プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

また、会いたい

すっかり秋です。
朝が遅いシフトじゃない限り、またリビング隣の部屋に
布団を敷いて寝るようになりました。

おかげで、3匹束にして一緒に寝られるように。

20170911c_l1.jpg 
暑さがなくなると、ちぃとルカちゃんがべったりする時間も増えてきた。



20170911c_l2.jpg 
多分・・・ちぃとルカちゃんは父方のDNAが同じじゃないかと思っています。
長毛・短毛の違いはあれ、毛色や骨格・顔の造りが似ているし、保護した場所や時期からしてもね。
「・・・う、うちょ・・・」
「こ、こんにゃどん臭いのと・・・?」



今日は約1か月ぶりに円山動物園に。

なにせ片道1時間半、アクセスのタイミングが悪いと2時間近くもかかるので、
もっと頻繁に行きたくてもなかなか・・・
でも、サーバルキャットのポッキーに会いたくて。

20170911zoo9.jpg 
1か月ぶりの動物園は、すっかり秋の風景に。
萩の花もそろそろ盛りを過ぎてきた。



20170911zoo7.jpg 
いつも会いに行く動物が固定しているので、めったに行かないこども動物園で、
何年振りかでビーバーを観察。
・・・冷静に観察すると、この尻尾は哺乳類とは言えない気が・・・
カモノハシと同じ系だよ。ただ、ビーバーは卵は産まないけど。

20170911zoo8.jpg 
ホッキョクグマのララとリラはお昼寝。
その隣では父さんのデナリがお手々だけチャプチャプしてて、相変わらず味わい深い空気感。

20170911zoo11.jpg 
ヒマラヤグマにとっては、やっと過ごしやすい季節の到来。
この体と黒い被毛では、おそらく想像以上に夏はつらいはず。



20170911zoo12.jpg 
室内側でくつろぐ、どっちか(・・・いまだ自信ない)ちゃん。
この座り方がかわいくてねぇ。



20170911zoo13.jpg 
ぽりぽり、あー、かゆい。 
・・・こ、このおばはんは・・・(笑)



ざっといつものおなじみの動物たちの様子を見てからは、
あとの時間はほとんどポッキーを見守っていました。

14時頃に行ってみてから、ずっとずっと夕ご飯を待って、
いつものように室内を落ち着かなく歩き回っていた。

・・・1か月前より、さらに足元が危なっかしくなっていた。
猫族特有の、かかとを伸ばしてつま先で歩くのではなく、
すっかり腱も伸び切ってしまったのか、もうほとんどかかとも地面につくような歩き方で、
方向転換のたびによろけ─それでも歩き続ける。

20170911zoo16.jpg 
もうダメか、倒れるか、と思う寸前でかろうじて前足の力だけで、なんとか体勢を維持。




その姿には、やはりわかっていても胸詰まるものがあり─
もうおとなしく寝ていればいいのに、いや、好きなだけ好きにしていればいいんだ、と思ったり。

そして16時前にお待ちかねの夕ご飯。

20170911zoo14.jpg 
薬剤を混入してあるゴハン。食べやすいようミンチ状にしてある。
すごい勢いでがっつく様子に、ほっとするやら、また胸が熱くなるやら。

20170911zoo15.jpg 
少し食べ残しては歩き、また戻って食べ、を繰り返し、結局完食。
朝ごはんも完食していたというので、この食欲がある限りは、
まだまだポッキーは頑張ってくれるはず。
と、ポッキーを毎日見ている人が語っていた。

20170911zoo17.jpg 
完食後、よろよろと藁のベッドへ。
いつもふかふかの藁ベッドが用意されている。



20170911zoo18.jpg 
ポッキー、また来るからね。お休み、明日もたくさん食べて歩くんだよ、と話しかけて後にしました・・・



いのちって、動物って、だから崇高なんだな  とポッキーから教えられるような気になる。
人間のように生きることや死ぬことを理屈でとらえるような、そんな次元ではなく、
ただただひたむきにその環境のなかで1つでも多く鼓動を打つこと、
そんなポッキーの生きざまに感動するんだな、と。

きっと・・・絶対、次も、また次も会えるよね、ポッキー。


20170911mj1.jpg 
「おりぇもポッキーじぃくりゃい、長生きできるきゃにゃ」
長生きしてくれないと、あまやかして育てた意味がないでしょ。




さて・・・先日のちぃのベランダ脱走事件に懲りて、
今、改めて全員の迷子札のプレートを発注中。

ちぃはいろいろネックレス系をさせていたけど、
去年からの体調不良以降は、できるだけストレスフリーを心がけて、何もさせなくなり、
ルカちゃんはどうしても長くて細い毛が絡むのでいつも長続きせず、
今はまいこ~だけ「M」のイニシャルのチョーカーだけさせている状態。
マンションの4階では、そうそう脱走というのも考えにくいよ、なんて油断していた。

でも・・・万一脱走(失踪?)した場合、
どうやってできるだけ早く確実に救出できるか、と考えると、
やはり迷子札は必要だな、と・・・

20170911mj2.jpg 
「おりぇにも新しいヤツきゃ?」
ちょっと恥ずかしい名前が刻印されています・・・・

20170911chi1.jpg 
「ちぃがよりゴージャスににゃるんにゃら」
軽いから、負担にはならないと思うよ。



20170911mj4.jpg 
「きゃっこいいきゃにゃ・・・」
いや、ただ名前と飼い主の電話番号だけ・・・でも、ここが大事なんだよっ!





哀しい動物園

アムールトラのタツオさんが亡くなって18日で1年となるので、
少し早いけれど追悼の花を届けに円山動物園に行ってきた。
先日マサイキリンのユウマも亡くなったばかり。
アレンジを2個持つのは大変なので、花束を2個にしました。

20170816zoo1.jpg
主が消えた空間。
いつだったか、ガラス越しにたくさん遊んでくれたことがあった。
ここにはマルヤマンの秀逸なイラスト解説がたくさん貼られていたけれど、
すべて取り外されていました・・・それが一番哀しく感じた。
ユウマ、安らかに。。。


そして、隣のポッキー(国内最高齢のオスのサーバルキャット)のところに行くと・・・


ポッキーは外に出ている雌のエンちゃんを気にしているのか、
夕飯を心待ちにしているのか、しきりに歩き回っていた。

なんだけど─元からすでに心もとない足元だったけれど、
今日は、よく転ばないものだと思うほど、ふらふらで、よれよれで、
なのにそれでも勢いのままに歩き続けていた。

20170816zoo2.jpg 
特にコーナーやターンの時に倒れそうなほどよろけてしまう。



いつのまにか、急速に衰えていたんだ・・・
その姿に衝撃を受けてしまい、それが哀れ というより、
それでもなお気持ちだけは元気にいつものようにエンちゃんを探して必死に歩き続けるポッキーを見ていて
どうしても涙をこらえることができなかった・・・

誰にもどうすることもできないことだ。
わかってはいることだけれど。

20170816zoo3.jpg 
どんなに足が痛くても、力が思うように入らなくても、
ポッキーが歩きたいのなら、好きなだけ歩くといいよ・・・



この後、寒帯館で今は雌のアムールトラのアイちゃんの一人住まいとなった場所の片隅に
タツオさんへの花をそっと置いてきた。
本当はセンター内に置くべきなんだろうけど、
そんな場所、タツオさんだって知らないもの。
やっぱりタツオさんがいた場所に置きたかった。すぐにしおれてもかまわない。


20170816zoo8.jpg ←目立たない場所に、そっと・・・・
   タツオさん、全国のあなたのファンはきっと片時も忘れないでいるよ。



夏休み期間中なので、今までに見たことがないほどの人出で、
数日ぶりに26℃以上でかなり暑く、、、という状況もあってなのか、
今日は初めてヒマラヤグマへのイベント的なおやつタイムを見た。


20170816zoo4.jpg 
 ↑ ガラスの反射でなかなかうまく撮影できないけど、
 氷の中に果物が入っています。時間をかけて食べられるようエンリッチメント的仕掛け。
トモもミナミも相変わらずゆったり、でも熱心に取り組んでいました。


20170816zoo10.jpg 
岩に背中をすりすり。いいお腹してるぅ(笑)

20170816zoo12.jpg 
プールの水の汚れ具合からすると、朝から2,3度はチャプチャプしたようだけど、
夕方になって少し涼しくなってきたからか、見ているときにはついにプールインならず。


20170816zoo5.jpg 
本日の室内展示室担当は絶世の美豹リーベ。
今回シジムとアクバルペアのジュニア誕生はならず。
来期に期待しましょう。


20170816zoo6.jpg 
大きな赤ちゃんのリラは、おっぱいタイム。
全部の乳首を吸い尽くす(笑) 一人っ子の特権。


20170816zoo7.jpg 
オオカミ舎のメイン放飼場にはショウが。久しぶりに間近に会いました。
サブ側にいた父親のジェイと兄弟のルークはすっかり夏毛になってすっきりしているのに、
なんでショウだけこんなに中途半端な状態なのかなぁ。



ポッキーの歩く様子に衝撃を受け、
ざっといつもの動物たちを見た後、またポッキーの前に戻り・・・
それから小1時間ほどもずっとポッキーを見つめていました。

もう、いつでも会える、と思ってはいけないんだな、とはっきりわかったので。


20170816zoo9.jpg 
ポッキー、立派だね。えらいね。。。


もうずっと以前から、ポッキーの前にはいつも一眼カメラを持った常連さんらしき方がいて、
今日はさらにそんな人たちが数人もいて、やはりじっと無言でポッキーを見つめていた。

きっと、みんな同じ気持ちでポッキーを見守っているのかな・・・

ユウマの献花台、近づくタツオの命日、そしてポッキー。
言葉にならない、表現する意味すらない哀しみを静かに味わった1日でした。


真夏の円山動物園

先日、円山動物園に行きました。
少し気温も落ち着いてきたので、今がチャンスと。

なにより・・・国内最高齢のポッキーの顔を見たいと思っていた。
いっとき体調に不安があったけれど、今はまた落ち着いたということなので。
そして、マレーグマのウッチーの死から2年になるタイミングだし。

ただ、わかっていたことだけれど、行った時間帯が動物たちのおねむタイムだったので、
どの動物もさほど活動的な様子は見られなかったけれど、
それでもみんな元気にしている様子を確認できて、なんだか安心して帰ってきました・・・

20170724zoo16.jpg 
円山公園駅からタイミングよくシャトルバスの「くらまる号」に乗ることができた。


20170724zoo14.jpg 
ララと双子の子どもたち─ポロロとマルルのデザイン。
見かけることはあっても、乗車は初めて。
おそらく夏休み期間中の運行なんじゃないかな。


20170724zoo8.jpg 
夕食まじかの夕方のにならないと動かないポッキー。
やっぱり藁のベッドでずっと寝ていました。


20170724zoo7.jpg 
一瞬少しだけ、顔を上げた時に目が合った。ありがとう。
ポッキー、達者でね、また会いに来るから、と声をかけて後にしました。



先週ほどの気温ではないとはいえ、直射日光が当たる場所ではどっと汗が吹き出す暑さ。
そんな中、寒冷地出身の動物たちはつらそうでした。

20170724zoo5.jpg 
メイン放飼場担当のシジム嬢は気の毒なほど荒い息で日陰で暑さをしのいでいた。
シジムはめでたくおめでたでしょうか・・・結果はいつ頃わかるのかなぁ。



室内展示室当番はリーベ。
暑い日はこっちのほうが楽そうです。

20170724zoo6.jpg 
それでも、いつものきりりとした様子ではなく、けだるげにしてた。


20170724zoo10.jpg 
リーベ、あと1か月もしないで涼しい風が吹くようになるからね、がんばれ。


20170724zoo3.jpg 
ところで・・・「まるやまん」のイラストが解説が増えていました。
いや、しっかし・・・うまいなぁ。画集出してないのかな。 



20170724zoo15.jpg 
暑い中、すみっこで寝ていたヒマラヤグマたち。


20170724zoo4.jpg 
ここにも飼育員手書きのボードが設置されるように。
待望の「見分け方」。
とすると・・・シンクで寝ているのはミナミ  の可能性が高い?


20170724zoo9.jpg 
にゃんことおんなじ。このきゅうきゅうとはまる感じがいいのかなぁ。



20170724zoo12.jpg  
しばらくしてまた訪れたら、今度は室内展示室と外との境目あたりでひっくり返ってた。


20170724zoo13.jpg
トモもミナミもこの夏を頑張って乗り切ってね。
あなたたちの季節はあっというまにやってくる。


来月はタツオさんの1周忌。
今年になって、タツオがいた寒帯館のタツオのパネルは外されてしまった。

それでも、こうしてここ1,2年を振り返ると、円山動物園の変化を感じる。
タツオが生きていたころと違って放飼場はいつもきれいに整備されるようになったし、
ヒマラヤグマたちにもいろいろおもちゃも与えられるようになったし。
日々動物たちとかかわる飼育員の熱意がある程度は伝わる部分も増えてきたかな・・・

にしても、いろいろ犠牲も多かった。。。


20170728flo.jpg 
今年も窓辺の観葉植物に小さな花がたくさん咲きました。


20170728mj1.jpg 
うちの坊やはティッシュケースが枕にちょうどいいと、いつもこんな感じ・・・


森のくまさん

今日はひっ・・・・さしぶりに円山動物園に。
3,4か月ぶりになるかな。
本当は6月中に旭山動物園に行きたく、もうチャンスは今日だけと思って計画していたけど、
ルカちゃんの不調事件のすぐ後なので、半日程度しか留守にする気になれず・・・
というわけで午後から2時間程度軽く・・・のつもりで円山動物園に。

平日の円山動物園はゴハンタイムや飼育員のレクチャータイムなど一切イベントがなく、
タイミングが悪いと、ただ寝ている動物の姿しか見られないことも多い。
旭山動物園だと平日でも忙しいくらいのタイムスケジュールが組まれているんだけどね。

が・・・今日は一番の目的と期待のヒマラヤグマにすっかり釘付けのまま、
あっというまに閉園時間になってしまい・・・他をほとんど見られなかったのでちょっと物足りなかった。

それほどヒマラヤグマはかわいすぎた・・・!

20170613zoo2.jpg 
毎回問題となる、「どっちだ?」 ・・・せめて2頭並んでくれないとわからんです。
どっちもかわいいのでいいけど。


20170613zoo4.jpg 
落ちていた木の枝を振り回しているうちに、仰向けにごろんごろん。
・・・この姿、うちでもよく見ます。そっくり・・・(笑)

20170613zoo6.jpg
そのうち、今度はプールの水の中に顔をつけて・・・本当はぬれたくなさそうだったんだけど、、、


20170613zoo7.jpg 
プールの底に忍ばせてあったおやつのブドウをゲット。


20170613zoo5.jpg 
もう1頭は・・・と心配していたら、放飼場の岩の奥からのっそり登場して、
相棒がちゃぷちゃぷする姿をながめていました。


 
20170613zoo8.jpg 
プールから上がると、今度は木の造作物に上りだし・・・


20170613zoo9.jpg 
いいなぁ、森のくまさんの絵。
彼女らにとってはまだ過ごしやすい気温だったけれど、これからの夏の暑さに体調崩さないようにね。


20170613zoo3.jpg 
飼育担当が変わったことで、彼女らのエンリッチメントは確実に良くなった、という声をよく聞きます。
これまではどんなに悪天候でも風も雨もしのげる場所もない屋外に展示しっぱなしだったとか。
でも今は雨や風から身を守れる屋内展示室と屋外とが常に出入り自由。
できれば、真夏には室内に送風機の風が回るようにしてあげてほしいな。
もちろん、冷房を入れられる設備になっているとでもいうことなら別だけど。



熱帯地域原産の動物には冬季間の暖房は当たり前なのと同様、
寒帯地域原産の動物にも夏場の冷房の配慮も当然なのでは・・・と思うんだけど。
いくら北海道でも、日当たりが良くて風が通りにくい場所の暑さはつらい。
もちろん暮らす動物園の土地の気候になれることも大事ではあるけど、
人間だって真夏の東京で冷房なしでも「慣れが大事」なんて今さら言う人はいないでしょ・・・

自然界の環境ではない以上、慣れさせる→我慢させる→結果的に「虐待」になっていないかどうか、
その見極めとコントロールは人間の責任だからね。。。

と、私にとって動物は、うちの猫も含め、常に疑問と心配の対象になってしまう。


20170613zoo11.jpg 
動物たちもさることさながら、今回はプールや小道の周囲やわきに咲き乱れる草花にも心癒されました。


20170613zoo12.jpg 
花がいっぱいの動物園というのもいいもんです。


20170613zoo17.jpg 
シャクナゲ・・・ではないだろうけど、同種と思われる大きな木花が満開でした。



というわけで、時間のほとんどをヒマラヤグマに費やしてしまい、
あとは大急ぎでささっと見て回った程度に。

20170613zoo20.jpg 
メイン放飼場側にいた、絶世の美豹リーベ。
あてくし、あなたの大ファン(笑)
ユキヒョウはこの夏、もう1頭の若い雌のシジムがお母さんになるかどうか期待されています。


20170613zoo1.jpg  
ひところよりは体の張りが戻ったように見えるアイちゃん。
今日は亡きタツオとのツーショットのポストカードを買いました。


20170613zoo18.jpg 
換毛真っただ中のシンリンオオカミのルーク。
父親のジェイとともにメイン放飼場にいましたが・・・


20170613zoo19.jpg 
気になったのは、この口の周囲の傷。
まさか、と思うけどジェイに咬まれた?
それとも皮膚疾患? 近くに飼育員もいなくて聞けず・・・
大したことなければいいんだけど。



やっぱり、他の動物たちももっと観察したかった。
あまり暑くない時期を見計らって、また行こうと思います。
チャンスがあったら、やっぱり旭山動物園にもね。

20170613mj1.jpg 
「おかにゃん・・・うちにもクロヒョウみたいにゃのがいりゅだろ」
いんや、クロヒョウなんて見たことない。ヒマラヤグマみたいなのは見たことあるけど。


20170613lu1.jpg 
「ままん、りゅかたんがチンパイと言いながりゃ・・・にゃんにゃのさ」
だ、だから半日程度で済む円山動物園で手を打ったんじゃん!


20170613chi1.jpg 
「お一人様で動物園・・・老後の楽しみがもう始まってるんにゃね」
足腰が丈夫なうちじゃないと楽しめないので・・・


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR