プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

みんな、似合っててかわいい(親ばか)

先日の千夜のベランダ脱走事件に懲りて・・・

注文していた迷子プレートが届きました。
やっぱり、こういうシンプルで小さなデザインが一番無難よね。

20170919mj1.jpg 
「おりぇの胸元に、光ってるものがありゅにゃろ?」


20170919chi1.jpg 
「ちぃ、さらに高貴にゃカンジ?」


20170919lu1.jpg 
「りゅ、りゅかたんが一番こういうにょ似合うんだおにぇ」


20170919lu2.jpg
1円玉より小さいです。
表に名前、裏面に飼い主の姓と電話番号を刻印しました。 


20170919mj3.jpg 
あ゛ー、バチあたり・・・肉球とMJ・・・!



本当はこれが役立つことがあっては困るけれど、
いつまた知らない間にベランダや玄関から出て行ってしまった、なんてことが
絶対にない とは言えないんだと実感したし、
今後いつどんな災害が起こるとも限らないし。
通院中のハプニングとか。

ま、保険の1つみたいなもんで。飼い主のココロの安定剤。

みんな、小さいからすぐになくさないようにね。
(万一のことを考えて、頭が抜ける緩さのチェーンだし、ひっかかったらすぐに切れちゃうし)


20170919mj2.jpg 
「こんにゃカンジ?似合うにゃろ?」  ↑ ポージング中。


20170919chi2.jpg 
「ちぃがひときわ似合ってるにゃ・・・」  ↑ ポージング中


20170919lu3.jpg 
「りゅ、りゅかたんの魅力が一段と」   ↑ ポージング中。




昨日、台風が通過した札幌圏はさほどの雨も風もなくやり過ごしたけれど、
今日のほうがずっと1日突然の激しい雨や雷が断続的に続いています。
今もまだ雷鳴が遠くから聞こえるし、またマンホールのふたがガタガタいうほどの雨も。

きっと、すっきりと晴れる頃にはぐっと気温も下がっているはず・・・


20170919mj4.jpg 
「おかにゃんがサンダルをしまいこんで、ブーツを出してたぞ・・・」
あっというまに寒くなるんだよ・・・




猫飼いの義務

予期していたこととはいえ、今朝もJアラートにたたき起こされる。
念のため窓にカーテンをしたりして次報を待っている間にすっかり目も冴えちゃった。
もしかして、日本人ですら生涯に一度も戦争を知らないで済むことはできないのかもね・・・



猫と暮らしていて、いまだに不思議に思うのが、
飼い主と一緒に寝ることへの凄まじい執着。
遅い時間に起床する予定の時は寝室の小さなベッド(猫の定員1匹)で寝るため、
昨夜は帰宅してからずっと、「さて、今夜はどの子と寝てあげようか」と
飼い主も落ち着かないし、さらに猫たちはじりじりぴりぴりと緊張感が漂い・・・・


結局、前の晩は千夜だったので、おやつで気を引いている間に、
まいこ~だけを寝室に走らせた。
(その瞬間も、何としても寝室に行こうとする千夜とルカちゃんを手と足でブロックしながら、
まいこ~に「行け!」と合図を送る)

まいこ~は一晩中ぴっとりとくっついて、
時にそーーーーーっと私の目頭をなめ(目ヤニをなめて取ってあげてるつもりらしい)、
時に無理やり私のお股に入り込んでお尻を枕にし・・・
私と二人っきり水入らずの時間を堪能したわけです。

Jアラートに起こされてリビングに行ったら、
千夜が全身から不機嫌オーラを発散させてて、呼んでも無視された・・・

20170915mj1.jpg 
なにせまいこ~は猫嫌いなんで、先にベッドに千夜やルカちゃんがいると
もうすっかり戦意を失ってしまうのよね。



そういうわけで、今日の昼寝は今度はまいこ~を母に任せて、
千夜とルカちゃんの2匹と一緒に寝ました。

いつもいつもこんな具合に、「今日、アイツは誰と寝るんにゃ!?」が大問題。


20170915chi1.jpg 
ちぃのお腹の傷、これでもまだマシになった方。
足の傷は完全に治ったんだけどね。


20170915lu2.jpg 
「りゅ、りゅかたんもいっちょにお昼寝したんだお。ちぃたんがジャマだったけどさぁ」
ちぃとルカちゃんは一緒でもいいけれど、でも本音はやっぱり二人っきりのほうが断然うれしいらしい。




そして、今晩。
すでに猫たちはぴりぴりしだしてる・・・はぁ。


20170915c_m1.jpg 
すでに猫たちはベッドにスタンバイ。
まいこ~は寝て動かない作戦。
「こ、こいつぅ。ちぃがどかしちゃる・・・」


20170915c_m2.jpg 
しばらくすると、千夜がそんなまいこ~の頭をぺろぺろ。執拗にぺろぺろ。
これ、優しい気持ちではなく、優しく「どけ」という意味なのよ。
それでもまいこ~は頑としてしらんぷりをきめこんでいます。


20170915lu3.jpg 
「りゅ、りゅかたんもじえったい動かにゃいもんにぇ」
なんか、こういう時のルカちゃんて、イキイキしてるね・・・


20170915chi2.jpg 
「今夜こそ・・・!」


20170915mj2.jpg 
「いんや、今夜も・・・!」


20170915lu1.jpg 
「びゃきゃだね、みんにゃ・・・」



残念でした。
明日はいつも通りの出勤時間だから、リビング横の部屋に布団を敷いて、
全員一丸となって寝るんです。


20170915chi3.jpg 
「ぜ、全員一緒・・・ちょっ・・・」



本当はたまには私も一人で寝たいとも思うのだけど、
こんなに戦々恐々しつつ期待されていると、裏切ることができなくて。
思う存分飼い主にくっついてられる、唯一の時間なんだろうしね。
猫と暮らす以上、これは猫飼い主に課せられた義務なんだと思うことにしてます・・・


また、会いたい

すっかり秋です。
朝が遅いシフトじゃない限り、またリビング隣の部屋に
布団を敷いて寝るようになりました。

おかげで、3匹束にして一緒に寝られるように。

20170911c_l1.jpg 
暑さがなくなると、ちぃとルカちゃんがべったりする時間も増えてきた。



20170911c_l2.jpg 
多分・・・ちぃとルカちゃんは父方のDNAが同じじゃないかと思っています。
長毛・短毛の違いはあれ、毛色や骨格・顔の造りが似ているし、保護した場所や時期からしてもね。
「・・・う、うちょ・・・」
「こ、こんにゃどん臭いのと・・・?」



今日は約1か月ぶりに円山動物園に。

なにせ片道1時間半、アクセスのタイミングが悪いと2時間近くもかかるので、
もっと頻繁に行きたくてもなかなか・・・
でも、サーバルキャットのポッキーに会いたくて。

20170911zoo9.jpg 
1か月ぶりの動物園は、すっかり秋の風景に。
萩の花もそろそろ盛りを過ぎてきた。



20170911zoo7.jpg 
いつも会いに行く動物が固定しているので、めったに行かないこども動物園で、
何年振りかでビーバーを観察。
・・・冷静に観察すると、この尻尾は哺乳類とは言えない気が・・・
カモノハシと同じ系だよ。ただ、ビーバーは卵は産まないけど。

20170911zoo8.jpg 
ホッキョクグマのララとリラはお昼寝。
その隣では父さんのデナリがお手々だけチャプチャプしてて、相変わらず味わい深い空気感。

20170911zoo11.jpg 
ヒマラヤグマにとっては、やっと過ごしやすい季節の到来。
この体と黒い被毛では、おそらく想像以上に夏はつらいはず。



20170911zoo12.jpg 
室内側でくつろぐ、どっちか(・・・いまだ自信ない)ちゃん。
この座り方がかわいくてねぇ。



20170911zoo13.jpg 
ぽりぽり、あー、かゆい。 
・・・こ、このおばはんは・・・(笑)



ざっといつものおなじみの動物たちの様子を見てからは、
あとの時間はほとんどポッキーを見守っていました。

14時頃に行ってみてから、ずっとずっと夕ご飯を待って、
いつものように室内を落ち着かなく歩き回っていた。

・・・1か月前より、さらに足元が危なっかしくなっていた。
猫族特有の、かかとを伸ばしてつま先で歩くのではなく、
すっかり腱も伸び切ってしまったのか、もうほとんどかかとも地面につくような歩き方で、
方向転換のたびによろけ─それでも歩き続ける。

20170911zoo16.jpg 
もうダメか、倒れるか、と思う寸前でかろうじて前足の力だけで、なんとか体勢を維持。




その姿には、やはりわかっていても胸詰まるものがあり─
もうおとなしく寝ていればいいのに、いや、好きなだけ好きにしていればいいんだ、と思ったり。

そして16時前にお待ちかねの夕ご飯。

20170911zoo14.jpg 
薬剤を混入してあるゴハン。食べやすいようミンチ状にしてある。
すごい勢いでがっつく様子に、ほっとするやら、また胸が熱くなるやら。

20170911zoo15.jpg 
少し食べ残しては歩き、また戻って食べ、を繰り返し、結局完食。
朝ごはんも完食していたというので、この食欲がある限りは、
まだまだポッキーは頑張ってくれるはず。
と、ポッキーを毎日見ている人が語っていた。

20170911zoo17.jpg 
完食後、よろよろと藁のベッドへ。
いつもふかふかの藁ベッドが用意されている。



20170911zoo18.jpg 
ポッキー、また来るからね。お休み、明日もたくさん食べて歩くんだよ、と話しかけて後にしました・・・



いのちって、動物って、だから崇高なんだな  とポッキーから教えられるような気になる。
人間のように生きることや死ぬことを理屈でとらえるような、そんな次元ではなく、
ただただひたむきにその環境のなかで1つでも多く鼓動を打つこと、
そんなポッキーの生きざまに感動するんだな、と。

きっと・・・絶対、次も、また次も会えるよね、ポッキー。


20170911mj1.jpg 
「おりぇもポッキーじぃくりゃい、長生きできるきゃにゃ」
長生きしてくれないと、あまやかして育てた意味がないでしょ。




さて・・・先日のちぃのベランダ脱走事件に懲りて、
今、改めて全員の迷子札のプレートを発注中。

ちぃはいろいろネックレス系をさせていたけど、
去年からの体調不良以降は、できるだけストレスフリーを心がけて、何もさせなくなり、
ルカちゃんはどうしても長くて細い毛が絡むのでいつも長続きせず、
今はまいこ~だけ「M」のイニシャルのチョーカーだけさせている状態。
マンションの4階では、そうそう脱走というのも考えにくいよ、なんて油断していた。

でも・・・万一脱走(失踪?)した場合、
どうやってできるだけ早く確実に救出できるか、と考えると、
やはり迷子札は必要だな、と・・・

20170911mj2.jpg 
「おりぇにも新しいヤツきゃ?」
ちょっと恥ずかしい名前が刻印されています・・・・

20170911chi1.jpg 
「ちぃがよりゴージャスににゃるんにゃら」
軽いから、負担にはならないと思うよ。



20170911mj4.jpg 
「きゃっこいいきゃにゃ・・・」
いや、ただ名前と飼い主の電話番号だけ・・・でも、ここが大事なんだよっ!





本当にあった!怖い話・・・

その晩、私は悪夢でうなされました。。。。
で、目が覚めて、傍らで寝ている千夜をたしかめて、またほっとして再び寝たのだけど、
翌日もずっと、ぞくぞくした感覚で落ち着かないままでした。

実は数日前、久しぶりに猫友だちが寄ってくれて、
いつものようにまいこ~はお客様おもてなし、逃げ遅れた(笑)ルカちゃんは
テーブルの隅に隠れたままでいて、
千夜は・・・来客があると全然姿を見せないのはいつものこと、と
そのまま気にしないでいた。

20170904mj1.jpg 
「さ、お客しゃま、おりぇのおケツをどうぞ」
ご婦人には相変わらず愛想がいい、まいこ~。
・・・などと、いつものようにしていたのだが。



久しぶりの再会だったので友だちとも話が弾み、
それでも夜も遅いので1時間ほどで彼女は帰宅。

が、その後も千夜の姿がないので名前を呼びながら探したけど、
全然どこにもおらず・・・おかしいな、と思いかけたころ、
まいこ~がカーテンをしていたベランダのところにいて、何か外を気にしている様子が。

えっ 「ちぃ!」と、その窓ぎわで名前を呼んだら、
外から「にゃあ・・・」

20170904chi1.jpg 
「え?ちぃの話にゃ?」
そうだよ、あんただよ、あんたの話だよっ!!!




ギャーーーーーッ  と心の中で叫ぶよりも早くベランダの網戸を開けたら、

(やっぱり)  ギャーーーーーーーーー
ちぃがいつの間にかベランダに出ていたーーーーーーーーっ


1時間以上も前・・・友だちがマンションの下に車で到着した、という電話を受けて、
どの辺に駐車したのか確認しようと、私はほんの一瞬電話しながらベランダに出た。
すぐに戻って、また網戸を閉め─多分10秒もかからず、体を半分外に出した程度。

その時に千夜は私の後をするりとついて外に出て、
その千夜に気づかない私がきっと千夜の鼻先でぴしゃりと網戸を閉めたみたい。


今まで一度もベランダに出したことはなく、
自らも勝手に出るということもなかったのに、
なんとなく、私と一緒なら、と強気になって好奇心でついてきたんだと思う。

20170904mj2.jpg 
「だ、大胆にゃ・・・おりぇだって一度も出たことにゃんきゃ」
いつもいつも窓の開け閉めの時は気を付けているし、網戸も補強してるしね。




いやーーーー、よく1時間もの間、じっとしていてくれたと思う。
うちは4階。
何の気なしにベランダの手すり─幅10㎝もあるかどうか─にでも飛び乗ろうとしていたら、
間違いなく地面に落ちていただろうと思う。
死ぬか、死ぬほどの大けがか、運よく打ちどころが良くてもパニックになって車道に走って行って─

うげぇぇぇぇぇぇぇ・・・

こ、これは猫神様からのお情けだったと思う。
たまたま今まで手伝って来た猫の保護と飼い主あっせんに免じて、というところか。
本当に奇跡。(窓は開いていて、常に私の声は聞こえていたから、
あまり焦らず、そのまま網戸の前でじっとしていたんだと思う)
ほんとに、そんな形で千夜を失う寸前だった。

千夜を抱きしめて半泣きしました・・・
その衝撃の恐怖体験で、その晩は千夜を抱いて寝ていても、
千夜がベランダから落下する夢を見てうなされました・・・


20170904chi2.jpg 
「だって、、、」
この不良娘が!親の目を盗んで家出の真似事なんかして!
以来、ベランダに今まで以上に関心を持つような危険な素振りも。
っんとに不良ですわ。



改めて、「猫は気配を消す」こと、
ほんの一瞬のことでも、こんなことがあるんだということを
改めて肝に銘じたのでした・・・・

みなさんも、みなさんちの「不良猫」、気を付けてね。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR