プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

久しぶりなのにかわいげなし。

今日は久しぶりにakikoさんが遊びに立ち寄ってくれた。

うちの子たちはakikoさんのことは絶対忘れていないので
ずっと彼女にべったりし通しでした。
なんつうか、なれなれしい というか、当然 みたいな顔で、どっしり。
あんましかわいくない。。。


20180715a_c2.jpg 
まいこ~、ちぃちゃん、久しぶりだねぇ。
「ま、にゃ」「あんたも元気そうにゃん・・・」   
・・・いじらしさゼロ対応。


20180715a_c3.jpg 
ちぃちゃん、毛並みの色が赤っぽくなっちゃったね。
「事情はママに聞いてにゃ」


20180715a_c1.jpg 
でも、丸々として元気そうだよ。
「・・・太ったとでも?」


20180715a_m1.jpg 
まいこ~もあいかわらず元気そう。
「にゃろ?耳のピアスおできもとれたしにゃ」


20180715a_m2.jpg 
しかも・・・ちょっぴりスマートになったね!
「そうにゃろっっっ!」←嬉しい



先日、千夜の被毛の変色は長期にわたってのステロイド投与の影響かも、と
病院で言われたので、お腹の傷の悪化もあることだし、
やっぱり確認しとかなきゃ、と血液検査してもらったんだけど、
・・・やっぱり。どっこも悪いところない!・・・つうことは、やはりこのまま
ステロイド投与を続けるしか手はないみたいで。


なのに、体重は5.8㎏近くにまで増えちゃうしさ。
せっかく一時は5.4㎏にまで落とせたのに・・・

まあ、皮膚の症状以外はいたって調子いい、ということなんだろうけど。


20180715mj1.jpg 
「そりぇに比べて、おりぇにゃんて、スマートになったってakikoしゃんがほめてくりぇたぞ」
akikoさんか帰った後も、なんだか嬉しそうなまいこ~。


20180715mj2.jpg 
とは言っても、もうずっと7.6㎏から少しも減らないのに・・・
「akikoしゃん、ますますきゃっこいいって。ふふ」  ←誰もそこまで言ってないってば。



ずっと天候不順で、夏らしくない毎日。
暑いのは苦手なので、自分だけの都合で言えば過ごしやすいんだけど、
農作物が大打撃というのは困ります。

いつの頃からか、それぞれの季節に見合った天候 というのがまったく期待できなくなりましたね・・・


猫も飼い主も大変だ

なんだか、昔うさぎと暮らしていたころのように
動物病院通いが止まらない。


実は、6月に入ってから、
千夜のお腹のびらん状の傷、あと小指の先程度にまで小さくなっていたのに、
それから急にまた拡大。
半量に減らしていたステロイドを倍にしても勢いは止まらず、
現在はまた3月頃くらいまでの大きさに悪化している。

はぁ~・・・がっかり。

20180628chi1.jpg 
「・・・んにゃこと言われても」
もう1年半だよ。。。


獣医の先生には、「去年も6月7月でかなり悪化して、それから徐々に縮小している。
おそらくアレルギーの原因物質が今時期に増大しているのでは」とのことなんだけど、
そもそも、なんのアレルギーかがわからないのでねぇ。
(食物アレルギーでないらしいのは、これまでの経験値でわかってるけど)

で、春先から千夜の毛色が赤っぽく変色したまま。

当初は換毛が済めば元のきれいなブルーグレーに戻るかと思ったけど、
いまだに色あせたまま。
何か他に重大な問題でもなければいいけど一で、
来週にでも血液検査とレントゲン撮影を行う予定。


20180628chi2.jpg 
「にゃに!?」
何かがある・・・という飼い主の予感を信じてるからね。



で、先日は、ルカちゃんの肛門腺絞りを別の病院でしてもらって、
で、帰宅してキャリーから出して・・・ぎゃーーーーー!

20180628lu2.jpg 
「・・・ままん、うるちゃいお」
そもそもアンタが毛深いから・・・!




先日、靭帯を傷めたらしい左前脚を完全に折って、まったく床に脚をつけず、
床でローリングする状態!!!

だーーーーっ!  骨折してるぅー!!!!

で、今度は速攻でいつものかかりつけの近くの病院に駆け込んで、
「大変ですっ!きっと骨折してますっ!」と訴え、
獣医師が「ちょっと床で歩いてもらいましょう」とルカちゃんを歩かせたら・・・
やっぱり足をつけず転がる状態なんだけど、
先生が「あれ?」と脚の付け根を触った時に一

いつもつけている迷子プレートのネックレスのチェーンの内側に前脚が入り込んでいた!
・・・ただ、それだけ・・・それだけ!


20180628chi3.jpg 
「・・・・・・・・ぷっ。」



ちょうどお昼直前でしたからね、
病院のスタッフの皆さんに、ランチの楽しい話題を提供しただけで終わった次第。。。

いえね、数日前に傷めた脚とおんなじ箇所、
直前に別の病院で肛門腺絞りでその前脚を含めた上半身を押さえ込んでいたから、
絶対間違いなく骨折させたと思ったのよね・・・

その肛門腺絞りで病院に連れて行くとき、
キャリーに入るのを激しく抵抗していたので、おそらくその時に
チェーンの内側に前脚を入れこんじゃったんでしょう。
しかもルカちゃんは毛深いのでチェーンはほとんど見えない状態だし。

・・・自己嫌悪。

ま、実際に骨折してたのよりはよっぽどいいけどさ。。。。

20180628lu1.jpg 
「ふたりで恥かいて帰ってきた次第・・・にゃんだお」
はいはいはいはい、アテクシがあまりにアワテモンで早とちりでございましたっ!



で、去年排水溝から水漏れがあって交換工事をしたばかりというのに、
その頃我が家以外にも同じ事件が同じMSのあちこちで発生したもんだから、
結局全戸交換ということになって、
連日工事の人が出たり入ったり、工事の爆音がうち以外にも上からも下からも響く毎日。
というわけで、おびえた猫たちは、帰宅するたび私に泣いてすがりついてくる。

で、仕方なく毎晩3匹を体の上に乗せるようにして寝ています。

いや、寝てない。眠れない。寝不足の毎日・・・

20180628mj1.jpg 
「おかにゃんといっちょじゃにゃいと、おりぇりゃ、安心して眠れにゃいんだもん」
おかにゃん、あんたがた全員とだと、疲れて眠れないんだもん・・・



恐れていたことが現実に

ついこの間、言ったばかりやぁぁぁぁん・・・

(いつものごとく)深夜0時近くに帰宅したら、
迎えに出てきたルカちゃんが

ルカちゃんがっ!

左前脚をかばってぴょこぴょこ歩きしてるじゃないかっ!!!

私の悲鳴を聞いて起きてきた母がのんきに言うには、
自分の部屋に入ったあと・・・おそらく10時ごろ、私の部屋で大きな物音がしたので、
その時のことではないかと。
きっとチェストに登って(100cm程度の高さしかないけど)、そこから足を踏み外したのだと思う。
で、打ちどころが悪かったのか。

骨折でもしていたらどうしよう、深夜でも対応してくれる病院に─とあたふたしたものの、
ルカちゃんは特にしょげている様子もなく、「ままん、ごはん」といつものようにオメメもキラキラ。
脚をいろいろ触ってみても嫌がることもなく。食欲もいつも通り。
でも、やっぱりビッコ歩きは変わらない。


20180614lu1.jpg 
ルカたん!ママは心臓が止まりそうなほどショックを受けたよ!
「・・・ままん、にゃにを大騒ぎしてんにょ」



結局その晩はルカちゃんを抱いて寝て、翌朝かかりつけの病院に。

「レントゲンは撮るだろうな」「良くて亀裂骨折か?」と
一晩たってもやはりぴょこぴょこ歩きのまま、
でも一緒に寝てゴキゲン最高潮のところから無理やりキャリーに入れられて不機嫌になったルカちゃんを
心配しながらそう想定していたのに、
獣医師の先生は、ぴょこぴょこ歩きの動画を「ふんふん」と見ながら触診し・・・
「骨折なら足をつくこともできないので、おそらく靭帯を痛めたようです。
かばって歩く以上多少の痛みはあるものの、食欲も機嫌も変わらないのなら、
それほど強い痛みではないんでしょう」と、5分で診察終了、レントゲンもなし。
ステロイド5日分の薬をもらって終わり。。。

ま、大したことないんならいいけどさ・・・キャーキャーパニックになったアタシって。

でも、いつもいつも心配だったのよ。
何も見えていないルカちゃんが、大したことない高さから落ちて、
いつか大怪我したらどうしようって。
いつか、こんなことになるんじゃないか、と思っていたから、
「やっぱり来たか!」という気持ちになったのよね・・・


20180614mzoo19.jpg 
ま、とにかく大怪我じゃなくてよかった。 今回はね。。。
大事な大事なルカちゃん、ケガなんてしないでね。


20180614chi1.jpg 
「ママ、るかたんにゃんて一番長生きするタイプにゃんだってば」
たしかに、そういう説もあるよね。


ケガをした夜から3晩目、ほとんどぴょこぴょこ歩きは目立たなくなりました・・・



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


以下は先日、円山動物園に短時間行った時の写真です。

ホッキョクグマとヒマラヤグマとアムールトラのみ観察。
時間がないと結局見たいものがよりはっきりするわ(笑)


20180614mzoo15.jpg 
暑くも寒くもない日和で、ヒマラヤグマのトモちゃんは仰向けにひっくり返ってリラックス。


20180614mzoo16.jpg 
気持ちいいね。なんてイイ顔して眠るんだろう。


20180614mzoo13.jpg 
あとでまた寄ってみたら、ミナミちゃんが陽射しに向ってお座り。
縁側に憩う風情そのままで、人間たちの笑いを誘っていた。


20180614mzoo17.jpg 
アムールトラのアイちゃん。しばらくぶりに会ったらかなり肉付きもよくなっていて安心した。


20180614mzoo18.jpg 
他の動物園のアムールトラのメスと比べると、アイちゃんは大柄に感じる。
これからの夏を無事に乗り切ってね。



ホッキョクグマたちはビーズのような水泡に包まれ、
美しいことこの上なく一


20180614mzoo6.jpg 
アザラシ側のプールとの境で、相変わらずアザラシを狙う。


20180614mzoo3.jpg 
飛び込んできたリラ。飛び込んで瞬時に体勢の向きを変えているんだ。


20180614mzoo4.jpg 
いい目をしている。野生の血は眠っていない。


20180614mzoo5.jpg 
なのに、アザラシはおちょくって挑発する。


20180614mzoo2.jpg 
水泡がホッキョクグマの体を包む。


20180614mzoo12.jpg 
母親のララは、この日いつも以上にハイテンションでノリノリ。


20180614mzoo11.jpg 
アザラシを狙って、「今だ!」


20180614mzoo10.jpg 
彼女たちが美しいのは、本能のまま、したいことをして、心が躍っているから。


20180614mzoo7.jpg 
「奴ら(アザラシ)ほど息が長く続けば」ときっと思っているのかもしれない。


20180614mzoo8.jpg 
今までの浅くて狭いプールでの泳ぎは母に教え込まれたけれど、
ここでの潜水は太古から続くDNAが勝手に、いとも簡単にそうさせた。
すごいなぁ、かなわないなぁ。   といつもそんな気持ちにさせてもらえる。



来週の18日はおびひろ動物園、19日は釧路市動物園に遠征です。
雨にならないことを祈るっ!



息子たち 満8歳

20180604mj1.jpg 
昨日から平年並みの気温に戻ったけれど、
それまでは真夏の暑さが続きました。
うちの巨大猫が窓辺に憩い、向かい側のMSの人間に笑われる季節の到来・・・





最近のアテクシのヘンテコなモノ作品。

20180604kic.jpg 
キッチンの壁の一部にリフォームシートを貼る。
油汚れとか簡単に拭き取れるようになりました。


20180609bed.jpg 
ベッドカバーをハギレで作った。青&緑系でさわやか~に。
でも冬になると、きっと寒々と感じるだろうから、冬になったら暖色系でも作ろうかと。



秋になったら、今年こそ天井と壁の張替えを独りでやり遂げるんだ~!

・・・と、相変わらずいつもやりたいこと/しなきゃならないことに追いかけられているような感覚。
根が遊び人なんでしょうね。



5月はうちの息子たち まいこ~とルカちゃんの誕生月でした。
2匹とも満8歳になった。


20180609mj3.jpg 
「お誕生会をした覚えはにゃいぞ」
・・・・んなもん。


20180609lu2.jpg 
「りゅ、りゅかたんも誕生日プレゼント、もらってにゃいお」
・・・そういう伝統はないからさ。。。


覚悟していた通り、ずっと無病息災というわけにもいかず、
今年に入ってからまいこ~の肥満細胞腫の手術、ルカちゃんの肛門腺の炎症と続いたけれど、
まあ、今のところ大したことにはなっていないだけ感謝です。

8年前、まだ目も開いていない激赤まいこ~、
ふわっふわのタヌキの子のようなルカちゃんは夢のようにかわいかった。

でも、今はその時感じた「かわいい」の何百倍もまいこ~とルカちゃんがかわいい。
愛しくて大事で、さらにさらにかけがえのない存在になっている。
そういう存在を私に与えてくれた猫神様、ありがとう。

・・・と、5月は何度も何度もそう感謝していました。

20180609chi2.jpg 
「やんちゃ坊主2匹の面倒を一身に引き受けてきたちぃへの感謝は?」
も、もちろんですとも!  ただ・・・一身に引き受けたかどうか・・・


20180609lu3.jpg 
「りゅ、りゅかたんさぁ、赤ちゃんの頃からきゃわいかったしにぇ・・・」
モルモットの野々ちゃんからびーびー泣いて逃げまどってたけど。


20180609mj1.jpg 
「おりぇは・・・いっぱいラビットフードと草を食べておっきくにゃって」
基本、この子は雑食性。



まだまだおまえたちの猫生はやっと半分程度。
これからいろんな試練があったとしても、
おかにゃんはおまえたちのためなら頑張れる。大丈夫。 

いつも力をくれるおまえたちに感謝しているよ。

20180609lu1.jpg
目が見えないせいからか、名前を呼ぶと必ず返事をするルカちゃん。
どうかこれからもケガをしないでね。


20180609mj2.jpg 
おっきな赤ちゃんのまいこ~、いつも愛しているんだから、その点不安に思うことはないんだからね。
「・・・おりぇが一番にゃろ?」


20180609chi1.jpg 
「ママ、だからちぃが一番、ボウズたちを」
はいはいはいはい、そうですね!


みんな、ただただ元気に幸せな気持ちでいてくれたら。



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR