プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

マザコン男、返上か?

年度末の繁忙期で忙しく、休みもほとんどなく・・・疲労感いっぱいですが、
それでも嬉しくて疲れもふっとんじゃう気持ちにさせてくれるのは・・・

BIoが急激になついてきてくれたこと。


20130328bio3.jpg 
ジャラシプレーが大好きになって、今ではルカちゃんと一緒に私にまとわりついて
なはなは「遊んで」と催促して離れないのよ~かわいい!

20130328bio2.jpg 
「なはははぁぁっ!」
この大きな体でどたどたジャラシを追い掛け回す。

20130328lu1.jpg 
「りゅりゅ、りゅかちゃんだってにぇっ!」
はいはい・・・



やっぱり・・・ママと離れて、そろそろ自分も自分で、という気持ちが芽生えているのかな。
今では私が手を差し出してもいちいち逃げないし、気持ちよく撫でられています。

だいたい、これほどシャイで臆病なのに、何をされても抵抗すらしないというのも、
いつもいつもママがかばってくれるという意識があったからかも。
今ももちろん爪切りも鼻拭き(かわいいピンクのお鼻を守るため)もまったく無抵抗だけど、
最近はまいこ~やルカちゃんと激しくじゃれあったり、家中爆走したり。
これまではママと以外真剣に一緒に遊ぶこともめったになかったから、たいした進歩。
やっとマザコンにゃんこ返上です。

だけど・・・オオネコ4匹の爆走は圧巻。。。


20130328chi1.jpg 
先日、友だちのHANAちゃんが、うちの子たちに、と猫布団をプレゼントしてくれました。
これがあれば、1匹くらいは私にくっついて寝るのではなく、この中で寝るようになるかもよ、と。
「この中にこうして入れるんだよ」と教えたらさっそく千夜が・・・「いいにゃん♪」

20130328c_b1.jpg 
興味津々で寄って来たBio・・・一緒に中に入るのかと思ったら、布団の上にどっか。
「ちょ、ちょっと」


20130328all1.jpg 
しかも誰かが中に入っているとじゃれたくなるらしく・・・


20130328c_b2.jpg 
結局・・・猫布団は敷かれるばかり・・・もちろん私の就寝時は3匹とも私の布団の中に入るので見向きもされず。



20130328lu3.jpg 
「だって・・・この間りゅかちゃんが中にもぐって寝ていたらりゃ、誰かに思いっきり踏まりぇたお」
この中にもぐりこんでいても必ず誰かに乗られるか、もぞもぞが面白くってじゃれられるだけだもんね。


20130328bio5.jpg 
あれ、ばーおちゃん。やっとママ離れしたと思ったら、やけにちぃちゃんにくっついてばかりだね。
「な、なは・・・・」
マザコン気質はまだ抜けていないか。




さて、「ねこたまご」さんで保護したにゃんこ2匹(オスの成猫)が、もうすぐやってきます。

今度は血縁ではない猫たちなので、この子たちの反応がどうか・・・特に唯一のレディの千夜が心配だけど、、、
なんとかうちの子たちにも頑張ってもらいましょう。

おまえたちのことは世界で一番大切だけど、飼い主が苦労しているときは
多少おまえたちにも協力してもらうよ。
だって家族なんだから。
・・・と、これは私と暮らすことになった動物たちに必ず言ってきたこと。
これまでも、そしてこれからも、きっとみんなで乗り越えられる。



20130328m_l1.jpg 
・・・と、まだそんなことも知らず、激しく抱擁しあうまいこ~とルカちゃん。
暑苦しくグルーミングしあっていたと思ったら・・・


20130328m_l3.jpg 
やっぱり。お互いにうざくなってプチケンカになる。
「しつこいんだにゃあっ、りゅかちゃんはっ!」
「まいきょちゃん、うじゃったいおっ!」


20130328m_l4.jpg 
「こんの、毛玉にゃんこっ!」
「ぷよぷよにゃんこっ!」
・・・はいはい。そのうち家族でケンカしてる場合ではないと気がつくでしょう・・・

20130328lu4.jpg 
「りゅ、りゅかちゃん、新しいペンダントつけてもらったお」
あえて彼のキャラを打ち破るようなデザインにしてみました・・・



※Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp



k_h.jpg

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

キャラ、かぶってる?

20130322bio2.jpg 
「最近Linしゃんはヘンなものに夢中ににゃっててにゃ・・・なは」


20130322chi1.jpg 
「・・・・アレのことにゃね・・・」


20130322lu2.jpg 
「・・・にゃにがいいのか、りゅかちゃんにはわかんにゃいけど」



おまえたちにはわからないのか、
くまモンの良さが。


E3818FE381BEE383A2E383B3.jpg
MJ・・・どこに隠れたのかと思ったら、くまモンの中身になっていたか。これなら正体バレないもんね。
 

20130322bio1.jpg 
「・・・・なはっ。まーくんに似てるにゃ」


20130322mj2.jpg 
「・・・し、失礼にゃ」
どっちに失礼?


そして・・・
メロン熊のグレートさっ!


121004-2.jpg 
↑ あまりに凶暴なため、逮捕されたこともある前科者。
ご当地キャラお約束の「かわいらしさ」を徹底的にかなぐり捨てた、潔さ。


ミッキーマウスの1000倍、好き。どっちも。
寝る前にくまモンとメロン熊の動画を見て、のた打ち回って笑って、気持ちよく熟睡しています。


でも・・・
たしかにくまモンは誰かさんとキャラがかぶるな。


imgp6052.jpg 
に、似てるかも。

20130322mj1.jpg 
「・・・にゃ、にゃに?」


20130322mj3.jpg 
「・・・・・ごくり・・・・」

20130322chi2.jpg  
「ママ・・・失礼だってば」・・・・くまモンにでしょ?

本当に一時預かりのにゃんこが来るかもしれないので
先日ようやく懸案の和室の床をウッドカーペットに敷き換えた。
うさぎのズルチッコでバッチかったから、ずっと前に用意していたのに、今まで放置してました。
早くふすまも張り替えなきゃ。
破れたままだとよけいに猫たちがはがしたがるから。
くまモンとメロン熊で笑っている暇はないはずである。





※再度、拡散をお願いします。

札幌市内で、約60匹 の多頭飼育崩壊という事態に取り組んでいます。
http://ameblo.jp/may1119/entry-11479418872.html    「ねこたまご」




※Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp



k_h.jpg

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

白黒親子、がんばれ

毎晩・・・ルカちゃんが私の背中にすがり付いて、しくしくさめざめと
「あちょんで・・・」と泣くので、最近は必ず5分でもじゃらしで遊んであげるように。

Bioはキラキラボンボンボールを追いかけるのは好きでも、
じゃらしはいまだ苦手で、彼の面前で揺らしても怖がるばかりだった。
なのに、最近毎晩必ずジャラシが登場してまいこ~とルカちゃんが狂喜乱舞する様子に刺激されたか、
Bioもついにジャラシプレーに参戦できるように。

20130317bio2.jpg 
「なはなは・・・っ!」
この真剣な顔のかわいいこと。

20130317bio1.jpg 
「なっはーーーんっ!」



まいこ~とルカちゃんに加え、Bioも夢中で遊ぶようになったので、
私も必死にジャラシを振り回さないと不興を買うことに。
なんだか私の方がいい運動になって筋肉痛になりそう。

20130317lu1.jpg 
「あにゃにゃにゃにゃあぁぁぁぁぁぁっ!」
ルカちゃんは相変わらずテンポが・・・

20130317lu2.jpg 
「ちゅ、ちゅかまえたおっ!」
・・・ぜんぜんつかまっていないってば。

20130317mj3.jpg 
まいこ~はぐーたらして椅子の上から。
「こ、こんにゃのはにゃ」
ちょっと飽きてきたんだよね。

20130317mj2.jpg 
「おかにゃん・・・そろそろ新しいおもちゃ、買ってほしいがにゃ・・・」
ごめんね、母がビンボーで。
それに・・・

20130317bio3.jpg 
「なはっなはっなはっ!」
やっとばーおちゃんがこのおもちゃに目覚めたばかりだし。
ジャラシで遊ぶ楽しさを憶えてくれて嬉しいんだもん。 がんばったね。

20130317chi1.jpg 
「まったく・・・男の子たちって・・・単純にゃんだから」
ふふふ、ママ、ちぃちゃんの仏頂面、ダイスキ。かわいいんだもん。
ちぃやは自分もうずうずしているのに、絶対にみんなと一緒には遊ばない。
プライドが許さないんだもんね(笑)



さて・・・旧名:モノママ、新しいご家族のもとに旅立ってからの海ちゃん。
やはり・・・いまだキッチンの棚の中に篭城したままだそうです。

仕方ないと言えば仕方なく・・・情けないと言えば情けない・・・けど、
私が保護してからもしばらくは押入れの中、キッチンの棚の上から出ようとしなかったものね。
とにかく臆病な子だから、無理に出そうとするとかえって逆効果になってしまうし。
きっと安全な場所だととうにわかってはいるものの、新しいご家族とどう対応したらいいのか
戸惑っているままなんだろうな。

それでも、辛抱強く待ってくれている里親さんご家族には本当に頭が下がります。

モノママ、いや、海ちゃん、がんばれ。
おまえも辛いだろうけど、今はおまえ自身が頑張らなきゃ幸せになれないんだよ。
Linさんは毎日毎日おまえの幸せを祈っているよ。

20130316umi1.jpg 
送っていただいた最近の海ちゃんのショット。
棚の中を占拠するだけでなく、クッションも入れてもらってるのね・・・
頑張って出ておいで。



海ちゃんが勇気を出して、里親さんご家族に早く馴れることができるよう、
皆さまからの今一度の送念、よろしくお願いいたします。

20130317chi2.jpg 
「海ちゃん・・・頑張るんにゃ・・・!」




※おねだりBioちゃんの動画です。
ヤツは動いていてもイケメンだと確信できます。。。





※Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

悩める睡眠事情

以前、普通に2連休などで休めるときには、
日中しっかり3時間くらい昼寝をすることで、平日の睡眠不足を補っていた。
平日は・・・どうしても5、6時間しか睡眠時間がとれず、
その上、睡眠に当てる時間が短いのに、寝つきはいいけど何度も途中で目を覚ます、というのを繰り返すので、
はなはだ・・・寝た気がしない・・・
休日の長い昼寝ではものすごく満足感があって、それでなんとか帳尻を合わせてきた、という感じ。

今に始まったことではなく、もう20年もこんな状態が普通なので、
おそらく一種の睡眠障害だとは思うものの、真剣に何とかしようと悩んだこともないし、
第一原因の1つは、私の寝る環境にあると自覚していたし。


20130311lin1.jpg 
先週は何日も大雪強風の悪天候が続き、猫たちのゴハンや砂の仕入れのお買い物も決死の覚悟でした。
めったにお呼びがかからない「南極大陸観光ツアー」のジャケットを着こんでブリザードのなかに突入!
これなら目立つし、完全防水で断熱効果も高いので。
数ある冬の防寒着のなかでも、ついにLevel 5のお召し物。!
なのに。南極だってここまでひどいことはないのではないか、と思うような雪と風のなか、
真っ白になってやっとのことで帰宅したとたん、ぴったりと雪が止んだ・・・
私ほどの雨(雪)女はいない、と改めて確信した。

20130311chi1.jpg 
「ママ・・・あともうちょっと待っていたら、そんにゃLevel5のジャケットじゃにゃくてもよかったのに」
だって・・・ずっと荒れ模様が続くといっていたし、
ストックがないわけじゃないけど、補充の買い物はたまのお休みにしかできないし・・・


20130311mj2.jpg
「おかにゃん、おりぇの好きなカリカリ買ってきたきゃっ!?」
・・・あ、忘れた・・・

20130311mj1.jpg 
「・・・・・・・・・・・・・・ちょ・・・・・・・・・」



―うさぎと暮らすようになってから、急変しやすいうさぎから目が離せず、
彼らのいる部屋と遮断された寝室で眠るのが不安になって、
以来ずっとうさぎがいつもいる部屋に布団を敷いたり、
特に、体調のよくない子がいるときはその場所のソファで寝ていたから。
小さな異変にもすぐに気がつけるように、というのが主な理由だけど、
そのうち彼らの気配やちょっかい、私を起こしに来るのも楽しみな部分もあり・・・
私自身がそばに動物がいない一人寝が寂しいからなんだと思う。

ただでさえ途中で目が覚めやすい(つまり熟睡しにくい)というのに、
常に寝ている私のそばでは、もぞもぞがたがたこちょこちょべったりどすん!という状態なんだから、
これで熟睡できないのは当然と言えば当然。

でも、たしかにうさぎがいるときは、彼らのそばで、無意識に全身耳にして寝ていたおかげで、
異変にすぐに気がついたということは何度もあったので、それなりの意義があったことはたしか。
けれど、うさぎがいなくなって猫だけになってからは、
うさぎと違ってそれほど神経質になることもないのだからと、
それからはちゃんと自分は猫を遮断した寝室で寝よう、と一度は心に決めたのだけど・・・


20130313flo1.jpg 
それでもいくらか春も近づいてきているようで、
部屋の中の観葉植物はいくつか花をつけた。

20130313flo2.jpg 
ハナキリン?という名前だったか。
マトモなカメラもほしいな。これは私の超強力静電気のせいでズームレバーが動きにくく
ピントを合わせるたびにジーコジーコと変な音を立てるようになったFujifilm製のコンデジ。
昨年間に合わせに買った1万円未満のコンデジではこんな写真は撮れないもの・・・




でも、すでにずっと私と一緒に寝ていた千夜を締め出すのが気の毒で、
私も千夜がいない就寝は寂しく・・・
その上男の子たちときたら・・・私と一緒に布団に入るときの無邪気で心底嬉しそうな表情を見ると―
第一飼い主はいつも不在で、飼い主とゆっくりべったりできるのは唯一眠るときだけ、
というかわいそうな境遇を思うと―(←これは私の勝手な解釈w)
やっぱり毛物まみれで寝る習慣をやめることがどうしてもできない・・・・

20130311chi2.jpg 
「ちぃ・・・ママと一緒に寝れにゃいんにゃら、ぐれるんだからにゃ・・・いいのかにゃ、それでも」
・・・・・・・・・・・・・・・あぅ。

20130306lu3.jpg 
「りゅ、りゅちゃんだって、ままんと寝るときは声も出さにゃいでいるお」
・・・目を開けると、声を押し殺して、ままんのお腹の上で
うきゃきゃきゃきゃ!とはしゃいでる・・・嬉しくって仕方ない?




もちろん基本的には布団を敷いて寝るんだけど、
ところが、これまた毎回問題が発生。
押入れを開ける度に、「待ってました!」と言わんばかりに猫たちが押入れのなかに入り込む。
クローゼットやタンスもそうだけど、奴ら、いつもいつも待ち構えている。
とにかく、ああいう場所がやたらと好き。
なので、朝晩布団の上げ下ろしのたびに「出なさい!」という私の罵声が飛び交い、
抵抗する猫たちを引っ張り出そうと悪戦苦闘し―時間のない朝なんてほんとにいやんなっちゃう。

で、気合が足りない日は、押入れ攻防が面倒で、結局ソファ寝。
すると・・・
狭い座面で寝ている私の体に、布団以上にびっちりきゅうきゅうで3匹が密着。
途中でルカちゃんなどは完全に私の体の上に乗っかって寝るし。
寝た気がしないのは相変わらず・・・

20130311all1.jpg 
どうしてこうも猫は密着したがるんでしょう。
あ、あ、でも私も混ぜてほしい気が・・・

20130311bio4.jpg 
そのうち・・・3匹だけじゃなく、Bioも加わりそうなんだもん。
最近、ますます私にもフレンドリーになって、撫でたり抱っこしても、前ほど迷惑げな表情をしなくなった。

20130311bio3.jpg 
「・・・なは、Linしゃん、また調子に乗ってきたにゃ・・・気をつけにゃいとにゃ」
この子はやはり母猫と離して正解でした。
いつもモノママを頼りにして自分から1歩、ということができない子だったけど、
最近は特にまいこ~を頼りにしているから、必然的に私との距離も近くなった。



今年に入ってからほとんど連休もなくなって昼寝も十分にできなくなり、「寄る●波」のせいもあるんでしょう、
あまりに睡眠不足と疲労感が続くと、頭もボーっとして、しまいには口まで回らなくなってしまう。
これじゃあ持たないなぁ、なんとか質のいい睡眠を取り戻さなきゃ・・・と思っているんだけど、
どうせ寝室で寝ようとしても猫たちが入れろと騒ぐだけだろうし、でも毎日の押入れ攻防戦もうんざり・・・

となると、ソファ寝でももう少しマトモに寝られるよう、
この際ソファーベッドにしようか・・・・とも思うのだけど、
これまた、なかなかいいと思えるデザインや手の出る価格帯のものが見つからないし、
第一時間がないのでネット購入しか考えていないので、
となると、今のソファを大型ゴミで搬出する方法も考えなきゃならないわけで―あぁ、なんて面倒な!

―という煩悶をもう2年もしているような。
で、眠れない夜が繰り返されている・・・このままじゃダメだ、とわかってはいるものの。

20130313bio2.jpg 
「Linしゃん・・・トイレの中は静かでゆっくりできるんにゃよ・・・なは」
はーおちゃん、一緒に寝てくれる?




ソファーベッドにするかしないか、は別としても、
本当に早くソファーは代えたいと思っていた。
カバーをはぐと・・・実は座面はあちこちうさぎが渾身の力と情熱で掘って掘って掘りまくった穴だらけ。
ある日帰宅したら、うさぎがきらっきらの瞳で大興奮してスポンジを掘ってはとばしていた光景を見て―
怒る気力もなく、「すごいねぇ、おもしろかったかい?」とほめてやった記憶が。


2005_0614tepo1.jpg 
「あたちがソファ掘りうさぎ第1号のテポドンです」(2000~2007)

20100602for1.jpg 
「あだすが2号の炎龍(ふぉーろん)でつ。横にいるのはあだすの息子のまーくん」
(2007~2011)




そんなんで、シングルソファは早々に粗大ゴミで消えたけど、
トリプルソファは、これでもないと困ると思ってカバーでごまかしながら、もう10年近くもガマン。
うさぎがいなくなった今がチャンス、、、だけど、
いずれまたうさぎが登場したら、また同じことだろうと思うので、
と思うと、また躊躇と諦めが・・・・



※再度、拡散をお願いします。

札幌市内で、約60匹 の多頭飼育崩壊という事態に取り組んでいます。

http://ameblo.jp/may1119/entry-11479418872.html    「ねこたまご」




※Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp



k_h.jpg

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

キゲンの悪い朝

うちの子たちはほんとにかわいい。
美形ぞろいで体格もよくて、しかもみんな飼い主思いで優しいハートでできている。
・・・と、世界一の猛烈親ばか炸裂してみた。

が、時々、撤回したくなることもないわけではなく・・・
今朝も朝の5時から全員で爆走して、私に怒鳴られて
全員トイレとバスルームに収監されました。
ただでさえ寝起きの悪いことでは定評ある飼い主なのに、、、


20130306chi4.jpg
一番大興奮してジャンプしまくりなのが、実は千夜。
で、私に叱られると一番しまった・・・という顔をする。
「だって・・・ちぃ」



ほとんどの朝は、時間に関らず、私が寝ている間は静かにしてくれるのに、
どーしても10日に1回は朝っぱらの大運動会となってしまう。

で、私は猛烈にキゲンの悪い朝となり・・・
収監したみんなを出してあげた後もむかっ腹が収まらないので、
わざと目もあわせずだんまりを決め込んでいると・・

まず千夜が「ママ、ごめんね、ごめんね」と私の顔色を伺いながらしきりにまとわりつくので、
すぐにお許しをもらうことになる。


20130306chi3.jpg
「ママは怒りっぽいんにゃよぉ。世話が焼けるんにゃ」
・・・・なに?



で・・・まいこ~はむすっとむくれてる。
明らかに私に叱られた事に傷ついて、収監した場所のドアを開けても
その場所に座り込んでうなだれて動かない。
・・・こうなると、なんだかかわいそうなことをしたような気になってね・・・

思わず「まいこ~、おかにゃん、もう怒ってないよ」と抱きあげてしまうわけで・・・・


20130306mj1.jpg 
塞ぐまいこ~に、キゲン治してね、とちゅーしまくり。
「・・・・・ふふ・・・・」


20130306mj2.jpg 
「お、おりぇ、おかにゃんのおかげで朝からキゲン悪くにゃったぜ」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・先にキゲン悪くしたのはおかにゃんですけど。




ルカちゃんは・・・
そもそも自分が何か叱られるようなことをしたという自覚もないから、
反省 というそぶりはまったくなく、ただただ怒る私が怖くてびくつくだけ。
でも、もう怒っていないとわかると、、、お得意のコロンコロンで・・・


20130306lu1.jpg 
「まま~ん・・・朝っぱらから怒ったら、だめにゃんだお~」
・・・・またキゲン悪くなりそう・・・

20130306lu2.jpg 
「まま~ん・・・眉間にお怒りマークがまだ出てるお~」
・・・・・・・・・・・・・・・



Bio?

・・・ヤツはトイレに閉じ込められた直後から、
「出せ」となはーん!なははははーーーーん!とずっと鳴き続けているのです・・・
それがうるさいんだよ、と言っても、なおのこと「ひどーい!なはーーーーん!」と。

で、ドアを開けると・・・

なぜだかとってもすがすがしい笑顔で悠々と出てくる・・・


20130306bio1.jpg 
「なは・・・Linしゃん、朝っぱらからうるちゃいんだから、もお」


20130305bio2.jpg 
「で、Linしゃん、ニャンで朝からキゲンが悪いんにゃろ~」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・もう、いい・・・・・・・・・・・・



今日はBioの爪切りを。
怖がってぶるぶるだけど、絶対に引っかいたり、無理に逃げようともしない。
いい子ちゃんだ~ 

朝になはーん!と鳴かなければ、もっといい子ちゃんだ。


20130305bio4.jpg 
「え?ボクしゃん、鳴いたことにゃんかなにゃいです。なはっ」
・・・・自覚なさそう・・・


20130306chi2.jpg 
「ばーお・・・男のくせにおしゃべりにゃん・・・」


今晩は目覚ましが鳴るまでしっかり眠れますように。

じゃないと、またみんな夜はケージレストに戻ってもらう!





※Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp



k_h.jpg

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

ひきこもりのまいこ~

モノママ・・・もとい「海ちゃん」の旅立ちを喜んでいただき、ありがとうございます。
大人の女性ばかりのおうちだから、きっと海ちゃんも落ち着いて過ごしていることでしょう。

あれから・・・私もなんだかほっとするやら寂しいやら
(帰宅すると、いつも男の子たちは気まぐれに玄関先に迎えに来ていたりいなかったりだけど、
千夜と海ちゃんだけは律儀に三つ指付いて「お帰りなさい」をしてくれました)、
でも、その後今日まで仕事が忙しく、帰宅も深夜続き・・・
たくさんのお祝いのコメントやメールへのご返事、これからになります。ごめんなさい。


20130303all1.jpg 
↑ さらに仕事関係の友だちとのお付き合いもあり・・・もうへとへと。
Linさん、飲めないのでウーロン茶で乾杯。


そんなんで海ちゃんとBioが主に使っていた部屋の片付けも今日まで後回し。
海ちゃんのにおいのするものはさっさと片付けた方がみんなも落ち着くだろうと思っていたのに、、、
Bioが「ママがいにゃいお~」と鳴き続けるのはしばらく仕方ないと踏んでいたんたけど、
・・・まいこ~のおちこみ方が激しく、ちょっとかわいそうでした。



20130303bio7.jpg 
Bioはしつこく、「ママはどうしたんにゃ?」としつこくなはなは私を責めていたけど、


20130303mj1.jpg 
「お、おりぇきゃ?おりぇはいつも通りだがにゃ・・・」
まいこ~はBioのように鳴いて探し回ることはしないけれど、
いつも海ちゃんの定番の隠れ場所だったキッチンの棚のなかにこもって
ぜんぜん出てこなくなっちゃった・・・


20130303mj2.jpg 
私にしつこく甘えることもせず、ずっと海ちゃんのニオイのする場所で一人でしんと静かに。
この子は私に聞くまでもなく、自分の母猫がどうなったか、ちゃんとわかっているようです。



まいこ~にとって、海ちゃんはナンだったのか。
おそらく、母とははっきり認識はしていなかったと思うけど、
でも、格段に特別な存在には思っていたようだ。
そして、海ちゃんも。
海ちゃんにとっても、まいこ~があの時回収し損ねた乳飲み子のわが子だなんて
わかるはずがないと思うけど、けれど・・・彼女もまたまいこ~をとても特別視していた。

もう私以外にはほとんどべったりし合うこともない成猫のまいこ~が、
小さな体の海ちゃんに心底安心しきった表情で身を寄せ、
自分の倍はある大きな体のまいこ~を、海ちゃんがそれはそれは・・・愛しげに抱き寄せていた光景。
今にして思うと、つかの間とはいえ、生き別れの親子が再会して、睦まじく暮らせたのはよかったと思う。
でも・・・すっかり忘れていただろう肉親の温かさを思い出し、
今またこうして2度目の別れの悲しみを体験させたのはかわいそうだったかな・・・

ヨモママ親子―ルッコラさんとルカちゃんもそうだった。
こちらもルカちゃんが2,3ヶ月の頃に私が保護してきたんだから、
お互いに記憶なんかしていないと思っていたのに、いつもいつも親子一緒、
Cibaがいたときは親子3匹というユニットでくっついていた。

本当に動物たちは人間が思いもよらない展開を見せてくれる。
人間なら、赤ちゃんの時に別れたわが子を、20歳になった姿ではわからないと思う。
でも彼らからすると、成長後のわが子がわからなくなるニンゲンて、
なんて下等な生きものなんだろう、と思っているかも。



20130303bio2.jpg 
さ、もう誰もばーおちゃんのピンクのお鼻をなめてくれないよ。
・・・ふふふ、Linさんが拭いてあげるよ。
「・・・・や・ん・だ」

20130303bio3.jpg 
でもBioも昨日の夜くらいから落ち着いてきて、いつもみんなと一緒の場所で過ごすように。
「な、なは・・・」

20130303mj3.jpg  
まいこ~も棚のなかの引きこもり、今日にはしていません。
ようやく吹っ切れたかな・・・
「お、おりぇだっていつまでも塞いでにゃんか」

20130303c_l1.jpg 
ちぃやとルカちゃんは、しょんぼりしていたのは翌日までで、すぐに元気に。
「にぇ、ちぃちゃん」
「にゃ、、、」

20130303mj7.jpg 
今日、あちこち片付けていたら、昔うさぎの男の子にともらった服が。
まいこ~に着せてみた。。。まったく抵抗なし。

20130303mj8.jpg 
まいこ~には小さい。半ケツ。
本猫、嫌がりもせず馴染んでいる様子だけど、Linさんの趣味じゃない・・・
ワラっておしまい。
いつかじじにゃんになったとき、ちゃんとカッコイイの着せてあげるから。半ケツじゃないサイズのを。



20130303lu1.jpg 
「・・・・・・・・・」ルカちゃん、まいこ~の姿に息を呑む。


20130303chi2.jpg 
ついでに千夜にも着せてみる・・・
WWWWWWWWWWWW・・・・・・!!!!!
あ、ちぃ、怒ってる?
やっぱり猫に服、というのは猫の美しさを阻害するだけだ、と思っちゃう。
だいたい、そのデザイン・・・

20130303lu2.jpg 
「・・・いひっ・・・ふにゃ・・・いひひひひひひ」
ルカちゃんに着せようか、と想像しただけでお腹がよじれそうになったので、こっちはやめた。



さ、一昨年の7月に開始した野良猫ファミリーの一斉検挙・・・じゃなく、一斉保護と縁探しプロジェクト。
やっと・・・ここまできました。
残るはBioだけです。

この子・・・当初から私の一番のお気に入りで、きっと早くに縁付くだろうと踏んでいたのに、
予想外に一番最後になっちゃいました。
でも、大丈夫。きっと、みんながびっくりするくらいの良縁が絶対にある。
こんなにかわいくてかっこいい、若い子なんだもの。


20130303bio5.jpg 
この目線が。
「ボ、ボクしゃんだってキメルときはキメルんにゃ。な、なは」

20130303mj9.jpg 
まいこ~も元気出して。
きっと海ちゃん、Bioとまいこ~のことを心配しているよ。



と、あとはBioにいい縁談が来るのを待って、
タケルがなんとか退院して、行方不明のクロを見つけて迎えたら、これで私も元の生活に戻れる、
MSの管理組合の白い目からも逃れられる、
やっと少しのんびりできるかな、またうさぎを迎えるんだ~    と思っていたら・・・


ご存知の方もいるかと思いますが、
札幌市内で、36匹+α の多頭飼育崩壊という事態が発覚。
http://ameblo.jp/may1119/entry-11479418872.html    「ねこたまご」


普段から個人で乳のみ子猫の保護をしている方お二人が中心になってレスキューが開始されています。
上記ブログの拡散をぜひよろしくお願いいたします。


この頭数ですから、あらゆるカタチの支援が必要なはずです。
子猫たちはすぐにも貰い手がつく見込みがあるけれど、
いずれたくさんの成猫の行き先に苦慮する事態になるかも。
成猫の一時預かりなど、もしそんな支援が必要になったら、私も何匹か預かることにしようと思っています。
まだタケルの病状が思わしくなく、タケルにお金がかかる状態なので、
今の私にできること、そしてタケルにご支援いただいた方々への、形を変えたご恩返しになれば、と。




※Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp



k_h.jpg

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR