プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

心配しています

そもそも・・・北海道は台風が上陸しない、というのが定説だった。はず。
というのは、温暖化ですっかり気候が変わった昨今には当てはまらないのですね。
こんなに台風が次々と直撃し、これほどの被害をもたらせた夏は初めてです。

東北・北海道など今回の台風でペットたちはちゃんと避難できたでしょうか。
困っていることがあれば教えてください。

20160831lu1.jpg 
「ゆ、夕べさ、風がごんごん、すごきゃったにぇ」
札幌は強風が吹きつけましたが、被害が出たという情報は聞いていません。
ベランダに置いてあるものが飛ばされないよう室内に入れたりした程度でした。


明日は台風一過の熱い空気で、32℃の予報。
もう9月だというのに、本当に異常さを感じる今年の夏。
今年は夏もの衣料を例年以上にとっかえひっかえした感じ。
いつもなら袖も通さないうちに秋がくる、というパターンなのに。


20160831lu3.jpg 
この時期、初秋の頃がルカちゃんが一番すっきり見えます。
真夏ではなく、今になってようやく全部脱ぎ捨てる、という感じで・・・
「いつも一足遅いって、ままんに言われるお」


20160831lu4.jpg 
首元も、いつもこれくらいの方がいいんだけどねぇ。
「やんだ。りゅ、りゅかちゃん、もっとゴーザスでにゃいとにぇ」


20160831mj1.jpg 
「にゃんだよ、ルカたんばっかし」
だって、あんたは見た目変化ないもん。


20160831chi1.jpg 
「ほんとにゃ、ルカちゃんばっかし」
・・・ちぃちゃんはさらに変化ないんだもん・・・


次々と台風の被害の甚大さを伝える情報が入ってきています。
皆さん、大丈夫でしたか?
本当に何かできることがあればと思っていますので、連絡ください。



行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

luca_matthew@yahoo.co.jp

k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん



ひまわりの花にあふれて

今日は念願のタツオへの献花のために円山動物園に行きました。
久々、約1年ぶり。
つい先日アフリカゾーンもオープンしたというので、
ドタバタだった昨年との違いを見てみたい気持ちも強くあったので。


20160827zoo4.jpg 
「・・・らっさーーい・・・」
カンガルーのこのやる気のなさが大好き。


20160827tat1.jpg 
タツオの献花台。聞いてはいたけれど、花、花、花・・・これでも傷んだ花などはかなり整理したのだと
ボランティアガイドの人が説明していました。


20160827tat2.jpg 
こちら側にも。私も持ってきた花を置く場所がなくて困りました。
タツオを永年見守って愛しんできた人たちの悼み、変わらぬ愛情があふれるような光景。


20160827tat3.jpg 
タツオファンのどなたかが供したと思われる、タツオの遺影。
実はこの写真をどうしても接写したかったのです。


20160827tat4.jpg 
タツオへの供花にはひまわりの花が多くあって・・・
タツオにはひまわりが似合うとみんな共通して感じているのかな。


20160827tat5.jpg 
ここにもあそこにも、ひまわりの花。
ニンゲンへの供花と違って、色彩豊かな献花台でした。
これほどのお花、ニンゲンでもめったにもらえる人はいない。



タツオさん、あなたって本当に真のアイドルだったんだね、たいしたもんだね、偉大だね。
あなたがニンゲンに与えてくれた喜びや癒しに見合うほど、
ニンゲンはあなたにちゃんと応えてあげられていたかな・・・



そして、未亡人になったアイちゃん。
張り合いをなくして体調を崩すなんてことがありませんように。


20160827ai1.jpg 
彼女の心の内はうかがい知ることもできませんが・・・
ガラス板のすぐ下で寝転ぶ彼女の体は、見慣れたタツオの体より2周りも小さいけれど、
でも肉付きはしっかりしていました。
タツオはこうして寝転ぶと下と上のわき腹がくっつきそうなほど痩せこけていた。



新規オープンした新しい施設のアフリカゾーン。

見学しやすいよういろいろ工夫も随所に感じられていいのだけど、
反面、これでは動物たちが見学者の視線から一切身を隠す角度も場所もなく―
これ、相当なストレスにならないのかな、と心配。
どこかに視線からの逃げ場所を作ってあげることも考えた方がいいと思う。
それは寒帯館などの室内展示にも前から感じていたこと。

どうも全面ガラス張りで身を隠す場所も一切ない展示方法には、
まるでガラスケースの中に展示して販売するペットショップのような感じがして違和感を覚える。
せめて上半身だけでも隠せる場所を作ってあげればいいのに。
誰もユキヒョウやアムールトラを買おうなんて気持ちで見るんじゃないんだから。
放飼場なら草木の陰に身を隠すこともできるけれど、
ガラス張りの室内展示室に1日中だったら、これは辛いだろうな・・・


20160827zoo8.jpg 
と、今日室内展示だったユキヒョウ。
この子は・・・シジム?リーベ?それともリアン?
相変わらず現在展示している個体の情報がほとんどなくて、
たまにしか動物園に行かない私には見分けられません。。。
(オスのアクバルは屋外の放飼場にいた)


20160827zoo9.jpg 
確実に、美豹。さきほどの、うちのまいこ~みたいな寝姿ばかりではね(笑)



そして・・・こちらには最近アイちゃんと同じ境遇になった、ライオンのリッキー。


20160827zoo16.jpg 
姉さん女房のティモンを失ったためか、なんだか孤独感が漂う。
Lin家でも過去、仲が良かった仲間を失うと立て続けに後を追う―ということが2度もあったので、
アイとリッキーがどうしても心配。



今日の目的はタツオへの献花だったので、
お天気が良く、しかも土曜日で人出もかなり、という状況だったので、あとはささっと。


20160827zoo3.jpg 
おじいちゃんのポッキー(サーバルキャット)は足取りはおぼつかないものの、
気持ちよさげに日向ぼっこしていた。
がんばれ。生きていてくれるだけでみんな嬉しいんだから。


20160827zoo2.jpg 
ダチョウの正面顔はラブリー。


20160827zoo7.jpg 
マサイキリンのユウマ。
新しいアフリカゾーンの環境には慣れたかな。
この子も昨年、相方のナナコを失っています。


20160827zoo1.jpg 
やせた。これほど首が細く見えたことなかったもの・・・
みんなみんな、元気でいてね。


20160827zoo19.jpg 
放飼場の木の上にいたレッサーパンダのオス。
ここでも個体の表示が何もなく・・・それが原因ではないのだろうけど、
なんだか不機嫌でした。不機嫌なのに、かわいい(笑)


20160827pol1.jpg 
今、ホッキョクグマの新しい施設の工事中&メインのプールは掃除中で、
狭いプールの展示場では、、、これまた展示中の個体の案内表示がなく、
デナリなんだかキャンディなんだか、私にはさっぱり。
しきりにバックヤードに入りたがっていました。


20160827zoo12.jpg 
こちらは人気親子なので、母親のララと娘のリラの表示がしっかり。
2匹そろってプールに連れション中!ギャラリーにウケていました。
この後、リラが狭いプールに飛び込むのを繰り返し、すごい水しぶきをあげては
またまたギャラリーを喜ばせていました。


20160827zoo13.jpg 
アクリル板が曇っていてよく写せなかったけど、オランウータンの赤ちゃんを
ママが間近に見せてくれました。  はぁ、かわいい。
オランウータンの母親は、本当に赤ちゃんを大事に丁寧に扱うんですね・・・




20160820lu3.jpg 
「ままん・・・うちのにゃんこを放っておいて、動物園のにゃんこを見てきたにょ・・・?」
うん、やっぱりにゃんこは大型に限るね。確信した。


20160820mj3.jpg 
「おりぇにはこれ以上でかくにゃるにゃってうるさく言うくせに」
種類が違う、種類が。


20160820chi1.jpg 
「みんにゃ、だらけてりゅう」
・・・ちぃちゃんとおんなじじゃん・・・


20160820mj2.jpg 
「タツオって、おりぇよりおっききゃったにょきゃ?」
・・・見せてあげたかった・・・



タツオが生まれ育った名古屋から、
2年間出張していた帯広からも、そして全国から、
タツオを悼む気持ちが凝縮しているように感じた1日でした―

私も直接こうして、敬意をこめて感謝と追悼の祈りを捧げることができてほっとしました。



追悼の雨

嵐続きの北海道。
しかも、あさってまでずっと続くとのこと。
雨の被害、大丈夫ですか?

仕方なく、今日は雨の中、傘をさして猫たちの牧草を摘みました。

うさぎがいたころは、躊躇する余裕もなく雨合羽で摘んでいたけど、
猫が食べる程度の量なら、雨が上がった合間に・・・と様子を見ているうちに
ついに「これはだめだ」と諦めた次第。
札幌はもともと大雨はめったにない土地なので、
こんなに大雨が続くのはほんと珍しいこと。


20160820chi2.jpg 
「雨に濡れる・・・って、ちぃ、知らにゃい」
そりゃそうでしょ。雪も冷たい風も知らないよ。


20160820mj1.jpg 
「おりぇも知らにゃいにゃ」
こう見えても箱入り息子。


20160820lu2.jpg 
「りゅ、りゅかちゃん、もしかしたら赤ちゃんの頃に」
かもしれないけど、とっくに忘れちゃったよね。


だって、あんたたちはママがこれから先一生、凍えたり飢えたり
ケガしたり寂しかったりしないようにする、と誓ってうちの子にしたんだもの、それでいい。
ママが保護したり里子に出した子たちもみんなそう。
おまえたちは一生外の世界を知らないで生きるんだから、
子孫を残すという命題も失ったまま一生を過ごすんだから、
その不自然さを補うだけの代償をママは支払わなくてはならないといつも思っている。



18日未明、アムールトラのタツオが永眠。

動物園にいる彼らのことを「野生動物」というけど、本当はそうじゃない。
「元」野生動物なだけであって、野生に暮らしているわけじゃなんだから、
人間の管理下で人間の都合に合わせて展示してるんだもの、
それは「危険なペット」という方が近い。と、いつもそう思っている。
特に、人間の手によって育てられたタツオなど、カンタンに「野生動物」と言っていいのか。。。

人間がそうして彼らを野生本来の環境ではない状態に置いている以上、
特に動物園と呼ばれる施設は、もっと真剣に動物の「welfare」を中心に据えてほしい、と切に思う。
彼らの本来あるべき状態を人間が奪っている以上、それが人間の側の最低の義務だと思う。



タツオ、さようなら。

みんなみんな、あなたのことが大好きだったのに。


image1-225x300.jpg 




タツオのいのち


ずっと祈っています。

円山動物園の、19歳になる高齢のアムールトラ タツオ が
何も食べなくなって10日以上。
今日はもはや自力で水を飲むこともできなくなったとのこと。

12.jpg 


今日は1日激しい風雨の札幌。
ついさっき、やっと雨が上がって静かになりました。
嵐が過ぎ去ったこの夜、タツオは何かを思い浮かべたり思い出したり、あるいは何かを望む意識はあるのだろうか―

19歳といえば、家猫でも寿命と言われても仕方のない年齢。
命は永遠ではないから、それは仕方のないこと  なのかもしれないけれど・・・

人工哺育で人間を頼りに成長し、それから繁殖のため転々とあちこちの動物園を移動しては環境が変わり、
精子を採取する処置をされたり、繁殖の期待がなくなるとまた独り暮らしに戻され・・・
そして老いて命の灯が消えかかっている今、彼は孤独の中にいるのだろうか。
そばで見守ってほしいという気持ちはあるだろうか。
それとも野生の本能で、むしろ孤独が心地いいだろうか―

タツオはこれまでもたびたび奇跡の復活を遂げてきた。
それを今回も祈っているけれど・・・もうゆっくり休んでいいよ、と言わなくてはならないのかな・・・


20160817mj1.jpg 
「前に一度ガラス越しに会ってから、ずっとおかにゃんは気にしてたもんにゃ・・・」


20160817chi1.jpg 
「ママ・・・タツオは幸せな一生だったのかにゃ・・・」
誰にもわからないし、印象だけでどうのこうの言う気もないけど。


20160817lu1.jpg 
「りゅ、りゅかちゃんも頑張って生きるお・・・」


20160817mj2.jpg 
「全国のタツオファンが祈ってるんにゃ!」




行方不明のクロ、はっちゃんに関するお問い合わせ・情報は
下記アドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

luca_matthew@yahoo.co.jp

k_h.jpg
   おりぇがクロ       で、        ぼくちんが はっちゃん








検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR