、しかし大胆に接近して、うーうーするあんこちゃんをぺろん。
あんこちゃん、背中の毛が逆立ってる・・・!


20130529l_a2.jpg 
そのうち、あんこちゃんからも CHU!


20130529m_b2.jpg 
「なは・・・ルカちゃん、さすがにゃ」
「・・・・クソ度胸のあること・・・・」


20130529an1.jpg 
それから・・・あんこちゃん、あんまりシャーシャーしなくなった。
「あたち美人だから、みんにゃかわいがってくれるんだわ・・・」


20130530chi1.jpg 
「・・・・にゃんにゃの、あの女・・・」
まあまあ、ちぃちゃん。


ただ1つ問題が。

とにかく激しくすりすり、ほとんど私を追っかけるようにくっついてくるため、マトモな写真が撮れません・・・。
人間にはひたすら全身で身をゆだねてくるような。
人間にかわいがってかまってもらいたくて仕方ないみたい。


20130529mj1.jpg 
「おかにゃん・・・アイツ、すっごい甘えっ子だにゃ」
・・・あんたもね・・・(私の膝の上で全開中のまいこ~)



さて、、、モノママは、まるで何事もなかったかのように、
3ヶ月前と同じに、いつもの場所で寝て、隠れるときもいつもの場所、
ゴハンのときもいつものようにみんなと一緒。

1匹で里親さん宅に行ってからも、ずっとこの家での暮らしや家族のことを思ってばかりだったんだろうか。
かたときも忘れていなかった・・・という印象。
どうして自分が独りぼっちになったのか理解できずに胸をふさいでいたらしいけれど、
帰ってきて、こうしてまた元のように過ごせるようになったら、
それはまったく疑問には感じないらしい。

こうして人間に振り回されるのもかわいそうな話・・・


20130529m_b1.jpg 
Bioも、モノママと離れていた時期があったことも忘れたみたいに、3ヶ月前と同じ。
またマザコンにゃんこに逆戻りかな~・・・


20130530mono1.jpg 
すっかり表情も穏やかになって・・・あんたの不器用さがいじらしいよ。


20130529mono4.jpg 
いつも引きこもって隠れたっきりだったんだから、
安心してゆったりお休み・・・


20130529mono1.jpg 
「Linさん、うるさいんですけど」
あ、失礼しました・・・



と、向こうの部屋から久々あんこちゃんの激しい威嚇の声。

すっかり仲良くなったと思ったルカちゃんが、血相を変えて逃げてきた。
どうやら、しつこくしてお怒りを買ったみたい。


20130530bio1.jpg 
「なは・・・ルカちゃん、大丈夫かにゃ・・・」
昨日はBioが追い払われていたね。みんな、あんこちゃんにしつこいんじゃない?


20130530lu1.jpg 
「る、ルカちゃん、あんこちゃんと仲良くしようとしただけだお・・・」
ほどほどに。。。


20130530an1.jpg 
あんこちゃんも、ムキにならないでね。
「だって、あんこ・・・」


20130530an2.jpg 
こんなに美しくてごろすりちゃんなんだもん。
きっとステキな里親さんが見つかるからね。


※あんこちゃん、Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

帰ってきたモノママと、預かりっ子のあんこちゃん

今日、3ヶ月ぶりにモノママが帰ってきました。

きっともう私のことも忘れているだろうし、
里親さん宅ではずっとシャーシャー荒んでいたということなので、
この家で落ち着くまでには数日またかかるな・・・と思っていたのだけど・・・

「ママ、よく帰ってきたね」と声をかけてキャリーから出したときから・・・

・・・彼女は泣きそうな顔で私をまっすぐ見つめていた。
・・・なんだ、なんてことだ、憶えているんだ・・・ちょっとショック。


20130526mono4.jpg 
最初はまだおずおずしていたけど・・・
「り、Linさん、あたし・・・」
お帰り、モノママ。やつれてなくてほっとしたよ。


20130526mono1.jpg 
ごめんね、辛い思いをさせてしまって。でも、もう安心していいんだよ。
「あ、あたし・・・」
やはり私には抵抗なく撫でられて。

20130526mono2_20130526230819.jpg 
撫でると、ほっとしたようにさかんにごろごろ。
よだれまでたらしちゃって。
こめんね、帰りたかったんだね。

20130526mono3.jpg 
「り、Linさん、あたし・・・」
いいよいいよ、モノママが悪いんじゃない。Linさんが間違っていた・・・
愛しいよ、ママ。


20130526mono5.jpg 
うちの子たちもみんな、誰も戸惑うこともなく、モノママに「お帰りにゃ」


20130526bio1.jpg 
Bio、うれしそう。やっぱり・・・ママのそばから離れなくなっちゃった。
「なは・・・ママだ・・・」

20130526mj1.jpg 
まいこ~も。なんか、でれでれ。     「・・・・ママ」

20130526lu1.jpg 
「ままん・・・ずっと心配していたモノママが帰ってきて、よかったと思うお。ままんも安心できるでしょ」
ままんがうちの子にできるだけの余裕があればいいんだけどね・・・


モノママの心の傷が完全に癒えるまで、しばらくはそっとします。
彼女なりに、私のことがそれなりに好きなようだし、
それをこんな形で始めて確信させられたことも私にとってはちょっと堪えたし、
こんなモノママにしたのは、やっぱりそれは私の責任。
まずは存分に甘えさせてあげよう。

もう少しして落ち着いたら、
私以外の人にも心を開ける猫への修行を改めて模索します。
Bioもね。
もう二度とこんな展開にならないように。

でも・・・とにかく里親さんにとってもモノママにとっても耐える一方の日々は終了しました。
本当に里親さんにとっても辛いことだったと思う。

私の顔を見て、泣きそうな、それでもほっとした顔をしたモノママの表情を見た時、
私も泣きたくなった。。。





そして。
今日は新たに「ねこたまご」さんから預かりっ子がやってきました。


20130526ann1.jpg 
あんこちゃん。預かりっ子では初めての女の子です。2歳から3歳の間くらい。


20130526ann2.jpg 
人間にはごろすりちゃん。
今回のレスキューした猫たちのゴッドマザー。
すべての子たちの始まりはあんこちゃん。



避妊手術後しばらく食欲不振で療養していたということですが、
うちに来るなり、ゴハンおかわりしました。すごくいい食べっぷりなので一安心。

でも・・・これまでの子たちの中でも本当にやせている。
ずっと妊娠・出産・授乳を空かずに繰り返してきたから。
でも、大丈夫。
Lin家に来たからには・・・!

20130526ann4.jpg 
うちの子達は誰もシャーもフーッもしないのだけど、
あんこちゃんは一方的にまだシャーシャー、ウーウーが収まらない。
もう2、3日もしたら・・・
小さくて軽くて、きっと2.5㎏程度じゃないかな・・・ちょっと個性的な毛柄をしています。

20130526ann5.jpg 
美人ちゃん・・・とても品のある顔立ち。すばらしく美しい子。
そう、Lin家から里子に出たあうち(ハル)にそっくり!(ハルはあんこちゃんの息子)

20130526ann3.jpg 
もう数日体調などの様子を見て、募集を開始します。
「あんこです。よろしくにゃ」

この子も早く・・・終の家を見つけてLin家から送り出してあげられますように。
またご協力、応援、よろしくお願いいたします。


※Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

ちゃんと修行しなきゃ・・・

今日はひーさんが豪華山盛りのお昼ごはんを持ってきてくれて、
「えぇ~、こんなにたくさん?」などと言いつつ、ほとんどもりもり、もりもり2人で食べつくす。
二人とも小さいのは身長だけで、胃袋は並み以上なのか。

せっかくの来客なので、「私以外の人間を怖がる」Bioを、強制的にひーさんと触れ合ってもらうことに。

普段は私には「なはなは」甘えてまとわりつき、
抱っこもできるようになったのに、うちでの暮らしが長くなるにつれ、
かえって私以外の人間には神経質になってしまったような・・・
仕方ない。
Bioも、うちの子たちも、付き合う人間は私一人で足りる生活なんだものね。

で、これではいけない、
私以外の人間にも付き合えるようにならないと・・・と。


20130522bio2.jpg 
ケージの中に隠れたつもりのBio。
最初はしゃーしゃー、なおんなおん鳴いていたけど・・・
「うひ~」 ひーさんに背中をそっと撫でられ・・・

20130522bio4.jpg 
しばらくぶるぶる震えていたけど、次第に落ち着いてきて・・・

20130522bio3.jpg 
しまいにはすっかり落ち着き、震えなくなりました。
ま、ひーさんの声はいつも隠れながら聴いていたからなんだろうけど、 
でも、Bioにとっては私以外の人に触られるのは初めての体験だったろうから、よく頑張りました。

20130522mj4.jpg 
「にゃ、アニキ、大丈夫きゃ?」
怯えるBioを心配して、まいこ~がそばから離れず。
「おまえとはずいぶん性格が違うね」

20130522mj1.jpg 
「ま、おりぇはmade in おかにゃんにゃんこだからにゃ・・・」

20130522mj3.jpg 
おまえは性格も声も体型も、全部クロ製なんだよ。
「・・・あん」




ずっとモノママべったりで、モノママの教育方針どうりに育ったような子だから、
外暮らしの時には一度も触ることもできなかったBioだけど、
私にはここまでなついたのだから、私もこれからできるだけ・・・第2段階として
私以外の人間にも甘えられる子に訓練してあげなきゃ。

と、Bioの縁探しのためには私ももっと真剣に取り組まなきゃなぁ・・・と改めて。


20130522bio1.jpg 
「今日は頑張ってちゃんと撫でらせたにゃ・・・緊張したけどにゃ・・・なは」
見た目はこんなに風格あって立派なのに、ほんとにこのヘタレ性格は・・・
これから来客があるたび、頑張ってもらうよ。

20130522lu1.jpg  
「にゃんにゃにょ、ままん。今しゃらのようにばーおちゃんのことを心配して・・・」
だってね、ルカちゃん・・・




というのも―

2月末に望まれて養女に出たモノママ(里親さんに「海」ちゃんと名付けてもらっていましたが)ですが、
どうしても里親さんご家族に心を開くことができないままでいたので、近々帰ってくることになりました。

3ヶ月近くになろうとしている今も、キッチン棚の中に篭城したきり、
シャーシャーフーフーが治まらず、ますます荒んできたという事なので、
これ以上はモノママも、里親さんご家族に両方にとっていいことではないと判断した結果です。

・・・あれでも私には精一杯、彼女なりになついていたということなんでしょうか。
敵の私の元でなければ、心を開くのはもっと早いと思っていたんですが。

帰ってきたら、ねぎらってあげようと思います。
モノママなりに精一杯こらえたんだから・・・かわいそうなことをしました。
早く安心させてあげたいです。

20130522mj2.jpg 
「え・・・っ!モノママ、帰ってくるんきゃ!?」
みんなであたたかく迎えてあげようね。

20130522chi1.jpg 
「・・・ダメだったんにゃ?」
修行しなおしてから、また改めて縁探しをするんだよ。

20130522lu3.jpg 
「うふふふ。モノママ優しいから、りゅかちゃん、好きだお」



というわけで、預かりっ子もやってくる予定だし、
モノママもじきに帰ってくるし、タケルも大きな決断を迫られることとなりそうだし
・・・まだまだワタワタしそうなLin家です。
平穏な日々 というのはあり得ないのかな・・・




※Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
おりぇがクロ               で、          ぼくちんが はっちゃん




テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

哀しい春

 成長期をうさぎとモルモットと一緒に育ったせいなのか、
うちの子たちは全員信じられないほど生の牧草を食べます。
去年まではまだ世話をしていた小学校うさぎがいたので、
その子に食べさせる野草と一緒に、猫たちのための牧草もせっせと摘んでいた。

今年の春はもう、小学校うさぎは、いまや里子に行った岩手でお殿様のように暮らし、
もう身近にうさぎはいなくなったのだけど、その子やうさぎ友だちのうさぎに送ろうと、
ようやく・・・例年の半月遅れで草摘みに出かけました。
うちの子たちも、草が食べたくて観葉植物の被害も目立ってきたところだし・・・
 

20130516b.jpg
白樺の葉もようやくちょろちょろ芽吹いてきた程度で、まだ早春の様相。


20130516a.jpg 
日当たりのいい場所の桜が、ようやく3分咲き。ちょうど今日頃から今週初めまでが満開かな。
例年なら連休中に満開になっているんだよ。



20130519chi1.jpg 
「待ってました!」とばかりに生牧草に群がる猫たち。
この反応のよさは、うさぎ・猫缶以上、モルモットといい勝負。



20130516mj1.jpg 
しゃくしゃくぱりぱり、大量に食べます。みんな食べたくて食べる草なので、食べた後に吐くということもなく。
「やっとマトモな草が食べられるにゃ」



20130519mj1.jpg 
「はむっはむっ」
特にまいこ~は大丈夫か?というほど勢いよく食べる。
この子、うさぎに育てられたような猫だからかな・・・



20130519lu1.jpg 
「りゅ、りゅかちゃんもにぇ」



20130519lu2.jpg 
冷蔵庫の野菜室を開ける音を聞きつけると、すぐに猫が群がる。
こんな様子を見ると・・・やっぱり毎週の草摘み習慣は続くみたい・・・



野草摘みの重要なスポットの1つが宅地開発でなくなったので、
それでいつもの乗馬クラブに行ってみた。
道すがら、ファミリーたちがゴハンをもらっていた例の家の庭先をながめ(また猫がたむろしていないか・・・どきどき)、
それからその裏の家―ロシアンもどき兄弟や行方不明のはっちゃん・クロがいた家です。
そちらに行って、はっちゃんとクロの消息を聞こうと―が、ショック。
そこの家、ちょうど解体していたところでした。
猫たちの寝床になっていた物置はまだあったけど、
猫たちの出入りのためにいつも少しだけ開けられていたシャッターも完全に閉ざされていた。

解体業者の人に、「この辺で猫は見かけなかったか」「解体後、新しく建て直す予定なのか」と聞いてみたけれど、
どちらも答えは「No」。
きっと残っていた猫たちは、連れて行ったんだと思う。あの家の人たちだから。

でも・・・もしはっちゃんとクロが運よく戻って来れても、もう帰れる家そのものがない―

あぁ、どうしよう・・・もっと早く聞きに来ればよかったのに。。。私はなんでいつもこうも出遅れるんだろう。
これからどうしようか。クロとはっちゃんのこと。
諦めたくないのに。
諦めろ、ということなのか。

なんだか、とても物悲しい、遅くて寒い春です・・・



20130519chi2.jpg 
「ママ・・・ちぃが一緒に寝てあげるにゃ・・・」(いつもじゃん・・・)



20130519mj3.jpg 
「・・・おかにゃん・・・おりぇがハグしてチューしちゃるきゃら・・・」(いつもじゃん・・・)



20130519lu3.jpg 
「りゅ、りゅかちゃん、あちょんであげるお」(・・・遊んでもらう、の間違い)



20130519bio2.jpg 
「なは・・・クロおじしゃん・・・ほんとにどこに行ったんだか」
ばーおちゃんも大好きなクロだったのにね。


20130519bio1.jpg 
でもね、もしかしたらまた「ねこたまご」さんから、預かりの子が来るかもしれないよ。
「な、なはっ!」




※Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
おりぇがクロ               で、          ぼくちんが はっちゃん


テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

当分、預かりっ子の予定はなくなり・・・

予定では、今日次の預かりっ子が来るはずだったのですが・・・
その予定していた子、次々と「ねこたまご」さんにお見合いの申し出が入ったため、
Lin家で預かる必要はなくなりました。
きっと、これで決まりそうです。よかった!

いいことです。
そんなんだったら、きっとうちに来て、またすぐに里親さん宅に行って・・・と落ち着かなかっただろうから。
直接「ねこたまご」さんのところで里親さんが決まるのが一番ですからね。

20130511bio4.jpg 
「り、Linしゃん!今日、預かりのおんにゃの子が来るって言ってたのにっっ・・・なはっ!」
ばーおちゃん、ごめんね。
予定していた女の子は今、体調整えているところで、男の子はお見合いが決まったんだよ。
・・・・って、ばーおちゃん、期待していたの?

20130511bio2.jpg 
「だだだって、ぼ、ボクしゃん・・・なはっ」
待っていても来ないから・・・

あと・・・・私が預かれる子はわずか。
もしかしたらその子たちもうちに来るまでもなく、直接ねこたまごさんのところで里親さんが見つかるかもしれないし、
あと・・・人馴れしていない子も数匹いるけれど、
そういう子は私が預かっても逆効果だし(なにせ、この家の唯一の人間は家にいない時間の方が断然長い)。

というわけで、もしかしたら、
多頭飼育崩壊からレスキューされた猫の預かり&里親募集プロジェクト・Lin家バージョンは、
これで終了になるかも。

Lin家からも早々に、いい里親さんのもとへ4匹送り出せてよかった・・・
当初は何ヶ月かかるか・・・という見込みでいたので、上々の結果といえると思う。
それに、今、ねこたまごさんへ直接里親希望の問い合わせも続いているというし。

・・・と、喜ばしい結果にほくそ笑む一方で、
ちょっと残念・・・というか、寂しい気持ちも。
預かりと里親募集はかなり大変だったけど、みんなほんとにかわいい子たちだったから、
大変大変、と言いながら、十分にその代償をもらっていたので。

・・・いかん、いかん!何を言っているんだか。(←中毒気味?)

ともかく、しばらくは預かりの予定もないので、今日は預かりっ子たちの部屋を片付けたりなんだり。
預かりっ子たちの部屋にいつまでもケージがあると、
うちの子たちがいつも中を覗き込んでいて、またきっちゅたちが帰ってくる?
新しい子が来る?と期待しているようなので。



20130511chi1.jpg 
預かりっ子たちが使っていたケージを元の猫部屋に戻したら、さっそく千夜が・・・
「これ、ちいのベッドにゃん?」


20130511chi2.jpg  
ちがうよ、次の預かりっ子が来たら、その子が使うベッドだよ。
「あん?ちぃ、聞こえにゃい」



20130511lu1.jpg 
「・・・りゅ、りゅかちゃん、赤ちゃんにゃんこだといいにゃって思ってたのににゃ・・・」
赤ちゃんにゃんこを運悪く拾ったときには、もちろんルカちゃんに預けますから。
男の子なのに、やたらと子猫好き。

20130511mj3.jpg  
「・・・・今日、またよその若造が来るというから、おりぇもどきどきひやひやしてたのににゃ・・・」
まいこ~までがっかりしてるみたいな。


20130511bio5.jpg 
「・・・なは・・・がっかり・・・」
Bioも年下のにゃんこには優しく、時にはびしっと躾けてくれて、
Bioでも頼りになるところがあるんだ・・・とLinさんも再発見。(あ、失礼だったかな?)


20130511lu2.jpg 
「でもにぇ、きっとままん、道端でまた赤にゃんこを見ちゅけると思うお!ままん、運がいいからにぇ!」


20130511mj2.jpg 
「おっ、そっきゃ!おかにゃんはうさぎとにゃんこにはくんくんニオイでたどり着くと言ってたからにゃ!」



20130511lu4.jpg 
「き、きっと赤ちゃんにゃんこが・・・!」


20130511bio3.jpg 
な、なはっ
こらこら、あんたたち・・・何を言っているのか。




もちろん、これからもできる限りねこたまごさんには協力していくつもりですが、
タケルのご支援への感謝として着手した、多頭飼育崩壊の現場からレスキューした子たちの
預かりと里親探しは、とりあえず着地できたと思います。
タケルにご支援いただいている方々、少しでもよかったと思っていただけたでしょうか。
さほど努力もせず結果だけが早々によかったので、なんだか味気ない気がして申し訳ないのですが・・・
ご協力、応援ありがとうございました。

ともかく、タケルもこれから新局面に向かうので、当面タケルに集中しようと思います。



20130511m_l2.jpg 
「まいきょちゃんにぇ・・・寝相が悪いんだお」



20130511m_l3.jpg 
「・・・・うな・・・・」
「ちょ、ちょっと、まいきょちゃん」



20130511m_l1.jpg
「い、息ができにゃいおぉぉぉ」  「ずび・・・・」
まいこ~は私と寝るときも、いつも顔に手を押し付けます。
無意識のうちに暗殺しようとしているのか・・・



※Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
おりぇがクロ               で、          ぼくちんが はっちゃん

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

預かりっ子たち、幸せそう

 世間様はGWのようですが、私は普通どおり。
カレンダー関係のないシフトなので。
でも久々2日続けてのOFFなので、夜更かししています。
(というより、もう朝だ)

預かりっ子たちがいなくなって、急に静かになったLin家。
なはなはおしゃべりなBio以外、うちの子たちってみんなこんなに静かだったっけ・・・と、
改めて預かりっ子たちがいたときの活気を懐かしく感じます。


20130504bio4.jpg
「なはなはおしゃべりって、誰が?   なは」
・・・今、あんた、なは  って言った!


20130504bio1.jpg 
「い、い、言ってにゃいって!なはっ!」
ほら、また言った!



それにしてもこの寒さ・・・
昨日は雪がちらつき、例年ならそろそろ桜も満開になるはずなのに、
うちの近所の桜はつぼみも膨らんでいません。

外暮らしの母猫から生まれた子猫たち、今年は過酷だろうなぁ。。。

などと、いつまでも寂しい気持ちも晴れずにいたけれど、
Lin家から送り出した子たち、みんな新しい家で元気にしている様子を聞いて嬉しくなりました。



20130504ki1.jpg ←先週養子に迎えられたきっちゅ。
               すっかりご家族にもなついて、かわいがられているそうです。



20130504ki2.jpg ←きっちゅ、よかったね。
                   きっと今頃はもう誰かのお布団で一緒に寝てるのかな・・・


そして、5/3に養子として迎えられたうーぴ&くーるの2匹。
(この子たちの名前もこのまま うーぴ&くーる になりました。
今度から仮名でももうちょっと慎重に考えようっと・・・)


20130504u_c3.jpg 
到着してすぐは、うぴちゃんは食器棚の上、くるちゃんはレンジの上に隠れていたけど・・・



20130504u_c1.jpg ←すぐに2匹ともリラックスして、パパママにべったり。
                ・・・来た早々にしてはずいぶん遠慮がないような―



20130504u_c2.jpg ←なんだかもう何年もここにいる猫だよ、
                       みたいな表情。たしかに、もうどこにも行かなくていいんだよ。


20130504mj1.jpg 
「みんにゃ、これで完全に落ち着いたんにゃろ?
どの子がうちに残るんにゃろと思っていたけど」
・・・・すでにBioが居残っているんだから、それは困るって。



こうして大事に、愛されている姿を見るのは、私にとって唯一のご褒美。
かりそめの縁とはいえ、この家で何日か一緒に暮らした子たちだもの、
それぞれ私なりの思い入れもある。
特に今回はタケルの代名で始めた預かりと里親募集なので、
これまでのところスピーディにいい結果を迎えられて本当に良かった・・・
タケルのためにも、もう少し頑張ります。
(タケルの方の記事は今夜UPしますよ)


20130504chi1.jpg 
「ママ・・・忙しくて時間がにゃくて疲れて・・・って、ひーこら言ってたんじゃにゃいの・・・?
あれはウソにゃの?」
・・・ちぃや、喉もと過ぎると、、、といういーかげんな諺があってね。。。


来週末、また新たに迎える預かりっ子たちに備えて、久々の休日、ゆっくり休むことにします。



20130504bio3.jpg 
「はぁ・・・またボクしゃん、生活指導係で忙しくにゃるんだ・・・」
でも、今度は女の子が来るらしいよ。


20130504bio2.jpg 
「おんにゃのこ!? なはっ!!!」
・・・また、なはって言ったな。。。


まいこ~ちっくなかわいいトートバッグ、もらっちゃった~!


20130504bag2.jpg 
う・う・うれしぃ~っ!




※Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
おりぇがクロ               で、          ぼくちんが はっちゃん



      

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

うぴ&くるも行っちゃって・・・

今日はうーぴ&くーるが終の家に向けて、Lin家から発ちました。
里親さんの家は札幌から2時間ほどの地方都市、
本当は3日に「ねこたまご」さんが送っていくのだけど、
私はその日仕事なので、今日一足早く「ねこたまご」さんに託しました。

本当に陽気で元気いっぱいで楽しいコンビだった。
特にうぴちゃんが博愛主義なのか、ただのチャラ男なのか、人間の私にはもちろん、
うちの子たちにもまったく遠慮なくスリスリ愛想を振りまくもんだから、
うちの子たちもあっというまにうぴ&くるとは一緒に遊ぶようになっていた。



20130501m_u1.jpg 
まいこ~もうぴ&くるにはまったく無抵抗。
というか、うぴちゃんの超友好的なずうずうしさに降参したというか・・・


20130501b_U_c1.jpg 
生活指導係のBioちゃんが2匹を従えて、「正しいイエネコの昼寝」を教えています。



20130501b_U_c2.jpg 
「な、なは、ちょっとうっとおしいにゃ・・・」


20130501all1.jpg 
ま、みんな仲良く楽しくすごせてよかったね。


20130501c_u1.jpg 
「ちぃ姐しゃん。たまには遊んでくれても」
「男の子たちと遊ぶんにゃっ!」




先日、きっちゅが行ってから翌朝4時ごろに、全員一斉に大鳴きし始めて、きっちゅ捜索が開始された。
特にルカちゃんとBio、そしてなぜだか一番いまいましげに接していたはずのまいこ~が、
「大変!チビがいにゃいよ!」とおろおろ。
きっと今晩もまた・・・覚悟しとかなきゃ。



20130501all2.jpg 
久々・・・うちの子たちだけの日常が戻ってきた。
・・・なんなの、このしょんぼりモードは。
すでに時々思い出したように、あちこちうぴ&くるを探しています。


20130501up2.jpg 
うぴは、ダミ声とみょうちくりんな音階で「なーんんんんー」と鳴いて、
いつも私の口にちゅーしたがる、おかしな子だった。
そうか、Linさんのチューで巨体化したかったのか。


20130501coo4.jpg 
くーるのイキのよさときたら!
まるでイキのいいドジョウかオタマジャクシのように(そんなの私も見たことないけど)
うちの中の最長直線距離15mを激走していた。


20130501coo3.jpg 
おもちゃ遊びにも夢中。
うぴもくーるも人間に遊んでもらうという経験はなかったのか、
ひたすらひとり遊びを延々と。



20130501up4.jpg 
うぴもまだまだお子ちゃま。
ジャラシには真剣そのもの。


20130501up5.jpg 
「Linしゃーーーん・・・なーんんんー」
こんなにベタ馴れでかわいくて陽気な2匹と暮らす里親さんが羨ましいな。



うぴ&くるはすぐに里親さんも決定したから、
これまでの預かりっ子たちの中でも一番一緒に過ごした時間は短かったけれど、
本当に楽しくてかわいい子たちだったので、やっぱりいなくなってしまうと・・・私も寂しい。

でも、ここいらで私もうちの子たちも少し一時休憩をとるのはいいことだと思います。
見知らぬ子が急にやってきて、緊張して、仲良くなったと思う頃に突然消えて、胸を痛める―
私以上に、うちの子たちの心も疲れていると思うから。

今回、初めて血縁以外の猫たちを預かって、うちの子たち―つまりファミリー一族との気質の違いを感じた。
本当にファミリー一族は、みんなそろって気質が優しくて鷹揚なんだなぁ、と改めて。
苦労の種類の違いかな。
預かりっ子たちは不衛生で過密で閉鎖的で、常に同族同士の縄張り争いなどの緊張感のある環境で
自分なりの処世術や防衛方法で必死に生きてきたんだと思うけれど、
ファミリー一族は過酷な外暮らしとはいえ、危険を感じるとどこにでも逃げたり身を隠すこともできた。
外暮らしという厳しい環境だからこそ、オトナのオス猫たちも含めて
家族みんなが助け合って慈しみ合っているのが伝わってきた。
その違いなんだろうか。



20130501coo2.jpg 
うぴもくーるもたくましく要領よく生きてきた子たちの部類なんだろう。
明るい気持ちを失わずに頑張ってきた強さを感じる。


20130501coo1.jpg 
バイバイ、幸せに、くーる。何の不安もない生活に送り出せてあげられて嬉しいよ。
初対面の人にはちょっと緊張するけど、うぴちゃんがこれからもおまえをかばってくれるよ。
新しいパパとママにも、すぐにお腹を見せてごろごろしてね。



20130501up1.jpg 
さよなら、幸せにね、脱力系のうぴちゃん。
おまえがそばにいたら、きっと里親さんの生活はどんなに楽しいものになるだろう。



20130501chi1.jpg  
「ママ・・・にゃんだか、妙に静かにゃんだけど」
Lin家、一気に過疎化したからね・・・



20130501bio1.jpg 
「そっそっか・・・、またボクしゃんがこのブログの主人公に返り咲いたんにゃね。がんばんにゃいと。なは」
・・・ばーおちゃん、いつまで主人公のままでいるつもりなのか・・・



連休明けに、また次の預かりっ子がやってくる予定です。

タケルの方の報告、遅れていて申し訳ありません。



※Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
おりぇがクロ               で、          ぼくちんが はっちゃん




テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR