プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

上には上

週末ともなると、10ℓの猫砂、猫缶、カリカリなどのフード類の買出し。
猫用品で山盛りのカートが少し恥ずかしい・・・と思っていたら、
私の買い物の量のさらに倍以上の猫フードを買い込んでいるご年配のご婦人が
「ほんとににゃんこって飽きやすくって困るわよねぇ」と話しかけてきた。

そんなんでにゃんこ話をしているうちに、
そこのお宅では、なんと11匹もの猫がいて、
ふらりとどこからかやってきて居候しているうちに生んで置き去りにされた子猫は里親を見つけ、
居ついてしまった子は避妊手術をし、
相性や性格などから半分は室内、半分は車庫で飼っているという話を聞いた。

「ここか・・・!」と嬉しくなった。
というのは、4年前4匹の兄弟の子猫のうち千夜だけを保護したけれど、
残りのヨモトラ1匹は見つけた女の子の家、残り2匹の千夜と同じロシアンもどきは
「近所で車庫で飼ってくれることになった」と聞いていて、
どこの家のことだろう、一時はあの裏手の家のことかと思ったり(そこにもロシもどきがいたから)、
ずっと気になっていた。


20121024mj1.jpg 
「昔、’11匹いる!’という漫画があってにゃ」
・・・・ちょっぴり違う。


20121007lu2.jpg 
「ちがうお、まいきょちゃん。’11匹にゃんこ大行進’だお」
・・・・ますます遠くなった。



おそらく、そこで飼われているロシもどきちゃん、多分ちぃやの兄弟に違いない!
拾った子どもたち任せにしてしまったことをずっと悔やんで心配していたけれど、
・・・私が目を背けたら、こういう人が手を差し伸べてくれていたんだ・・・恥ずかしいな。

で、クロのことも聞いてみたら、
やはり夏くらいまでは時々ゴハンを食べにくることがあったけど、
それ以降は姿を見ていないということだった。

私にはあんなになついて気安いヤツと思っていたのに、
意外にもその家の人にはなつかなかったという。
猫って、ちゃんと人と場所によって態度を変えるんだね・・・

そのご婦人、「あの家にも前はたくさんの猫が居付いていて」と
ファミリーがいたあの家のことを話し出し、
「あの家は・・・どうも猫が好きとは思えない。しょっちゅう交通事故で死んでいるし、
ろくな餌も寝床も用意していなかったし」と。

それで、実は私が今も保護している猫は、あの家に居付いていたファミリーで、
総勢9匹を見るに見かねて一人で保護したんだと話したら、すごく驚いていた。
「猫が1匹もいなくなったので、あの家の奥さんに聞いたら、
愛護団体の人が全部引き取ってくれたの、あなたもその人に持って行ってもらえば?と言われて、
どこの団体かも確認しないで・・・もし実験用や三味線用に売り飛ばされてしまったらと心配にならないのか、と
思っていた」    と。

な、なに?
誰が愛護団体だって?
また引き取っていってもらえだと?
私はそんなヤツを喜ばせただけなのか。

みなさん、あの家、爆破してきていいですか?

今度また猫を避妊手術もせずに居つかせていたら、どうしてくれよう。
あぁ~、む・か・つ・くぅ。



20121003bio3.jpg 
「・・・あ、すみましぇん・・・」
いや、Bioのことじゃないから。


20121007mj2.jpg 
「だけど、おかにゃんの上を行く人がいたんだにゃ」
そうなんだよね。


世の中には、上には上があり、下には下があり―
「猫には何の罪もないんだもの、どうしても無視できないわ」と言うご婦人。
お互いにお互いを同志と認識した・・・

私一人が面倒と負担を強いられているわけではなかったんだ、
もっともっと私の何倍も頑張っている人がいるんだ、とわかって、
私だけでなく、この人もあの家に居つく猫は不幸だと感じていたんだとわかって、
そして千夜の兄弟の家がわかって、その点だけはよかった。



20121003chi1.jpg 
「ちぃはママの一人っ子にゃもん」
・・・自分がママにとって唯一・一番という自信があるのはいいけど、
でもちぃとおんなじロシもどき兄弟が2匹いたんだよ。 


「この辺一帯の猫たち、みんな親戚よ。
おそらく大きなボス猫のロシアンブルーの子たちだと思うわ」とおっしゃっていたが、
その一族の長というロシアンブルー・・・今年3月に弱った状態で帰ってきて、
そのご婦人の家でご婦人に看取られて亡くなったそうです。
合掌。

クロがいなくなった理由に、もしかしたら少し関係しているのかもしれないな・・・



20121024mono1.jpg 
「Linさん、考えすぎ」
そお?




※モノママ、Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


※こちらはタケルの支援専用ブログ。
こちらも引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

Devotion   http://devotion226.blog.fc2.com/


テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

最近のいいこと・悪いこと

今日も夕方から、Hさんにお付き合いいただいて、
クロを探して近所をほっつき歩く。
相当寒いことは変わりないけれど、たくさん着込んでいたせいか、歩き回っていたせいか
想像していたほど寒さも感じず、いい運動になりました。

いい運動にはなったけど、散歩のワンコとか、ヨモママ一族の系統と思われるトラヨモの子を見かけるばかり・・・
だんだん腹が立ってきた。
クロめ・・・見つかったら、まず1発ゲンコツはたいてやらないと。

・・・そして、ブーツの履き口が素足のすね部分で擦れて、両足ぐるりと1周水ぶくれ状態に。
だいたい、ブーツを素足で履くなよ~


20121015mj3.jpg 
「おかにゃん・・・!あぁ、ばかっ!」
おかげで熱いお風呂にも入れず。



最近、いいことあったかって?

(私の超強力静電気のせいで)電源がなかなか入らなかったメインPC。
今日、なんと!
1発目で電源が入った!
今日は3回ほどシャットダウンしてはまた数時間後に電源入れる、という使い方だったけど、
いずれも1発目で電源が入ったの!
すごい!

・・・ま、電化製品は普通1発目で電源が入って当たり前ですけどね。

短気起こして、ハンマーで打ち壊さなくてよかった・・・


20121024chi1.jpg 
「ママ・・・しばらく、見るのも忌々しい、と言っていたのににゃ」
最近、さらに何を触ってもバチバチ度が増しているのに、逆にそれがよかった?



20121015lu1.jpg 
「ままん、まま~ん、そんにゃことより・・・」
またルカちゃんが私の背中にすがり付いてしくしく泣き出した・・・



20121015lu2.jpg 
「にぇえ、にぇえってば」
しまいによじ上ってきた。



20121015lu3.jpg 
「ごはんの時間だお!」
あぁ~・・・うざい。



20121024bio2.jpg 
「・・・よし!ルカちゃん、もっと攻めりゅんにゃ・・・!どきどきなはなは」


それと、もう1つ、よいことが。

先日、小学校のうさぎの世話に行く途中の公園に、大きな松ぼっくりがたくさん落ちていたので、
それをせっせと拾い集めた。かわいいんだもん。
これで何かオーナメント作るんだ~
そんな時間があれば、の話。


20121021matsu.jpg 
↑ 松ぼっくりって、松の種類でいろんな大きさ・形があるよね。



20121021mj1.jpg 
「おかにゃん・・・プアーな趣味だにゃ・・・おりぇ、涙が出てきた」
おだまり。
そのプアーな母がつけてあげたペンダント、どこになくしたの?



20121021lu2.jpg 
「ままーーーん!ごはんってばーーーーーっ!」




※モノママ、Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


※こちらはタケルの支援専用ブログ。
こちらも引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

Devotion   http://devotion226.blog.fc2.com/




テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

猫湯たんぽ

朝晩とっても寒くなってきました。
これからのクロ捜索は耐寒勝負。

20121021bio4.jpg 
「Linしゃん・・・そんにゃことより、ゴハンまだ?」
ばーおちゃん、猫缶ばっかり待っていないでカリカリも食べなさい。


・・・去年、ファミリーたちを保護するのに、あれほど寒い思いを連日して、
それももう今年はないのだとばかり思っていたのに。
なんてこったい。



20121021chi1.jpg 
「どうせまた鼻水たらしてほっつき歩くんでちょ・・・」
あら、ちぃちゃん。トゲのあるお言葉。


寒くなってきたら、これまで私と一緒に寝る習慣のなかったまいこ~まで布団の中に入ってくるので、
少々ちぃやはおかんむり。
たいていの就寝時はまいこ~とルカちゃんはケージで休ませているので、
356日私と一緒に寝るのはちぃやの特権だった。

けれど最近・・・小学校のうさぎを預かっていた間、
ウサギ部屋になった部屋に設置しているケージが使えず、
その間ずっとまいこ~もルカちゃんも就寝時はフリーにしていたので、
今またケージレストというのも少しかわいそうな気になって、
明日はOFF日などという夜に限って、全員就寝時もフリーに。

そういう夜は、私の布団の中にはいち早くまずルカちゃんが飛び込んできて、
それからまいこ~が私の頭を抱きかかえ・・・という体勢になるので、
ちぃやがなかなか入り込めない。

いつも私の膝の後ろで丸くなるか、
お尻を私の顔に向けて(!)私のお腹辺りにぴったりくっついて長くなって寝るちぃや、
自分だけの特権、やっとママとふたりっきり・・・という大切な時間を
無残にも弟たちに邪魔されてしまうわけ。
先にちぃが布団の中に入っていても、特にルカちゃんが無遠慮にドスドスちぃの上を歩いたり。

弟たちと一緒になんか絶対にプライドが許さないらしく、
結局「むひっ」と捨てせりふを吐いて、行ってしまう。

20121021chi2.jpg 
「ちぃばっかりいつもいつも辛抱させられてるんにゃ・・・ちぃはどうせ拾われた子だから」
・・・ごめんね、ちぃちゃん。それに、みんなもれなく拾われた子で・・・



20121021bio1.jpg 
「あと10分かにゃ・・・にゃんかイライラハラハラしちゃうにゃ。 なは」


20121007m_l3.jpg  
「おみゃーが悪いんにゃっ!」
「ま、まいきょちゃんだって」


20121007m_l2.jpg 
「おみゃーはいっつもずーずーしいんにゃっ!」
「りゅ、りゅかちゃん、天然だからいいんだもん!」

20121007m_l1.jpg 
「え、え、えーい!」    ぱこ。   「あ」
まいこ~は優しいので、いつも適当なあたりでルカちゃんの超とろい猫パンチを甘んじて受けてあげます。



ま、私は3匹ぎゅうぎゅうでもあったかけりゃ、それでいいんだけど。



20121021bio2.jpg 
「・・・Linしゃん、ごばん゛、ばや゛ぐじでっ!」
・・・・た、ただいま。


20121021mono1.jpg 
「・・・ったく、Linさん、さっさとしてよ。坊やがかわいそうですよ」
って、カリカリはたんまり残ってるでしょうが。。。

20121021BIO3.jpg 
「・・・仕方にゃいから、カリカリでガマンするかにゃ・・・」
なんなの、その言い方。。。


20121021lu1.jpg 
「まま~ん、今晩もりゅかちゃんとネンネするんでちょ~?」


20121007mj3.jpg 
「いんや、おりぇとにゃろ?ぷふっ」





※モノママ、Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


※こちらはタケルの支援専用ブログ。
こちらも引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

Devotion   http://devotion226.blog.fc2.com/






テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

おつかれさま

最近、何かいいことあったかって?

・・・電源が入らないメインPC、
最近3回目くらいで入るようになったの。
この間まで、電源入るのに、2時間かけて20回くらいボタン押して、やっとだったのに。
(あんまり短時間に何度も押してはいけないのだよ)

それくらい・・・かなぁ。。。


20120917lu1.jpg 
ままん・・・おちゅかれにぇ・・・


20120926lu3.jpg 
りゅかちゃんのお股見て、元気出してにぇ



20120923mj2.jpg  
やっぱり、おりぇの腋毛じゃにゃいとな。


20120923bio3.jpg    
お、お下品にゃこと・・・!ぼくしゃん、とてもついて行けにゃい・・・


20121007mono2.jpg  
こ、こんな家・・・坊やに悪影響だわ・・・教育上よろしくないわ
だいたいLinさんは―


20121007chi1.jpg 
ママ・・・早く寝たらどうにゃ?



※モノママ、Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


※こちらはタケルの支援専用ブログ。
こちらも引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

Devotion   http://devotion226.blog.fc2.com/


テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

クロの幸せ

この3日間、夕方ともなるとうろうろと住宅街をほっつき歩き・・・
「クロ~」と名前を呼びながら家々の隙間や茂みを覗く。
・・・通報される前にクロが見つかればいいんだけどね。



20110712kuro2.jpg 
どこかの玄関先で、こんな風にしてるんじゃないかと・・・




昨日はHさんも一緒にクロ探しに付き合ってくれました。

昨日はうちのMS、朝から火災報知機の点検でピンポンダッシュと警報ノーエンドで、うちの猫たちは戦々恐々。
それでもまいこ~はやっぱり・・・Hさんの声にワクワク。


20121015mj1.jpg 
「まいこ~、また来たよ」
「あは、あは・・・お、おりぇにゃ」
Hさんに掛けた手は、なに。なんか妙にでろでろしてます。



20121015mj2.jpg 
「あ・あぁぁ~ん」
・・・・おまえは・・・



Hさんとクロを捜索する前に、クロがいた裏手の家に寄ったら、
そこの家の人からブッソウな話を耳にした。
すぐ近くで、首を切断された猫の死骸が発見されたと、警察が言いにきたと。
話を聞く限り、クロでもはっちゃんでもなさそうなので胸をなでおろしたが、
それでも・・・人懐こいクロ、知らない人にも寄っていくから、ますます心配。
この近所でそんな事件、初めて聞いた。

ファミリーを保護する前は、特にこういう事件でヨモママが被害を受けないか、いつもいつも気にしていた。
外暮らし、内外出入り自由で人懐こい猫というのは、この手の事件の被害に遭わないか、本当に心配。

裏手の家の人の話では、
クロはここに7匹いた頃のボス的存在で、他の猫を統率していたらしい。
なので、自分から出て行ってしまったからには、きっとどこかで
ここよりも幸せに暮らしていると信じるしかない、と言っていた。
残酷な事件に対する憤り、野良猫たちへの同情、共感、
物置の猫たちのねぐらはヒーターで暖かくしているという話を聞いて、
やっぱり、この家の人たちは、ファミリーがいた表の家とは相当スタンスが違ってて、
それなりに猫を愛して大事に思っているんだなとわかった。
おそらくそれは、自分の家の飼い猫という位置づけではなく、
人間に捨てられた野良猫たちを守ってあげている、という―
それはそれでいいのかもしれない。
これに、「避妊手術」が加われば言うことないけど。

でも、これだけの猫がいると、ハンパじゃない出費だし。


20100725kuro1.jpg 
裏手の家の猫たちがみんな未去勢のオスなのに、みんなケンカもせず仲がよかったのは
クロがまとめていたからなんだね。
クロは猫格が高いから。。。
それでおまえが失踪したとたん、他の子たちもばらばらになったのか。
それでも現在裏手の家には4匹います。(2匹ほど戻ってきた)



野良猫を増やさないための避妊手術の助成は、現在ほとんどの市町村がやめてしまっている。
理解しがたいけれど。
こういう家にこそ助成の手が伸びないものか。
個人の飼い猫1匹に助成するなんてことはしなくていいから(特殊な事情でもない限り、
個人で養育する猫1匹の避妊手術はあくまで個人の責任だと思うし、
それもできないなら、最初から動物は飼うべきではないと思うので)、
よっぽどこういう家なき猫たちを慈愛の気持ちから守ってくれている人たちをサポートしてほしい、とつくづく思った。

裏手の家の猫たちのボスだったというクロ1匹を去勢した場合、
その後彼の立場はどんなことになるのか、微妙な問題も絡んでくる。
それなら私が引き取ったほうがいいと考えていたけれど、
もし、裏手の家の猫たち全匹を手術できたら、クロをこのままあの家にリリースして、
生活環境を激変させなくてもすむのに。
(表の家とは違い、裏手の家は袋小路に位置しているので車の往来がないため、
交通事故のリスクは表の家より相当低い)

何がクロや、そしてあの家の猫たちにとって一番の幸せなのか・・・
去勢してしまえばファミリーたちが例外なくそうだったように、
誰も二度と外に出たいとも思わなくなるのか、
こうして行方不明になってしまうリスクや心配を呑みながらも、
これまでと同じ自由で広い世界に暮らしたほうがクロにとって幸せなのか―
少なくともクロは、あの界隈の猫たちの中でも一番堂々と、陽気に、ハツラツとしている印象だった。
どこかで元気に暮らしているのなら、それもまたクロの幸せ。
ただ、悲惨なことになっていないか、それだけは確認したい。

裏手の家の猫たちのオス全員未去勢という現実と、
そしてクロを無事に発見できたときの状況とを照らし合わせて考えてみよう。
ともかく、今はまずは無事にクロを見つけて私が保護する、というのは変わりません。


トワイライト・ゾーンとしか言いようのない黄昏の時間帯の住宅街って、ほんとに不気味。
Hさんと一緒で、楽しくおしゃべりしながらだったからまだしも。
なんとか本格的に寒くなる前にクロを見つけたいな。

20121003chi3.jpg 
「ママ・・・にゃんでそんにゃにクロにこだわるんにゃ」



私がクロにこだわるのは、
クロはそもそも、4年前の秋に初めて出会った子猫の時のヨモママ、モノママと一緒にいた子で―

その時、健康なヨモママたちよりも右目をわずらっているクロに一番心を痛めた。
「こんな目ではこれからの厳しい冬を乗り越えられないのでは」、と。
一瞬クロだけでも保護しようか、と思ったけれど、
「うちにはうさぎもモルモットもいるのに、猫だけは絶対に無理だ」と、当時の私にはおよそ考えられない話で、
それに1匹だけ選ぶということも辛く、だからと言って当時5匹くらいいた子猫全員を保護するなんてことは
当時の私にはさらにさらにありえない話で。

けれど、結局・・・
「絶対無理」と思っていたうさぎとねずみとの同居は、やってみたら実は何も問題なく、
その後も絶対無理と思っていたヨモママたちファミリーの縁結びもできて―

それなりに大変なことも多々あり、克服のためにたくさんの努力も必要だったけれど、
当時信じて疑わなかった「絶対無理」というのは、実は、やってみると意外にそうではなかったと知った。

だから、もともと一番に保護すべき猫と思っていたクロを
あっさり「無理」とあきらめてしまったことに申し訳なさを感じている。
第一、もしあの時にクロやヨモママたちを子猫のうちに全員保護して里親募集を掛けていたら、
今頃私はこんな羽目にならずに済んでいたのだし。
(私の手元にはきっとクロだけが残っていただろう)

でもね、やはり今思い返しても、当時の私が「無理」と手を出さなかったことは仕方ないとも思う。
当然だったと思う。
それに、当時もし全員を保護していたら、今頃まいこ~もルカちゃんも
この世には存在していなかったわけだから、何が最良の選択だったかと言うのは簡単には言えないこと。

けれど、それはそれとしても、クロにはやはり申し訳ない気持ちが拭えないから、
クロのこれからの猫生を私なりに真剣に受け止めて行きたいと思っている。



20121015mono1.jpg 
「クロにいさん・・・きっとかわいいメスネコの後を追っかけて行っちゃったんですよ・・・」
Linさんもその路線で考えているよ。
で、家族を持って、妻子から離れられないんじゃないかと。
だからこそ、子どもたちが大きくなる冬になれば返ってくるんじゃないかとも。



20121015mj4.jpg 
「おかにゃん・・・クロおじしゃんとおりぇが瓜二つだから、よけいに気ににゃるんだにゃ?」
うん・・・一度おまえと並べてみたくってさ。
どの黒猫ファミリーよりも、おまえとクロが一番似ている。特に鼻の大きさが。


※札幌市清田区で、猫の餌場になっている場所を知っていたら、ぜひ教えてください。




20121015bio2.jpg 
「にゃんだい・・・クロおじしゃんの話ばーーーーっかし」
またBioの特集組んであげるからさ~ごめんね。


20121015m_b2.jpg 
「Linさん・・・クロにいさんが見つかる前にアタシタチをどっかに追いやりたいんでしょ」
おまえたちの良縁探しはこれまでと同じ。
どっちにしても私が6匹も養えるわけないもん・・・


20121015lu4.jpg 
「お金持ちのおうちだったら、りゅかちゃんが行ってもいいお」
・・・・本当だろうね・・・



※引き続き、札幌市南区石山で行方不明になったはっちゃん情報もよろしくお願いいたします。



20111102hachi1.jpg 
はっちゃん、君も無事でいるんだよ。助けに行くからね。




※モノママ、Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


※こちらはタケルの支援専用ブログ。
こちらも引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

Devotion   http://devotion226.blog.fc2.com/


テーマ: 迷子捜索中
ジャンル: ペット

尋ね猫2匹

行方しれずのクロ。

あの裏手の家で、いつもクロと一緒にいたモノクロBoy、
彼もまたいつのまにか姿を消してしまっていた。

20111022H1.jpg 
モノママと争うような配色の妙。去年もらわれていった仮名Duo(大ちゃん)にそっくり。
おとなしくて、でも人懐こくて、何度かクロと一緒に野草摘みにも付き合ってもらっていた。
しかし・・・外暮らしというのに、この子は爪先まで真っ白。




実は・・・性懲りもなく(・・・とほほ)
クロのことはもちろん、裏手の家にいたほかの猫たちのことも心配で仕方なかった。
モノクロBoyやロシアンもどき3兄弟とか、長毛の子とか。
(彼らの写真はこちら)

そうしたら・・・先月からモノクロboyを探しているという方から連絡をいただき、
彼はこの8月まで乗馬クラブの方でゴハンをもらっていたということがわかった。
なのに、不運ないきさつから、見知らぬ場所の家から脱走してしまい、
その後行方知れずとなってしまったとのこと。

この子、「はっちゃん」と呼ばれていたんだって。
クロも春頃にはっちゃんと一緒に何度か来ていたんだって―
Hさんは人間の勝手で行方しれずにしてしまったはっちゃんを心配して、ずっと捜索している。

で、昨日その方―Hさんとお会いして、今後ははっちゃんとクロと一緒に探そうということに。
迷い猫探しの仲間ができた!

20121010chi1.jpg 
「・・・ママ・・・ちぃ、抱っこされちゃったけど・・・」
あれれ~ちぃちゃん、初対面の人に抱かれるなんて初めてじゃない!?
これは驚き!


20121010chi2.jpg 
ちゃんとおとなしく、それなりな時間抱っこされてた。
最後にはしゃーっなんて言ってスタコラしたけど、実はポーズだけで本気じゃなさそうだったし。
「ちちち、ちぃ、なんだか逆らう気ににゃらにゃくて」


20121010mj1.jpg 
もちろん、うちの営業部長のまいこ~も。
 「あの時から30倍になったね、まいこ~」
「にゃにゃ、にゃぜそれを」


20121010mj2.jpg 
「おおお、おりぇ、あ・あ・あぁ~」
あっという間に陥落。

20121007lu1.jpg 
「りゅ、りゅかちゃんもちょっぴりご挨拶したお」
いつも真っ先に物陰に隠れて出てこないルカちゃんも、ほとんど身を隠さないでいた。
これまた驚き!



Hさん・・・猫使いの魔女のようだ・・・と心底感服しました。
よそ様のお宅のうさぎや猫には徹底的に嫌われる私とは大違い。
尊敬します。


20121010mj3.jpg 
「Hさんにゃ・・・2年前の春、目も開いてにゃいおりぇがわんこの前でギャン泣きしていたの、知ってるんにゃ・・・
おりぇをしばらく抱いててくれたんにゃ・・・覚えてにゃいけど」
その後、(運悪く)私が通りかかっておまえを連れてきたという次第。
おかにゃんだけじゃなかったんだね。小さなおまえを心配していたのは。


20121003m_l1.jpg 
「赤ちゃんのまいきょちゃんを、わんこがべろべろなめてくれてたんだって~きゃははは」
「・・・そそそ、そんにゃこと」



20121007bio1.jpg 
Bio?「この人だれ、ぼくしゃん、知らにゃいよ、やーーーーん!」と
おっきな声で鳴いてみせました・・・ったく。

20121010mono1.jpg 
モノママ?キッチンの棚の中に隠れたっきり・・・ま、いつものことです。
「だってあたし・・・」




話をもとに。

以前に裏の家の人が話してくれたのだけど、
 はっちゃんはある極寒の日に、ほとんど行き倒れ状態になっているのを、
クロが引きずるようにつれてきた猫とのこと。
とても助からない、安楽死しかないか、と半ば諦めて病院に連れて行ったところ、
その後みるみる元気を取り戻したんだそう。
感染症と飢えと寒さで本当に死にそうだったのを、心優しいクロが救った。

そんな絆があったから、2匹はいつも一緒に行動していたらしい。

今年の1月末、ファミリーの最後にCibaをトラップで保護したときも、
Cibaを心配して、クロと一緒にトラップに寄り添って離れなかったっけ。


20111102oth4.jpg 
特にこの左前足の模様がなんとも。
Hさんは、もしやモノママと血縁なのでは、と。
たしかにそうかもしれない。。。




けれど・・・夏になる前にクロは1匹でどこかに行ってしまったようだし、
はっちゃんは先月、連れられて行った先で不運にも行方不明となってしまい―
(Hさんが連れて行ったのではない)

動物管理センターにはたびたび問い合わせているけれど、
特にクロは、これだけ時間が経過していると難しい、
首輪もしていなければ、その日のうちに処分することもある、と聞かされ、
しばし―落ち込んで呆然としていた状態だったけど、
でもHさんと出会って、また希望がわいてきた。
彼らを思う人が自分以外にもいて、真剣に探そうと思っている人と出会えたことは本当に心の支えになります。

絶対に帰ってくる。
クロも、はっちゃんも。 他の子たちも。
絶対に。
死なせてなるものか。
あれほど優しい心を持ったクロとはっちゃんが「処分」なんてされる理由は―
あるとしたら、それは人間社会のキャパと感性があまりに乏しいから。

20111212kuro7.jpg 
帰ってきたら、毎日涙と鼻水を拭いてあげるからね、クロ。
帰ってきてよかったと思ってもらえるように、Linさん、どんなことでもするよ。



それでも昨日、裏手の家に行ったら、
ロシアンもどき兄弟の2匹の姿はあったので少し安心した。。。
昨日、裏手の家の人に改めて自分がもらう、と念を押してきたので、
迷い猫掲示板にもUPしました。


20121010bio1.jpg 
「ぼぼぼ、ぼくしゃんもクロおじしゃんとはっちゃんが早く帰ってくるように・・・にゃは・・・」
・・・Bio、目が落ちる寸前。
ソファはすっかりBioの指定席。


そういうわけで、私は最後の最後に、クロを引き取るという使命があります。
改めて、モノクロ親子のご縁、よろしくお願いいたします。



※モノママ、Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


※こちらはタケルの支援専用ブログ。
こちらも引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

Devotion   http://devotion226.blog.fc2.com/



テーマ: 迷子捜索中
ジャンル: ペット

Bio、絶賛売込み中

さ・・・今日はBioの素晴らしさをかいつまんで。
(時間がないので、詳しく とは書けない。ごめんね、Bio)

イケメンで立派な体格、本当に私好みのカッコイイオスネコなのですが・・・
問題は・・・とにかくシャイで臆病なこと。
モノママの厳しい教育のせいもあり、なかなかニンゲンの私の懐に飛び込んでくるほどの度胸がありません。



20120928bio2.jpg 
「どや」
というほどの風格も感じられるんだけど・・・
実際は「どや」ではなく、「・・・なは」です。



目が開く前から私に育てられたまいこ~も、
もしずっとモノママに育てられていたら、きっとBioと同じだったんじゃないかな。
私を母と信じて、全開で甘えるまいこ~も、私に叱られたりするとけっこう落ち込む。
ちぃやは私に叱られても「わっかりましたよーーーーっんだ!」みたいな反抗的な反応をするのに比べ、
これでもまいこ~、けっこうナイーブなハートをしているんで。



20120928mj3.jpg 
「おかにゃん・・・そそそ、そりぇはおりぇをほめていりゅのきゃ・・・?」
・・・ビミョー・・・


もらわれていったモノママの他の子たちは、みんなシャイで臆病で、
新しいご家族に馴れるにはそれなりに時間もかかったらしいので、
2歳近くまでモノママべったり&半野良生活のBioが、いまいちハヂケルことができないのも無理はない。



20120928bio4.jpg 
こんなに立派な体格。6kgくらいかな。
まいこ~とほぼ同じ大きさ。パンパンの筋肉質。マッチョキャット。
だれ?「牛柄」と言ったのは・・・



20121003mj3.jpg 
「おりぇをスマートにしたら、ばーおになりゅって?そりぇもほめてりゅんだにゃ?」
骨格は少し違う。モノママの黒猫息子たちの体型は全員アンコ型だもん。



20121003bio5.jpg 
たっはぁぁぁ・・・なんたる美猫。
「・・・なは。おかげさまで」



と、こんなこと書いちゃうとBioの縁探しによくないような気もするけど・・・
けれど、ぜんぜん実は、不安には思っていないのです。
なぜって、完全に成猫になって、教育に厳しい母猫がいまだくっついていても、
これでも少しずつ少しずつ・・・私という人間にはなついてきたからです。



20121003mono1.jpg 
「アタシがよくない影響のモト・・・?
Linさんがあの子によくない影響を与えているんでしょうが」
モノママは本当に子どもを大事に育てたからね・・・



20121003bio2.jpg 
「なはは~」
今では私から逃げることもなくなり、気持ちよさげに撫でられてごろごろ・・・
最近はよく抱っこもします。
抱っこは本当はまだ苦手なんだけど、気が小さいので、
無理やり逃げようともしないところがまたいじらしくってねぇ・・・・



もちろん、うちの子たちのように無防備に甘えて、というところまでには至っていないものの、
外にいるときには一度も触れなかった猫が・・・としみじみ。
これでモノママがいなければ、うちの子たちに習って、もっと速いスピードであまちゃんにゃんこになるはず。

基本、この子たちは人間が嫌いではないはず。
この子にはこれまで一度として爪で引っかかれたことも、シャーッすらされたこともない。
もちろん、うちの子たちに対してもね。
だから、この子はこの気の小ささ、臆病さがあるからこそ、なつくのに多少時間はかかっても
人間や先住の動物に対して絶対に脅威とはなりえないと断言できるのです。

なにより、この子のおしゃべりがかわいい。
臆病でシャイなくせに、おしゃべりだけは一番。
ルカちゃんのようにすがって懇願するということができない代わり、
私の近くまで来て、おしゃべりで要求する。
こんなにおとなしい子はいないけど、こんなにおしゃべりな子もちょっと珍しい・・・


20121003lu5.jpg 
「にゃんでここでりゅかちゃんが持ち出されるにょ・・・」



20120915bio1.jpg 
こちょこちょ。「な、な、なは」
それと、ばーおちゃんの魅力は何と言っても、優しい微笑み。



20120928bio5.jpg 
Linさんは本当はばーおちゃんには、スタッズのついたBAD風の首輪をさせてあげたいんだよねぇ。
「ぼぼぼ、ぼくしゃんに似合うかにゃ・・・」カッコいいよ~



Bioの微笑とおしゃべりに癒されたい方、ぜひご一報を。



20121003mj2.jpg 
「にゃんだよ・・・アニキばっきゃし」
まいこ~もアニキの幸せを祈るんだよ。


20121003chi2.jpg 
「ママも大変だにゃ・・・」
今もBioが近づきすぎるといらだつ千夜。


20121003bio4.jpg 
そう・・・この子はいじめられっ子キャラ・・・メスネコにはすこぶるモテません・・・残念。
「ぼぼぼ、ぼくしゃんて・・・」



20120928m_b1.jpg 
「アニキ、一緒に外を眺めようぜ」
「なは!今行く」
兄弟は仲がいい。



ほんのちょっとだけど、Bioの動画。
おしゃべりしています。
ゴハンおねだりで、「なは」と言うより「なーん!」です。




かわいいでしょ。




依然、隻眼の黒猫の情報はなく―
引き続き、右目が白濁している黒猫を見かけたらご連絡をお願いいたします。

20111212kuro3.jpg
↑ 探しているクロです。





※モノママ、Bioの里親募集、
行方不明のクロに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


※こちらはタケルの支援専用ブログ。
こちらも引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

Devotion   http://devotion226.blog.fc2.com/





テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR