プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

女の子が満開

お、お暑うございます・・・

とは言え、先週の35℃近くの毎日に比べると、ここ2,3日は30℃に達することもなく、
とても過ごしやすく感じます。
やっぱり北海道だからね、夏期間30℃に達するのは2,3日もあれば、というのがノーマル。

このまま温暖化が進むと、あと10年もすれば
北海道でもみかんが作れるようになるとか(笑)
・・・笑い事じゃないか。


20170722chi1.jpg 
「・・・・・・みかん、キライだし」
↑ ちぃの新しいエリカラ。お花の形になってるの。笑えるかわいさ(笑)


20170724chi1.jpg 
今までのものより大きいので、これでお腹は完全になめることができなくなりました。
軽くてふわふわなので、装着具合は問題ないみたい。
「快適だけど、 そもそも─」  まぁまぁ、こんなにオトメなちぃちゃん、初めて見た(笑)


20170724mj1.jpg 
「・・・満開だにゃ・・・」 そりゃ、ちぃちゃんだもの。


20170724lu1.jpg
「あ、あれにぶつけられりゅと、りゅ、りゅかたん、すんごい迷惑だお」
装着している本猫より、他の猫たちのほうがしばし唖然としていました。


20170723fu3.jpg 
「ねぇねぇ、それ、あたちがつけたら、もっと数倍きゃわいいと思うのよ~」
出た、美猫の芙蓉ちゃん。昨日、またりえちゃんちの芙蓉ちゃんを見に遊びに行ってきた。


20170723fu4.jpg  
「ピンク とか、パステルが似合うのは女子力モリモリだからなのよ~」
フヨちゃん、わずかにベロをしまい忘れてるぅ。



兄ちゃん犬の茶々丸は・・・

20170723cha3.jpg 
しばし、お土産の袋に鼻を突っ込んだまま・・・


20170723cha2.jpg 
フヨちゃんの写真ばかり撮ってると、ちょっちおもしくない・・・
「なんだよ、にゃんこのどこがいいんだよ」


20170723fu1.jpg  
「仕方にゃいわよね、みんにゃ、キレイなものが好きにゃんだわ~」



20170723fu2.jpg 
いや、ほんとに美猫ちゃん。こういう空気感、うちのヤンキー3猫にはないものね。



20170724chi3.jpg 
「・・・・やんきぃ  って言った?ママ・・・」
あ、あ、「おヤンキー」かな?


20170723fu5.jpg  
「くす・・・」  ←昭和の少女漫画の吹き出し。 


20170723cha1.jpg 
「・・・また、ちゃおチュール持って来てな・・・」
イマイチかまってくれなかった来客に少々不満げな茶々丸でした。



車で送ってくれたりえちゃん、満開?の千夜に会っていってくれました。

   20170723chi1.jpg 
「こ、こんにゃ姿で会いたくにゃかったんだけど・・・」
フヨちゃんに比べると重い!と呆れられた。
 


こんなに暑くても、いまだ毎晩、添い寝の覇権争いが続くLin家。
今はなるべく平等に1匹ずつ交代で添い寝の番が回ってくるようにしているんだけど、
お預けになる2匹がかわいそうで気になるし、
早く涼しくなって、また3匹一緒に寝られるようにしたいなぁ。

20170724mj2.jpg 
「なぁ、おかにゃん、今晩もおりぇと寝てくれりゅんにゃろ・・・?」
昨夜はまいこ~と寝たからね、今晩はルカちゃん・・・



このままこの程度の暑さで過ぎてくれればいいですね。


にゃんこスペシャル

久々、近所のうさ&猫友のりえちゃんちに遊びに行ってきました。

もっとも・・・うさぎは他界し、今はにゃんことワンコがいます。

ここんちのにゃんこが・・・久しぶりに会ったら、まぁぁぁぁ夢のようにかわいくなってて驚きました。
元はと言えば、ガリガリでさまよっていたところをりえちゃんが保護したといういきさつの子、
前に会ったときはまだガリガリちゃんでしたが・・・


20170618fu1.jpg  
ふわっふわぁ~の芙蓉ちゃん。推定3歳未満の女の子。


20170618fu2.jpg 
うわわわわわっ 激きゃわ。反則級です。


20170618fu5.jpg 
フロント・ビューは80%ホワイト、バック・ビューは80%キジ。
ついでにセミロングで、ちっぽはボンボリのようなボブテイル。
余裕で微笑んでいらっしゃる・・・
「見て、アタチの右手のオサレ具合」


とってもおとなしくて華奢で、それでいて、かわいい小さな声で鳴くのよ。
うちの千夜のドス声とは全然違う。

一方、わんこの茶々丸はまいこ~&ルカちゃんと同い年の7歳。


20170618cha1.jpg 
こんなに優しくて美人な顔立ちだけど、立派な男の子。


20170618cha2.jpg  
ほんとに女の子みたいにきれいでかわいい顔立ち。
大興奮で迎えてくれたけど、興奮が冷めるにつれ、「あんた、誰だっけ?」という表情に(笑)


20170618cha3.jpg 
茶々丸の団欒への参加ポーズ(笑)



そうしたら・・・
りえちゃんちの窓の下に朝から見たことない猫がいるというので見てみたら・・・


20170618wil1.jpg 
ブルーアイの小さめのかわいいにゃんこが。


20170618wil2.jpg 
なかなかの美形ちゃん。シャム系が混じっているのかな。
やせてもいないし、汚れてもいない。
脱走した飼い猫が迷って来たのか、元からの野良猫が流れてきたのか、これじゃあ判断つかないね、と
りえちゃんと話していたら・・・

  20170618wil3.jpg  
そこにもう1匹やってきて、お互いににらみ合って「うなーーーーーっ!」合戦。
どう見ても、2匹はポイントや色の具合、目の色からしてもごく近しい血縁。
なのに、なぜケンカ?(と言っても、お互いにパンチの1つも出さないのだけど)
結局、そのままいなくなったけれど・・・なぜ突然兄弟のような猫が2匹出現したのか、ナゾです。。。



たまにうちの子以外のにゃんこも見たいと思って遊びに行ったら、
予定の3倍の猫を見られたわけで・・・今日はにゃんこスペシャル・デーだわ。


20170618mj1.jpg 
「にゃんこのどこがおもしろいのきゃ、おりぇにはわきゃらん・・・」
猫嫌いのまいこ~には理解できないですよ。


      20170618m_l1.jpg  
「ま、まいきょちゃん、早くちっぽがとれて、ニンゲンににゃれるといいにぇ・・・」
「そろそろだと思ってるんにゃ」


20170618chi1.jpg 
「・・・にゃに・・・あのフヨーだかいうおんにゃ・・・」
まあまあ、ちぃちゃん。


20170618fu4.jpg 
でも、ほんとにふわっふわで可憐でかわいかったなぁ、芙蓉ちゃん。


20170618mj2.jpg 
「・・・・どきっ ♡」


20170618chi2.jpg 
「・・・・ママ・・・・・・・・・・」
こ、この辺でや、やめとくことにしました。




真夏に思う

猛暑も今日には収まり、北海道らしいからっとした風が心地いい1日でした。
予報ではお盆明けまで、まだ30℃近い日も続くようだけど、
おそらく「らしからぬ」暑さはこれで終わっちゃったんじゃないかな。
西日本や関東の殺人的な酷暑では、人間だけでなく、
特に外飼いの犬とか、暑さに弱いウサギなどの学校飼育動物がちゃんと対策されているのか心配です。
そんな暑さの中いつも通り外に放置だとしたら、それは間違いなく虐待だ。

小学校のウサギのチョコは毎年夏休みの間、うちに連れてきていた。
ただのトタン造りの飼育小屋の寝室の中は40℃近い温度になっていて、
それでもチョコは日陰の方がまだましらしく、その中で寝ていたっけ。

最高気温が34℃という予報の日、1時間で会社を早退して、大慌てでチョコを救出に向かった。
それが夏の間チョコを預かるきっかけになった。
でも、私が世話をするようになる前まではそんな真夏も、-10℃以下の厳寒期も、
特別なケアもなく、あの小屋で1匹で頑張ってきたんだもの・・・
やっぱりタダモノではない強い子だったんだと思う。

と、思い出すだけでいまだに胸が詰まるな・・・

極端に寒かったり暑かったり、
大雨大雪になると、私はいまだにチョコや、
今はみんな里親さん宅で幸せに暮らしている元野良だった猫たちのことが思い出されて。


img_0_m[6] 
↑ 岩手の里親さんのブログから拝借してきた。
チョコの毛触り、鼻のヒクヒク、小さなお手々の感触・・・全然忘れてない。
チョコの魂は北海道にも戻ってきたのかな・・・



暑さに弱いうさぎのことを考えると、
その点猫たちは暑さで辛そうにしている様子を見たことがないし、
ヤツら、本当に暖かい土地で発生した生きものなんだなぁと、つくづく。


20160810chi1.jpg 
お腹丸出しで気持ちよさげな千夜。
今日くらいの気温が一番心地いいみたい。


20160810lu1.jpg 
ルカちゃんも。
これだけ毛深いのに、どうなってんの?


猛暑が続いたときは、さすがに薄手のブランケット1枚で涼しく寝ようとしていたのに、
それでも狭いベッドにぎゅうぎゅうに詰めてぴったりくっついて寝る、うちの子ら・・・
あの暑さに、湯たんぽ3個くっつけているようなもの。

そんな様子を見ていると、
彼らが飼い主とくっついて寝たがるのは、けっして暖を取るためだけが目的とは思えなくて。
真冬も、電気アンカが仕込まれている自分たちのベッドの方が温かいはずなのに、
やっぱり全員必ず私にくっついて寝る。

だから、閉めだせないのよねぇ・・・
母に「一人で寝たら、どれほど快適で安眠できるか」と言われるけど、
それはそうだ、と知ってるけど・・・

20160810mj1.jpg 
「おかにゃん・・・今日はおりぇとだけで寝にゃいきゃ・・・?」
猫たちもきっとそんな風に思ってるんだろうけど・・・


20160810chi2.jpg 
「だめ。ママが1匹とだけ寝ることがあるとしたら、それはちぃにゃんだもん」
・・・と、他の子もそう思ってるだろうし。


20160810lu2.jpg 
「りゅ、りゅかちゃん、ままんの枕はじぇったいわたしゃないも」
ルカちゃんは絶対私の枕から頭をおろさないし。


20160810mj3.jpg 
「ま、おりぇはぐりゃんまのところにも行きゃにゃきゃにゃ」
最近、毎朝5時になると母の部屋の前で切なげに泣いて母を起こしています・・・


20160810m_l1.jpg 
今日も1日、3匹にまとわりつかれてました。
母の話では、普段は私が帰ってくるまではたいてい私のベッドの上で寝てるらしいのだけど。
「ままんがいりゅと、にゃんかいいことありゅきゃも」


20160810mj5.jpg 
まいこ~は1~2日おきに吐き戻しが相変わらず。いよいよ造影剤検査かな。
「過食症にゃ」  ・・・・・



今は辛い猫の添い寝だけど、
でも彼らといる時間があまり多くない私が付き合ってあげられる唯一に近い習慣だから、
やっぱり今晩もガマンしよ。

20160810mj2.jpg 
こらこら、外が見ている人がいたら驚くからおやめ。
「キレイなご婦人が・・・」




行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

luca_matthew@yahoo.co.jp

k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん



 

頑張るとき

熊本県を中心とした九州全域の地震被害に衝撃を受けています。
これほどの激しく集中的な群発地震は東日本大震災以来。
余震の激しさではこれまでにも類を見ないのではないか。

私ももともとは地震多発地域の出身なので、地震被害は何度か体験しているけれど、
とてもそんな体験とは比べようもない激震に次ぐ激震、そして甚大な被害。

こんな時こそペットはけっして足でまとい なのではなく、大きな心の支えとなる存在。
ようやく災害時にはペットを連れて避難することが当たり前と思われるようになったとはいえ、
避難生活が長引く見込みとなると、やはり今後のペットの保護環境の用意が至急課題となります。
また、既にペットを見失ってしまっていたり、飼い主とはぐれてしまったらしいペットの情報も増えてきています。

SNSに情報が寄せられているほか、下記サイトでそれらの情報がまとめられています。
http://dogcatfun.club/kumamoto-eartquake-lost-pet  「犬猫倶楽部」


また、多くの学校施設が避難所となっていますが、そこにうさぎは飼われていないだろうか。
どうか状況が許す限り、彼らの命にも目をかけてあげてほしい。
水がなくても、牧草系の雑草で命をつなぐことができる。

これまでの甚大な被害の中せっかく生きながらえた命、
これ以上1つも失ってはいけない—遠く離れた北の地ではあるけれど、
私にも何か出来ることがあれば喜んでお手伝いしたいと思っています。

こんな時こそ、こんな時くらい、みんな助け合って命を守り合いましょう。
やっぱり、頑張るときは頑張んなきゃダメ。
特に、被害を受けていない人間たちが率先して頑張るとき。

どうか悪天候になりませんように・・・


20160415chi1.jpg 
「ママ・・・にゃんとかしにゃちゃいよ」
緊急災害時動物救援本部に、学校施設で飼われているうさぎなどのことは相談しているけど・・・もどかしい。


20160415lu1.jpg 
「もち、ここでおにゃじことが起こったりゃ?」
ここも真下に活断層が走っているからね、ほんとにヒトゴトじゃないのよ。


20160407m_l1.jpg 
改めて、いよいよになったときこの子たちの命をどう守るかシミュレーションしました。



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR