プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

さようなら、海ちゃん!

猫というのは・・・侮れません。

私はいつも通りにしているつもりなのに、
すでに夕べから千夜がおろおろ哀しげに泣き出し、落ち着かず家の中を行ったり来たり。
モノママは・・・逆にいつも以上にしんみりと落ちついているし。
男の子たちはその点「?」という調子だけれど、女子猫はやはり鋭い。



20130226all1.jpg 
夕べ、親子3匹での最後の時間を過ごし・・・


20130226mono4.jpg 
モノママ、明日はいよいよ本当の家に出発だからね、と折りあるごとに話し・・・
「わかってますってば・・・」


20130226ab1.jpg 
そして今日、里親さんが迎えに来てくれました。
モノママの息子のまいこ~の大きさにお二人ともびっくり。


わかってもわからなくても、と話して聞かせることが、
実はほとんど正確に伝わっているということなのか、とさらに驚いたのは―


とにかく、気の毒なほど臆病なモノママ。
今日初対面の里親さんにお会いした直後に、おとなしくキャリーに入ってくれるかどうかというのも危ぶまれ、
タクシーと地下鉄を使っての約1時間の道のり、
場合によっては泣き叫ぶどころかパニックを起こして危険なのでは、とハラハラしていたというのに―

まったくおとなしくキャリーに入り、
ほとんど鳴かず騒がず、怒り狂うこともなく、必死に恐怖に耐えながら、
1時間もの行程を頑張って耐えてくれたのです。

どう考えても、ここ数日彼女に「新しい本当の家族が迎えに来る」
「Linさんが新しい家に連れて行くから」という話を、彼女が正確に理解していたとしか思えない・・・!
それが、自分の意思でどうにかなることではなく、
こうなったら私の判断と新しいご家族に身をゆだねるしかない、
ここで騒いで困らせてはダメなんだ、と―



20130226mono3.jpg 
やっと到着。生まれて初めての長距離移動、初めての地下鉄、初めての雑踏―
よくぞよくぞ頑張ってくれました。えらいぞ。
「はぁ、はぁ、あ、あたし、頑張ったわ・・」
緊張して、まだ怖がってはいるけど、怒ってはいない。

20130226mono1.jpg 
「・・・ここは・・・」
そう、ここが今日からモノママの新しいおうちだよ。
新しいお母さんと、優しいお姉さんが3人もいるおうちだから、寂しいことなんか一瞬もないはずだよ。 



なんだか、こんなに頑張ってくれたのは、モノママの私への最後の孝行のような気がしてきた・・・
彼女がこんなにこらえて頑張ってくれるなんて。
1年前、保護してつれてきた当初は、私の顔を見るたびシャーシャーしてたのに。
本当に驚くやら、切ないような。


20130226ab2.jpg 
モノママのケージの前でお母さん・お姉さんと。

20130226ab3.jpg 
お仏壇の前に、先代猫みーちゃんの遺影が。
・・・モノママそっくりです。驚きでしょ?
みーちゃん亡き後哀しみに塞ぐご家族を心配して、みーちゃんがモノママを招いたくれたのかも・・・

すぐになつかなくても大丈夫、そばにいてさえくれれば・・・とおっしゃってくれるご家族。
きっとモノママは、予想以上に早くご家族に甘えるようになるな、と確信。
お二人には一度もシャーッもしないし、
ご家族の方が私よりずっとずっと永年猫と暮らしてきて、猫の気持ちをよく理解されていると思うから、
私の元にいるより何倍も心安らかに過ごせるはず。

本当に、猫神様でもいない限り、こんなご縁はありえない!

モノママに「さよなら、早くLinさんのことは忘れて、幸せになってね、海ちゃん」と告げて別れました。

そう、モノママはすでに新しい名前をもらっています。
海(うみ)ちゃん
若くして他界されたお父様のお名前から一字いただいたのだそうです。

こんなに望まれて、こんなに愛しく大事に思ってもらえる場所に送り出せる日がくるなんて。
・・・真冬、吹雪のなかでもあの家の玄関先で震えながらゴハンを待っていた姿、
-10℃の極寒の夜、プラスチックの犬小屋のなかで、背中に雪を被りながら家族と身を寄せ合っていた姿、
子どもに死なれた翌日、放心したように遠い目をして立ちすくんでいた姿、
背中の黒い被毛の上に、雪が散らばっては溶けていく様子を、ただただ胸が潰れる思いで見ていたっけ。
それが、こんなに嬉しい日が来るなんて。
嬉しいけれど、彼女のこれまでたどってきた辛い日々を思うと、なんだか胸がいっぱいになって、
帰りの地下鉄とバスのなかではずっと唇を噛んでいました・・・



20130226mono6.jpg 
先ほどいただいた海ちゃんのショット。
ご家族全員とも対面した後とのことですが、落ち着いてるって。
うん、この顔なら大丈夫。


20130226bio1.jpg 
帰宅すると、やっぱりBioがママを探して鳴きっぱなし。
ま、今晩くらいは好きなだけ鳴きなさい・・・


20130226chi1.jpg 
夕べからわかっていただけあって、千夜は妙にしゅんと静か。
「モノママちゃん、幸せににゃるんだもん・・・」


20130226lu2.jpg 
ルカちゃんも、今晩はおもちゃで遊んでと催促もせず。
「モノママちゃん・・・行っちゃったんだにぇ・・・」


20130226mj1.jpg 
一番静かなのはまいこ~。
おかにゃんは、やっと約束を果たしたの。おまえのママを幸せにするっていう約束を。
「・・・お、おりぇ、わきゃってる・・・」


海ちゃん、幸せにね。
Linさんはこれからも一生、おまえをかばい続けるよ。


テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

モノママが旅立ちます

初めてモノママを見たのは、まだ生後2,3ヶ月のヨモママ、クロ、
そして当時健在だった他の白黒やグレー配色の兄弟たちと一緒に、
あの家の庭先で遊びながらゴハンを待っていた姿。

同じ年恰好の子猫たちの集団だから、これまでずっとヨモママとクロとモノママは兄弟なんだと思っていたけど、
モノママとクロはともかく、ヨモママは同腹の姉妹ではなかったような気も最近はしている。
ママたち自身とその子どもたち、まったく似ているところがないからね。
でも、その後他の兄弟たちが1匹2匹と姿を消していっても、
モノママとヨモママ、クロの3匹だけはいつも一緒だった。

クロとヨモママは当時からとても人懐こくて、草を摘む私にじゃれて遊びを仕掛けてはしゃいでいたけど、
モノママはその後ろを目立たないようにそっと付いてくる感じで、
2匹に比べるとこの子はかなりシャイな性格なんだなとすぐに気づいた。
それでも平気で私にじゃれるクロとヨモママの勢いに借りるように、
喉を鳴らして私の手にスリスリしてきた。

その頃から・・・他の子に比べても器量が悪くて、、、苦笑するような思いで見ていたっけ。


20130223mono4.jpg 
「Linさん・・・また昔のことを。最近しつこいんじゃないですか?」
まあまあ、モノママ。



それから2年後、思いがけず彼女の初産の子猫を拾って育てることになり(まいこ~)、
そして彼女のほかの子猫を2年にわたって次々と保護しては里子に出し――
意外にも彼女とは因縁深いものがあったようで・・・

モノママ自身をも保護しなくてはと思う頃には、
一番器量が悪くて、臆病でシャイで損な役回りのこの子を、
実は一番かばいたい気持ちが強くなっていた。
というのも、私が引き取ったり里子に出した彼女の子どもたちが、みなとても性質のよい子たちで、
おおらかで心優しい猫に成長している様子を確認するにつけ、
こんなに素晴らしい猫たちを私たち人間に授けてくれたモノママに
なんとしても恩を報わなきゃならないと思うようになったから。
それに、子猫を保護して里親に出すという私の行為も、
モノママにとっては、大事に大事に育てていた子猫を残酷にも奪い去られたという認識だろうし、
その哀しみにも報いらなくてはならないと強く思ったから。



20130223mono1.jpg 
「Linさん・・・器量が悪いって、もう何回言いまして?」
もうちょっとガマン!    
・・・モノママのオテテ、かわいい。いつも彼女はこうしてオテテをちょこんとそろえるの。


でも・・・こんなに器量と要領の悪い子では、誰ももらってくれないんだろうな・・・
他の子はみんなもらわれていっても、きっとこの子は最後まで里親さんが見つからないだろう。
あきらめずにいつまでも募集はするけれど、でも、それで見つからなくても私がこの子の一生を引き受ける、
そんな覚悟でモノママを保護した。
ただ、子猫を奪ったカタキの私の元での一生、というのはそれまた不幸なことだと心を痛めていたけど。

それでも、少しずつ厚い氷の表面が溶けて潤ってくるように、
モノママは私の元に来てから少しずつ変化していき・・・
いつのまにこんなに穏やかな表情のかわいい猫になったのか、と私自身も驚いていたら・・・



20130223chi1.jpg 
「・・・にゃにっ!?ママ、ほんとにゃの?」



このたび、モノママは「ぜひに」と望まれて、ようやく終の家に旅立つことになりました。

ついに、本当の家族が見つかったのです。
そのご家族がずっと大事に慈しんできて20歳で見送ったという先住の猫ちゃんとモノママがそっくりで、
そのご家族にとっても、モノママとの出会いは「運命」と感じていただいたようです。

ほんと、まさに運命の出会い。
こんなことってあるんだ・・・

モノママに出遭って5年近く、
私が保護してから1年。
Bioよりも先に本当の家を見つけるなんて―猫神様は見捨てていなかった。


20130223chi3.jpg 
「そうにゃんだ・・・いよいよモノママ・・・」
ちぃの唯一の女友だちがいなくなっちゃうから寂しいだろうけど、
でも信じられないほどの良縁。ちぃも喜んであげてね。


20130223m_b1.jpg 
こうして息子たちとべたべたぬくぬくできるのもあと少し。


20130223mj1.jpg 
「えぇぇっ!モノママ、行っちゃうにょきゃっ!」
あんたたち親子は生き別れになったあと、オトナになってから再会して1年も一緒に暮らせた。
ちょっぴりいいことしてあげたと思っているよ。



20130223bio1.jpg 
Bioもこんなにオトナになるまで、モノママの子どものなかでは一番長くべったり過ごせたんだから・・・
Bioもいよいよ本気で親離れしないとね。  「なは?」


20130223lu1.jpg 
「そうにゃんだ・・・モノママちゃんも行っちゃうんだ・・・」



20130223mono2.jpg 
モノママ、やっと・・・やっと本当に幸せにしてあげられるときが来たよ。
おまえを幸せにしてあげられるLinさんが一番幸せかも。



モノママとはいろいろあったなぁ。
いつもいつも身を固くして、ぶるぶる震えて怯えていた、小さな猫。
ずっと私を怖がり、にらみつけていた猫。
どの子よりも、モノママがゆったり満足げにしている姿を見るのが一番ほっとできた。
なんだか胸がいっぱいになります・・・

ずっとモノママの行く末を気にかけ、応援してくれていた皆様にもお礼申し上げます。
無事に早くモノママが本当の家とご家族に馴れるよう、今しばらくの祈りをお願いいたします。

次の火曜日に、モノママはこの家を出て行きます。


20130223mono5.jpg 
たくさんの素晴らしい子どもたちを産んでくれてありがとう。
これで少しは罪滅ぼしと恩返しになるかな・・・





※Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp



k_h.jpg

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

保護主の苦労の甲斐あって

20130220mono1.jpg 
先日・・・アタシのデビュー前の写真に驚愕した皆さま・・・
アタシ、たしかに美猫ににゃった、プチどころではにゃい整形をしたのでは?と皆さんから言われてますけど・・・


20130220mono3.jpg 
はっきりおことわりしておきますが、けっして整形手術ではにゃく!
Linさんがわざとブサイクな写真を選んだからですよ。

20130220mono4.jpg
アタシは元から美猫にゃんですよ・・・ふふふ・・・




いや、そんなことないです。
当時、どれだけモノママの写真を撮っても、みんなほとんどあんな顔ばかり。
10枚中1枚をやっとの思いでUPしてたんだから。
お世辞にもかわいいとは言いがたい容姿に「先行き絶望的」と思っていた。
ほんとにこんなにいつの間にか美猫ちゃんになってくれるなんてねぇ・・・
あぁ、やれやれ、助かった。
保護主としては、やっぱりみんな心からかわいいと思える器量であったほうがありがたいもの。



20110729mono1_20130220232943.jpg 
↑ これでも人道的配慮から苦労して選んだ2011年夏当時のモノママ。  ね?



20130220mono2.jpg 
「・・・・・・・・・・・・そんにゃ昔のことを」



モノママが美人ちゃんになったのは、守らなきゃいけない小さな子どももいなくなって、
寒い思いもひもじい思いとも無縁で、心配ごとがなくなったからだと思う。
心に余裕がある、という表情だものね。
うちにきてこんなにかわいくなってくれたのは、私にとっても少し鼻が高いこと。

20130220chi1.jpg 
「ま、ちぃの次に美猫、ということにしておいてもいいにゃ」
あんまり「よっちー、かわいいねぇ」と連発すると、ちぃがむっとしちゃうので。


20130215bio4.jpg 
「ママがかわいくにゃったんにゃらよかった・・・あのままだと―なは」
息子のBioにとっても自慢の美しいママになってよかったこと。



先日、久しぶりに猫先輩のakikoさんが遊びに来てくれて・・・



20130220a_mj1.jpg 
「まいこ~、久しぶりだねぇ」
「おっ、akikoさん!」


20130220a_mj2.jpg 
「ますますでかくてぽよんぽよんだねぇ」
「おりぇの勝手にゃろ」


20130220a_mj3.jpg 
「おかにゃん・・・笑って写真とってにゃいで、そろそろ助けてくりぇや・・・」



やっぱりakikoさんは猫使い。
おみやげのじゃらしを魔法使いのマジックタクトのように振るうち、
千夜もルカちゃんも出てきて、さんざんめいっぱい遊んでもらいました。



20130220lu1.jpg 
「あにゃあぁぁぁぁっ!」
ルカちゃんも大興奮。ちと恥ずかしいくらいのはしゃぎよう・・・

20130220mj2.jpg 
おお、まいこ~。豹柄がよくお似合いね。
「早く助けてくりぇってば」



今、特にまいこ~とルカちゃんがお土産にいただいた豹柄じゃらしに夢中で、
いつも2匹が私の足元に持ってくるので、今、私の足に絡み付いてます・・・

 
20130220mono5.jpg 
モノママもちょっぴり刺激されたのか、あとでひっそりと一人で遊んでいました・・・




※モノママ、Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp



k_h.jpg
おりぇがクロ               で、          ぼくちんが はっちゃん



テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

吼えてませんから

 元が頑丈にできているので、今回の風邪は寝込むことなくなんとかやり過ごすことができました。
ちょっと咳が残っている程度で、もうなんともない。
風邪薬のおかげで仕事中、睡魔と闘うのが一番しんどかった。

これから1年間は風邪を引かないように頑張ります!

20130215lu1.jpg
「じゃ、ままん、あちょんでお」
無心は無敵  と思わせるルカちゃんのこの眼差し・・・


20130215mono2.jpg 
「でもLinさん・・・まだ時々ゲホゲホしてるじゃないですか」
もう胸も痛くないってば、モノママ。


20130215chi1.jpg 
「そうにゃ、ママ。急にげほげほされるとちぃたち、びっくりしちゃうんにゃ」
・・・女子猫はいちいち・・・もう・・・


20130216c_l1.jpg 
「ルカちゃん、ママに遊んでとおねだりするのはだめにゃよ。
しっかり寝にゃいと咳が治らにゃいんだから」
「・・・え・・・」

20130215lu2.jpg 
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ルカちゃん、こぼれ落ちそうだよ。



動物は人間の咳を「吼えている」と思うらしい、と聞いたことがあります。
犬などの吼える声にとてもよく似てるんだとか。
私が咳をすると、特にうさぎは猫以上に怒ってた。
床をバンバン後ろ足でスタンピングして「うるざいっ!」と叱られたものです。
なので、いつも咳をするたび「すみません」とぺこぺこしてました。

うさぎに比べると猫たちは・・・
特に気にする子と、いちいち反応しない子とさまざま。

意外なことに、一番体格のいいまいこ~とBioが咳に一番びくつく。



20130215mj1.jpg 
「お、おりぇ、おかにゃんが咳をすると、にゃんだか怒られてるような気がしてにゃ」
まいこ~はすぐにケージの天井(高い場所)に避難しちゃう。


20130215chi2.jpg 
「まーくん、大丈夫にゃ。ママに敵意はにゃいから」
「そ、そっきゃ?」

20130215bio3.jpg  
「なは・・・Linしゃんがまた吼えてるにゃ・・・ボクしゃんも避難したほうがいいかにゃ・・・」
Bioもいちいちびくつく。

20130215bio1.jpg 
「にぇえ・・・ボクしゃんもそこ(ケージの天井)に上がってもいいかにゃ・・・」

20130215chi3.jpg 
「・・・定員満杯にゃ・・・」


20130215bio2.jpg 
「・・・・・な、なは・・・・むっ・・・・」


20130215bio5.jpg 
「にゃんだよ、けちんぼ・・・なっはーんだっ!」
この日、Bioは初めて千夜に口ごたえをするという快挙を成し遂げる。
見直したよ、ばーおちゃん!




女子猫は、けっして怖がるわけではないのだけど、
やはり咳をするというのは異常なことだ、と感じるらしく、
心配性の千夜は、私の咳が治まると、かなり怖い顔をして走り寄ってきて「ママ、やめてよ」と。
咳が不快に聞こえて、何かの異常のサインだと感じるのは間違いないらしい。


20130215chi4.jpg 
「・・・っとに、早く治してくれにゃいと・・・」
す、すみません・・・やっぱり猫にもぺこぺこしちゃうのか。

20130216mono2.jpg   
「Linさん・・・いいトシにゃんですから、健康管理はしっかりしてくださいよ・・・」
モノママは心配と戸惑い半々という表情でじーっと私を見る。
うちの母みたいなこと言わないでよ。


20130216mono1.jpg 
「え?最近あたしのオメメが大きく見えるって?
・・・Linさんをにらまなくなったので・・・元は大きなぱっちりオメメなんですから」




余談ですが、
モノママ、うちに来てから・・・そしてさらにここ数ヶ月の間に
プチ整形疑惑が持ち上がるほど美人ちゃんになったと思いませんか?

私に対しての心境の変化のせいです。
こんなに表情が変わるものなんですね。
猫も人も、穏やかな心でいないと美人ではいられないということか。

ちなみに・・・
これがまだ外暮らしをしていた頃のモノママ。
    ↓

20110729mono2.jpg  
これでもこの頃は私にもべったりで、私のバッグにもスリスリ、最大限にイイ顔してるはずなんだけど・・・
この目つきの悪さ・・・どうしようかと思ったものでした・・・
こうして見ると、モノママも丸々太りましたね~

20130215mj3.jpg 
「お・・・ちょっと引いちゃうにゃ・・・」
自分の母親でしょ。

最後に・・・ルカちゃんの反応を。
空気を読めない猫は、こういうときトクをします。
ヨモママ一族の特性。天然に勝る強みなし。


20130211lu1.jpg 
ルカちゃんは一切感じない、動じない、気づかない・・・
「にゃん?にゃにか問題でも?」
こういう子が一番気楽と言えば気楽・・・


20130215mono1.jpg 
「もう・・・Linさん。それ、あたしのデビュー前の写真じゃないですか・・・」
ごめんね、もう許可なしには出さないから。



猫たちに怒られないよう、早く完全に治すようにします。





※モノママ、Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp



k_h.jpg
おりぇがクロ               で、          ぼくちんが はっちゃん



テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

肉湯たんぽだらけなのに

世間は連休のようですが、やっと今日だけ休日。
・・・なのに、風邪を引いて1日寝込んでいました。
もったいない・・・
先日滑って転んで痛めた足もまだ治っていないというのに。

たいした熱でもないので、少々動き回っては、辛くなると薬を飲んでソファでごろ寝。という繰り返し。
喉が渇くのでガリガリくんを3本も食べた。(←いいのか、そんなことで)

体調が悪いことをいち早く察する千夜はいつも私を心配げに見るけど、
そのほかの子たちはぜんぜんおかまいなし。

20130211lu2.jpg 
「まま~ん、今日おうちにいるんならあちょんでぇぇぇ」
泣き落としのルカちゃんがおもちゃを持ってきて催促するし。


20130211lu3.jpg 
「あにゃっふにゃっ!」
・・・あと、どれくらい・・・?


20130211chi1.jpg 
「ママ・・・ルカちゃんにつきあうことにゃんかしにゃいで、ネンネしたらどうにゃ?」
・・・そうですね。




でも、意外なことに、モノママが心配げな顔で私のそばにいる。
このごろは私をにらまなくなったし、たまに体をすり寄せてきたり、
「よっちー」と呼ぶと、たたた・・・と小走りに寄ってきたり、とみに人気が高まってきている彼女。
やっぱり女の子は観察眼が鋭いのか、私が体調不良であることに気が付いている。



20130211mono1.jpg 
「Linさん・・・だって、今晩の猫缶開ける前に死なれたら困るじゃないですか・・・」




しかし・・・いつも年末年始の頃に風邪を引くのに、今期はその時期を無事にやり過ごしたので、
このまま春まで引かなかったら、丸1年風邪を引かなかったことになる、と自信を強めていたのに。
その過信がアダになったか。
ともかく、明日からも仕事なんだから、真剣に治さなきゃね。


20130211mj2.jpg 
で・・・ソファで横になると、うちの子たちが次々と。
まず、まいこ~。ぎゅう~っとお尻を顔に押し付けて・・・
彼は初め、まずしつこく私の顔をなめまくる。
特に目頭を重点的に、魚臭い舌で。メヤニを取ってあげたいらしい。・・・えらい迷惑。

20130211lu5.jpg 
「りゅ、りゅかちゃんだって、ままんのことを心配してるんだお」
真剣な顔つきで寝ている私の元へ走ってくる。


20130211lu4.jpg 
「にぇ?ママの足を暖めてあげてるにょ」
ルカちゃんは必ず折り曲げた私の膝の後ろに陣取る。(このあと毛布の中に入り込む)



20130211chi2.jpg 
で、千夜は必ず私のお腹の横に。
千夜も最初のうちは毛布の中。暑くなると出てくるらしい。


20130211mj3.jpg 
「あぁ~ん、もう起きるのきゃあ?」
ばっちいオテテを人の顔に押し付け・・・

20130211mj1.jpg 
「にゃ?おかにゃんがどれだけあったかくして寝てるきゃわかっにゃろ?
おりぇりゃの愛情布団てんこ盛りにゃ」
・・・・肉湯たんぽ3個はゼータクですよね・・・

20130211bio5.jpg 
「・・・Linしゃん、そんにゃ寝方してるから風邪を引くんにゃよ・・・」
―おだまりなさい。




実はトイレにも肉湯たんぽが常備されてて・・・


20130211bio2.jpg 
ばーおたんぽ!
「なはああっ!」


日中はトイレにこもることがお気に入りのBio。
私がトイレに行くたび抱っこされてます。

Bioももう抱っこされても逃げようとしないし、怯えたりもしないんだけど、
これがトイレ以外となると、ささっと逃げちゃう。
「抱っこはトイレ限定」と勝手に決め付けている感も・・・


20130211bio3.jpg 
「・・・ここに居座るには抱っこされても文句言えにゃいんだ・・・
きっとそういうキマリにゃんだ・・・」
・・・そういう意味ではないんだけど。


20130211bio1.jpg 
Bioは本当に情けないほどおとなしすぎるけど、そこがまたチャーミング。
こんなマッチョ猫なのに、ノミの心臓。
「なは。またほめられたにゃ」

20130211mono2.jpg 
「Linさん、などと遊んでいないで、おとなしく寝ていたらどうなんですっ?
猫缶タイムまであと少しなんですからっ」
・・・モノママが私にイラついています・・・

20130211chi3.jpg 
「ほんとにゃよ、ママ。その咳、ちぃだって耳障りにゃ」
へーい・・・


お宅の女子猫も、飼い主をとがめるような表情、する?
なんでいつも私は女子猫に叱られるんだろう・・・




※モノママ、Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp



k_h.jpg
おりぇがクロ               で、          ぼくちんが はっちゃん

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

アブトロニック1万回相当

まいこ~の右目はどうやら治ったようです。
多分・・・目に入ったゴミが長時間取れない、といったような感じだったような気が。

20130206mj3.jpg 
目を見せてごらん、まいこ~。
「うりゃっ」
・・・ほんの少し、まだ完全にパッチリできていないような。




ともかく、通院とまでは行くような状態にならなくて、ほっ・・・
やだよ、7kgもあるまいこ~担ぐなんて。


20130206lu3.jpg 
「りゅ、りゅかちゃんだって。にぇ?」
めくちょ大王は相変わらずだけど。




それよか。。。

おととい、仕事の帰りに滑って転んだ。
4,5年ぶり。ずっと転んでなかったのに・・・(度胸がないので慎重)
でも、ゆるくずるっとしただけで、どこも打たなかったし、やれやれ・・・と思ったのもつかの間。

で、昨日の翌朝、バスに乗るときにまた滑って転んだ。
なんで連続して?あまりの意外さにびっくり。


でも、このときもずるっとしただけで、軽く尻餅ついただけで無傷。
だけど・・・にしては変な気がした。
なんか妙に下半身に力が入らなく―
そしたら、夕べから両太腿がバンバンに張って筋肉痛。
転ばないよう、普段使わない場所の筋肉を瞬時にめいいっぱい使ったんでしょう。しかも2回も。
1度目ですでに筋肉疲労となっていたところへ、ダメ押しの2度目。
それで2度目はもう力も入らなくなっていたらしい。
今日は歩くのも支障が出るほど痛い。
・・・2度連続して転んだのも意外というのに、なんなの、この情けない後遺症は。

たった2回で、アブトロニック1万回相当の威力だったようで―
胸を張れるほどの運動不足ということね。



20130206chi2.jpg  
「ママ・・・そのドンくささは」



20130206mj1.jpg 
「ねいにゃん、それをいっちゃだめにゃ!」


20130206mono1.jpg 
「でも、坊や、本人の自覚というものが身を守るということもいえるんですよ」



20130206mj2.jpg 
「お、おりぇ、おかにゃんに傷ついてほしくにゃいんにゃ!」

20130206bio1.jpg 
「なは・・・Linしゃん・・・お気の毒しゃま・・・」



20130206chi1.jpg 
「・・・・ルカちゃんにそっくりにゃ・・・」


20130206lu2.jpg 
「りゅ、りゅかちゃんのこと呼んだ?今、忙しいんにゃお」


20130206mj4.jpg 
「お、おねいにゃん、見事に言っちゃったがにゃ・・・」

20130206lu1.jpg 
「ままん、ほめりゃれたにょ?」




※モノママ、Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp



k_h.jpg
おりぇがクロ               で、          ぼくちんが はっちゃん



テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

目を見せろい

昨日まで一時的な暖気で過ごしやすかった北海道ですが、
今日からまた-10℃の世界に。
一番寒い時期ですからね、そろそろ雪祭りですからね、これで当たり前。

ルカちゃんは断続的に涙目&めくちょ山盛りになるので、
しょっちゅう抗菌剤タイプの点眼薬のお世話に。
あまりひどいときには病院で投薬・注射ということも。
今のところは点眼ですっきり治るので様子見という状態なんだけど・・・



20130203m_l1.jpg 
↑ ルカちゃんの、特に左目がぐちょぐちょに。
ひんひん鳴いて抵抗するのを抑えこんで点眼します。



ルカちゃんだけの問題かと思っていたら、
夕べ、甘えてすり寄ってくるまいこ~の右目を見たら・・・
白いメヤニが出ていて、なんだか開けにくそうな感じに。

茶色いメヤニなら心配ないけど(ルカちゃんはいつも茶色いメヤニ)、
白い目やにはヤバい・・・と聞いていたのでびっくり。
とりあえずまいこ~にも抗菌剤入りの点眼薬をしたあと、眼病用軟膏も。

20130203mj4.jpg 
「おかにゃんが・・・おかにゃんがおりぇを羽交い絞めにしてにゃ・・・
冷たいものを目に・・・目に・・・」
沁みないのは確認してますけど。


20130203mono1.jpg 
「あぁ・・・坊や、かわいそうに・・・ひどいことされて」
モノママ、けっして虐待じゃないですから。

20130203lu1.jpg 
「りゅ、りゅかちゃんはもう治ったお」
・・・完全ではなさそうな。
20130203lu2.jpg 
「ほんとだおっ!にぇ?」
・・・あと1日数回の点眼をするよ。念のためにね。


20130203lu3.jpg 
「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

20130203bio4.jpg 
「なは・・・にゃんだか夕べからまいきょちゃんとルカちゃん、Linしゃんにひどいことされてるにゃ・・・」


20130203mj2.jpg 
「おりぇも治ったがにゃ!」
白い目やには出ないけど、またパッチリできないでしょ。
治らなかったら病院だなぁ・・・

20130203mj1.jpg 
ね?右目がまだ不自然・・・
「おかにゃんの気のせいじゃにゃいか?」

20130203chi2.jpg 
ちぃ、ちぃの目を見せてごらん。ちぃはきれいな目かな?
「ちぃはきれいだにゃ!」   合格。


20130203mono4.jpg 
モノママは?あぁ、ママもきれいな目をしてるね。合格。
「女の子ですから当たり前じゃないですか」


20130203bio7.jpg 
ばーおちゃん、ちょっと目を見せてごらん。
「な、なはん?」


20130203bio6.jpg 
ばーおちゃん、目を開けなさいっ!
「やんだっ!」   こ、こんのぉ~・・・




どうも・・・見ていると、まいこ~とルカちゃん、そしてBioも、男の子たちは
普段あまり顔も洗わないし、毛づくろいもいい加減な気がする。
子猫の頃のように、千夜やモノママがかいがいしくなめてあげるようなこともなくなったし。
その点、やっぱり千夜とモノママ―女の子はいつもきれいにしているなと思う。

明日もまいこ~の目がおかしいようなら、病院に行かなきゃ。
ここ最近の不調とも関係があるのかもしれないし。
それに、いつも私に顔をすり寄せるんだから、飼い主の身を守るためにもね・・・


20130203mono2.jpg 
「坊や、かわいそう・・・明日からあたしがきれいにしてあげますから・・・」
でも、もうオトナの猫なんだしさぁ。

20130203bio5.jpg 
「なは・・・男の子でもボクしゃんだけはきれいなメンメにゃんだよ」
合格。


20130203m_b2.jpg 
「アニキ・・・いいにゃ、病院の心配がにゃくてよ・・・」
「ぼぼ、ボクしゃん、まいきょちゃんより何倍も抗菌体質にゃんだもん」
アウトドア生活が長かった子のほうがたしかに丈夫なのかも。


20130203chi1.jpg 
「早い話、まいこ~とルカちゃんはモノグサだからにゃんよ。
ちぃがきれいにしてあげようとしても、うるさがるしにゃ・・・」

20130203mj3.jpg 
「お、おりぇ、今晩から気合入れて治すようにしにゃいと」

20130203mono3.jpg 
「あたしが立派に治してみせますってば」
まいこ~が私に押さえつけられてひんひん鳴くと、駆けつけてそばでおろおろするのよね・・・






※モノママ、Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp



k_h.jpg
おりぇがクロ               で、          ぼくちんが はっちゃん




テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR