FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

やりたいことが終わらない

春になると、何かしら家の中をいろいろいじりたくなる。
これは毎年恒例の「春の虫」。

と言っても、先月あたりから一部屋ずつ少しずつ開始していた、
天井のクロス貼りのことで・・・
トンカチもドライバーも必要ない、大して大掛かりな作業ではないけれど
しかし天井というのは壁に貼るのとは違い、
脚立に登って不安定な状態で、しかも降りたり登ったりの繰り返し。

今回はやっとこリビングと続きの部屋を終えただけ。
リビングとキッチン、母の部屋の天井を全部張り替えるとなると・・・
休みの日にちまちま作業なので、おそらく今年いっぱいかかることになりそう。

20190319mj1.jpg 
「そうして・・・おりぇりゃは放ったらかしでにゃ」
おかにゃんがいるのに甘えられない・・・やきもきさせてごめんね。
にしても、その顔はやめなさい・・・


でもね、絶対今のうちにやらなきゃならないのです。

なぜかというと・・・
やっぱり若い時と違って、脚立で高い場所に登って、
ぐあっと仰向けになるとぐらぐらめまいがするし、
昇り降りもほんと脚に来る。
今やらないと、この先もう絶対に自力ではできないな、と自覚してるからで。

20190319roo1.jpg 
コンクリート風のクロスにした。
これを今後リビングとキッチンにも貼る予定。
(まだボーダーシールなど細かな作業は終わってない)


20190319mj3.jpg 
「ほりゃほりゃ、そんにゃデェク仕事より、おりぇをきゃわいがるほうが」


20190319mj2.jpg 
仕方なく母にかまってもらうまいこ~。


20190319lu1.jpg 
ルカちゃんもうだうだ。
「ま、りゅかたんはままんと昼寝ちたからいいけどさ」


ほんとにやりたいことが多くて、日々が追い付かない焦燥感がつのるばかり。
こんなに遊び好きなのに、仕事が大半の日々なんだもの、
で引退する頃には体力もなくなってるんでしょ?

それはいやだなぁ・・・

と、遊ぶことばかり考えてる春。




早すぎる、春の訪れ

考えてみると、まだ3月半ば。
これほど早い春の訪れの記憶は過去にない。
例年なら、卒業式の頃はまだどっさり雪があって、
入学式の4月初旬に地面が出る・・・というはずなのに、
どうも2、3週間ほど早く季節が進んでいるような気がする。


猫たちにとっては、春の陽射しが心地よく、待っていた季節の到来を楽しんでいる様子。


20190311chi1.jpg 
窓からの陽射しをしっかりとらえて横になる。


20190311mj1.jpg 
日向でグランマに遊んでもらう。


20190314mj1.jpg 
「ぐりゃんま、好きにゃあ」
毎朝、母におんぶしたり抱っこしてもらったりが日課のまいこ~。
しかし・・・

20190314mj2.jpg 
母に甘えまくっているところを、飼い主の私に見られると、
なぜかそのあとドギマギしまくる。
千夜は私がいるときは、極力母と目を合わせようとしないし。
「いや、おりぇは・・・にゃんちゅうか・・・」


20190311gr1.jpg 
家の中の植物たちも、次々と新芽を吹いている。
植物たちは動物以上にずっと季節に敏感。
1年に一度のこの機会を最大限に活かそうという凄みすら感じる。


20190311lu1.jpg 
絶対に日向の温かいベッドからは離れないという凄みすら感じさせるルカちゃん・・・
「邪魔すんにゃお」




今日は用事のついでに短時間、円山動物園に。

オープンしたばかりのゾウ舎見学です。

20190314mz2.jpg 
そこそこ広い屋内放飼場。
そこそこ  とは言っても、これまでの国内の動物園の飼育環境を考えると、
屋内でもこれだけの広さだと・・・帯広のナナの屋内の10倍以上にはなる。


20190314mz12.jpg 
親子。シュティンとニャイン。
しかし・・・広い場所なので、大きさがあまり伝わってこない。


20190314mz5.jpg 
プールの際まで近づいてきて、ようやく迫力を感じた。


20190314mz4.jpg 
若いなぁ。帯広動物園のナナや、円山動物園の先代ゾウの花子のイメージが強いから
なんだか、このお肌の張り(?)や、ぱっちりお目々にびっくりしてしまった(笑)


20190314mz3.jpg 
丸い穴の先には餌が仕掛けられている。
まだ子におっぱいを飲ませていることが乳房でわかった。



なんて莫大な予算が投じられた施設なんだろう・・・と
札幌市民としてはいろんな方面から感心したり心配したり。
これだけの施設で、この北国で温帯地域の動物を快適に生活させていくのだから、
今後も維持費は相当なものになるだろう。

ホッキョクグマなど、もともとの生息地と気候が似ている地域の動物なら、
維持ももっと容易だろうし、なにより動物にとっても自然のままでも過ごしやすい。
いや、それだと北海道民は一生クマばかり見て、ライオンを見ない人もいることになり・・・?
動物園の「動く図鑑」的役割という側面もあるだろうし。


きっとホッキョクグマとゾウを今後円山動物園のメインにしていくつもりなんだろうけど、
市としてそんなに円山動物園を観光のメインにしたいのかな・・・
「そもそも」の部分が実はよくわかっていないアテクシ。

新しい施設も大事だけれど、
先に改修すべきだと感じる施設もまだまだたくさんある、と思う。


20190314mz13.jpg 
とにかく、施設の中は埃っぽかった。
来園者の足元はまだ冬靴ということもあり、すでに通路や階段は砂だらけで。真っ白。
ゾウの足の健康のための地面 ということなので、
気管に自信がない人はマスクを用意したほうがいいかも。



ゾウとは距離があるので、よほど際まで来てくれないと
空間を共有している実感がわかなかった。
この点は帯広動物園のナナとのように、親しく挨拶をかわす、という感じにはならず。

きっと、外の放飼場の雪が溶けて、外で会えるようになったら、
もう少し親しみを感じられるようになるのではないかな・・・と思った。


20190314mz8.jpg 
「来た!」と、絶対に言ってるよね、マシロたん。
(ここでよく会う常連さんに、この子はマシロだ、という人と、チハルだ という人の2通りあり。
元から私にはわかりません・・・)


20190314mz9.jpg 
今日もお客さんにたくさん遊んでもらって、楽しく過ごしていた。


20190314mz11.jpg 
オオカミのジェイ。少し足元がおぼつかない様子を時々見かけた。
でも、とてもハツラツとしていて、息子のルークを従えていた。

20190314mz18.jpg 
残雪も残りわずかとなった放飼場を歩くアイ。


20190314mz17.jpg 
体格が戻り、ゴツくてコワモテかわいいアイちゃんの魅力満載。
安心して見ていられるようになった。

20190314mz6.jpg 
豊橋に帰還まで、あと1週間を切ったキャンディ。
今日は寝室の扉から時々顔を出すだけ。


20190314mz7.jpg 
もう一度、さよならの挨拶ができてよかった、キャンディ。
いつかまた会える日があればいいな・・・長生きしてね。



親子別れとなり、それぞれ単独飼育となった母親のララには今日も逢えず。


時間帯がちょうど動物たちの一番のまったりタイムだったため、
あまり動きのない動物たちでした。
次は、朝イチ狙うことにします。

 

ケモノ臭が元気にしてくれる

再検査の状況はどうもはっきりしなくて、
まだ色々検査は続くというし、最終的な結果が出るにもまだしばらく待つことになりそうで、
なんだかもうこの状況自体に飽き飽き。

仕事の方も予定外に過大なタスクが要求されることになったこともあり、
さらに今回の私の「健康不安問題」もあり、
おかげで春の異動もなくなった。

しかし・・・「健康不安」て、
この年頃になると、健康に不安のない人を探すほうが大変だと思うんだけど。

こういうことは、深刻にとらえすぎると損をする、と常々考えています・・・

というわけで、
クサクサを紛らわそうと、せめてケモノ臭でも嗅ごうかと円山動物園へ。
いろんなシチュエーションと対象で新しいカメラの試し撮りをしたかったし、
そして、なによりホッキョクグマのキャンディが
もうすぐホームの豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)に帰還するので、お別れのあいさつに。
ゾウ舎オープンの後はひどく混むことになりそうなので、その前に、と。


20190306mz10.jpg 
すっかりピンク色に染まっているキャンディ。


20190306mz11.jpg 
おもちゃをぐいぐいと雪に押し付けて遊んでいた。
26歳。7年間円山動物園で暮らした。
この間デナリとの間で何度か妊娠・出産はあったものの、いずれも成功には至らず・・・


20190306mz12.jpg 
円山動物園での歳月はキャンディにとって、幸せだったと思いたい。
偉大だ、と賞されるララの陰になりがちだったけれど、
キャンディにはララにはないかわいらしさがいつも全身から放たれていた。


20190306mz13.jpg 
キャンディ、また雪のない環境に戻ることになるけれど、どうか体調を崩さないように。


20190306mz18.jpg 
おもちゃを枕に。いつものメルヘンなキャンディを見納めた。
どうか、いつまでも健やかに。


20190306mz1.jpg 
アムールトラのアイちゃんは残雪残る放飼場を力強く歩いていた。


20190306mz2.jpg 
機嫌よさげな、穏やかな表情。この子にとってはまだまだ冬は続いてほしいところ。


20190306mz3.jpg 
ヒマラヤグマはずーっとここにはまって寝転んで。


20190306mz4.jpg 
こんなもったりゆったりのおまえたちに逢うと、心底ほっとする・・・


20190306mz5.jpg 
担当飼育員が代わるみたいだけど、今度も今までの担当さんのように
愛情深くお世話してもらえますように。


20190306mz8.jpg 
マレーグマのお昼寝。


20190306mz9.jpg 
オランウータンのレディ・レンボー。ほんとにキュートな顔立ち。


20190306mz24.jpg 
キリンはトレーニングの最中。


20190306mz23.jpg 
飼育員から直接ホースで水をもらうカバ。お約束なんだね。


20190306mz19.jpg 
オマキザル。顔と髪型がすてき。憎めない。


20190306mz20.jpg 
掌に何かくっついた?
・・・こういうお猿を見ていると、DNAが我々と近いことを実感しちゃうなぁ。


20190306mz16.jpg 
ホッキョクグマ館で、またもマシロたんに足止めを食らう。
「遊んで」攻撃がハンパない。


20190306mz17.jpg 
私が振りかざす手袋を追いかけて、くっついて離れず、大きく旋回したり。
周囲の人が口々に「この人、アザラシをなつかせられるんだ」と言うたび、
「違います、この子は誰にでも」と必死に言い訳。


20190306mz15.jpg 
おかげで遊ばせている間写真が撮れないし。
場所を変えて隠れても探されるし。
息継ぎに水面に上がったタイミングで逃げてきた。
にしても、この子は本当にかわいい。かわいさでは最強の哺乳類では一


20190306mz25.jpg 
親子?で見張り番?のミーアキャット。


20190306mz26.jpg 
こんな限られた空間で、実際に危険な目に遭遇したこともないだろうに、
彼らの野生の習性は衰えない。

20190306mz27.jpg 
  ↑ ・・・でもないかも。


20190306mz28.jpg 
久しぶりのポンちゃんは・・・寝ているだけ?
なんだか元気がないように見えて気になった。


20190306mz30.jpg 
「美しい猫」と言えば、サーバルキャット。


20190306mz29.jpg 
天井に近い、幅の狭い窓枠めがけてジャンプ直前。
過去の骨折事件を覚えているのでヒヤヒヤしちゃう。


20190306mz6.jpg 
外の放飼場にいるレッサーパンダと・・・


20190306mz33.jpg 
屋内の吊り橋をとっとこ渡るレッサー。


20190306mz32.jpg 
どこにちっこを落としてやろうかと考えてるでしょ。


20190306mz31.jpg 
アクバルはしばらく樹上で昼寝していたけれど・・・


20190306mz34.jpg 
やがていつものスポットに念入りマーキング。
シジムとのペアリングはうまくいっているのかな・・・



春休み前でゾウ舎オープン前 で、園内の人出も少なく、落ち着いて動物たちを観察できた。
これまでほとんど撮影したことのない動物や環境でも試すことができたし、
疲れたけれど、十分に気晴らしになった。

ほんとは釧路に行きたいんだけどなぁ。

仕方がないので、春の花が咲きだす頃を目指して再計画!





腐ってる場合ではない

20190225lu2.jpg 
「ままん・・・腐っちゃいけまちぇん」




まったく・・・毎年この時期はいやになります。

毎年2月に人間ドックを受診するのだけど、
この歳にもなると、何やかにやといくつか引っかかるのは当たり前のことで、
が、今年は予想もしていなかったことで、また。

すぐにも精密検査を受けなくてはならないことになり、
仕事や遊びの予定がもろもろ総崩れ。

20190225mj2.jpg 
「だって、おかにゃん、そのための健診にゃろ?」
・・・なんだけどさ・・・っ!めんどくさーーーい!



20190226chi1.jpg 
「また、いつものようににゃんともにゃいって結果ににゃるんでちょ」
そうだと思ってるけどね。いつもそうやって切り抜けてきたものね。




早いとこ結果をはっきりせて、
なんともないにしろ、なんともあるにしろ、
これからを計画できるようになりたい。

ちぃを20歳過ぎまで長生きさせて、最後まで見送るまでは
見栄でも元気にしていなけりゃならないもの。

 

20190225mj1.jpg 
「おりぇは?」  あ、ごめん。まいこ~だって20歳過ぎるまで、となるとさらに頑張らないと。



20190226lu1.jpg  
「りゅかたんの計画では30歳で大往生」
あぁ~、ほんとに気合入れないと!




動物と暮らすようになってから、
常に動物たちの健康と同時に、
自分が元気でいることに責任を感じるようになった。
これがまったく独りでいた時と一番違うところかな。

20190225lu1.jpg
ルカちゃんに心細い思いをさせたくないもの。。。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR