プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

検診・裏手の家のファミリー・そしてルカちゃん

今日も忙しい一日でした。

まず、やっと子猫たちを病院に連れて行って検診を。
eao(あ、この子はやはり間違いなく男の子でした)1300g。giga1200g。
どちらもノミ・ダニなし、血液検査の結果もキャリアなし、きわめて健康。
ただし・・・回虫の卵があるので、今夜は子猫だけでなく、うちの子達も含めて
虫下しの薬を混ぜたごはんとなりました。
これで、何の問題もなく2匹を送り出すことができる。

20110927g4.jpg 

gigaは診察中もおとなしく、いい子ちゃん。
怖がって、私にしっかりしがみついていたけど、採血の間もじっと我慢。
「ぎー、頑張ったにゃ」

20110927e3.jpg 

eaoは・・・どれほど大暴れするかと覚悟して洗濯ネット持参で行ったけど、
大泣きはとまらなかったけれど、私にしがみついてじっとしていた。
意外に(笑)大丈夫だった。
ピンクの鼻が汚くなる原因は、ネコ缶の食べ方。

それから、ウサギたちの野草摘み、
ファミリーの家の裏手の方の家に行って、ネコ疥癬の薬を全匹分届け・・・

この裏手の家の方の大ファミリーの概要が明らかとなった。
みんなこの家で、半ばやむなく外飼いとしている猫たちで、それなりにきちんとケアもされているし、
愛されて大事にされているということもわかった。
唯一1匹メスネコがいるらしいけど、その子もこの春出産したあと避妊手術を済ませているとのこと。
その家の人の話を聴けて安心した。

となると、やはり問題は・・・表の家の方。
もう20年近く野良猫たちにごはんと寝床を提供しているらしいけれど、
「子猫が産まれて一時的に増えても、自然に減って、いつも7,8匹止まりだから」というのが
メスネコたちに避妊手術を行わない根拠として言っているけれど、
それは交通事故やつまらない病気で死んでいくという意味で、
それは非常に「不自然」な減り方と私は感じるんだけど。

20110927o2.jpg 

千夜と同じ時に生まれた兄弟ではないか、
それなら私にも責任があると思って気にしていたこの子・・・
あの時保護した子どもたちが持ち込んだネコではなく、
2年前この家で産まれた子とわかった。
よかった。わだかまりが一つ消えた・・・

20110927y_k1.jpg 

ヨモママと隻眼の黒猫は兄弟なので、かなり仲がいい。
なので、ヨモママのネコ疥癬感染の危険性はかなり高いので、
ヨモママにもリボリューションを滴下してきた。

20110927k1.jpg 

お腹がよじれるぅ~!
あ、悶絶死寸前のネコじゃないですよ。
隻眼のクロが気持ちよさげにごろごろしていただけ。

今日はそんなんで忙しいし、
前回保護に失敗して、ますます警戒心を強めてしまったので、
保護は明日、今日はみんなにごはんをあげて懐柔作戦、
昼間ならどうせ残る2匹の子猫も姿を現さないだろうし・・・と思っていたら、
意外にも全ファミリーがそろっていた。

20110927b1.jpg 

bio。今キミにそっくりな弟を育てているよ。

20110927c1.jpg 

ciba。相変わらずどことなく寂しげな感じが気になるな。

20110927d2.jpg 

dioくん。この子が4兄弟のなかで一番からだが大きくてしっかりしている感じ。

20110927f2.jpg 

一番のチビ、fooga。ほんとにちっちゃい。やせてるし。
今日も一口もあずかれなかった。
明日こそ、この子を保護できますように。場合によってはdioでもいいけど。

20110927f3.jpg 

手を広げてうとうと。かわいい。
もう朝晩は冷え込むようになってきたから、風邪引かないでね。

20110927mono1.jpg 

モノママ、eaoとgigaは元気にしているから、
大事にしてくれる人を探すから、どうか心配しないでね。
もう私にべったりはしてくれなくなっちゃった・・・

さて、天才スーパー保育士として名声を高めた我が家のルカちゃん。

20110927l2.jpg 

あにゃ?りゅ、りゅ、りゅかちゃんのこと?


あれからeaoが鳴くたびに寄り添い、あやし、なだめ、
ルカちゃんのおかげでeaoもすっかり落ち着いた様子。
元がびびりちゃん&モノママの厳しいしつけのせいで、
心の準備ができていないと私の姿を見るとまずは物陰に隠れる―というのは習性のようなもので、
でもいったん「大丈夫」とわかると、もう逃げようとしたりはしないし、もちろん抱っこも脱力で。

20110927e2.jpg 

「いーだって抱っこされるにゃ」
抱っこ否定派にゃんこだったりして・・・という懸念はなくなりました。

20110927e5.jpg 

私の目の前で眠り、ごはんを食べ、、、と日に日に落ち着いて猫相もよくなってきました。
かわいそうに、相当怖くて寂しかったんだね。

20110927g5.jpg 

gigaはさらになついていて、私が近づいても脱力姿勢のまま。
「お腹パンパンで動けにゃいのもありゅよ」

・・・本当にルカちゃんには感謝。
子猫たちがこれまでの子より大きいせいか、
千夜もまいこ~もさほど関心がなく、あまり遊んであげようという意欲も感じられないのに、
ルカちゃんは子猫が求めると遊んであげたりそばについててあげたり。
ルカちゃんがそばについていてくれたおかげで、ようやくeaoも安心できたみたい。

それにしてもねぇ・・・

いつも泣きべそ(いつも哀れっぽい鳴き方)で、 とろいし、いつもぐにゃぐにゃしてるし、
運動神経も鈍く(どたどた走り、ジャンプ苦手、全ての障害物をなぎ倒して走る)臆病でおとなしくて、
こんな子とてもじゃないけど養子に出せない、と諦め、
それでも私にはべったり、愛想と愛嬌だけはいいので、それ以上何の期待もしていなかった子なのに、
こんなところに他の2匹もまねができない能力があったとは。
ニンゲンの力だけではどうにもならなかったのに、ルカちゃんが一番に助けてくれるなんて。
彼も私の窮地を十分に察していたんだと思う。
なんだか、猫という生きもの、ルカちゃんという命に崇高なものすら感じてしまった。

20110927l3.jpg 

「りゅ、りゅかちゃん、ほめりゃれた?」
ただいま最大限の賛辞を。

20110927n_c1.jpg 

「ルカちゃま、あんまり草は食べないのに、草食系男子でちゅね」
「ちぃは草食は大好きにゃけど、草食系女子じゃにゃいよ」
ねずみと食事中。


20110927g3.jpg 

この子(giga)の方がねずみに見える・・・
おねむで頭が持ちあがらないのか?

20110927c2.jpg 

「ちぃだって、子猫たちの前で遊びを教えてやってるにゃん?」
え?教えてるつもりだったの?

20110927mj2.jpg 

「まいきょだって、もうはーっもふーっもしにゃいがよ」
当然でしょうが。。。

みんないい子たち。
私は本当に恵まれていると思います。

20110927l1.jpg 

「ままん、まだ子猫くりゅの?」
また頼むね、ルカちゃん。ままんを助けてね。

20110927c3.jpg 

「・・・え、また?」
千夜はもっと赤ちゃんじゃないと燃えないんでしょ。

明日こそ―特にfoogaを保護できますように。

20110927f4.jpg 

ふわふわのベッドで眠れる日はもうすぐだよ、fooga。
全ての子たちがそうであればいいのに。


※猫の確保、一時預かりなど、付き合ってくれる方がいらっしゃいましたら、
ぜひご連絡ください。 よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


※関心持たれた方は、猫の里親募集掲示板をご覧ください。
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c.htm

                  「北海道」の 掲載者:Lin でご確認ください。




テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

受難と救世主

昨日は結局、雨には降られなかったものの、1匹も確保できず。
モノママはもう私のそばにも近づかなくなってしまったので、
当然残る2匹の子どもたちも手の届く距離には来てくれない。
先日、eaoを確保して去るとき、モノママに「ごめんね」と手を差し出したら、
思いっきり猫パンチをくらい「卑怯者!」となじられた・・・
当然、私とモノママとの間には不信という深い溝が生じたわけで―

それからモノママは、きっと子どもたちに、絶対に私に近づくなと
さらに厳重に言い聞かせたんだろうな。
次のOFF日までに、新しい確保方法を考案しなきゃだめだなぁ。

それにしても、いいオトナが暗い中、よその家の庭先で
猫缶を次々開けてはじっと息を殺して2時間―
ほとほと嫌気がさした。

が、、、
試練はそれからが本番。

就寝しようと布団に入ってほどなく、
いつになく大声でeaoが鳴き出した。
時間がたつほどに金切り声で、「ケージから出せ、ママのところに帰りたい」と大鳴き。

うちはMSなので、このままじゃあクレームになってしまうと、
私の目の前にケージを移動してもまったく鳴きやまず、
明け方頃、さらにさらに絶叫するような鳴き方になったのでケージの中を見たら、
・・・・gigaがいない。
脱走してる。。。
いったいどこへ。見当もつかない。

ウサギ用のケージなので、天井部分を強引に下から突き上げると隙間が生じるので、
そこから無理やり脱走したらしい。
それでeaoはますますぎゃん泣きが止まらないらしく。

仕方なく、また部屋に戻してケージから出したら、
eaoもあっというまに手の届かない家具の後ろに隠れてしまい、
隠れるだけなら放っておけるのに、そこでぎゃん泣き。

すでに時刻は5時。
一睡もしていない。

いいかげんむかっ腹が立ってきて、思わず家具の後ろで鳴くeaoに
「うるさいっ!!!」と大きな声を上げてしまったら―

ギャン泣きの種類が恐怖に変わり、さらにさらに大音響。
あぁ~どうしたらいいのさ~と、こっちが泣きたくなった頃、
・・・千夜もまいこ~もeaoのヒステリックなギャン泣きに圧倒されて、
それぞれのケージの中でただ唖然としているだけなのに(当家は就寝はみんなケージで)、
eaoの泣き方が恐怖に変わったら、ふいにルカちゃんがケージの中から
「にゃっにゃっ」(ままん、りゅかちゃんにまかせて!)とアピール。

では、とルカちゃんをケージから出したら、
さっそくまずキッチンの方に行って、レンジ台の隙間に向かって優しくにゃっにゃっと鳴いたら
すぐにgigaが出てきた。
それからスタスタと子猫たちの部屋に向かいタンスの下に向かって「にゃっにゃっ」。

あれほどギャン泣きしていたeaoがぴたりと泣き止んで、
ほどなく出てきたものの、私の姿を見るなりまた元にBack。
でも、ルカちゃんがまた鳴いて出てきたところを抱きすくめるようにして、
唐突に取っ組み合いのじゃれあいを仕掛けだした。

eaoもすぐに夢中になって、ほどなく私が目の前にいるのに自分から
gigaが先に入っているケージの中へ入った。
そうしたら、今度はルカちゃんはいつものお得意の仰向けのままずりずりと私の膝元によってきて、
子猫たちの目の前でそのまま膝に乗り、いつになく大音響でゴゴゴゴ・・・と
激しくのどを鳴らして、それはそれは気持ちよさげに甘えて見せた。

それを見ていた子猫たち、私が撫でる手にゴゴゴゴコ・・・・!!!

Superだ!Ultraだ!!!うちのルカちゃん、天才保育士だぁぁぁ!
20110924l_e2.jpg 
「あちょぶにょ!ほりぇほりぇ」

20110924l_e1.jpg 
「いちゅまでにゃいてるにょお」

20110924l_e3.jpg 
「えいっえいっ」「うにゃーーーーっ」

20110924l_e5.jpg 
「あにゃ、反撃したにぇ」

20110924l_e4.jpg 
「もうにゃいたらだめにゃよ」

20110924eao1.jpg 
こうしてガス抜きを果たしたeao。
少し緊張がほぐれて、逆にママ恋しさが爆発したのでしょうか。


20110924lu1.jpg 
ルカちゃん、かっこいい~!
ままん、びっくりを越えて感動したよ。
世界一のスーパー保育士だ!
「ま、にぇ」


というわけで、今日は一睡もせず仕事へ。

帰りに、最後の力を振り絞るつもりで、ずっと何年も世話をしている小学校のウサギのところに行ったら、
なんだかいつもより機嫌が悪いな、と思ったら、
暗くてすぐには気づかなかったけれど、右前足が地面についていない!!!

20110904cho3.jpg 
「おれっちのことさ」
名前はチョコ。小学校の飼育小屋に一人住まいの独身。

骨折した?爪がはがれた?何かで切った?
もうすでに動物病院はどこも閉まっているし、
暗くて何が原因なのかよくわからないし、
いずれにしても清潔とはいえない飼育小屋の中においておくことは避けたほうがいいと判断して、
とにかく今晩はうちに連れて行くことに。

・・・今日こそちゃんと寝ようと思ったのに・・・とため息をつきつつ、
でもウサギを入れるものが何もないので、
近くのウサギ友だちに家に行ってキャリーを借りてまた小屋に戻ったら―
あれ?
さっきまで前足を折ってかばっていたのに、ぜんぜん普通に歩いているし走っているじゃん・・・

だまされた。
ほとんど一瞬の故障だったみたい。

そして帰宅したら・・・今またeaoがギャン泣きを始めています。
今晩はスーパー保育士のベッドに入れてもらおうか・・・
はぁ・・・
20110924giga1.jpg 
gigaはほとんど鳴かないし、今も私に撫でられるとゴゴゴゴ・・・とのどを鳴らすよ。
この子は本当にもう何の心配もないんだけどな。


※猫の確保、一時預かりなど、付き合ってくれる方がいらっしゃいましたら、
ぜひご連絡ください。 よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


※関心持たれた方は、猫の里親募集掲示板をご覧ください。
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c.htm

                  「北海道」の 掲載者:Lin でご確認ください。


テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

eao、女の子疑惑

gigaくんは本当におとなしい。
まだちょっとびびりちゃんだけど、もう絶対にシャーもしないし、体をさわられるのにも抱っこにも馴れた様子。
これなら、もう養子に出しても大丈夫。
このままどんどん私になついてしまうより、
新しいおうちでゆっくりじっくり新しい飼い主さんになついてほしい。
はやく養子先が決まればいいな。
20110922gi1.jpg 
20110921gi2.jpg 
興味しんしんにあちこち探検。

さて、eaoの方は・・・この子、まだ抱き上げられたりすると大暴れするので
改めて確認できないんだけど(外にいるときに男の子だと確信したはずなんだけど)、
もしかして女の子なのでは・・・という疑惑が。
20110923g_e5.jpg 
gigaに比べて、かなり強情。ぷんぷん。な、くせして撫でられるとうっとり・・・
どうも千夜の幼少時に雰囲気が似てる。
この子もなでられたり体をさわられるのはもう大丈夫なんだけど、
抱き上げたり、ということがまだできない。
いちいちシャーするくせして、けっして爪で引っかいたり噛み付いたりなんて根性は元からない。
が、「負けるもんか」という意地はまだ張っている。・・・こんなところが女の子では、と。
早くお股をちゃんと確認したいな。
でも、この子もこれなら新しい飼い主さんに引き渡しても大丈夫。
トイレは2匹とも完璧だし。
20110923g_e3.jpg 
ほらほら、怒ってるのか嬉しいのか、はっきりしろ~ぃ


20110923g_e1.jpg 
eao、なかなか難易度の高い場所で寝ています。

20110923g_e4.jpg 
eao、ハナクチョあとできれいにしてあげるからね。
今までママが丁寧になめてきれいにしてあげていたんでしょ。
まいこ~も   じゃなく・・・・なんだ、gigaくんか。

今日はまた夕方、子猫たちの確保に向かいます。
ずっと雨にたたられて保護予定が延び延びになってきたから、
今日も雨の予報が出ているけど、降る前に何とか1匹確保したい。
モノママがこんなに長く子どもたちを隠していなければもっと時間的にも余裕があったのに。

・・・それほど大切に守ってきた子どもたちを奪うことの罪悪感もまた・・・
やむをえないこととは言え。
ねぇ・・・・・・
20110923lu1.jpg 
スーパー保育士、丹念に園児の様子をチェックしています。

※猫の確保、一時預かりなど、付き合ってくれる方がいらっしゃいましたら、
ぜひご連絡ください。 よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


※関心持たれた方は、猫の里親募集掲示板をご覧ください。
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c.htm

                  「北海道」の 掲載者:Lin でご確認ください。

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

スーパー保育士が言うには

書き上げた内容がなぜか下書きすら残らずに消えてしまった。
やめてよ~何のための自動下書きなんだ。
時間を返せ~

というわけで、もう今日はカンタンに。

giga坊やは今日にはだいぶ落ち着いて、部屋の中を探検したり抱っこされたり。
まだまだ怖がることは多いけれど、思った以上に早いスピード新しい環境に順応してくれています。

20110920giga1.jpg 

おとなしく抱っこ。

20110920giga2.jpg 
かわいい。まだまだ赤ちゃんにゃんこだ。
もうシャーも爪を立てたりもしない。
ただ・・・ケージを出ると、とたんに物陰に身を潜めてしまうけど。


そして・・・やっぱり!

昨日からうんぴもちっこもケージの中のトイレを使っています。
これまで、千夜をはじめ、まいこ~、ルカちゃん、そして数々の養子に出した子猫たち、
どの子も例外なく最初からトイレ完璧なのです。
私、一度として失敗トイレの後始末というものをしたことがないのよ。
外の生活の子たちなのに、本当に不思議。
本当にこの一族のトイレ文化は高度です。

20110920mj3.jpg 

オレにゃんかにゃ、おかにゃんにもうおちりつんつんしにゃくていいから、って言って、
よちよち歩きで自分で最初のトイレをしたんにゃよ。
にゃのに・・・おかにゃんがまたがきんちょをつれてきたんにゃああああぁぁぁ

今日は朝早くに子猫確保に出向いたものの、
やはりオトナにゃんこにしか会えず、夕方暗くなってから再度向かった。

なんとかeaoくんの確保に成功!

20110920eao3.jpg 

eao(イーオ)。まだ恐怖と興奮と怒りで固まっています。
フーフーシャーシャー。
やはり仲間がいるとめげないらしく。

20110920eao2.jpg 

この子は目が大きい。このピンクのお鼻っっっ!
Bio兄ちゃんにそっくり。
Bio兄ちゃんのようにイケメン間違いなしです。
早くいい飼い主さんが見つかればいいね。

20110920e_g_l1.jpg 

それでもgigaと一緒にごはんをおかわり。
・・・あっ、ケージ外にスーパー保育士が!

それでも、さっき見に行ったら、もうシャーシャー言わなくなった。
あのファミリーの子だから、この子もすぐになついてくれるでしょう。

20110920lu3.jpg 

スーパー保育士の先生、eaoくん、どぉお?
「そうだにぇ、あと2,3日もすれば」

20110920lu2.jpg 

ルカちゃんて、夕べもずっとgigaに付き添ってくれたし、
子猫の扱いが上手っていうのは、もしかしてルカちゃん唯一の取柄?
評価変えるね。今まですみませんでした。
「・・・ままん、今までりゅかちゃんのこと、にゃんて言ってたにょ?」   ←ナイショ

20110920mj5.jpg 

「おかにゃんは、自分と同じ顔にシャーシャー言うなって言うけどにゃ」
彼は今、私に対して猛烈求愛中。
自分が一番の存在であることを確認したいのです。

これからまだしばらく、子猫の健康診断や、残る2匹の確保、お見合いの設定、母猫たちの保護交渉・・・と、考えるだけでげっぷが出ちゃいそうな状態が続く。
誰に頼まれたわけでもない、自分で決めたことだから仕方ないのだけど、
それにしても・・・早くこんなこと辞めたいな。。。

20110920chi1.jpg 

「ママ!ちぃは少しお話があるにゃ」
・・・聞かなくてもわかります。


20110919for1.jpg 

「あだす、どこどんあぎれた・・・」
はい。すみません。申し訳ない。


※猫の確保、一時預かりなど、付き合ってくれる方がいらっしゃいましたら、
ぜひご連絡ください。 よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


※関心持たれた方は、猫の里親募集掲示板をご覧ください。
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c.htm

                  「北海道」の 掲載者:Lin でご確認ください。

テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

大捕物劇・・・の割には

今日、助っ人のMさん、Aさんの力を借りて、
子猫4匹全部の保護大作戦を決行。

いや・・・我ながら涙ぐましい努力をしたと思う。
が・・・その努力の成果なく、結局保護できたのはgiga1匹のみ。
なんとしてももう1匹は確保して、せめて不安な第1日目を寄り添いあって耐えてほしかったのに、
gigaには申し訳ない結果に。
(詳細はまたの機会に)

20110919giga1.jpg 
しばらくはケージの片隅に小さくなって、ゴハンも食べられず。
シャーも初めだけで、暴れたり攻撃するなんて度胸もさらさらなく。
この不安そうな目。かわいそうに。

そこで・・・
頼りになるのが、当家の保育士ルカちゃん。

20110919lu-gi1.jpg 
千夜やまいこ~がまだシャーシャー威嚇に専念しているというのに、
ルカちゃんは一度としてフーッもせず、いそいそとgigaのケージの傍に。
gigaもようやく隅っこからトイレに移動。

20110919lu-gi2.jpg 
そっとgigaのケージに入って、そーっとやさしくなめてあげるルカちゃん。
これでだいぶ安心したみたいで、このあと大盛りゴハンをおかわり。

ところで・・・
不気味なほど1歳年上の兄ちゃんにあたるまいこ~とそっくり。

20110919mj1.jpg 
ちなみに、これはまいこ~です。giga坊やじゃないですよ。

20110919giga2.jpg  
この子はgiga。
目の表情、鼻の大きさ、顔の骨格、まったくおんなじだ~
写真で顔だけ見ると、うっかり間違えそうです。
2ヵ月半の頃のまいこ~をタイムスリップして見ている気分。

それにしても・・・
モノママの子たちの警戒心の強さはハンパない。
保護するには、1日1匹が:限度か、と痛感。

それでもgigaは、ゴハンを平らげ、ルカちゃんにはのどを鳴らすようになり、
私が差し出す手にもびびらず気持ちよさげに目を閉じるように。
やっぱり、きっと性格もまいこ~同様で、あっというまにべたにゃんになるな、と確信。
20110919giga7.jpg 
表情も明るくなって、ようやく興味深げにあちこちきょろきょろ。
いやぁ・・・しつこいけど、本当にまいこ~とメロン二つ。首元に白い毛が少し残りそうなところも。

20110919giga6.jpg 
やっとベッドに入るように。
大丈夫。明日は必ず兄弟を連れてくるからね。

20110919giga4.jpg 
みんなgigaくんの血縁猫なんだから、何も心配しないでね。
1日も早く養子先が決まりますように。


 20110919giga3.jpg
「ここに兄ちゃんとイトコがいるにゃんて、聞いたことにゃかったもん」


20110919giga5.jpg 
「にぇむいにゃ」
君にとっても大変な1日で、相当疲れちゃったでしょ。
今晩はゆっくりお休み・・・


20110919lu1.jpg 
ルカちゃん、ありがとう。
おかげでgigaを安心させることができたよ。
「ほめりゃられたお」


明日こそ・・・!






テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

むむ・・・計画通りに行かない

今日こそ何とか話をつけてヨモママを保護しようとキャリーを持って行ったのに・・・

その家の決定権者は不在、
なにより、ヨモママにあえなかった。

ヨモママに会えなかったのは初めて。
何事もなければいいんだけど。
先週会えなかったCiba(シーバ)も、白黒Kidsもみんなそろっていたのに。

20110911ciba1.jpg 
Ciba、ママはどこ?
なんだかキミもしょんぼりしてるね。

モノママ・・・
特別具合が悪いようには見えないんだけど、
今日缶詰のフードを食べた後に、豪快に吐いた。
片付けるまもなく、子供たちが殺到して食べちゃった。
おそらく急いで食べたからだろうとは思うけれど、
・・・もしかして猫族も吐き戻しをして子どもに食べさせるなんてことするのかな?
ずっと子どもたちを2ヶ月近くになるまで隠して育てていたのだから、
おっぱいだけで足りるはずがなく、それ以外の食べるものはどうしていたんだろうと思っていたけど、
もしかしたら吐き戻して食べさせていたんだろうか。
いや、猫族では聞いたことがないと思うんだけど。。。

20110911mono3.jpg 
見事にモノクロなファミリー

今日も先に野草を摘んでいたら、モノママとBio(バイオ)が私を見つけて寄ってきたけれど、
Bioはともかく、いつもならすぐに体を擦り付けてくるモノママなのに、
今日は距離を置いてなーなー遠慮がちに鳴くだけ。

ママがいないせいか、Cibaも元気がなかった。
なにか、ほんの少し、これまでと変わっている。
・・・何か、が、このファミリーに起こっていなければいいんだけど。
そして、それがただの思い過ごしならいいんだけど。

20110911bio2.jpg 
あごの下に血がにじんでいる。
Bio、ケンカした?

それにしても、なぜこうも成体の猫はもらい手がないのか。
子猫の時期なんて、等しくほんの数ヶ月だけのことで、
あとはずーっと成体の姿と暮らすことになるのに。
猫は(猫に限らず)かわいいだけのおもちゃじゃないよ。

なつかないのでは、と心配する人がいるけれど、
猫に比べて100倍は人になつかないと思われるうさぎだって、
かつて5歳を過ぎたうさぎを保護して一緒に暮らしていたけれど、
その子は一番私と心を寄せ合った。
動物と人との絆は、けっして幼少時に決定されるものではないと実感している。

20110911dio3.jpg  
Dio(ディーオ)坊や。
この子は左の眉毛だけ白いぞ。賢そう。
20110911fooga1.jpg 
一番のガリチビ・Fooga(フーガ)坊や。
あごがちっちゃいなぁ。
ヨモママを保護できなかったので、一番心配なこの子だけ先に保護しようとしたんだけど、
・・・失敗。
早く保護して、しっかり太らせようっと。

ヨモママには会えなかったけれど、
うちの千夜と瓜二つのロシアンもどきの子の姿は見た。
やっぱり・・・あの子は千夜と同じ時に生まれた千夜の兄弟だと思う。
もし、その子を保護することができたら、絶対に私が引き取ろうと決めている。
3年前、千夜だけ引き取って、他の兄弟たちは拾った子ども任せにした
自分の無責任さの結果だと確信しているから。


20110911mono1.jpg 
台風が去ったら、突然のように秋の風景になりました。


※猫の確保、一時預かりなど、付き合ってくれる方がいらっしゃいましたら、
ぜひご連絡ください。 よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp

※関心持たれた方は、猫の里親募集掲示板をご覧ください。
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c.htm

                  「北海道」の 掲載者:Lin でご確認ください。


テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

黒子猫2匹とも元気だった!

OFF日に限って天候が悪い。
先日も、そしてこの土・日は台風の影響で雨が断続的に激しく降り続いている状態。
こんな雨ではファミリーに会いに行っても出てこない・・・いや、
あの子たちはきっと私の声を聞くと雨のなかでも出てきちゃうだろう。
特にまだ小さい子たちを濡れさせることはしたくないので、昨日も会いにいけず。

本当はこの土・日にでも子猫たち全部、できればモノママも一緒に、
それもできなければヨモママだけでも、という計画だったのに。。。

が、今日は日中少し晴れ間が出たので、いつまた土砂降りになるかという不安定な空模様だったけど、
先日モノママが元気がなかったので、みんなの様子だけでも確認しようと出掛けた。
確保には時間がかかるので、こんないつ雨が降るかわからない天候では最初から計画はせず。

あの家の隣の空き地で、先にウサギたちの野草を摘んでいたら、
最初に私を見つけたのはBio(バイオ。B男くん改めました。)。
彼の最大の魅力の一つの、あの特有のこもったようなかわいい声で、しきりに鳴きながら走りよってきた。
そして、すぐ後にヨモママ。
彼女はまったく躊躇なく私に飛び込んでくる。

20110904b1.jpg 
キミは今日もイケメンだね。せっかくのピンクのお鼻、引っかき傷ができているよ。

すぐに見つけられちゃったなぁ、と草摘みを切り上げて、一緒にあの家の庭先に近づいたら・・・

あっ
全身黒い子猫が2匹!
先日は黒猫1匹だけで、一番最初に見た黒2匹、白黒2匹のうち、
きっと黒猫1匹は育たなかったんだと完全に諦めていたのに、ちゃんと2匹いる!

20110904f_g1.jpg
奥にいる子が先日見た小さな黒猫。
手前が今日2ヶ月ぶりに見た黒猫。奥の子(仮名をFoogaフーガとしました)より一回り大きい。
この子は仮名をgigaとしました。どちらも男の子。

20110904b_g4.jpg 
兄ちゃんのBioといっしょに懸命にごはんを食べる。
最初はかなり警戒していたのだけど、そのうち平気で私の足元でも食べるように。
なかなか度胸があるかも。

20110904b_g2.jpg 
この子は兄ちゃんにべったり。骨格もしっかりしている。

20110904g3.jpg 
頭と顔が丸い。うちのまいこ~にそっくり。

20110904g4.jpg 
かわいい盛り。
動物って戸外で撮影した方が、室内より何倍もいい表情で撮れるよね。


20110904f1.jpg 
やせっぽちのチビちゃんのFooga。
それでも先日よりは少し大きくなったと感じた。

20110904f2.jpg 
この子は相当なびびりちゃん。
最初はみんなと一緒に食べに近づくこともできず・・・
特にこの子に食べさせたくて、結局1時間もみんなのごはんに付き合うことに。
おかげで、この子も終盤には近づいてごはんを食べられるようになり、
Bioも私の手に直接口をつけて食べられるまでに。

 20110904f7.jpg
この子もかわいいね。賢そう。
一番小さいけれど、頑張ってカリカリも食べていました。

20110904b_g1.jpg 
Bio兄ちゃんは小さな弟たちに本当に優しい。一度自分が口をつけたカリカリも、
弟にせがまれて譲ってあげていました。

が・・・今日はなぜだか白黒赤ちゃん兄弟の方は一向に姿を現さず。
それと、Ciba(C男くんの仮名を変更しました)も最後まで姿を見せなかった。
いつも一緒に行動しているとは限らないということ?まだこんなに小さな子たちでも?
心配していたモノママは後から遅れて登場したけれど、やはりなんとなく元気がなかった。
それでも、やせていたわけでも、妊娠を思わせる兆候もなく、私からカリカリは食べていたけれど。

20110904mono1.jpg 
モノママ、心配していたんだよ。なんで元気がないの?
もしかして、子どもたちが動き回るようになって、それで気が休まらない?
でも、さすがだね。4匹全部ちゃんと育てていたんだね。
モノママの4匹の子どもたち、一気に確保するとモノママが寝込んじゃうかも。
だから、一気に確保するときにはモノママも一緒に、
でなければ1,2匹ずつ・・・にしよう。
この子、相当繊細なハートをしているみたいなので。

意外に、どこ吹く風、という態度なのがヨモママ。
一番人懐っこくて、どことなくまだ赤ちゃん気質が抜けてないというか、
泣き叫ぶ子どもを私がキャリーに入れても、平然とごはんを食べていたっけ。

20110904y1.jpg 
ヨモママ、Cibaはどこにいるの?
「そろそろ親離れしてもらわにゃいとにゃ」

ヨモママも今のところ妊娠の兆候はないけれど、
引き取る交渉を早く済ませなきゃ。
(里親が決まって永久譲渡するのは一向にかまわないけれど、私が一時引き取って先に避妊手術も済ませる
というのが、どうも引っかかるらしい)

とにかく、どうにか雨に降られずにすんで、
黒猫赤ちゃんを2匹確認できて、
モノママにあえてよかった。
でも・・・白黒赤ちゃんたちとCibaが気になるな・・・


※猫の確保、一時預かりなど、付き合ってくれる方がいらっしゃいましたら、
ぜひご連絡ください。 よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp

※関心持たれた方は、猫の里親募集掲示板をご覧ください。
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c.htm

                  「北海道」の 掲載者:Lin でご確認ください。



テーマ: 里親探し
ジャンル: ペット

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR