プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

ほどほどが一番と思える

あたたたた・・・もう大晦日。

体調があんまりよくないのと仕事が忙しいはで、
いつものことながらクリスマスも大晦日も元旦も関係ありません。
実際、明日の元旦も出勤ざます。
まあ、365日営業である以上仕方ないんですけど・・・でも、
元旦から営業するという偏執狂じみた根性はどうかと思う。
もっと古来からの日本文化を大切にしてもいいんじゃないかなぁ。
それほど現代の日本社会はキリキリ手一杯、という感じがしちゃう。


が  !
クリスマスにとてもうれしいサプライズ・プレゼントがありました!

4年前にLin家から養子に出したリヨン(左側の写真を見てね)の近況写真が届いたんです!


Liyon_2017_4.jpg 
あっ!顔だけでわかる。巨猫だ!
現在の名前は・・・リヨンじゃなかったかも。ごめんね。



長毛の黒猫の男の子で、首周りだけブロンドのタテガミになっているのが一番の特徴の子で、
それがやたらとかっこいいだけでなく、
なにより、子猫なのに妙に落ち着きはらっていて動じる様子がなく、それでいてちゃんと人懐こく。
よほどまいこ~やルカちゃんのほうが子供っぽいと感じたという印象が強烈だった子。

容姿も性格も申し分なく、これは気をつけないと手元に残したいなんてヨコシマな気分になりそう、と
そういう予感がしていた矢先、
現在の飼い主様が早々にお声をかけてくれて、Lyon坊ちゃまはあっというまにもらわれていったのです。


2013ly1.jpg 
↑ 4年前。かわいいやら、かっこいいやら、ユニークやら、
ゴージャスやら、目が座っているやら。


2013ly2.jpg 
↑ 4年前。いいねぇ、いい顔してた。子猫だけど、すでに間違いなくイケメン。
この表情、今回いただいた写真とおんなじ!


2013ly3.jpg 
↑ 4年前。見て、このゴージャスな毛並みを。
首回りと肩にぐるりと1周、金の差し毛。
こ、これは欲しいわ~今でも(笑)



というわけで、私のヨコシマな欲望は(幸いにして)決意する間もなく、
募集掲示板にUPしたら、やっぱり次々反響があって、
そして彼はさっさと行ってしまったけれど・・・

でも性格的にも容姿的にも、どストライクだったこの子のことはずっと心に残っていました。

そうしたら・・・


Liyon_2017_1.jpg 
今回いただいた写真。同じ頃に兄弟猫となったブリティッシュ?の子と。
だーーーーーーーーーっ、リヨン、で、でかい!いったい、何㎏あるんだろう!


Liyon_2017_2.jpg 
兄弟猫の3倍くらいあるように見えるんだけど・・・


Liyon_2017_3.jpg 
↑ 飼い主様と。
どのショットも巨大さを証明するばかり!
もしかしたら、まいこ~より大きくなったんじゃないかなぁ。


2013ly5.jpg 
↑ Lin家ですごした2週間の後半にはまいこ~も一緒に遊んであげてた。
リヨンがおとなしい子だったからね。
この頃たしか生後2か月程度・・・だったはずだから、
こうしてみると、すでにこの頃から巨猫になりそうな片鱗が。



4年ぶりに見せていただいたリヨンの姿に胸がいっぱいに。

元気に、幸せそうに、やっぱりイケメンでゴージャスで、期待以上に大きくなって(笑)
そして・・・・やっぱり私がもらっとけばよかった・・・・と。(笑)
正直、後悔しています・・・

2013ly4.jpg 
↑ 4年前。
でも、あのままLin家にいるより今の方がおまえにとっては何倍も幸せで、
そう判断したことが間違っていなかったことは後悔していないよ。
よかったね、リヨン。


リヨンに限らず、保護猫と3日も過ごすと、必ずヨコシマな思いがよぎるのです。
それを必死にこらえるのも毎度のこと。
自分以上に幸せにしてくれる人がいると知っていてそのチャンスを壊すことは許されない、と
毎度そう言い聞かせてきたんです。
自分があともう1人いたら、あと3匹はほしいなぁ。


リヨン、これからも元気に、幸せに。


-------------------

さて、この1年もLin家を見守り、励ましてくださった皆さんの温かいお気持ちに感謝です。
特に、古くからのうさぎ友だちの皆さん、いつもありがとう。

この1年、Lin家全員にさほど大事件もなく過ごせたことが何よりでした。

2018年もほどほどに苦労してほどほどに無事に過ごせたら一番。


20171227chi3.jpg 
ちぃちゃんのお腹の傷も最近になってようやく改善の兆しが見えてきたし・・・
来年は通院・投薬から解放されたいね。


20171227chi2.jpg 
ちぃちゃんはママの女王様だからね。
世界で一番大事なにゃんこなんだよ。それを忘れないでね。


20171227mj2.jpg   
まいこ~は今年は咳も治ったし、ちょっぴりウェイトダウンもできたし。
また1年元気に甘えまくって過ごしてね。


20171227mj4.jpg 
まいこ~はおかにゃんの世界一の立派な息子だよ。
おかにゃんにとって、世界で一番大事なにゃんこなんだからね。


20171227lu2.jpg   
ルカちゃんは視力低下がさらに進んでしまって心細いことも多かったろうけど、
それ以外にケガも病気もなく元気に過ごせたね。


20171227lu1.jpg 
ルカちゃんはままんのキラキラの王子様。
「世界で一番大事って、みんにゃに言ってるでちょ・・・」  あ、知ってた?



猫ですら、去年と同じ ということはまったくなく。
アピールの仕方も甘え方も愛情表現も常に変化しています。
私も、仕事にこれ以上の時間と体力を費やすことは避けて、
元から多趣味なニンゲンなので、もっともっと遊びたいと思っています。

皆さんも、皆さんのご家族も、みんなそろって明るい1年を迎えてくださいね。

あぁ~、すでに紅白が始まってるじゃないか~


幸せを見せてくれて、感謝

今日は冬靴を出したり、厚手のコートを出したり、
ベッドも厚い布団に変えて・・・と、でも今日は11月としてはかなり気温も高め。
でも、確実に今週末頃にはまた雪を見るかも。
今年の秋はほんとに一瞬で過ぎていきました。


20171101lu1.jpg 
ふっさふさの毛玉。これは何でしょう?


20171101lu2.jpg 
ルカちゃんが丸くなって寝ているの。


20171101lu5.jpg 
ルカちゃんが多少すっきりしていたのもつかの間、
またもゴージャスな毛皮を見せびらかす季節の到来です。
「立派だお」


20171101flo1.jpg 
先日、庭で咲いている花も最後、と、友だちがたくさん持ってきてくれました。
いいなぁ、庭があるってさぁ。



今日は1年前にLin家から送り出した黒猫の女の子トラムちゃんの近況の写真を。

もうもう、本当に驚きました。
涙と鼻水でぐちゃぐちゃだった、ガリガリでしょんぼりしてた、あの黒猫が・・・

あ、「あの黒猫」─Lin家で預かっていた時はこんな子。
   ↓
20161002tr1.jpg 
たしか生後4か月近く・・・と聞いていたけど、せいぜい2か月くらいの体格しかなかった。
大丈夫か~  というのが第一印象。(今だから言える本音)


それが・・・  ↓ 1年後

20171023tr1_2017110122415152c.jpg 
なんてまあ、堂々たる美猫女王様!
ツヤツヤのブラックコート。寂しげな気配なんてみじんもない。
まさに「トラム姫」です。


20171001b_t.jpg 
お兄ちゃん猫のボルタちゃんも妹のトラムちゃんをかわいがってくれている。
ボルタちゃんはうちのまいこ~よりも大きいからね、さすがにトラムちゃんとの対格差は・・・(笑)



あの子がこんなに幸せになるなんて、と感慨ひとしお。

だってねぇ、、、(まだ続く、今だから言える本音)
あの時・・・きっとこの子はなかなか貰い手が見つからないのでは、
黒猫はあまり人気がないとも聞くし・・・と、胃がきりきり痛んだものです・・・


20161002tr3.jpg 
こんなにちっちゃくて、涙と鼻水焼けで変色した顔。
ひどい猫風邪で死にそうだったところを保護されて、うちに来る前は数日入院してたんだもん。
それだけに、なんとかいいおうちとご縁を結ばせてあげたいという思いも強く。


20161002tr2.jpg 
それほどこの子は・・・と心配していた子だったのに、
本当に世界一のパパとママが迎えに来てくれた!
(なんだか懐かしくて、1年前の未公開写真を掘り出してきました)



きっともうトラムちゃんは自分がお腹を空かせて寒くて凍えていたことも
全部忘れちゃったろうな。
生まれながらに自分はお姫様なんだ、と思っているんだろうな。
そう思って暮らしてくれることが、私の一番の望みでもあります・・・

よかったなぁ、トラムちゃん。
強運は才能の1つだからね。
これからもずっとブイブイアマアマで幸せにね。


20171101chi2.jpg 
「ちぃもお姫様にゃにょ?」
ママは「千夜という猫のニンゲン」でしょ。「Linさんの猫」じゃないもん(笑)



20171101lu4.jpg 
「あ、ままん、言わにゃくてもわきゃってるお。
りゅ、りゅかたんはプリンスにゃんだおにぇ」
・・・・そ、そういうことにしておいても。


20171101mj1.jpg 
「・・・おりぇは・・・?」
せ、世界一の息子さっ!


20171101mj2.jpg 
無邪気に「自分が一番愛されている」と信じるこの子たちと出会えた奇跡にも感謝。
出会えていなかったら、この子たちもとうに・・・と思うから。


20171101mj3.jpg 
こうして日に日に寒くなってくると、Lin家から送り出したすべての子たちが
この冬も暖かく幸せな気持ちで過ごしていられることに、
つくづく・・・感謝です。



猫親戚の来訪

世の中はお盆休暇ですね。
私は昨日と今日だけお休み。
ここ数日、25℃以下の気温で朝晩は肌寒いくらい。
7月の猛暑は何だったのでしょうねぇ。
関東圏も一気に気温が下がっているみたいですね。

お盆休暇と言えば・・・何より楽しみなのが・・・

現在は首都圏に住む、銀次郎とシーバの家族が帰省する!

というわけで・・・mayumiさんとお嬢さんが会いに来てくれた~!

2011年に、まいこ~の1年後に生まれた弟の銀次郎、
2012年にルカちゃんと同じ時に生まれた兄弟のシーバを迎えてくれたご家族です。

1年ぶりに再会しても話題は黒猫兄弟とKY兄弟のことばかり(笑)
最近の2匹の様子を聞き、たくさん写真や動画を見せてもらい、
2匹が幸せに暮らしていることを実感して本当にうれしかった!


20170811mj2.jpg 
もっぱらまいこ~がオケツでおもてなし。
「銀とチーバのファミリーだきゃらにゃ」


20170811af2.jpg 
みんなで記念撮影!
会うたびお嬢さんが大人びてかわいくなっていくので、
これじゃあ自分が歳を取るのも当然だ・・・と噛みしめる・・・
だって、銀ちゃんを迎えてくれたときは、ほんとに小さなお子ちゃまだったんだもの。


20170811mj1.jpg ←二人にほほを寄せられてなお、冷静なこのカメラ目線・・・(笑)



ヘタレなルカちゃんは、ちょっとだけの顔出しで、あとは物陰やトイレに避難。
mayumi家では、逆に銀ちゃんがお客さん嫌いで、
シーバがお客様に興味津々らしいです。

20170812lu1.jpg 
「こ、ここにゃら見つかりゃないでちょ」  ↑ 植物の陰に隠れているつもりらしいです。


20170812lu2.jpg 
「え?りゅ、りゅかたん、見えてりゅにょ?」
ううん、見えてないよ~  ということにしておこ・・・



ようやく機嫌が直ったちぃ様にいたっては・・・

キッチンの戸棚の上に登ったまま、一度も降りてもくれず。


20170812chi1.jpg 
「ほら、ちぃはにゃ、事前アポがにゃいと」
・・・ビビリちゃんなだけです・・・・



あぁ、嬉しかったな。大好きな2人に会えて、
銀ちゃんとシーバが相変わらず仲良く元気に暮らしていて。
モノクロ一族とヨモママ一族両方の家系の面白みを共有できるんだもの。
まさに「猫親戚」です。


他の、養子を受け入れてくれたたくさんのご家族たちもお変わりないですか?
みんなみんな、ご家族に大事にされているんだろうな。。。


20170812lu3.jpg 
「ままん、ちーばたんとりゅかたんが兄弟だにゃんて・・・」
毛並みは違うけど、大きいお目々と性格が共通。おそらくヨモママの子は全員・・・(笑)




猫が幸せだとニンゲンも

それにしても・・・この冬は久しぶりの北海道らしい気候です。
-10℃の朝が連日なので、たまに-5℃程度だと温かく感じる。
いやあねぇ、体がこの寒さに順応するんですねぇ。
それでも、先日の-18℃の朝はさすがに全身ピリピリするほどの冷気でした。

それでも室内は24時間20℃以下になることもなく、
さらにはホットカーペットでぬくぬく、ついでに空気清浄機付き、
夜は飼い主と一緒の布団で寝る・・・
これ以上のおネコ天国は他にあるでしょうか・・・

20170201all1.jpg 
なんか老人会の集まりのようにも見え・・・
これでまいこ~の咳が完全に治まるといいんだけど。



千夜の傷は、病院でもらったステロイド剤の軟膏を塗ったら、
鼻の横の傷はすぐに消え、前脚の部分は今は完全に乾きました。

・・・冷静に考えると、人間用の皮膚科の薬も少しなら試しておくとよかったかも。
きっとそれで治っていたような―

とにかく千夜の場合、専門家に診てもらわないと不安で仕方ないのです。
いや、千夜に限らずまいこ~もルカちゃんもね。
この子たちのためというより、飼い主の私の安心のため、という方が当たっている。

20170201chi1.jpg 
「ママさぁ、あんましちぃたちのことばっきゃし気にしてにゃいで、
アンチエイジングの化粧品でも買ったら・・・?」
と、余計なお世話と言わんばかりのシラケた眼差し・・・

20170201mj1.jpg 
「おりゃがマシンの近くで騒ぐと、ランプが赤くにゃってにゃ」
   ↑ 実はおまえ自身がダスト源・・・


20170201mj2.jpg 
ダイエットもゆるやかなりに継続しています。
「今がおりぇの標準体型だぎゃにゃ」  ← いや、ちがう。


20170201lu1.jpg 
「りゅ、りゅかたんまでダイエットにお付き合いにゃんだお。カンケーにゃいのに」
   ↑ いや、大いに関係あるのよ。

*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*


大変遅くなりましたが、今日はLin家から送り出し、幸せな毎日を送るあの子たちの様子を。


まずは・・・昨年夏、Lin家を騒乱と笑顔でかく乱した子猫のZiggy。

201612zig1.jpg 
アングル的になんとも言えないけれど、足は長いままかな?
昨年暮れ頃にご家族様から頂いた写真。
なんだか子猫の頃とほとんど変わっていないように見えます。



この子は、私が仮名でつけたZiggyがそのまま本名になりました。

ほんとに転がる手りゅう弾みたいにやんちゃで元気で、
うちの子たちもみんなタジタジ、ハンパない勢いの子でした。
それでいて甘えっ子で千夜や人間にはべったり・・・

そんな子だったから、当然今もさぞかしかわいがられているようで・・・


201612zig2.jpg 
紙袋の中に入って。
あぁ、この眼差し、子猫の頃のまんま! やっぱりイケメンキャットになってくれたのね~
キミが幸せだと確認できるLinさんも幸せです・・・

*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*

そして・・・昨年10月に、まいこ~以上に大きな兄ちゃん猫がいるご家族の娘になった黒猫。
今は「トラム」という名前をもらって、
ほら、この通り(笑)!

201701tram2.jpg 
なんて粋なコントラストの2匹!ツヤツヤの美少女猫のトラムちゃんと、
これまた嬉しそうな兄ちゃんのボルタくん。



預かった当初はおとなしく、おどおどしていて元気もなく、涙目もひどくなるしで
心配ばかりしていた小さくてやせっぽちの女の子だったけれど、
あっというまにすっかり甘えっ子の抱っこ大好きな子猫になった。

保護したときにはすでにほかの猫からも遠ざけられている状態だったという、弱った子猫。
今は優しいパパとママ、そして優しいお兄ちゃんにかわいがられて、
まるで小公女のようなストーリーそのままに幸せに暮らしています。


201701tram1.jpg 
まだまだ成長期だけれど、将来が楽しみなビューティーブラック。
わざと物を落としたりしてパパやママの気を引こうとするようになったというのも、
やっぱり女の子ならではという感じ。


Lin家から送り出して今は幸せに暮らしている子たち、
みんなみんな大どんでん返しストーリー。
大どんでん返しは、ニンゲンがほんの少し手を貸してあげた結果であって、
でもニンゲンが手を貸さない限り、こんな大どんでん返しにはなりえず、
みんなきっと遅かれ早かれ惨めな死に方をしていたはず。

こんなかわいい子がのたれ死ぬようなことなんて考えられない、と思うけれど、
今もそんな子たちがこの凍える夜、どこかで身を震わせています・・・


20170201c_l1.jpg 
「りゅ、りゅかたん、それはそれはかわいちょうな赤たん時代でにぇ・・・」←さほどでも。
「ちぃも危うく・・・」
うちの子たちも全員運が良かっただけ。

20170201all2.jpg 
この子を救って、幸せにしてあげた  という気持ちを持てる人間は幸せだと思うのです・・・


Zig、トラムちゃん、幸せな猫生を謳歌してね。

幸せな猫を見るとニンゲンも間違いなく幸せな気持ちになるもの、
ありがたいことです(笑)


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR