プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

忘れてた息子たちの誕生日と千夜の新たな病状

本当は旭山動物園に行く予定だったのだけど、
昨日から千夜がぐったり元気がなく─

と言って食欲は普通にあり、発熱もしていない。
ただただ元気がなく、体を丸めてじっとしている。
で、さっそく病院に行って診てもらったら、「おそらく一連の免疫不全による関節痛」とのこと。

以前から、免疫不全が原因なら、発熱や皮膚疾患だけでなく、次に来るのは関節炎 と言われていた。
お腹の湿疹がちっとも治ってもいないのに、今度は二重苦か・・・

20170522chi1.jpg 
「そうにゃよ、にゃんか背中が痛いんにゃってば、もう」 
・・・らしいけれど、猫の関節痛は見た目まったくわからないのだとか。
ただ動かなくなって、ジャンプや走ったりをしなくなる。



昨日は痛み止めの注射と内服薬をもらって、
そして今日もまた薬か切れたころにはうずくまる状態になったので、また注射を打ってきた。


20170522chi2.jpg 
寝転がるようになったので、痛みは抑えられているようです。


20170522mj2.jpg 
「昨日きゃら、おりぇのちょっかいに付き合ってくりぇにゃいと思ったりゃ」
あ、もしかして単純にまいこ~とやりあった時に痛めたんじゃ・・・・



・・・・せめて円山動物園には、と思っていたけど、
結局千夜が心配で2日連続の通院で終わってしまい・・・
仕方ない、気にしながら遊びに出たってちっとも楽しくないもん。

1回あたり1000円もするアレルギー薬の効果も全く感じられないし(最低2週間は続けて、と言われている)、
これがもう4か月も続いて、そして今度は関節痛・・・
いったいどうしたらいいんたろう。
どうしたら大事な大事な子を治してあげられるのか─どうしても打開の糸口が見つからなくて、
なんだか哀しい気持ちになってきた・・・


20170522lu2.jpg 
「仮病ぢゃにゃいにょ?ままんを独り占めしようとちてるにぇ」
・・・ルカちゃん・・・ズケズケとかわいくないことを・・・


20170522mj1.jpg 
まいこ~は最近、咳込みもぐっと減ってきました。
気候が良くなったからかなぁ。体重はずうっとほぼ水平状態なので、やせたから、とは言えないのが悲しい。。。



過ぎてしまったけれど、この5月でまいこ~とルカちゃんは満7歳になりました。
これから千夜だけでなく、まいこ~とルカちゃんの体調管理もますます気をつけなきゃ。
・・・いやいや、あんまり過保護にならないよう私自身が気を付けたほうがいいのか。
なんだかこの1年、思いつく限りの過保護の限りを尽くしてきたような気が・・・


20170522mj3.jpg 
「おりぇの誕生日だにゃんて一言も言ってくりぇにゃいし。トップシークレットにゃのきゃ?」
・・・・つい忘れていただけです。。。すみません。


20170522lu1.jpg 
「今からでもスペシャルメニューはどうにゃにょ?」
・・・ダイエット中なので・・・はぁ、すみません。


とにかく、これからもモノママとヨモママが託してくれた2匹を
大事にかわいがって長生きしてくれることを願うばかりです。


201007mj1.jpg  
 ↑ 2010年7月初め 生後1か月半くらいの頃のまいこ~と・・・
こんなに巨大猫になるとは夢にも思わず、まだせっせとミルクも飲ませてたなぁ。


201007lu1.jpg 
同じく2010年 生後2か月半くらいのルカちゃんです。
あ、耳穴毛が今はまったくなくなってる!
目の周りの白い隈取も今はあまり目立たなくなってるんだ・・・




・・・こうして見ると、このころにはすでに現在の2匹の基本的キャラは出来上がっていたみたい。
雰囲気が全くおんなじだもの。
でも─子猫の頃の可愛さは今とは段違い(笑)です。
でもでも─きっと私はこの頃の2匹よりも今の2匹の方を数倍愛してる。





ご無沙汰のあいだの変化

すっかりご無沙汰してしまいました。
もう5月も半ばですね。

母が5/1に膝関節の手術で入院して以来、
ほぼ毎日病院と職場とのダブル往復、久々母を気にせず家の中のあれこれで忙しい毎日でしたが、
母も無事に2週間足らずで退院できました。

これで私も自分の体の心配をしたいところ   なんだけど─


千夜の湿疹状のお腹の傷─
あれから1週間ばかりカラーをつけて頑張って、一時は傷も乾いていたのに、その後なぜかまた悪化。
結局カラーはあんまり意味がない、いや、もしかしたらカラーのストレス?と心配になって外し、
今は軟膏を塗った後の30分程度だけの装着に。

20170512chi2.jpg 
  ↑ 現在の状態。一部分だけ残っていた傷が、今度はまた全体に広がってしまった。
もともとの傷の部分は潰瘍状態になってしまっている。


20170512chi3.jpg 
「・・・なんつう恥ずかしい写真を・・・」


で、3日前から、どうも最終手段?的な内服薬に切り替えています。
高価なアレルギー薬。

20170517dru1.jpg ←これで約1週間分で、7000円!
    えっ!1日1回1000円だっつうの?
    飲ませるときに手が震えますって。


20170512chi4_20170517213218eff.jpg 
「1000円もする割にはおいちくにゃい・・・」
千夜は合わないサプリなどは吐き戻してしまうけれど、今のところこれは大丈夫みたい。
これを吐き戻されたら、私が泣きたくなる・・・
一時、目の上の毛が薄い部分にも赤い発疹みたいなのが出ていたけれど、
これはこれまでと同様ほどなく治った。



どれぐらい続けることになるのか、果たして効果があるのか、今はまだ何とも。
病院の獣医師も「これがもし効かないとなると、もう・・・」と(やっぱり)お手上げ状態。
だいたい、原因が本当にアレルギーだけのことなのかもはっきりしていないんだもん、
原因不明の高熱続きの時と同様、私は過剰な期待はしていませんけどね。。。
ただただ、2月から続くこの症状が早く治る というより沈静化して治まってほしい。


で、母がいない間、ずっとウツウツと寂しげにしていたまいこ~。
今回は母がいないことをひたすら寂しがるばかりで、
以前のように、すぐにちゃっかり私に乗り換える、という様子もなく─
というより、普段からほかの猫と群れたがらないまいこ~は、
私には常にちぃとルカちゃんがべったりくっついているのでなんとも具合が悪く。
意外にも彼には、ちぃのような強引さ、ルカちゃんのような傍若無人さはないのです・・・

なので、母が帰ってきてからは夜も(ついに)母の部屋に入り浸りで寝るように。
(母の部屋の前で悲しげに泣き続けるので仕方なく)

・・・ちょ・・・まいこ~は母のにゃんこになっちゃったのか・・・

20170513mj1.jpg 
母にくっついてばかりのまいこ~。ま、相思相愛だから文句はないけど。



そして─

継続していてるにゃんこダイエット。


しっかし、これもまた皮肉な展開で・・・

一番ダイエットの緊急性が低い千夜が一番体重を落としていて、今5.5㎏。
もう通常の体重に戻りました。
病院の獣医師も、千夜はこの通り不安定な体調だし、今後消耗性疾患発症も怖いから、
5㎏台前半を維持していればいい、とのお達しだというのに、

ルカちゃん  5.8㎏  で、水平状態。

そして、まいこ~   7.85㎏  で、やっぱりほとんど変わらず。

20170512chi1.jpg 
ちぃはウエストにくびれが出てきて、見るからにすっきり。
「ふふん。美猫はデブじゃにゃいもん」


20170510mj1.jpg 
「おりぇもでっぷり」  全身ロース。固くてみっちりむっちり。


20170512lu2.jpg 
「りゅ、りゅかたんは見た目ちぃとも変わんにゃいお」
そ、そっかなぁ~?

20170512lu1.jpg 
ルカちゃんの巨大おけつ健在。
たしかにちいとも小さくならないね・・・


20170512lu3.jpg 
「・・・これ以上猫缶どんぶりの量を減らちたりちたら、りゅ、りゅかたん、家出するお・・・」
猫缶くらい好きなだけ食べさせてあげたいんだけどさぁ・・・



とにかく、まいこ~とルカちゃんのダイエット効果がはかばかしくないので、
当然これからもずっとダイエット食を続けるしかないのだけど、
そうなるとちぃ、いったいどこまで体重を落とすことになるのか。
彼女にだけ別室でおやつをあげることもあるのだけど、
これまた飼い主にとってはあまり気分のいいことではなく─
ダイエットを強いているルカちゃんとまいこ~がかわいそうで。


20170517mj1.jpg  
「おかにゃん、悩むんにゃら、みんにゃに公平におやつをあげればいいにょによ」
あんたたちにも1週間に2度くらいはイナバ・ちゅーるタイムを設けているじゃないの。



母もまだ思い通りに動けないようだし、
年がら年中仕事は忙しい、で、したいことの半分もできない毎日ですが、
今月中にまた旭山か、せめて円山に行ってリフレッシュしてきます。
この春もまともに桜を見ることもなくあわただしく過ぎていきました・・・

千夜の治療の目途がついてからじゃないとなかなか自分の検査に行けず─
あ、母や千夜を言い訳に使っているのじゃないのよ~


20170517mj2.jpg 
日中は必ず私のベッドで寝ている、まいこ~。


20170517mj3.jpg 
いいよ、母のにゃんこになったって。それでも、まいこ~はおかにゃんが育てたかわいい息子だもん・・・


20170517toi1.jpg 
 ↑ 新式トイレは、やはり絶対に1個では無理なので2個並べて使用。
それでも周囲がすっきりして、猫砂の飛び散りも、粉塵も相当抑えられて快適です。



猫ダイエットの道

例年なら、この時期にはヒーターのスイッチを入れることなどまずないというのに、
今日はヒーターもホットカーペットもON。
今日はみぞれが降り続いていました。
早く牧草を摘んで猫たちに食べさせてあげたいのに、春は足踏み状態。

が、しかし─(二重否定で事象を重く印象付ける表現)

今日は複雑ながら、嬉しいことが。

3匹のダイエット作戦、今日それぞれ体重を測ってみたところ─

まいこ~   MAXの頃より-100g減(先週より30g減)、

まあ、ここまでは想定内。

20170422mj1.jpg 
7.95㎏。夢の7㎏台にかろうじて足を引っかける!
もちろん、見た目も抱いた重さも一切変化なし!


20170422mj2.jpg 
見慣れた飼い主の目には、これがまいこ~のスタンダード体形に見えてしまうのだが─


20170422mj3.jpg 
「おかにゃん、おりぇがスマートににゃったってきゃ!?」
・・・に、なりつつある、ということさっ




そして・・・千夜の測定。

えっ! -250g減! 5.75㎏。
あと-300g程度でいつもの平均体重、さらに-300gで目標に達するスピード。


20170422chi2.jpg 
「だから、ちぃは太ってにゃんか」
主食を変えて、おやつを鰹節だけにしただけで。
千夜の危うい体調を考えると、千夜はもっとゆっくりペースの減量でいいんだけどな。


20170422chi1.jpg 
でも、まだまだ丸っちいのも事実。
昨年11月に高熱続きで5㎏すれすれになったときは、これ以上痩せさせたくないと思うのと同時に、
プロポーション的にはこれまでの中で一番美しかった・・・



それから、ルカちゃんの測定。

え、えっ!

-200g減で5.8㎏!
こちらも千夜と同じ程度のスピードでの減量。

20170422lu2.jpg 
「今日、ブラッシングでいっぱい毛が抜けたからでにゃい?」
山のような抜け毛でも10gにもならないから。



ルカちゃんもあと300g減でこれまでの平均体重に戻れる。

やっぱりメインのヒルズのメタボリックス、割高なだけに効果は確かなようで。
そして─6㎏だった千夜とルカちゃんがこれだけ落とせたのに、
8.05㎏のまいこ~の減量がなぜこんなに鈍いんだろう・・・
千夜とルカちゃんと同じスピードだったら、今頃300gくらい落とせていても不思議はないはずなのに。

やっぱり・・・千夜とルカちゃんの太る仕組みと、まいこ~の太る原因は全然別モノということだと思う。。。


20170422mj5.jpg 
「・・・おりぇは不治の病にゃのきゃ・・・」
 ↑ 少し違う・・・



千夜とルカちゃんはダイエットフードが気に食わないと、そのままお腹を空かせて夜の猫缶を待っているらしいけど、
まいこ~はぶーたれながらも、結局自分一人でほとんど平らげているみたいだから、当然なのかもしれない。

とにかく、3匹とも着実にダイエット道を進んでいるのは間違いない。
千夜とルカちゃんは極端に早く落としすぎないよう、
まいこ~は・・・仕方ない、このままのちんたらスピードでいいから着実に少しずつ・・・と。

20170422mj6.jpg 
「そうきゃ・・・おりぇは虚弱体質にゃのきゃ・・・」
 ↑ かなり違う。


20170422all1.jpg 
ご褒美に、先日akikoさんからおみやげにもらったマタタビをふるまう。
3匹わらわら。


みんなマタタビには目がないけれど、
まいこ~はマタタビに酔っぱらうことは皆無、千夜はちょっとほろ酔い てな感じなんだけど、
ルカちゃんは・・・・いつもぐでんぐでんに酩酊(笑)


20170422lu3.jpg 
千夜とまいこ~が去って行っても、いつまでもぺろぺろ・・・


20170422lu1.jpg 
「りゅ、りゅたん、にゃんだかくねくねしちゃうお~」
転がって悪たれ始め・・・ちょっと酒癖が悪いタイプ。


20170422c_l1.jpg 
「あんた、終電あるうちに帰りなさいよ」 と、千夜にも叱られ・・・


みんなダイエットに頑張って付き合ってくれているので、
今日の夜の猫缶ゴハン、ちょっぴりいつもより多めに盛ってしまった。 あ、意味ない?

世界一甘やかす飼い主と自負している私にとっても、猫ダイエットは精神的に厳しい試練。
でも・・・
ガラスのハートのうちの坊やを入院 なんてことはもっとかわいそうだもの・・・


20170422mj4.jpg 
6㎏のまいこ~になったって、このぷくぷくほっぺはおかにゃんのものだもん。。。




ちぃ、再会が嬉しくて

先日、半年ぶりくらいに猫友のakikoさんが遊びに来てくれた。

「猫つかい」のakikoさんを、うちの子たちはみんな大好きなんだけど、
それにしても長いこと会っていないから覚えているかな、と思っていたら・・・

初めのうちこそそれぞれ隠れて、でもakikoさんの声を聞いているうちに思い出したようで、
まずまいこ~がおずおずと登場してごろにゃんしているうち、
次にルカちゃんとちぃが出てきて・・・

感動的な再会シーン(笑)

20170416chi1.jpg 
「ちぃちゃん、久しぶりだねぇ。心配していたんだよ」とakikoさんが声をかけると、
ちぃはすぐさますり寄ってすりすり。


20170416chi4.jpg 
・・・まぁぁぁ。普段でもこんなに激しくすり寄ってにゃんにゃんすることなんてめったにしない千夜なのに。
(あんまり激しくすりすりするもんで、ブレまくり・・・)


20170416chi2.jpg 
しまいにはakikoさんの足にしがみついて、特別サービス?のケリケリまで。
「akikoしゃーーーん、ちぃ、会いたかったーーーん」


20170416chi3.jpg 
手にもじゃれついて、しがみついて離れない状態。
「だってにゃ、ずっとグランマとママだけで、もううんざりしてたんにゃよ~」 ・・・とでも言いたげ。



ツンデレ・スタンダードの千夜が久しぶりに会った人にこんなに感情を発露するなんて、
私も少々驚いた。
きっと・・・私と半年ぶりに再会するような機会があっても、ここまではしないだろうなぁ・・・ははは。


20170416c_m1.jpg 
akikoさんにたくさんなでてもらって、ちぃもまいこ~も大満足。
2匹ともずっとakikoさんのそばを離れませんでした。



久しぶりにakikoさんとたくさんおしゃべりして楽しかった!
うちの子たちにとっても、やっぱりたまには飼い主以外の人間と会うのはいい刺激になるみたい。

20170416c_m2.jpg 
akikoさんが帰った後も、テーブルの上をくんくん残り香チェックの2匹。


20170416mj1.jpg 
「にゃに?テーブルの上に乗るのは行儀が悪いってきゃ?」
まあ、グランマはいちいち「だめ」って叱るらしいけど、ママはどうでもいい・・・

20170416mj2.jpg 
「おりぇ、いっつもテーブルの上で寝てるぞ」
猫にテーブルの上に上がるな、と躾けるのは、ニンゲン側の根気の問題だからね。
えぇ、アテクシにはそんな根気も根性も皆無です・・・

20170416lu1.jpg 
「りゅ、りゅかたんは地べた以外にいるとすぐ降ろされりゅお」
それは目が見えないルカちゃんがケガしないように、です。



同じく先日、千夜とまいこ~の薬だけ処方してもらおうと、猫は連れずに病院に行ったら・・・

連れてきていないというのに診察室に通され、
千夜とまいこ~の最近の状態など聞かれました。
これまでの病院では一度診察して処方された薬なら、特に話を聞かれることもなく
そのまま再処方されていたんだけど、丁寧というか慎重なんですね、きっと。

・・・が、まいこ~は気管支炎の薬なのに、
「どうですか?マイケルジャクソンちゃん、少しは減ったようですか?」と
相変わらず先生の関心はまいこ~のメタボにしかないようで(笑)
で「ほんのわずか、100g未満程度」と答えたら、「それで充分です。このまま継続しましょう」と、
まあ、特に結果をせかすような言い方もないので、何が何でも「ダイエット入院」させたいわけでもないらしいけど。

でも、1か月で約100g程度減 としたら、1年で1㎏減─うん、まあまあなのかもね。
健康的にダイエット継続させるなら。
仕方ない、かわいいまいこ~のため、と思って猫ダイエット頑張ります。

・・・飼い主は20年くらい1㎏以上の増減もなく、まるでアンドロイドだと自負してるんだけどねぇ。。。

20170416mj3.jpg 
「おかにゃん・・・やっぱし半生(なま)生物だったんだにゃ・・・」


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR