プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

真夏に思う

猛暑も今日には収まり、北海道らしいからっとした風が心地いい1日でした。
予報ではお盆明けまで、まだ30℃近い日も続くようだけど、
おそらく「らしからぬ」暑さはこれで終わっちゃったんじゃないかな。
西日本や関東の殺人的な酷暑では、人間だけでなく、
特に外飼いの犬とか、暑さに弱いウサギなどの学校飼育動物がちゃんと対策されているのか心配です。
そんな暑さの中いつも通り外に放置だとしたら、それは間違いなく虐待だ。

小学校のウサギのチョコは毎年夏休みの間、うちに連れてきていた。
ただのトタン造りの飼育小屋の寝室の中は40℃近い温度になっていて、
それでもチョコは日陰の方がまだましらしく、その中で寝ていたっけ。

最高気温が34℃という予報の日、1時間で会社を早退して、大慌てでチョコを救出に向かった。
それが夏の間チョコを預かるきっかけになった。
でも、私が世話をするようになる前まではそんな真夏も、-10℃以下の厳寒期も、
特別なケアもなく、あの小屋で1匹で頑張ってきたんだもの・・・
やっぱりタダモノではない強い子だったんだと思う。

と、思い出すだけでいまだに胸が詰まるな・・・

極端に寒かったり暑かったり、
大雨大雪になると、私はいまだにチョコや、
今はみんな里親さん宅で幸せに暮らしている元野良だった猫たちのことが思い出されて。


img_0_m[6] 
↑ 岩手の里親さんのブログから拝借してきた。
チョコの毛触り、鼻のヒクヒク、小さなお手々の感触・・・全然忘れてない。
チョコの魂は北海道にも戻ってきたのかな・・・



暑さに弱いうさぎのことを考えると、
その点猫たちは暑さで辛そうにしている様子を見たことがないし、
ヤツら、本当に暖かい土地で発生した生きものなんだなぁと、つくづく。


20160810chi1.jpg 
お腹丸出しで気持ちよさげな千夜。
今日くらいの気温が一番心地いいみたい。


20160810lu1.jpg 
ルカちゃんも。
これだけ毛深いのに、どうなってんの?


猛暑が続いたときは、さすがに薄手のブランケット1枚で涼しく寝ようとしていたのに、
それでも狭いベッドにぎゅうぎゅうに詰めてぴったりくっついて寝る、うちの子ら・・・
あの暑さに、湯たんぽ3個くっつけているようなもの。

そんな様子を見ていると、
彼らが飼い主とくっついて寝たがるのは、けっして暖を取るためだけが目的とは思えなくて。
真冬も、電気アンカが仕込まれている自分たちのベッドの方が温かいはずなのに、
やっぱり全員必ず私にくっついて寝る。

だから、閉めだせないのよねぇ・・・
母に「一人で寝たら、どれほど快適で安眠できるか」と言われるけど、
それはそうだ、と知ってるけど・・・

20160810mj1.jpg 
「おかにゃん・・・今日はおりぇとだけで寝にゃいきゃ・・・?」
猫たちもきっとそんな風に思ってるんだろうけど・・・


20160810chi2.jpg 
「だめ。ママが1匹とだけ寝ることがあるとしたら、それはちぃにゃんだもん」
・・・と、他の子もそう思ってるだろうし。


20160810lu2.jpg 
「りゅ、りゅかちゃん、ままんの枕はじぇったいわたしゃないも」
ルカちゃんは絶対私の枕から頭をおろさないし。


20160810mj3.jpg 
「ま、おりぇはぐりゃんまのところにも行きゃにゃきゃにゃ」
最近、毎朝5時になると母の部屋の前で切なげに泣いて母を起こしています・・・


20160810m_l1.jpg 
今日も1日、3匹にまとわりつかれてました。
母の話では、普段は私が帰ってくるまではたいてい私のベッドの上で寝てるらしいのだけど。
「ままんがいりゅと、にゃんかいいことありゅきゃも」


20160810mj5.jpg 
まいこ~は1~2日おきに吐き戻しが相変わらず。いよいよ造影剤検査かな。
「過食症にゃ」  ・・・・・



今は辛い猫の添い寝だけど、
でも彼らといる時間があまり多くない私が付き合ってあげられる唯一に近い習慣だから、
やっぱり今晩もガマンしよ。

20160810mj2.jpg 
こらこら、外が見ている人がいたら驚くからおやめ。
「キレイなご婦人が・・・」




行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

luca_matthew@yahoo.co.jp

k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん



 

頑張るとき

熊本県を中心とした九州全域の地震被害に衝撃を受けています。
これほどの激しく集中的な群発地震は東日本大震災以来。
余震の激しさではこれまでにも類を見ないのではないか。

私ももともとは地震多発地域の出身なので、地震被害は何度か体験しているけれど、
とてもそんな体験とは比べようもない激震に次ぐ激震、そして甚大な被害。

こんな時こそペットはけっして足でまとい なのではなく、大きな心の支えとなる存在。
ようやく災害時にはペットを連れて避難することが当たり前と思われるようになったとはいえ、
避難生活が長引く見込みとなると、やはり今後のペットの保護環境の用意が至急課題となります。
また、既にペットを見失ってしまっていたり、飼い主とはぐれてしまったらしいペットの情報も増えてきています。

SNSに情報が寄せられているほか、下記サイトでそれらの情報がまとめられています。
http://dogcatfun.club/kumamoto-eartquake-lost-pet  「犬猫倶楽部」


また、多くの学校施設が避難所となっていますが、そこにうさぎは飼われていないだろうか。
どうか状況が許す限り、彼らの命にも目をかけてあげてほしい。
水がなくても、牧草系の雑草で命をつなぐことができる。

これまでの甚大な被害の中せっかく生きながらえた命、
これ以上1つも失ってはいけない—遠く離れた北の地ではあるけれど、
私にも何か出来ることがあれば喜んでお手伝いしたいと思っています。

こんな時こそ、こんな時くらい、みんな助け合って命を守り合いましょう。
やっぱり、頑張るときは頑張んなきゃダメ。
特に、被害を受けていない人間たちが率先して頑張るとき。

どうか悪天候になりませんように・・・


20160415chi1.jpg 
「ママ・・・にゃんとかしにゃちゃいよ」
緊急災害時動物救援本部に、学校施設で飼われているうさぎなどのことは相談しているけど・・・もどかしい。


20160415lu1.jpg 
「もち、ここでおにゃじことが起こったりゃ?」
ここも真下に活断層が走っているからね、ほんとにヒトゴトじゃないのよ。


20160407m_l1.jpg 
改めて、いよいよになったときこの子たちの命をどう守るかシミュレーションしました。



懲りない1年になるか

あけましておめでとうございます。
今年もLin家をよろしくお願い致します。

20160101all1.jpg 
超珍しく3匹お揃いでのショット。
「よろしくにゃ」「にゃっ」「・・・にゃ」



昨年は年明けから風邪をひいて、ずっと熱が下がらずヒーハーした幕開けだったけど、
今年は母と一緒なのでさぞかし数年ぶりにお正月らしい幕開けになるかと思っていたら・・・

年末から急に胃痛が激しく、結局今日までスッキリせず。
当然ほとんどまともに食べることもできず・・・
しかも今朝方は、またまいこ~が吐き戻したあと横倒しに倒れこむという事件が。

なーんかパッとしない年末年始です。

20160101mj1.jpg 
「でっかい毛玉吐いたんにゃ。にゃんだけど・・・」
おまえ、胃や心臓まで吐きそうになってない?



が・・・やはり前回同様、口を開けたまま呆然とはしているものの呼吸が辛そうという様子もなく、
1~2時間後にはすっかりいつもどおりに回復して、食欲もいつもどおり。

なんなんだ、なんなんだ。
もし内疾患とか循環器疾患だとしたら、吐く前吐いた後も体調が悪そうに見えるはず。
猫にとって吐き戻す行為はそんなにイレギュラーなことではないはずだし、
今までも吐くことはあっても、その後ヘタリ込んだり倒れこむなんてことはなかった。
発熱も、感染症の様子もない。下痢も便秘もない。

やっぱり心配なので、お正月明け、もう一度しっかり検査してもらおうと思っています。


20160101mj5.jpg
グランマの手に手を添えて無防備に眠りこけるまいこ~。
あんまり心配させないで。

20160101lu1.jpg 
「どうせまた食べ過ぎだお」
いや、今回は朝方だったので、胃液と毛玉しか吐かなかったよ。

20151228m_l1.jpg 
布団を敷いて寝るようになってから、みんな我先に布団の上に。
アンカで暖かいベッドがあっても、わざわざ私の布団の上に陣取る。
おかげで私は超窮屈な体勢で寝るのだけは変わりません。


20160101chi2.jpg 
胃が痛くて何もできないので、昨日はちぃやに新しい首輪を。
一応ホンモノの小粒パールで作りました。
ゴム状に伸びるテグスなので、ブラブラするものより安全かな、と。


20160101chi1.jpg 
ちょっと重いかなと心配したけれど、本猫もいたって気に入った様子。
「だってママが・・・ちぃにぴったりにゃって。ちぃにはこういうのが似合うって」
ちぃはおだてまくると、たいてい気に入ってくれます(笑)


20160101mj2.jpg 
「おりぇはこうしてちゃんと神様に新年の挨拶したぞ」


20160101mj3.jpg 
「今年もいっぱい食べて、いっぱい可愛がってもらってにゃって・・・」
それよりなにより、健康第一だ!




昨年も、そしてその前からもずっとずっと共感しあえる人たちの温かい気持ちで
なんとかLin家は続いてきました。
支えがなければ、とうに崩壊していたはず。
Lin家だけでなく、たくさんの命も。

とりわけ皆さんに助けていただいた、伝説?の負傷猫タケルも、
一昨年の大手術のあとはすっかり元気になって、
腰と左足にボルトがいくつか付いているというのに、
ほとんど障害も感じられないほど機敏に走り回ります。


20151215take1.jpg 
昨年12月のタケルです。
どうぶつは毛深いから、傷痕もすっかり見えなくなっていいね。
あれほどの重傷を負って、何度も生死の境をさまよって、5度も手術を受けた(内2回は脳外科手術)猫だなんて、
もう絶対に誰にも分からない。


20151220take1.jpg 
やんちゃで甘えっ子で、とびきり優しい気持ちの子だそうです。
もうタケルの目には、なんの悲しみも辛さもなくなりました。



実際のところはまだ定期通院は必要だし、
私も友だちも治療費で抱えた借金返済中ではあるけれど、
タケルがこれほど元気になってくれたんだから、本当に今は感謝しかありません。

何度も安楽死・・という言葉がよぎったこともあったけれど、
最後まで諦めず、タケルの生命力、自分たちの決意を信じて良かった。
生かそうと思えば生かせる手段を選んで良かった、
こんなに元気になれる生きものを、死なせずに済んで良かった—

と、同時に、私の周囲にはタケルほどの重症猫ではなくても、
野良猫を保護したり、避妊していない猫に自費で手術をさせたりなど、
その負担を自ら引き受けて頑張っている有志が多数います。

なんとかならないか、なんとか誰か一人の負担に甘んじるのではなく、
みんなで分け合うことで、1匹でも多く寒さ・飢え・痛みに苦しむ動物を救い出せるようにできないか—
ずっとタケルを通して考えてきたこと、今年は1歩でも2歩でも実現に近づけたら、と思っています。

というわけで、2016年も皆さんと一緒に頑張っていけたらいいな、と思っています。

よろしくお願い致します!


20160101mj4.jpg 
「・・・まだ懲りにゃいのきゃ・・・」



※行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん


幸運に感謝

先週近所の友だち・りえちゃんちに遊びに行ったとき・・・

りえちゃんちの茶々丸といちごちゃんは写真でご披露のとおり なのですが・・・
実は、さらに新しい家族とも初対面させていただいたのよ。

20151115fu1.jpg 
「は、はぢめまちて。あたち、フヨウでちゅ・・・」
1歳くらいの女の子、芙蓉ちゃんです。



夏頃に、ガリガリにやせ細ってすがってきた芙蓉ちゃんをりえちゃんは
「もしかしたら迷い猫かも」と保護し、その後飼い主が現れるのを期待して待っていたけれど、
そもそもが野良ちゃんだったのか、ついに何の手がかりもなく。
当然りえちゃんも手放すことができない気持ちが募り・・・

で、所定の期間も過ぎたので、晴れて芙蓉ちゃんはりえちゃんちの次女(長女はいちごちゃん)に!

おめでとう!


20151115fu2.jpg 
丸顔の美人ちゃん。とってもおとなしい子です。
背中にかけてしぐれ状に黒い差し毛、首周りと肩のあたりだけロン毛気味・・・と、とっても個性的!
「でちょう?フヨウちゃん、きゃわいいってりえママが」


20151115cha1.jpg 
「オレ、ニイチャンになってな」
そうだね、茶々は芙蓉ちゃんのお兄ちゃんなんだから、妹を大事にしてあげてね。


20151115fu3.jpg 
「あたちにぇ、急に幸せににゃったの」
まだ状況がよく飲み込めていないかもしれないけど、
芙蓉ちゃんは「超」が5個つくくらいのラッキーにゃんこだよ!


20151115fu4.jpg 
「そのうち、あたちがイチバンににゃるかもよ・・・」


20151115cha2.jpg 
「・・・えっ・・・!」
茶々、油断できないです(笑)


20151115ich1.jpg 
「ダメ!アタチがゆるさないもん」 いちごちゃんは油断してない(笑)



ついにすっぽりと新雪に覆われた札幌の街。
もし、夏にこの子がりえちゃんとめぐり逢わずにいたら、今頃は飢えと寒さで・・・と思うと、
本当に奇跡のような幸運に感謝です。

20151125out1.jpg 
たった1日で。
もし今もチョコが飼育小屋にいたら、もしモノママやヨモママが—と
いつもこの季節になると、動物たちに幸せをもたらしてくれた幸運に感謝する気持ちでいっぱいになります。



どうか、この寒い夜にお腹を空かし、凍えて彷徨う子が1匹もいませんように。
もしいたら、私に彼らを助けるチャンスを与えてもらえますように・・・






20151125all1.jpg 
母にわらわらと群がる大猫3匹。
まいこ~は「おちりプリーズ」体勢。




ほん・・・っとに、つくづく思う。
「一人になりたい」

仕事場でもストレス満載、帰宅してもほとんど1人になれずストレス満載。
今までは仕事場でのストレスも帰宅して猫たちの顔を見ればそれで吹き飛んでいたけど、
家に帰ってもなお母に付き合わなくてはならず・・・

なので、母の言動のいちいちに過敏に反応してしまう自分。
ほんとに子供じみてると自分でも嫌になる・・・

お互いに相手が「母だから」「娘だから」と相互依存し合ってるからなんだろうな。

20151125chi1.jpg 
「ママ・・・・ほんっと、ガキにゃん・・・」
最近ちぃちゃんの方がよっぽどオトナに感じられてきた。


20151119lu1.jpg 
「ままん。りゅ、りゅかちゃんとネンネしたら落ち着くお」


20151125mj2.jpg 
「ほれ、おかにゃん。いぢけてにゃいでおりぇとネンネしようぜ」
そう、救いはいつでもおまえたち・・・

20151119lu2.jpg 
「りゅ、りゅかちゃん、もう寝ちゃうお・・・」



 

※行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は、
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
luca_matthew@yahoo.co.jp


k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR