FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

小春日和

今年の秋の足は遅い。
例年なら朝晩はもっと冷え込むし、紅葉もそろそろ終盤 という時期なのに、
まだ最低気温も10℃ほどあるし、紅葉の色づきもイマイチ。


20181009mz10.jpg 
とは言え、いろんな木の実が見て楽しく一


20181009mz36.jpg 
これから黒く色づくのかな。



色々と心ざわつく日常ではあるけれど、
この歳にもなると、実は一番怖いのは自分自身くらいなもの・・・


今日のかわいい  ↓

20181009mz23.jpg 
じゃれるララ&リラ親子


20181009mz28.jpg 
りりしいフクちゃん。


20181009mz16.jpg 
ガラス面にあてた私の手にじゃれて遊ぶアザラシ。
「アザラシ使いがいるぞ!」と言われて赤面する・・・


20181009mz9.jpg 
小春日和 というより、まだ暑さを感じるくらいの陽射しの下で。


20181009mz30.jpg 
これからアイちゃんの季節が来る。


20181009mz37.jpg 
シンリンオオカミのショウ。
久しぶりに会ったら、ずいぶん柔らかい表情になったなぁと感じた。


20181009mz12.jpg 
まだ夏の緑と秋の黄金が混じり合っている。


20181009lu2.jpg 
フォトジェニックなルカちゃん。



今さらですが、カメラはちゃんと設定して撮るようにしました。
今までテキトーにオートで撮っていたからナンな出来栄えでしかなかったので、
ちゃんと真面目に絞りかシャッターどちらか優先で設定。
動物園など屋外で撮る分にはまだいいけれど、
夜の室内で動物 という撮影が(私にとって)至難の業であることは変わらないな。


来週は帯広動物園と釧路動物園に。
自然災害が続いているので、Homeを離れるのには一抹の不安が・・・


ルカちゃんが輝いている

20180930glass.jpg 
グラスボードの中がこれまでになくスカスカ。
地震で扉が開いて落ちたカップやグラスがかなり割れ・・・
こういう時の法則に倣い、どうでもいいものがほとんど無事で、
大切にしていたものの多くが割れちゃった(笑)
グラスボード自体は固定してあるから震度6でも倒れなかったけれど、
扉の対策をしていなかったのは自業自得。。。



ルカちゃんの左耳。

20180930lu3.jpg 
ぱっと見、さほど目立たなくなった。



切除手術直後は・・・覚悟していたとはいえ、その傷ついた耳に正直ショックを受けて、
悲しくてやりきれない気持ちでいっぱいで、何も知らないルカちゃんは平然としていたのに
私が激しく落ち込んでいた。

20180930mj3.jpg 
「にゃんでルカたんの耳にゃら気にして、おりぇの耳にゃら」  ↑ 水を飲んだ直後
まいこ~は耳のふちにできたから耳のフチがギザギザになるだけとわかってたもん。
ルカちゃんは耳介の真ん中だったからさぁ・・・・



が、日がたつにつれ、傷ついた左耳も以前のように立つようになって、
徐々に目立たなくなっていった。

今日は手術から1週間経過して抜糸。
獣医師の先生も、私の要望だった「極力原型を崩さない」
これで肥満細胞腫の方は、まいこ~ともども、またどこかに再発しないよう祈るしかないだけ。

20180930lu2.jpg 
よかった、ルカちゃん。耳がちゃんと立つようになって目立たなくなったよ。
ただ・・・いちだんと甘えっ子になってしまったのは計算外。
ついつい、かわいそうに思う気持ちで特別扱いしちゃったから。


20180930mj1.jpg 
「にゃんか、おりぇより目立だたにゃいじゃんきゃ」


20180930mj2.jpg 
たしかに。まいこ~の手術の時も注文つければよかったね・・・ごめんね。


20180930chi2.jpg 
「その耳じゃ、ケンカには負けたことがはっきり、って感じにゃ・・・」
まぁまぁ、ちぃちゃん。



腎不全の検査結果は、今積極的に投薬などの治療が必要な段階ではないとはっきりしたものの、
今後少しずつ悪化していくであろう状態をどこかで食い止めなくてはならないわけで・・・
今から予防的に食餌療法を開始することに。
・・・いつもチンタラ喰いの3匹、ルカちゃんだけ療法食に切り替えるのは簡単じゃない。
試行錯誤しながら方法を考えないとならない。


脂肪細胞腫というガンは原因も予防も不明で、こうなると運任せみたいなものだけど、
腎不全は飼い主の努力次第とも言える部分が大きい。
ルカちゃんが健やかに長生きできるよう、いろいろ考えてあげなきゃ。


20180930lu1.jpg 
華やかなルカちゃんに戻ってくれて嬉しいよ、ルカちゃん。
今回はままんがルカちゃんに救われたような気持ち。
ルカちゃんのおかげでままんは幸せな気持ちを取り戻せたよ。


まだ札幌でも震度3や4の余震が続いているけれど、
家の中の家具の固定など、改めて強化したので、
今度は震度7になっても何も落ちない!  ・・・でしょうか?



ごめんね、ルカちゃん

震災のために中止となっていたルカちゃんの肥満細胞腫の切除手術を今日行った。

予期せぬ震災で手術が一時キャンセルになって、
その点だけはむしろほっとしたくらいの心境だったけれど・・・

とは言え、肥満細胞腫がさほど危険性が少ないまいこ~と同じタイプかどうかは
切除した腫瘤を病理検査で確認しなければわからないことだし、
やはり放っておくわけにもいかないか・・・と、
ルカちゃんの耳の形が変わってしまうことに抵抗を抑えきれないまま踏み切った次第。

20180925lu1.jpg 
さぁ、ルカちゃん、頑張っていくよ。(朝、病院に行く前)



まいこ~と違って、腫瘤の場所が耳介の真ん中 と難所のため、
獣医師と相談して、耳介の外側から腫瘤まで切開し、
腫瘤を切除したら、切開した部分を縫って閉じる という方法で
できるたけ耳の形が残るようにしてもらうことに。

・・・「できるだけ」というお役所みたいなフレーズは空しいね・・・


朝に預けて、夕方にお持ち帰り。

まいこ~の切除よりも傷が大きいので麻酔のレベルが深かったらしく、
帰宅してもしばらくはヨタヨタヨロヨロまっすぐに歩けない状態。

が・・・トイレをさせて、ゴハンを食べさせて、たっぷり水を飲んだら落ち着いたみたい。
心細くて怖かったろうに、思っていたほどマインドの痛手はまいこ~の半分もない感じ。

20180925lu3.jpg 
外側から切開した部分を縫うと、どうしても縁がよれてしまう と・・・


20180925lu2.jpg 
それでも、当初耳介の半分から上はなくなる予定だったんだから、
これでも「よかった」と言わなきゃならないのかな・・・


20180925chi1.jpg 
「にゃんか・・・耳がカールしてるにゃ」


20180925mj2.jpg  
「病院のにおいっ!くちゃいっ!しゃーーーーーっ!」
どの子も病院から帰ると、他の子たちからシャーシャーされる。
病院の薬剤?のにおいに過敏に反応しているようで。(この直後、飼い主からゲンコツをくらう)


20180925lu4.jpg 
まだ表情がいつも通りではないけれど、ゴハンをモリモリ食べて、
私に甘えて膝に乗ってきて・・・とぜんぜんへこたれた様子がないのが救い。
やっぱり、この子のハートはまいこ~よりずっと強靭にできてる。


今回、この手術のために血液検査をしていたところ、
春先に検査していた時より、腎臓の数値が悪く─
尿も検査に出してもらうことになった。
このままでは腎不全にまっしぐら。

肥満細胞腫については、きっとまいこ~と同じタイプで、
今後はまたどこかに再発しないことを祈るだけ ということになるだろうけど、
むしろ腎不全対策を今から始めなければ大変なことになるとわかったことの方が
今回は価値あったかも。

今回は抜糸が必要で、1週間後にその抜糸の際に、
詳しい病理検査の結果を聞くことになっている。

・・・それにしても・・・やっぱり悲しい。
つらいな・・・ルカちゃんの耳。
美しい形のままに残してあげたかったな・・・
なんだか自分がどうしようもなく情けない気がしてくる。。。

20180925mj3.jpg 
「おりぇだって」
まいこ~は幸いさほど印象が変わらない場所の切除だったから。
でも、まいこ~もさらに再発したら・・・やっぱりケガでも病気でも、
見慣れた、そして愛着あるカタチが変わることは切ないものだよ・・・




震災後、初の訪問

先日、久々に円山動物園に行ってきた。

地震と、その後の停電でも動物たちに問題はなかったとのことだったが、
なんとなく、おなじみの動物たちの顔を見て一区切りにしたいという気持ちもあって。
本当はもっと早くに行ける日もあったけれど、
特にまだダメージから完全に復活できていないまいこ~を置いていくことができず・・・

以下、その時の写真の羅列です。

20180914mzoo20.jpg 
園内は萩の花が満開でした。

20180914mzoo16.jpg 
いろんな木の実も色づきだしています。

20180914mzoo1.jpg 
赤パンには暑い1日だったと思うけれど、野外で元気に活動していた。


20180914mzoo3.jpg 
相変わらずアザラシを仕留めたい野望を捨てていないリラ。


20180914mzoo9.jpg 
ララは水の中に浸るように入ったままで、リラは何だか陸でうろうろ。
どうしたんだろうと見ていたら・・・

20180914mzoo12.jpg 
また始まった。親子の水中レスリング。


20180914mzoo6.jpg  
リラは半ば本気、母のララはそんなリラをからかっているようにも見え・・・


20180914mzoo14.jpg 
半ギレでリラが陸に上がって行くが、ララはやっぱりのらりくらりと水の中から出ない。
もしかしたら・・・ララはいよいよ娘に断乳を迫っているのか。
水中にいれば授乳せずに済むものね。

20180914mzoo8.jpg 
きっと、そういうことなのかな。  「No comment」


20180914mzoo4.jpg 
こうして、楽しかった子供時代は終わりを告げる。。。



20180914mzoo18.jpg 
ヒマラヤグマのトモちゃんは機嫌のいい顔で室内に。


20180914mzoo17.jpg 
ほんとに、相変わらず彼女たちはラブリーでキュート。
クマって「最高にかわいくて、最高に凶暴で、絶対ペットにしたいけど絶対できない動物」No.1


20180914mzoo19.jpg 
ミナミちゃんはプールサイドでほっこり。
彼女たちも、地震や停電のダメージは感じられない。


20180914mzoo23.jpg 
その陰には、担当飼育員さんの愛情と奮闘があってのこと。
(ヒマラヤグマの展示前にある、担当飼育さんさんの手書きのウェルカムボード。
いつもこれを見るのも楽しみになっている)  ※拡大します



来月は帯広と釧路にまた遠征する予定。
・・・なんだか「一人の時間が必要だ病」が悪化しつつあるし・・・

20180914c_l1.jpg 
「猫にもいてほしくにゃいの?」
猫は人じゃないので勘定に入れてません・・・・というか、
本当はおまえたち3匹とだけでダラダラすごしたい・・・


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR