プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

営業部長交代

今日は久しぶりに猫友だちのakikoさんが遊びに来てくれた!

母と暮らすようになってから、めっきり来客も減ってしまって、
猫たちにも刺激が不足しているなぁと思っていたら・・・

案の定、まいこ~は接客を拒否して母の部屋に行きたいと鳴き続け・・・
逆に千夜はずっとakikoさんのそばから離れず、積極的。
先日、母の来客の際も、ずっと千夜がお客様の相手をして、
まいこ~は引っ込んだきりだったらしく・・・・いつのまにか営業部長が交代?
うん?まいこ~は思春期で、千夜はオトナになったということか?


20180120a_c3.jpg 
さ、ちぃ、久しぶりなんだから、ちゃんとakikoさんのお相手してね。
「わ、わかった。がんばるにゃ」


20180120a_c1.jpg 
「ちぃちゃん、お久しぶりぃ」
「・・・・」 ちぃ、顔が固まってるけど。


20180120a_c2.jpg 
「ちぃちゃん、かわいいねぇ」
「な、なでてもいいけど」 ちぃ、顔が険しい・・・ドキドキやら嬉しいやら。



しばらく母の部屋にこもっていたまいこ~も、そのうち、
やっぱりakikoさんが気になってまた戻ってきた。


20180120a_m1.jpg 
「さ、おりぇのおケツをどんぞ」
顔がキビシすぎるぞ、まいこ~!(笑)


20180120all1.jpg 
結局2匹して撫でられたり、おやつをもらったりして、そのくせ仏頂面のままの2匹・・・(笑)
久しぶりのお客様はやっぱりいい刺激になるみたいだね。


20180120lu1.jpg 
ルカちゃんは一  ずーっと冷めた眼差しでベッドにいました・・・
「びゃかみたい・・・・」



久しぶりに楽しい時間を過ごせて、私もリラックスできた~

私自身と、そしてにゃんこたちのためにも
とても価値ある時間でした。

20180120mj1.jpg 
「おりぇ、ちょっと照れてただけだきゃら・・・・
また来てにゃ、akikoしゃん」
今頃、思春期になるな・・・






もしや、更年期障害とも言う?

今日は千夜の月一の通院。

今でこそ月一になったけれど、つい最近までは2週間に一度、
最盛期?は毎週でした。

ちょうど1年前の今頃に発症した、原因不明のお腹部分の皮膚疾患。
小さな傷が治らない、と診てもらっているうちに、
びらん・潰瘍状態の傷がひどいときはお腹全体、
さらには後ろ足のかかと部分にまで広がってしまい・・・
生検でアレルギー性とは分かったものの、何のアレルギーなのかまではさっぱり。
今の病院の先生の見立ては、具体的な原因物質から発症しているアレルギー症状ではなく、
おそらく免疫不全(暴走気味)がもたらしているとのことで、
おととしの原因不明の神経症状、高熱もおそらく原因は同じ、と見ている。

この1年、あれこれ薬剤やサプリを、量や組み合わせなどを試行錯誤し、
一進一退の状態がずっと続いていたのだけど、
昨年11月ごろからやっと・・・傷の面積が縮小し始め・・・

ずっと定着していた3か所の傷のうち、2か所がついに消えたんです!

(ちょっとグロいので閲覧注意)



20180113chi1.jpg 
↑ 現在は一番大きな部分1か所だけに。
この部分もそれでも面積がかなり縮小したんです。
この傷の上と下にも恒常的に同じ傷があったんだけど、それが完全に治った!


20180113chi3.jpg 
常にじくじくした状態なのに、本猫、ほとんど気にする様子もなく。
それが一番助かった・・・
痛がったりかゆみがあったりしたら、本猫も飼い主ももっとオタオタしてたと思うから。



今日、病院の先生がしみじみ「まだ完全じゃないけど、ようやく治癒への勢いがついて、
ここまで丸1年、本当にかかりましたよねぇ」
で、改めて「こんなに治りにくいのもやっぱり免疫機能のバランスが崩れているからだと思います」と。

というわけなので、バランスを崩しているうちはこれからもあれこれ
いろんな原因不明の症状が出るかもしれないけれど、
そのうちさらに歳をとれば免疫力は嫌でも落ちてくるので、いずれ落ち着くはずだ、とも。

という話を聞いて、、、、
にゃんこの8歳前後は人間の更年期とおんなじ、とネットで見たことを思い出し・・・


20180113chi2.jpg 
ちぃ、「命の母A」でも飲んでみる?
「案外、効果てきめんきゃもにゃ」



・・・猫に飲ませても問題ないような、更年期用のサプリはないものか・・・
ちょっとホンキで試してみたい気も・
飼い主はさほど目立った更年期障害は感じたことがないのに、
愛猫はもしや・・・


20180113mj1.jpg 
「おりぇも更年期で腹がすく・・・」
そんな症状、聞いたことないぞ。



「あと3か月くらいっかなー」と病院の先生と話して、
1か月分の薬をもらって来た。
現在は抗生剤とステロイドの組み合わせを続けています。

春にはぺろんときれいなお腹に戻っていますように。


ブラック・ルカちゃん

寒くなって、猫たちのベッドには常時電気アンカがほかほか。
私が寝るときもリビング隣接の部屋で布団を敷くので、
3匹の猫たちはぎゅうぎゅうに私にしがみついて寝ている。

20171211all1.jpg 
最近、まいこ~もベッドの温かさに抗しきれず、1個を独占してしまうようになったので、
ちぃとルカちゃんが一緒に寝るんだけど・・・
かわいそうに、ちぃはいつもほとんどお尻がはみ出てる・・・


20171211c_l1.jpg 
「ママ・・・・せまいし、うざいし」 いつもちぃがあぶれちゃうね。


で、夜寝るとき、みんなわらわらと布団に群がり、
いち早くちぃがもぐりこんで、特等席の私の足の間で体を伸ばすのだけど・・・
それから、まいこ~が遠慮がちにやってきて、大体私の右隣あたりに。

そして、最後にゆっくりゆっくりルカちゃんがやってきて・・・

毎度のことなんだけど、ちゃーんと前脚で布団を探って、ちぃが私の足の間で寝ているのを確かめ、

それから、思いっきりジャンプしてそのちぃが寝ているふくらみの上に、どっしーーーん。

当然、ちぃは毎度悲鳴を上げて布団から出ていき、ルカちゃんはしずしずと自分がその足の間に収まる・・・


 20171216lu6.jpg
「だ、だって、りゅかたん、メンメが見えにゃいでちょ?かわいちょうでちょ?」
一番大きなお目々なのにね。



・・・最初は視力がないために、ちぃが寝ているのを知らずにやっているかと思ったけど
これが毎晩のことなので、どうもわざと狙ってやっているとしか思えなく・・・・
見ると、それはそれは嬉しそうにむんずとちぃを踏みつけているのよねぇ・・・


 
20171216lu1.jpg
「こ、こんにゃにはかなげで弱々ちぃりゅかたんだお?わざとだにゃんて」
・・・そうなんだけどさぁ。


20171216mj2.jpg 
「コイツ、絶対ワザと。おりぇ、わきゃってるもん」
そうか、やっぱりまいこ~もそう思っていたか。


20171216m_l1.jpg 
「あにゃっ、聞こえたきゃ?アイツは油断できにゃいんだ」
今晩、まいこ~が踏まれるんじゃない?


20171216lu2.jpg 
「りゅ、りゅかたんさぁ、メンメが見えにゃいから、ケンカもできにゃいし、おもちゃでも遊びにくいしさ」
まいこ~がじゃれて仕掛けても全然付き合えないもんね。
おもちゃはできるだけ音がするものを選んでるけど。そこはたしかに哀れ・・・



いつもいつもゆっくりしか動けず、ちょっと焦って小走りになるとあちこちに正面衝突してしまうし、
ゴハンもお皿を鳴らして場所を教えてあげないと食べられないし・・・
去年くらいまではまだ少しは見えてたようだったのに、今はもう完全に失明状態。

なので、いつもいつもルカちゃんがケガをしないよう、
怖い思いや心細い思いをしないよう気を配っている。
ちぃやまいこ~も、ルカちゃんが見えていないのを承知していて、
いきなり踏まれたりしても絶対にやり返さないし、ぶつかりそうになるとさっと身をかわす。

そんなルカちゃんを誰も叱ることなんてありえないし、
ゴハンでもおもちゃでも、まずはルカちゃん最優先で取り扱っている。


20171216lu4.jpg 
「ま、当然だおにぇ・・・」



いつもいつも母におやつをねだるちぃは、
母の足元でじーーーーっと母を見つめ、なうなう話しかけたり、調子よく母と会話風に鳴き交わしたり、
さらには抱っこまでさせて好き好きアピールをして、
その必死な営業努力が認められると(母が根負けすると)、やっとおやつをゲットできるのだけど─


いざおやつをあげようとおやつの箱に手をかけると─

さっきまで別室で寝てたはずのルカちゃんがいつの間にかちゃんと目の前でスタンバイしてる・・・
(まいこ~は呼ばないと気が付かない)
必ず、毎度。


20171216mj1.jpg 
「・・・ほりゃにゃ・・・」   やっぱり、そうか。



つまり、ルカちゃんはちぃのような営業努力を一切していないのに、
ちぃの営業の成果は必ずもらっていくわけで。


20171216lu5.jpg 
「たまたま通りかかっただけだお・・・」


20171216chi1.jpg 
「・・・・・ち、ちぃ、ビャカみたいじゃん・・・!」
おや、やっと気が付いたみたいだね。 



ルカちゃんは母にもいまだ気安く触られるのを怖がるので、抱っこは飼い主の私限定。
たとえまいこ~やちぃが私の膝の上にいようと、平気で踏みつけてでも上がり込み、
先に抱かれていた子を追い出しちゃう。
これも、何も見えていないからそんな強引なことをするんだ、と思っていたけど、
でも、前脚を突っ込んだ時点でむぎゅうと他の猫の感触でわからないわけがない、とも・・・

ワンコじゃないんだから、普通猫が割り込み行為するなんてないよねぇ。


 
20171216lu7.jpg
「にゃいにゃい、そんにゃことにゃい。見えてにゃいからだおぉぉ」
本当にそうでしょうか・・・


20171216mj3.jpg
「お、おにょれ・・・!」  まいこ~にはない才能だね(笑)


20171216chi2.jpg 
「アンタも少しは努力すれば?」
ママとちぃ、損な役回りも似てるんだね・・・



というわけで、Lin家で一番弱く見えるルカちゃんが、実は一番狡猾。
だから、「ブラック・ルカちゃん


でもね・・・
それがハンデの大きいルカちゃんの生きるための知恵なんだろうと思うし、
それでいいと思っています。もっともっと小ずるくなってもいい。

なにより、他の兄弟に比べて、あまりに動きがとろくて、
満足に食べられない様子を見て、直感的に「これは危険かも」と思って
いち早く野良猫ファミリーの中から保護し、
里子に出すつもりだったけど、先行きが不安に思われて結局手元に残したけれど、

ちぃやまいこ~以上に、
ほんとにほんとに本当に、保護して、手放さなくてよかった、正解だった、と
つくづく感じているのがルカちゃんです。


20171216lu3.jpg 
いつもいつも、一番にルカちゃんの名前を呼ぶよ。
本当は24時間そばにいてあげたいのに、ごめんね。



千夜が賢くて困る

20171211chi4.jpg 



うちの千夜は美猫です。
飼い主が太鼓判を押すのだから、これほどアテにならないこともないのだけど、
でも、やっぱり美しい猫です。
ツンデレ・クィーンです。

見た目だけでなく、体も大きいので、
どこの病院でも「え?ロシアンブルーでは?」と聞き返される。
とても草むらから保護された野良猫の子とは思えないでしょ?
体のどこにも一点の差し毛もなく、完全にソリッドカラーなんざますのよ。


20171211chi2.jpg 


その上、美しいだけでなく、非常に頭もよくて、
ほとんど鳴き声を上げない猫だったけれど、最近ではニンゲンとの会話の多くを
ニンゲン同様「言葉」でこなすように。
(本猫はおそらく・・・飼い主と同じ言葉を喋れていると思っているみたい)


が、この言葉のほとんどは「おやつ、ちょうだい」で・・・・

しかも彼女は頭がいいので、厳しい私にではなく、甘い母にもっぱらねだる。
最初はかわいらしい声が、だんだん凄みのある声で強要じみてくる・・・
それでもダメなら、強引に母の膝に乗っかって、にらみつけながらゴロゴロのどを鳴らす・・・

見かねた飼い主の私が「おしまいでしょ」と言おうものなら・・・
振り返りざまににらみつけながら「なーーーーっ」と口答え。
(あんたに頼んでんじゃにゃいわよっ と言っている)

結局、ニンゲンはいつでも女王様のいいなり・・・

こうして表現力を豊かにすることで、自分の希望を通しやすくできる、と、
クマ牧場のヒグマのパフォーマンスよろしく自発的に学んだらしい。


20171211chi3.jpg 
 ↑  こんな風に「イイ顔」で写真を撮らせてくれるのは・・・



やたらと気前よく抱っこしにきたり、お腹を見せて愛嬌を振りまくのも、
これ、全部おやつをもらうという目的があってのこと。
意地でもタダでなんか愛想振りまくかいっ  てところか。

つまり、美しくて、頭もよくて、根性もある、というわけ。

唯一残念なのは・・・

その作戦がバレていることに本猫が気づいていない、というところかな。


20171211chi1.jpg 
「ちぃをなめたら、あかんじぇよ」   知ってますってば。



そんな雌猫の千夜に比べると、雄猫のまいこ~やルカちゃんは単純です。
単純にひたすらその場その場の感情のままに甘えまくる。


20171211mj1.jpg 
「だって、おりぇ、きゃわいいのだけが取り柄って」  でかいのも取り柄でしょ。


20171211mj2.jpg 
まいこ~はいつまでもクマさんちっくでかわいいね。
「そうにゃろっ!」


20171211lu1.jpg 
「りゅ、りゅかたんも単純できゃわいいにぇ・・・・」
・・・・あっ!!!



実は、千夜を上回る策略家が、ルカちゃん。

その理由はまた今度。


20171211lu2.jpg 
最近、彼は「ブラック・ルカちゃん」と呼ばれている。
「にゃひひっ・・・」


20171211mj3.jpg 
ちぃやルカちゃんから見ると、まいこ~は頭の中にチョウチョが飛んでるみたいに無邪気だねぇ。
「ほめてくれたん?」





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR