プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

ルカちゃんの不思議フォトジェニック

カメラを新しいものに変えました。
動物園で撮影するのには、どうしても今までのカメラでは手に負えないシーンが多いためで。
今までのものと同じメーカーのSONYのサイバーショットにしたかったけれど
(基本操作が今までと変わらない利点が大きい)、
どうにも手が出るお値段じゃなく、仕様的にはSONYと同じなのに
お値段的にはかなり安いPANASONICで手を打ちました。

すると・・・やはり外光での望遠撮影を基準に選んだカメラなので、
これまでのように夜の室内でのうちの子たちの撮影にはまことに難儀しており・・・
これは仕方ない、今までのカメラに頼ることとして、
─なんだけど、なぜかルカちゃんだけがやたらと華やかに美しく映る という不思議現象が。

20171119lu1.jpg 
ほーーーらっ! う、美しい!華やかっ!
ななな、なんなの、この美しさはっ!


20171115lu2.jpg 
そうか、このカメラはルカちゃんのために買ったようなものなんだね。


20171115mj3.jpg   
 ↑ 坊ちゃん・・・は、まあ今までとさほど大きくは変わらない。


20171119chi2.jpg 
ちぃもまあ・・・でもやっぱりレンズが違うので、ちぃもまいこ~もちょっぴり新鮮に見える。
飼い主だけがわかる感覚なんでしょうけど。


20171119chi1.jpg 
まぁ、ちぃはカメラを向けると途端にしかめっ面をするので、かわいくないのはいつものこと。


  
20171119lu2.jpg
それに比べて、ルカちゃんのフォトジェニックぶりときたら・・・!
しかし。これ、手にしたばかりでテキトーな設定で撮影したため、
データ不明で、もう二度とこんな雰囲気では撮影できそうもなく(笑)



ほんとに夜の室内撮影は困難。
きっとそれなりな設定をすればいいんだろうけど、「それなり」がいまだ不明で。


外光ではどんなもんだろう、まともに撮影できるんだろうかと不安になり、
今日は旭山動物園に行って撮影しまくってきた。
これでダメなら泣くに泣けないわ、、、と。
結果は明日UPします。


よりによって、大雪と寒波の中での旭山動物園となりました。



甘えていいのは

独りになりたいなぁ。
ほんと、つくづく思います・・・

どうも職場でも家庭でもストレスが多く、どこにいても気が休まらなく。
以前だったら、家に帰ってうちの子たちの顔を見たら、
それですべて忘れられるほど家が癒しの空間だったけど、
今は母がいるので、どうしても解放的な気分にも状況にもなれず。


20171007chi1.jpg 
「ママ・・・にゃにをワガママ言ってるにゃん・・・?」
そうですね、ワガママと承知であえて愚痴ってるんですってば。
ニンゲンダモノ。




心身の健康のために、
独りで遠くに旅行に行きたい・・・けど、
猫たちを放っておくこともできず。でしょ?


20171010mj2.jpg 
「おりぇりゃを置いて?」
・・・そこまで割り切れればいいんだけどねぇ。


20171010lu2.jpg 
「ままん、いっちょに寝てあげりゅお」
これがまた、3匹一緒に寝るのも体がつらくて。



どういうわけだか、私は根本的に心が狭いので、
人に一方的に頼られたり甘えられたりするのがとっても苦手。
相手もそれなりに努力したうえでのことであれば喜んで手を貸すのだけど、
ただただ、当然のように、あるいは「あんたならできるから」という理屈で頼られるのは、
それはどちらかというと、タダ乗りでしょ、と感じてしまう。

だって、努力しない人の分まで自分が努力するのはなんか間違っている。違和感ある。

ほとほと、覚悟を決められないというか、狭量この上なし、とは自覚しているものの。
ずっとずっと、こう感じてきた。


唯一、例外がどうぶつたち。

この子らの甘えはいつだって真剣だしまっすぐ。
そしてそれは私自身が求めていて、それを知ってて彼らが与えてくれる癒しだから。
この子らにだけは甘えられる存在でいたいとも思う。

きっと・・・人に甘えられるのが大っ嫌い、というのは、
私自身が人に甘える習性を知らないままだからなんだろうな。


20171010mj1.jpg 
「にゃけど、おかにゃんはワガママ女王様で有名と聞いたぞ」
自分で自分がしたいようにするワガママだもん。
人にやってもらおうなんて露ほども考えない。


20171010chi1.jpg 
「ちぃは知能犯的甘えっ子にゃん・・・」
この子、最近ねだり方が巧妙になっちゃって・・・行く末は尻尾三つ又。



この子たちを置いてどこかに行っても、きっと解放されないな。
こういう時、一緒に出掛けられる犬はいいなぁ、と思っちゃう。


20171007mj1.jpg 
この大きな胸を借ります。突っ伏すとほっとします(笑)



20171010lu1.jpg 
 ↑ 突っ伏すと顔じゅう毛だらけになります。。。



みんな、似合っててかわいい(親ばか)

先日の千夜のベランダ脱走事件に懲りて・・・

注文していた迷子プレートが届きました。
やっぱり、こういうシンプルで小さなデザインが一番無難よね。

20170919mj1.jpg 
「おりぇの胸元に、光ってるものがありゅにゃろ?」


20170919chi1.jpg 
「ちぃ、さらに高貴にゃカンジ?」


20170919lu1.jpg 
「りゅ、りゅかたんが一番こういうにょ似合うんだおにぇ」


20170919lu2.jpg
1円玉より小さいです。
表に名前、裏面に飼い主の姓と電話番号を刻印しました。 


20170919mj3.jpg 
あ゛ー、バチあたり・・・肉球とMJ・・・!



本当はこれが役立つことがあっては困るけれど、
いつまた知らない間にベランダや玄関から出て行ってしまった、なんてことが
絶対にない とは言えないんだと実感したし、
今後いつどんな災害が起こるとも限らないし。
通院中のハプニングとか。

ま、保険の1つみたいなもんで。飼い主のココロの安定剤。

みんな、小さいからすぐになくさないようにね。
(万一のことを考えて、頭が抜ける緩さのチェーンだし、ひっかかったらすぐに切れちゃうし)


20170919mj2.jpg 
「こんにゃカンジ?似合うにゃろ?」  ↑ ポージング中。


20170919chi2.jpg 
「ちぃがひときわ似合ってるにゃ・・・」  ↑ ポージング中


20170919lu3.jpg 
「りゅ、りゅかたんの魅力が一段と」   ↑ ポージング中。




昨日、台風が通過した札幌圏はさほどの雨も風もなくやり過ごしたけれど、
今日のほうがずっと1日突然の激しい雨や雷が断続的に続いています。
今もまだ雷鳴が遠くから聞こえるし、またマンホールのふたがガタガタいうほどの雨も。

きっと、すっきりと晴れる頃にはぐっと気温も下がっているはず・・・


20170919mj4.jpg 
「おかにゃんがサンダルをしまいこんで、ブーツを出してたぞ・・・」
あっというまに寒くなるんだよ・・・




猫飼いの義務

予期していたこととはいえ、今朝もJアラートにたたき起こされる。
念のため窓にカーテンをしたりして次報を待っている間にすっかり目も冴えちゃった。
もしかして、日本人ですら生涯に一度も戦争を知らないで済むことはできないのかもね・・・



猫と暮らしていて、いまだに不思議に思うのが、
飼い主と一緒に寝ることへの凄まじい執着。
遅い時間に起床する予定の時は寝室の小さなベッド(猫の定員1匹)で寝るため、
昨夜は帰宅してからずっと、「さて、今夜はどの子と寝てあげようか」と
飼い主も落ち着かないし、さらに猫たちはじりじりぴりぴりと緊張感が漂い・・・・


結局、前の晩は千夜だったので、おやつで気を引いている間に、
まいこ~だけを寝室に走らせた。
(その瞬間も、何としても寝室に行こうとする千夜とルカちゃんを手と足でブロックしながら、
まいこ~に「行け!」と合図を送る)

まいこ~は一晩中ぴっとりとくっついて、
時にそーーーーーっと私の目頭をなめ(目ヤニをなめて取ってあげてるつもりらしい)、
時に無理やり私のお股に入り込んでお尻を枕にし・・・
私と二人っきり水入らずの時間を堪能したわけです。

Jアラートに起こされてリビングに行ったら、
千夜が全身から不機嫌オーラを発散させてて、呼んでも無視された・・・

20170915mj1.jpg 
なにせまいこ~は猫嫌いなんで、先にベッドに千夜やルカちゃんがいると
もうすっかり戦意を失ってしまうのよね。



そういうわけで、今日の昼寝は今度はまいこ~を母に任せて、
千夜とルカちゃんの2匹と一緒に寝ました。

いつもいつもこんな具合に、「今日、アイツは誰と寝るんにゃ!?」が大問題。


20170915chi1.jpg 
ちぃのお腹の傷、これでもまだマシになった方。
足の傷は完全に治ったんだけどね。


20170915lu2.jpg 
「りゅ、りゅかたんもいっちょにお昼寝したんだお。ちぃたんがジャマだったけどさぁ」
ちぃとルカちゃんは一緒でもいいけれど、でも本音はやっぱり二人っきりのほうが断然うれしいらしい。




そして、今晩。
すでに猫たちはぴりぴりしだしてる・・・はぁ。


20170915c_m1.jpg 
すでに猫たちはベッドにスタンバイ。
まいこ~は寝て動かない作戦。
「こ、こいつぅ。ちぃがどかしちゃる・・・」


20170915c_m2.jpg 
しばらくすると、千夜がそんなまいこ~の頭をぺろぺろ。執拗にぺろぺろ。
これ、優しい気持ちではなく、優しく「どけ」という意味なのよ。
それでもまいこ~は頑としてしらんぷりをきめこんでいます。


20170915lu3.jpg 
「りゅ、りゅかたんもじえったい動かにゃいもんにぇ」
なんか、こういう時のルカちゃんて、イキイキしてるね・・・


20170915chi2.jpg 
「今夜こそ・・・!」


20170915mj2.jpg 
「いんや、今夜も・・・!」


20170915lu1.jpg 
「びゃきゃだね、みんにゃ・・・」



残念でした。
明日はいつも通りの出勤時間だから、リビング横の部屋に布団を敷いて、
全員一丸となって寝るんです。


20170915chi3.jpg 
「ぜ、全員一緒・・・ちょっ・・・」



本当はたまには私も一人で寝たいとも思うのだけど、
こんなに戦々恐々しつつ期待されていると、裏切ることができなくて。
思う存分飼い主にくっついてられる、唯一の時間なんだろうしね。
猫と暮らす以上、これは猫飼い主に課せられた義務なんだと思うことにしてます・・・


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR