プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

4月は遊ばなきゃ

や、やっと・・・年度末の月末を乗り超えたぜよ・・・

ただでさえ殺気立つ月末だというのに、30日にはお偉いさんの転勤の送別会まで重なり、
「お別れしたいのはこっちだよ」と毒つきたい気分でしたわ。

さ、4月は遊ぶぞ。
と言って、急にゆとりが出るわけでも何でもないけど、
2日間の連休さえ一度もなかった3月とは違うようなので、
また旭山動物園に行きたいし、友だちにも会いたいし。

・・・と、自分の病院も。
健康診断で4つも二次検査に引っかかっちゃった。
ここいらで自分の健康もちゃんと管理しないとね。

20170401chi2.jpg 
「あそぶことばっかし考えてるにゃん・・・」
いいじゃん、仕事とおまえたちのケアのみの日々だったんだから。



さて、ダイエット食に切り替えて10日。

・・・・当然ですが、まだぜんぜん目に見える成果は・・・


20170401food.jpg 
 ↑ 第一弾のダイエットフードの数々。
ヒルズの「メタボリックス」という文字が涙でにじむ・・・
3日と同じものは続けられない飽きっぽさの猫たちなので、メインをヒルズ、
間にちょこまかと他のフードでごまかし、という繰り返しです。


20170401lu1.jpg 
ルカちゃんは・・・・そもそもこの毛深さでは変化なんてわからないし・・・


20170401mj1.jpg 
 ↑ まいこ~など、お腹のパンパンぶりは相変わらずだし。
「ちぃちゃんとルカたんがあんまり食べないきゃら、おりぇが一生懸命食べてやってるんにゃ」
・・・・意味がない・・・


20170401chi1.jpg 
千夜も・・・「だって、ちぃは病院で太りすぎにゃんて言われてにゃいし」
それは、まいこ~の印象が強烈だったおかげです。。。



千夜の湿疹も相変わらず治らず、まいこ~の咳も相変わらず・・・
春になって暖かくなったら、少しはまた状況も変わるかな。と、期待だけ。。。

ダイエットの話なのに、↓ は、先日、岩手の友達のかずえちんが送ってくれたマドレーヌ。
形だけでなく、味も最高にほっこりなごんだおいしさでした。

20170401iwa1.jpg 
 ↑ にくきゅう。  ったく、どいつもこいつもツボを抑えてきやがるわねぇ。



やりたいこと、しなきゃならないことだらけでますます忙しいかも、な春の予感です。



閑散としている動物園

円山動物園では、今では行く場所が完全に固定化してしまっている。

まず寒帯館でアムールトラとユキヒョウ、
そして隣の高山館(若い女の子が「たかやま館って、なに?」と大声できゃぴってた・・・)でヒマラヤグマ、
それからマレーバク、シンリンオオカミ→エゾヒグマ→ホッキョクグマ→サーバルキャット
そしてまた高山館に引き返し、最終的に寒帯館と高山館を何度も行ったり来たり。

つまり、私の場合、クマ族と大型猫族ばかり飽きずに眺めているわけで。

今日の収穫は、ユキヒョウのリーベを堪能できたこと。
本当に美しいいきもの。

20170314zoo3.jpg 
アクバルとシジムは、今、繁殖を目指して寝室でお見合い中のため、
久々リーベがメイン放飼場に。

20170314zoo2.jpg 
アクバルのにおいがするところにご執心。リーベにとっても悩ましい季節到来の様子。。。

20170314zoo12.jpg 
いやはや、美豹ぶりがハンパない。エレガントでパワフル、品格が段違い。
間違いなく、世界一の美豹  と思うわ。

20170314zoo4.jpg 
寝室の方から時々アクバルとシジムの咆哮が響くため、リーベもそわそわ落ち着かない様子でした。



 

20170314zoo1.jpg 
そしてアムールトラのアイちゃん。
先々月に見た時より少し肉付きが戻ったように見えて安心した。

20170314zoo11.jpg 
この子は旭山動物園のアムールトラのザリアよりずっと年上なのに、
ザリアより子供っぽくておきゃんな表情に感じる。
母親になったザリアとの違いなのかな。



 

20170314zoo5.jpg 
ヒマラヤグマのトモちゃんとミナミちゃんは、ゆるゆるスローに小競り合い。

20170314zoo6.jpg 
「え、えぇーーい、うるさーーい」 あっ、ゆるゆるビンタ!
そんなスローな振り方で、その上そのスロービンタをかわすこともできない2頭って・・・(笑)



しばらくそんな調子の2頭でしたが、そのうち室内に入って・・・

20170314zoo13.jpg 
ガラス面にどアップのサービス。
近くにいた飼育員さんにこの子はどっちか?と聞いたら、、、なんだかその人も心もとない様子の返答だったため、
参考程度に聞き流してしまって結局忘れちゃった・・・

20170314zoo14.jpg 
今回も判別不能・・・顔の違いは分かるようになってきたんだけどね。

 

20170314zoo8.jpg 
マレーバクのワカバちゃんは室内展示場の水の中。
今回はこの子が一番アイコンタクトしてくれた。

20170314zoo10.jpg 
ホッキョクグマのキャンディがおもちゃを抱えて雪の中に埋もれるようにして寝ていた。
か、かわいい~。まるで童話の中に出てくるクマさん。



先月、旭山動物園に行って、人出の多さ、餌やりなどのイベントの多さ、
活発に動く動物たちを見ていたせいか、
今日も閑散としてしーーーんとしている円山動物園の様子にちょっと別の意味で驚いた。

動物の側の立場からはどちらがいいのか、それは単純な話ではないと思うけれど、
少なくとも・・・入園者数を増やせるのは最新設備とか珍しい動物の展示 というだけではなさそうだ。

にしても・・・もうそんなに寒くないはず、とダウンじゃないコートにしたら、
思っていた以上にヒジョーに寒く、芯から冷えました・・・
 


すみません(笑) 旭山動物園です

昨日17日、1年半ぶりに旭山動物園に1人で行ってきました!

すごいよぉ。
朝1番7:00のバスに乗るため朝の5時起き。
冬季の開園時間は10:30~15:30と短時間のため、無駄なく堪能するためにはやむなしなのである。

これまでの旭山動物園訪問で、一番の悪天候(1日中みぞれ混じりの雪)、
一番の人出(中華系&東南アジア系の観光客が大半!)でしたが、
一番心躍った滞在にもなりました。

※写真多いです。



やっぱり、こう言ってはナンだけど、円山とは違うなぁ、と改めて感じました。
見せ方が立体的で、極力動物たち本来の生態に合った環境を模索しつつ、
極力動物たちが退屈しないような工夫が随所に感じられる。

しかし・・・円山と違って旭山の場合、屋外放飼場の動物を観察するには、ニンゲンも屋外からのみ。
気温的には-2℃程度だったけれど、5時間の滞在で体の芯から冷えました・・・
(温かい室内展示の動物もいるのだけど、私の場合お目当てはみんな屋外だったので)
そして旭山は山の斜面の動物園。
もう足がパンパン・・・(笑)


20170217zoo1.jpg 
旭川駅前のバスターミナルで並んでいたら・・・ちょっとウケた。
「すみません。回送車です」  そんな、謝らなくても(笑)
観光客の長蛇の列で、私もやっと増便の3台目に乗車。


20170217zoo2.jpg 
最初に行ったのはもうじゅう館のアムールトラ舎。
ここには昨年生まれた兄妹と母親がいて、さっそくテンション高く3頭でじゃれあってた。


20170217zoo3.jpg 
母トラのザリア。
いつも円山のアイを見慣れているので、まだ若く、張りのある体つきにちょっと感動。


20170217zoo4.jpg  
兄妹の判別がつかないけれど、オスのほうが体格がいいはずという前提で憶測すると、
体も大きくて活発な男の子のソーン。
パッと見、母親の体格に今にも追いつきそうなほど。
でもまだ幼児体型かな(笑)


20170217zoo5.jpg 
おとなしめの女の子ナージャ(たぶん)。
母親が気にして時々遊びに誘うけれど、ソーンに力負けしてしまうせいか、
長くは続かず、独りでいることが多い様子でした。


20170217zoo6.jpg 
2頭の遊び盛りの子供たちに終始じゃれつかれているザリア。
それでも忍耐強く愛情豊かな様子で接していました。


20170217zoo15.jpg 
甘えてじゃれつき・・・


20170217zoo16.jpg 
こうして母親からたくさん学んで成長していく。
人工哺育ではなく、母親に育てられた彼らの将来への期待は大きい。


20170217zoo17.jpg 
隣の枡では、父親のキリルが。驚くほど大きく立派な体格。
私は晩年のタツオさんしか知らないので、若いオスの個体の筋肉隆々とした様は初めて見た。
感動的でした。美しいです。
これでタツオさんほどの体格ではないというのだから、
若いころのタツオさんはさぞかし迫力あったのだろうなぁ。


20170217zoo18.jpg 
隣の枡で母子がはしゃぐ様子をのぞき込み、時々ネット越しに鼻を寄せ合ったり。


20170217zoo38.jpg 
時には来園者を威嚇してみたり。
ガラス越しに間近に迫ってくると怖いほどの迫力。
素晴らしい!
ここのアムールトラ舎だけで今回来た甲斐があった、と思うほど。


20170217zoo7.jpg 
ペンギンのお散歩タイム。
何を考えているのか、考えていないのか不明な宇宙人モードでよちよち登場。


20170217zoo9.jpg  
思っていた以上に整然と行進していきます。いやはや、謎の不思議な一団(笑)


20170217zoo10.jpg 
しかも、ニンゲンたちが自分たちのパフォーマンスを期待していることがちゃんとわかっている。
ちゃんと一人一人に視線を合わせ、ポージング(笑)
やっぱり鳥族は頭がいいんだなぁ。



そして、第2の目的だったホッキョクグマ館では・・・


20170217zoo19.jpg 
笑顔のピリカが!
円山のララの娘です。
この子の笑顔が見たかった。
これを笑顔と感じるのは人間側の勝手な思い込みかもしれないけれど、
以前は確実にもっと神経質そうな表情だったのが気になっていたので、これは嬉しかったな。


20170217zoo21.jpg 
同居している左側のルル ・・・いやサツキかも(今回はどこも個体表示がされてないので困った)とも
とても仲良さげで。
麿眉になってて、かわいい。
ピリカも右頬がこすれて毛が抜けてる。


20170217zoo20.jpg 
ぴったりくっついて仲がいいので、いざこざが原因ではないでしょう。


20170217zoo41.jpg 
ララに似て、美しいピリカ。
また訪ねた時にはその笑顔を見せてね。


20170217zoo30.jpg 
お目当てのホッキョクグマのもぐもぐタイム。担当はオスのイワン。
今回は私はガラス前に陣取ることができました! ←気合いが違う。


20170217zoo32.jpg 
ガラス前はいいけど、巨体がフレームに収まらない!


20170217zoo31.jpg 
イワンの後ろ足裏。
どこももれなく美しい。すばらしい。
久々目の前でのダイブを目の当たりにして感動で涙が。


20170217zoo33.jpg 
息継ぎ。


20170217zoo34.jpg 
これほどの躍動感、生命力を感じさせてもらえる機会はめったにない。
生きてるって、すごいなぁ。
どうかおまえたち一族が100年後も人間とともにありますように。



何度ももうじゅう館とホッキョクグマ館を行ったり来たり。

20170217zoo11.jpg 
円山の大(ダイ・♂)の母クマのとんこ。
ここの放飼場は円山に比べてかなり狭いので、単独ならまだしも、
親子となるとあっという間に手狭になりそう。
豹などのように縦移動はさほどできない動物だし。
この点は円山の息子は幸せだね。


20170217zoo12.jpg 
熊族の女子は本当にかわいい顔をしてる。
でも、熊という動物は非常に複雑かつ深淵な謎の側面があり、そこが私にとって興味尽きない点。


20170217zoo13.jpg 
絶滅危惧種のアムールヒョウのオス。
見事な美しいコート。このために滅ぼされかかっているとは・・・
ニンゲンがこの柄をまとうより、この生きものが躍動するからこそ最も美しいパターンなんだという価値観を
まだ気づけないニンゲンがいるとはね・・・
ペアリング試行中なんだけど、メスは壁際の高いところから降りてこず・・・


20170217zoo14.jpg 
隣の枡にはユキヒョウのヤマトが。
円山のリーベとアクバルの息子です。
1日交替での展示なので、彼の妻子には会えず。




さて・・・旭山動物園での楽しみは、元ここの飼育員で今は絵本作家の
あべ 弘士さんの作品がたくさん見られることでも。


特に好きなのが、オオカミの森の入り口に描かれている、エゾオオカミのイラスト。

20170217zoo23.jpg 

20170217zoo24.jpg 
今、あべ 弘士さんの絵本を集めたいなぁ、と思っているところ・・・


20170217zoo25.jpg 
旭山はけっこうな世帯人(犬)員。
ただここは雌犬がほとんどらしく、本能的な闘争は避けられているのだとか。
目の前にぬっとどアップで登場。


20170217zoo26.jpg 
やたらとみんな和気あいあいとした雰囲気なのも女系家族だからなのか・・・
今ももし北海道の森林にエゾオオカミが生息していたら、
エゾシカ問題は発生していなかったはず。たった1つでも種が滅びると
いかにその影響が大きいか、皮肉なことに100年たって証明されるんですね。


20170217zoo35.jpg 
今回ペンギン館とアザラシ館はちょっち立ち寄っただけで長時間はいられませんでした。
とにかく、もうじゅう館とホッキョクグマ館の往復に忙しくて。


20170217zoo36.jpg 
いつも持ち帰りしたくなるほどかわいいと思うイワトビペンギン。
ここのペンギンとアザラシはおもてなし精神に富んでいます・・・


20170217zoo37.jpg 
最後に、会いたかった高齢のアムールトラののんに1年半ぶりに会えた。
ザリア親子との交代でした。


20170217zoo40.jpg 
さすがに肉付きが落ちて、足元も少々おぼつかない印象もあったけれど元気に見えました。


20170217zoo39.jpg 
のん、ずっと元気でいてね。
あなたがそこにいてくれると思うだけで嬉しいと感じる人間たちのためにも―
また会いに来るよ。



本当に今回はアムールトラとホッキョクグマの躍動感に圧倒されっぱなし。

日帰りで十分に楽しむにはかなりハードな行程にはなるけれど、
やはり行ってよかった、といつも感じさせてもらえるものがある。
今回は1人だったので、すべて自分の思うままに行動できたのも大きかったな。

あぁ・・・いつものように去年の秋にも行っておけばよかった。
アムールトラやユキヒョウの赤ちゃん時代、やっぱり見ておけばよかった・・・と後悔。


20170218chi2.jpg 
「・・・楽しかったようで」  ・・・おかげさまで。


20170218lu2.jpg 
「おっきなにゃんこがそんにゃに好きにゃんだにぇ・・・」
ル、ルカちゃんも巨大ネコのメインクーンに間違えられること多いじゃん!




ところで―

先週はちぃの新たな問題にがっくり来てて・・・


原因不明の傷がどうも外傷というより湿疹らしい、と診断されてから、
ということは他の場所にもまた発症するのでは、と心配していたら・・・

20170218chi1.jpg 
↑ 千夜の下腹部。
被毛が薄い部分と胸部のあちこちに同じ傷が!
これはサプリと塗り薬で今はかさぶたが取れた状態。
一時見るも無残な状態でした・・・

20170218chi3.jpg 
「・・・だから、にゃんじゃい」  開き直るんじゃない!


この分では、いつまたどんな症状が出るか、本当に油断できない。
何かが千夜の中でバランスを大きく崩しているんだろう。
しばらくサプリをさらに強化して投与します。

20170218mj1.jpg 
一方まいこ~は私のベッドでひとりで昼寝。
かけてあげたブランケットが心地よかったみたい。


春になったら、また旭山動物園に行こうと思います。
今回行けなかったサル族とかカバ、キリン、こども牧場にも行きたいし。
やっぱり寒いのはつらかった・・・! 






今さらに、改革途中

先日の円山動物園の続きです。


会いたかったヒマラヤグマのミナミ&トモちゃんは寝ているお尻しか拝めなかったけれど・・・


20170208zoo2.jpg 
アムールトラのアイちゃんは元気に放飼場と室内とを行ったり来たり。
ここの寒帯館の担当飼育員が去年から変わったせいなのか除雪もしっかりされていて、
よけいに・・・タツオさんにもこうしてあげられていたら・・・と無念にも感じたり。


20170208zoo13.jpg 
雪山の上に駆け上る。
タツオさんがいたサブ放飼場をいつも覗き込むようにする仕草は今も続いています。


20170208zoo7.jpg 
エランドのオペルちゃん。び、美女。


20170208zoo8.jpg 
同じアフリカゾーンの室内ではブチハイエナのカミがかわいい寝顔で。


20170208zoo10.jpg 
このおちりとちっぼと肉球ときたら。


20170208zoo9.jpg 
隣ではライオンのリッキーが気持ちよさげに寝ていました。
ガラスのすぐ前なので、放飼場とは違ってごく間近に観察できる点はありがたい。
・・・けど、やっぱりもう少し隠れ場所もあったほうがいいだろうなぁ。


20170208zoo11.jpg 
ポッキー爺も、足元おぼつかないながら、ゴハンタイムをワクワクソワソワ。
食べることに執着かあるうちは元気な証拠。



室内展示場も昔のようにただコンクリートやリノリウムの床というわけではなく、
枝や藁、砂、土で覆われていて、おもちゃになりそうなものなどもあり、
いつ見ても飲み水もきれいで、
ほんと・・・ヒヤヒヤしないで見られるようになった点はよくなったと思う。


20170208zoo5.jpg 
温かくなるまで移動が延期になったマレーバクのワカバちゃん。
ほんとに愛らしい顔立ち。この座り方がまたラブリー♡


20170208zoo6.jpg 
今回、室内展示室の様子を見ていて気が付いた。
一定時間ごとに壁際からミストが噴き出す仕様になっていました。
熱帯雨林に暮らす動物には必須ですね。お肌に大変よさげです。


20170208zoo12.jpg 
だいたいいつも寒帯館、オオカミ、ヒグマ、ホッキョクグマ付近をエンドレスにぐーるぐーる巡回。
その日の室内展示室の当番はシジム嬢。
これからアクバルとの繁殖が期待されているお嬢さん。絵になりますねぇ。


20170208zoo14.jpg 
↑ アムールトラとユキヒョウがいる寒帯館には今もタツオさんの個体紹介が貼られたまま。
彼の死後に一時取り外されたけれど、彼を思うたくさんの人からの要望で
再び貼られることになったとのこと。
実質、これがタツオさんの墓標です。。。



今になって、2015年のウッチーの無残な死に方で大騒ぎとなる少し前頃、
円山動物園の新施設建設に絡む架空入札が発覚。
ああした惨い事件が起こる土壌のようなもの、すさんだ空気感を想像してしまうな。
現在もまだまだ改革途中のはず。
動物園を訪れ、動物たちに心を寄せる市民の率直な感覚や声に
いっそう敏感になってほしいと思います。。。

来週、旭山動物園に行く予定。
天候が心配だけど。

20170208mj2.jpg
「タツオさん・・・って、おかにゃんのセンスのネーミングきゃ?」
・・・・なわけないだろっ(出身地に由来するようです)



小さな傷が治らない、と心配していた千夜、
やっとかさぶたもきれいに取れてわからなくなりました。
たかだか直径5mm程度の傷が一時1cmくらいに広がって、いつまでも乾かず、
結局3週間もかかってやっと完治。3週間だよ~ありえないっ!

やっぱりタダモノではないということだけは確かなようで―
またいつ発熱したり、どんな症状が起り、そこからどんな合併症を引き起こすともわからず。
でも、ゆくゆくはニンゲンよりずっと早くに命が尽きる生きもの。
ただただ、してあげられることは全部する、それしかない。

そうして千夜はますますわがままで甘えっ子になっちゃうわけなんだけど・・・


20170208chi1.jpg 
「ママはちぃがイチバン大事って言ってるもんにゃ・・・」
・・・そう思っていていいから、ずっとこのまま元気でいておくれ・・・

20170208lu1.jpg 
さ、来週はルカちゃんの目を診察してもらうよ。
「・・・りゅ、りゅかたんもとばっちり・・・!」
とばっちりじゃなく、必要な診察だからなの!
 

新しい病院は本当に近くて便利なんだけど、
しかし―タクシーを使えない近さ、ということは、3匹一度に連れていくことは絶対にできない、ということで。

今年のワクチンはやっぱりこれまでの病院にタクシーで行こうか。
やっぱり一度で済ませた方が絶対にいいもの。
でも、そもそも体調不安定な千夜にワクチンはどうなんだろう・・・とも。。。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR