プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

クロの幸せ

この3日間、夕方ともなるとうろうろと住宅街をほっつき歩き・・・
「クロ~」と名前を呼びながら家々の隙間や茂みを覗く。
・・・通報される前にクロが見つかればいいんだけどね。



20110712kuro2.jpg 
どこかの玄関先で、こんな風にしてるんじゃないかと・・・




昨日はHさんも一緒にクロ探しに付き合ってくれました。

昨日はうちのMS、朝から火災報知機の点検でピンポンダッシュと警報ノーエンドで、うちの猫たちは戦々恐々。
それでもまいこ~はやっぱり・・・Hさんの声にワクワク。


20121015mj1.jpg 
「まいこ~、また来たよ」
「あは、あは・・・お、おりぇにゃ」
Hさんに掛けた手は、なに。なんか妙にでろでろしてます。



20121015mj2.jpg 
「あ・あぁぁ~ん」
・・・・おまえは・・・



Hさんとクロを捜索する前に、クロがいた裏手の家に寄ったら、
そこの家の人からブッソウな話を耳にした。
すぐ近くで、首を切断された猫の死骸が発見されたと、警察が言いにきたと。
話を聞く限り、クロでもはっちゃんでもなさそうなので胸をなでおろしたが、
それでも・・・人懐こいクロ、知らない人にも寄っていくから、ますます心配。
この近所でそんな事件、初めて聞いた。

ファミリーを保護する前は、特にこういう事件でヨモママが被害を受けないか、いつもいつも気にしていた。
外暮らし、内外出入り自由で人懐こい猫というのは、この手の事件の被害に遭わないか、本当に心配。

裏手の家の人の話では、
クロはここに7匹いた頃のボス的存在で、他の猫を統率していたらしい。
なので、自分から出て行ってしまったからには、きっとどこかで
ここよりも幸せに暮らしていると信じるしかない、と言っていた。
残酷な事件に対する憤り、野良猫たちへの同情、共感、
物置の猫たちのねぐらはヒーターで暖かくしているという話を聞いて、
やっぱり、この家の人たちは、ファミリーがいた表の家とは相当スタンスが違ってて、
それなりに猫を愛して大事に思っているんだなとわかった。
おそらくそれは、自分の家の飼い猫という位置づけではなく、
人間に捨てられた野良猫たちを守ってあげている、という―
それはそれでいいのかもしれない。
これに、「避妊手術」が加われば言うことないけど。

でも、これだけの猫がいると、ハンパじゃない出費だし。


20100725kuro1.jpg 
裏手の家の猫たちがみんな未去勢のオスなのに、みんなケンカもせず仲がよかったのは
クロがまとめていたからなんだね。
クロは猫格が高いから。。。
それでおまえが失踪したとたん、他の子たちもばらばらになったのか。
それでも現在裏手の家には4匹います。(2匹ほど戻ってきた)



野良猫を増やさないための避妊手術の助成は、現在ほとんどの市町村がやめてしまっている。
理解しがたいけれど。
こういう家にこそ助成の手が伸びないものか。
個人の飼い猫1匹に助成するなんてことはしなくていいから(特殊な事情でもない限り、
個人で養育する猫1匹の避妊手術はあくまで個人の責任だと思うし、
それもできないなら、最初から動物は飼うべきではないと思うので)、
よっぽどこういう家なき猫たちを慈愛の気持ちから守ってくれている人たちをサポートしてほしい、とつくづく思った。

裏手の家の猫たちのボスだったというクロ1匹を去勢した場合、
その後彼の立場はどんなことになるのか、微妙な問題も絡んでくる。
それなら私が引き取ったほうがいいと考えていたけれど、
もし、裏手の家の猫たち全匹を手術できたら、クロをこのままあの家にリリースして、
生活環境を激変させなくてもすむのに。
(表の家とは違い、裏手の家は袋小路に位置しているので車の往来がないため、
交通事故のリスクは表の家より相当低い)

何がクロや、そしてあの家の猫たちにとって一番の幸せなのか・・・
去勢してしまえばファミリーたちが例外なくそうだったように、
誰も二度と外に出たいとも思わなくなるのか、
こうして行方不明になってしまうリスクや心配を呑みながらも、
これまでと同じ自由で広い世界に暮らしたほうがクロにとって幸せなのか―
少なくともクロは、あの界隈の猫たちの中でも一番堂々と、陽気に、ハツラツとしている印象だった。
どこかで元気に暮らしているのなら、それもまたクロの幸せ。
ただ、悲惨なことになっていないか、それだけは確認したい。

裏手の家の猫たちのオス全員未去勢という現実と、
そしてクロを無事に発見できたときの状況とを照らし合わせて考えてみよう。
ともかく、今はまずは無事にクロを見つけて私が保護する、というのは変わりません。


トワイライト・ゾーンとしか言いようのない黄昏の時間帯の住宅街って、ほんとに不気味。
Hさんと一緒で、楽しくおしゃべりしながらだったからまだしも。
なんとか本格的に寒くなる前にクロを見つけたいな。

20121003chi3.jpg 
「ママ・・・にゃんでそんにゃにクロにこだわるんにゃ」



私がクロにこだわるのは、
クロはそもそも、4年前の秋に初めて出会った子猫の時のヨモママ、モノママと一緒にいた子で―

その時、健康なヨモママたちよりも右目をわずらっているクロに一番心を痛めた。
「こんな目ではこれからの厳しい冬を乗り越えられないのでは」、と。
一瞬クロだけでも保護しようか、と思ったけれど、
「うちにはうさぎもモルモットもいるのに、猫だけは絶対に無理だ」と、当時の私にはおよそ考えられない話で、
それに1匹だけ選ぶということも辛く、だからと言って当時5匹くらいいた子猫全員を保護するなんてことは
当時の私にはさらにさらにありえない話で。

けれど、結局・・・
「絶対無理」と思っていたうさぎとねずみとの同居は、やってみたら実は何も問題なく、
その後も絶対無理と思っていたヨモママたちファミリーの縁結びもできて―

それなりに大変なことも多々あり、克服のためにたくさんの努力も必要だったけれど、
当時信じて疑わなかった「絶対無理」というのは、実は、やってみると意外にそうではなかったと知った。

だから、もともと一番に保護すべき猫と思っていたクロを
あっさり「無理」とあきらめてしまったことに申し訳なさを感じている。
第一、もしあの時にクロやヨモママたちを子猫のうちに全員保護して里親募集を掛けていたら、
今頃私はこんな羽目にならずに済んでいたのだし。
(私の手元にはきっとクロだけが残っていただろう)

でもね、やはり今思い返しても、当時の私が「無理」と手を出さなかったことは仕方ないとも思う。
当然だったと思う。
それに、当時もし全員を保護していたら、今頃まいこ~もルカちゃんも
この世には存在していなかったわけだから、何が最良の選択だったかと言うのは簡単には言えないこと。

けれど、それはそれとしても、クロにはやはり申し訳ない気持ちが拭えないから、
クロのこれからの猫生を私なりに真剣に受け止めて行きたいと思っている。



20121015mono1.jpg 
「クロにいさん・・・きっとかわいいメスネコの後を追っかけて行っちゃったんですよ・・・」
Linさんもその路線で考えているよ。
で、家族を持って、妻子から離れられないんじゃないかと。
だからこそ、子どもたちが大きくなる冬になれば返ってくるんじゃないかとも。



20121015mj4.jpg 
「おかにゃん・・・クロおじしゃんとおりぇが瓜二つだから、よけいに気ににゃるんだにゃ?」
うん・・・一度おまえと並べてみたくってさ。
どの黒猫ファミリーよりも、おまえとクロが一番似ている。特に鼻の大きさが。


※札幌市清田区で、猫の餌場になっている場所を知っていたら、ぜひ教えてください。




20121015bio2.jpg 
「にゃんだい・・・クロおじしゃんの話ばーーーーっかし」
またBioの特集組んであげるからさ~ごめんね。


20121015m_b2.jpg 
「Linさん・・・クロにいさんが見つかる前にアタシタチをどっかに追いやりたいんでしょ」
おまえたちの良縁探しはこれまでと同じ。
どっちにしても私が6匹も養えるわけないもん・・・


20121015lu4.jpg 
「お金持ちのおうちだったら、りゅかちゃんが行ってもいいお」
・・・・本当だろうね・・・



※引き続き、札幌市南区石山で行方不明になったはっちゃん情報もよろしくお願いいたします。



20111102hachi1.jpg 
はっちゃん、君も無事でいるんだよ。助けに行くからね。




※モノママ、Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


※こちらはタケルの支援専用ブログ。
こちらも引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

Devotion   http://devotion226.blog.fc2.com/


テーマ: 迷子捜索中
ジャンル: ペット

尋ね猫2匹

行方しれずのクロ。

あの裏手の家で、いつもクロと一緒にいたモノクロBoy、
彼もまたいつのまにか姿を消してしまっていた。

20111022H1.jpg 
モノママと争うような配色の妙。去年もらわれていった仮名Duo(大ちゃん)にそっくり。
おとなしくて、でも人懐こくて、何度かクロと一緒に野草摘みにも付き合ってもらっていた。
しかし・・・外暮らしというのに、この子は爪先まで真っ白。




実は・・・性懲りもなく(・・・とほほ)
クロのことはもちろん、裏手の家にいたほかの猫たちのことも心配で仕方なかった。
モノクロBoyやロシアンもどき3兄弟とか、長毛の子とか。
(彼らの写真はこちら)

そうしたら・・・先月からモノクロboyを探しているという方から連絡をいただき、
彼はこの8月まで乗馬クラブの方でゴハンをもらっていたということがわかった。
なのに、不運ないきさつから、見知らぬ場所の家から脱走してしまい、
その後行方知れずとなってしまったとのこと。

この子、「はっちゃん」と呼ばれていたんだって。
クロも春頃にはっちゃんと一緒に何度か来ていたんだって―
Hさんは人間の勝手で行方しれずにしてしまったはっちゃんを心配して、ずっと捜索している。

で、昨日その方―Hさんとお会いして、今後ははっちゃんとクロと一緒に探そうということに。
迷い猫探しの仲間ができた!

20121010chi1.jpg 
「・・・ママ・・・ちぃ、抱っこされちゃったけど・・・」
あれれ~ちぃちゃん、初対面の人に抱かれるなんて初めてじゃない!?
これは驚き!


20121010chi2.jpg 
ちゃんとおとなしく、それなりな時間抱っこされてた。
最後にはしゃーっなんて言ってスタコラしたけど、実はポーズだけで本気じゃなさそうだったし。
「ちちち、ちぃ、なんだか逆らう気ににゃらにゃくて」


20121010mj1.jpg 
もちろん、うちの営業部長のまいこ~も。
 「あの時から30倍になったね、まいこ~」
「にゃにゃ、にゃぜそれを」


20121010mj2.jpg 
「おおお、おりぇ、あ・あ・あぁ~」
あっという間に陥落。

20121007lu1.jpg 
「りゅ、りゅかちゃんもちょっぴりご挨拶したお」
いつも真っ先に物陰に隠れて出てこないルカちゃんも、ほとんど身を隠さないでいた。
これまた驚き!



Hさん・・・猫使いの魔女のようだ・・・と心底感服しました。
よそ様のお宅のうさぎや猫には徹底的に嫌われる私とは大違い。
尊敬します。


20121010mj3.jpg 
「Hさんにゃ・・・2年前の春、目も開いてにゃいおりぇがわんこの前でギャン泣きしていたの、知ってるんにゃ・・・
おりぇをしばらく抱いててくれたんにゃ・・・覚えてにゃいけど」
その後、(運悪く)私が通りかかっておまえを連れてきたという次第。
おかにゃんだけじゃなかったんだね。小さなおまえを心配していたのは。


20121003m_l1.jpg 
「赤ちゃんのまいきょちゃんを、わんこがべろべろなめてくれてたんだって~きゃははは」
「・・・そそそ、そんにゃこと」



20121007bio1.jpg 
Bio?「この人だれ、ぼくしゃん、知らにゃいよ、やーーーーん!」と
おっきな声で鳴いてみせました・・・ったく。

20121010mono1.jpg 
モノママ?キッチンの棚の中に隠れたっきり・・・ま、いつものことです。
「だってあたし・・・」




話をもとに。

以前に裏の家の人が話してくれたのだけど、
 はっちゃんはある極寒の日に、ほとんど行き倒れ状態になっているのを、
クロが引きずるようにつれてきた猫とのこと。
とても助からない、安楽死しかないか、と半ば諦めて病院に連れて行ったところ、
その後みるみる元気を取り戻したんだそう。
感染症と飢えと寒さで本当に死にそうだったのを、心優しいクロが救った。

そんな絆があったから、2匹はいつも一緒に行動していたらしい。

今年の1月末、ファミリーの最後にCibaをトラップで保護したときも、
Cibaを心配して、クロと一緒にトラップに寄り添って離れなかったっけ。


20111102oth4.jpg 
特にこの左前足の模様がなんとも。
Hさんは、もしやモノママと血縁なのでは、と。
たしかにそうかもしれない。。。




けれど・・・夏になる前にクロは1匹でどこかに行ってしまったようだし、
はっちゃんは先月、連れられて行った先で不運にも行方不明となってしまい―
(Hさんが連れて行ったのではない)

動物管理センターにはたびたび問い合わせているけれど、
特にクロは、これだけ時間が経過していると難しい、
首輪もしていなければ、その日のうちに処分することもある、と聞かされ、
しばし―落ち込んで呆然としていた状態だったけど、
でもHさんと出会って、また希望がわいてきた。
彼らを思う人が自分以外にもいて、真剣に探そうと思っている人と出会えたことは本当に心の支えになります。

絶対に帰ってくる。
クロも、はっちゃんも。 他の子たちも。
絶対に。
死なせてなるものか。
あれほど優しい心を持ったクロとはっちゃんが「処分」なんてされる理由は―
あるとしたら、それは人間社会のキャパと感性があまりに乏しいから。

20111212kuro7.jpg 
帰ってきたら、毎日涙と鼻水を拭いてあげるからね、クロ。
帰ってきてよかったと思ってもらえるように、Linさん、どんなことでもするよ。



それでも昨日、裏手の家に行ったら、
ロシアンもどき兄弟の2匹の姿はあったので少し安心した。。。
昨日、裏手の家の人に改めて自分がもらう、と念を押してきたので、
迷い猫掲示板にもUPしました。


20121010bio1.jpg 
「ぼぼぼ、ぼくしゃんもクロおじしゃんとはっちゃんが早く帰ってくるように・・・にゃは・・・」
・・・Bio、目が落ちる寸前。
ソファはすっかりBioの指定席。


そういうわけで、私は最後の最後に、クロを引き取るという使命があります。
改めて、モノクロ親子のご縁、よろしくお願いいたします。



※モノママ、Bioの里親募集、
行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


※こちらはタケルの支援専用ブログ。
こちらも引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

Devotion   http://devotion226.blog.fc2.com/



テーマ: 迷子捜索中
ジャンル: ペット

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR