プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/
猫業界フレッシャー

linpro11.jpg<br />


【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。生後1ヶ月くらいの時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満6歳半♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満の時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満6歳半 ♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。生後2ヶ月くらいの時に保護しました。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg



【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

にゃんこスペシャル

久々、近所のうさ&猫友のりえちゃんちに遊びに行ってきました。

もっとも・・・うさぎは他界し、今はにゃんことワンコがいます。

ここんちのにゃんこが・・・久しぶりに会ったら、まぁぁぁぁ夢のようにかわいくなってて驚きました。
元はと言えば、ガリガリでさまよっていたところをりえちゃんが保護したといういきさつの子、
前に会ったときはまだガリガリちゃんでしたが・・・


20170618fu1.jpg  
ふわっふわぁ~の芙蓉ちゃん。推定3歳未満の女の子。


20170618fu2.jpg 
うわわわわわっ 激きゃわ。反則級です。


20170618fu5.jpg 
フロント・ビューは80%ホワイト、バック・ビューは80%キジ。
ついでにセミロングで、ちっぽはボンボリのようなボブテイル。
余裕で微笑んでいらっしゃる・・・
「見て、アタチの右手のオサレ具合」


とってもおとなしくて華奢で、それでいて、かわいい小さな声で鳴くのよ。
うちの千夜のドス声とは全然違う。

一方、わんこの茶々丸はまいこ~&ルカちゃんと同い年の7歳。


20170618cha1.jpg 
こんなに優しくて美人な顔立ちだけど、立派な男の子。


20170618cha2.jpg  
ほんとに女の子みたいにきれいでかわいい顔立ち。
大興奮で迎えてくれたけど、興奮が冷めるにつれ、「あんた、誰だっけ?」という表情に(笑)


20170618cha3.jpg 
茶々丸の団欒への参加ポーズ(笑)



そうしたら・・・
りえちゃんちの窓の下に朝から見たことない猫がいるというので見てみたら・・・


20170618wil1.jpg 
ブルーアイの小さめのかわいいにゃんこが。


20170618wil2.jpg 
なかなかの美形ちゃん。シャム系が混じっているのかな。
やせてもいないし、汚れてもいない。
脱走した飼い猫が迷って来たのか、元からの野良猫が流れてきたのか、これじゃあ判断つかないね、と
りえちゃんと話していたら・・・

  20170618wil3.jpg  
そこにもう1匹やってきて、お互いににらみ合って「うなーーーーーっ!」合戦。
どう見ても、2匹はポイントや色の具合、目の色からしてもごく近しい血縁。
なのに、なぜケンカ?(と言っても、お互いにパンチの1つも出さないのだけど)
結局、そのままいなくなったけれど・・・なぜ突然兄弟のような猫が2匹出現したのか、ナゾです。。。



たまにうちの子以外のにゃんこも見たいと思って遊びに行ったら、
予定の3倍の猫を見られたわけで・・・今日はにゃんこスペシャル・デーだわ。


20170618mj1.jpg 
「にゃんこのどこがおもしろいのきゃ、おりぇにはわきゃらん・・・」
猫嫌いのまいこ~には理解できないですよ。


      20170618m_l1.jpg  
「ま、まいきょちゃん、早くちっぽがとれて、ニンゲンににゃれるといいにぇ・・・」
「そろそろだと思ってるんにゃ」


20170618chi1.jpg 
「・・・にゃに・・・あのフヨーだかいうおんにゃ・・・」
まあまあ、ちぃちゃん。


20170618fu4.jpg 
でも、ほんとにふわっふわで可憐でかわいかったなぁ、芙蓉ちゃん。


20170618mj2.jpg 
「・・・・どきっ ♡」


20170618chi2.jpg 
「・・・・ママ・・・・・・・・・・」
こ、この辺でや、やめとくことにしました。




森のくまさん

今日はひっ・・・・さしぶりに円山動物園に。
3,4か月ぶりになるかな。
本当は6月中に旭山動物園に行きたく、もうチャンスは今日だけと思って計画していたけど、
ルカちゃんの不調事件のすぐ後なので、半日程度しか留守にする気になれず・・・
というわけで午後から2時間程度軽く・・・のつもりで円山動物園に。

平日の円山動物園はゴハンタイムや飼育員のレクチャータイムなど一切イベントがなく、
タイミングが悪いと、ただ寝ている動物の姿しか見られないことも多い。
旭山動物園だと平日でも忙しいくらいのタイムスケジュールが組まれているんだけどね。

が・・・今日は一番の目的と期待のヒマラヤグマにすっかり釘付けのまま、
あっというまに閉園時間になってしまい・・・他をほとんど見られなかったのでちょっと物足りなかった。

それほどヒマラヤグマはかわいすぎた・・・!

20170613zoo2.jpg 
毎回問題となる、「どっちだ?」 ・・・せめて2頭並んでくれないとわからんです。
どっちもかわいいのでいいけど。


20170613zoo4.jpg 
落ちていた木の枝を振り回しているうちに、仰向けにごろんごろん。
・・・この姿、うちでもよく見ます。そっくり・・・(笑)

20170613zoo6.jpg
そのうち、今度はプールの水の中に顔をつけて・・・本当はぬれたくなさそうだったんだけど、、、


20170613zoo7.jpg 
プールの底に忍ばせてあったおやつのブドウをゲット。


20170613zoo5.jpg 
もう1頭は・・・と心配していたら、放飼場の岩の奥からのっそり登場して、
相棒がちゃぷちゃぷする姿をながめていました。


 
20170613zoo8.jpg 
プールから上がると、今度は木の造作物に上りだし・・・


20170613zoo9.jpg 
いいなぁ、森のくまさんの絵。
彼女らにとってはまだ過ごしやすい気温だったけれど、これからの夏の暑さに体調崩さないようにね。


20170613zoo3.jpg 
飼育担当が変わったことで、彼女らのエンリッチメントは確実に良くなった、という声をよく聞きます。
これまではどんなに悪天候でも風も雨もしのげる場所もない屋外に展示しっぱなしだったとか。
でも今は雨や風から身を守れる屋内展示室と屋外とが常に出入り自由。
できれば、真夏には室内に送風機の風が回るようにしてあげてほしいな。
もちろん、冷房を入れられる設備になっているとでもいうことなら別だけど。



熱帯地域原産の動物には冬季間の暖房は当たり前なのと同様、
寒帯地域原産の動物にも夏場の冷房の配慮も当然なのでは・・・と思うんだけど。
いくら北海道でも、日当たりが良くて風が通りにくい場所の暑さはつらい。
もちろん暮らす動物園の土地の気候になれることも大事ではあるけど、
人間だって真夏の東京で冷房なしでも「慣れが大事」なんて今さら言う人はいないでしょ・・・

自然界の環境ではない以上、慣れさせる→我慢させる→結果的に「虐待」になっていないかどうか、
その見極めとコントロールは人間の責任だからね。。。

と、私にとって動物は、うちの猫も含め、常に疑問と心配の対象になってしまう。


20170613zoo11.jpg 
動物たちもさることさながら、今回はプールや小道の周囲やわきに咲き乱れる草花にも心癒されました。


20170613zoo12.jpg 
花がいっぱいの動物園というのもいいもんです。


20170613zoo17.jpg 
シャクナゲ・・・ではないだろうけど、同種と思われる大きな木花が満開でした。



というわけで、時間のほとんどをヒマラヤグマに費やしてしまい、
あとは大急ぎでささっと見て回った程度に。

20170613zoo20.jpg 
メイン放飼場側にいた、絶世の美豹リーベ。
あてくし、あなたの大ファン(笑)
ユキヒョウはこの夏、もう1頭の若い雌のシジムがお母さんになるかどうか期待されています。


20170613zoo1.jpg  
ひところよりは体の張りが戻ったように見えるアイちゃん。
今日は亡きタツオとのツーショットのポストカードを買いました。


20170613zoo18.jpg 
換毛真っただ中のシンリンオオカミのルーク。
父親のジェイとともにメイン放飼場にいましたが・・・


20170613zoo19.jpg 
気になったのは、この口の周囲の傷。
まさか、と思うけどジェイに咬まれた?
それとも皮膚疾患? 近くに飼育員もいなくて聞けず・・・
大したことなければいいんだけど。



やっぱり、他の動物たちももっと観察したかった。
あまり暑くない時期を見計らって、また行こうと思います。
チャンスがあったら、やっぱり旭山動物園にもね。

20170613mj1.jpg 
「おかにゃん・・・うちにもクロヒョウみたいにゃのがいりゅだろ」
いんや、クロヒョウなんて見たことない。ヒマラヤグマみたいなのは見たことあるけど。


20170613lu1.jpg 
「ままん、りゅかたんがチンパイと言いながりゃ・・・にゃんにゃのさ」
だ、だから半日程度で済む円山動物園で手を打ったんじゃん!


20170613chi1.jpg 
「お一人様で動物園・・・老後の楽しみがもう始まってるんにゃね」
足腰が丈夫なうちじゃないと楽しめないので・・・


ルカちゃんに限って

ルカちゃんは視力がほとんどないことを除けば、
快眠快便快食で、吐き戻すことも年に1,2度程度 と、
3匹の中では一番体調が安定している。

あまり周囲に影響されることなく、常にマイペースでいられるのもルカちゃんの強み。
目が悪いために素早い動きができないことが、家の中だけで暮らす猫にとっては
かえって思わぬ事故を招くこともないんだろうな、と思っていたのに。

実は2日ほど前から、妙に一人でじっと寝ていることが多くていぶかしく思っていた。
ただその頃は食欲もいつも通りだし、発熱しているようでもないし、
呼ぶとちゃんといつものように鳴きながら寄ってきていたので
まだ深刻にはとらえていなかったのだけど、
昨夜遅くに帰宅したら、、、やはり横になったまま、呼んでも来ず。

いつもなら一番大げさにアピールする猫缶タイムにもキッチンに現れず、
ゴハンの皿を口元に持っていってやっと少し口にする程度。

やっぱり熱もないし、トイレの方も問題はなさそうなので、
これは・・・先日の千夜の関節痛同様、どこかが痛くて動かないでいるのではないか、と思い、
翌日の通院まで我慢させるのもナンセンスだと、千夜の残っていた鎮痛剤を服用させた。

そうしたら1時間もしないでうろうろ動き回るようになり、ゴハンもまた食べだしたので
「やっぱり」という感じ。。。

昨夜はまたリビングと続きの部屋に布団を敷いて、
3匹全員─でも昨夜は傍らにルカちゃんを優先的に寝せて就寝。
ルカちゃんが心配で、様子を見ながらの付き添い寝になったので、それなら全員一緒にいよう、と。

甘えて鼻を鳴らしてすり寄るルカちゃんを大事に大事に抱いて─


20170610lu1.jpg 
 ↑ 元気になった今日のルカちゃん。 「にゃ、にゃんだお、りゅかたん元気だお」



朝イチで病院に連れて行って診察してもらったら、
やはり思った通り「おそらくヘルニア系の痛み」とのことで、同じ鎮痛剤が処方された。
目が見えていないので、大した高さではなくても目測がないのでバランスを崩してどこか痛めたのかもしれないし、
意外に猫にはヘルニアが多いともいうし一

とにかく、飼い主の素人診断が外れてなくてよかった。
きっと2日以上はつらい思いをしていたはずだから、もっと早くに手を打っておけばよかったと後悔。


20170610lu2.jpg 
ごめんね、ルカちゃん。
ルカちゃんに限って、と心のどこかで勝手な思い込みをしていたんだね・・・
「にゃんもだお、ままん」


20170610chi1.jpg 
ちぃちゃんの薬もまた変わったし・・・
ただただおまえたちには健やかでいてほしいだけただよ。


20170610mj1.jpg 
まいこ~も元気でいるんだよ。
まいこ~は最近飲ませているサプリがよく効いて、吐き戻しがなくなり、軟便も改善されました!
「2日に1回はゲロリンしてたのににゃ」



ルカちゃんですら、7歳をすぎるとどこか痛いところが出てくるんだ・・・
千夜は特殊な体質のせいで例外であって、
猫って普通は放っておいても10歳過ぎくらいまではいつもと変わらず過ごせるんだろう、って
そういうイメージでいたけど、・・・実際はそうではないんだな、と、
今回のルカちゃんの不調で思い知らされました。。。

20170610lu3.jpg 
もうルカちゃんが痛みに我慢することがないよう、ままんはもっと気を付けて見ているからね。
みんなでこれからも健やかに10年以上生きなきゃだめなんだからね。。。



今夜は誰の番?

最近は気温も高くなってきたので、リビングの続きの部屋に布団を敷いて、という冬の就寝スタイルから、
風通しのいい個室のベッドで寝る、という夏型スタイルに変更したのだけど・・・

リビングと続きの部屋で布団を敷いて寝るときは、
3匹の猫が好きに寝ている私の布団に群がって・・・でよかったけど、
廊下を隔てた寝室で寝るとなると、ベッドはセミシングルサイズで小さいので、
大猫3匹と人間一人が寝るには無理があり、
仕方なく、今は毎晩日替わりで1匹ずつと寝ることにしています。

と、なると当然・・・

20170608mj1.jpg 
「こ、今晩はたしきゃ、おりぇの番のはず」
おまえたち、昨日のことなんて覚えていないだろーーー


20170608m_l1.jpg 
「にゃ、そうだよにゃ、おりぇだよにゃ?」
「りゅ、りゅかたん、知らにゃいお」

20170608chi1.jpg 
「ボウズども、びゃかにゃんだから。ママは毎晩ちぃと寝ることににゃってるのに」
 ↑ 具合の悪そうな子を優先、という特典のせいで恩恵率が高い千夜。


20170608lu1.jpg 
「みんにゃ、びゃきゃだにぇ、ままんはりゅかたんが一番おとなしくて熟睡させてくれりゅって」
たしかにルカちゃんは朝まで微動だにせず布団の中で熟睡しています。


20170608mj3.jpg 
「そ、そりゃおりぇは朝方ににゃるとちょっと鳴くこともありゅけどにゃ・・・」
一番熟睡せず、人の体のあちこちを踏んでは寝る場所を変え、朝方になると出たいと鳴きだすのはまいこ~。


20170608chi2.jpg 
「さぁ、ママ。ちぃはスタンバイオッキーにゃっ」
・・・今夜もちぃは寝室に突撃する気まんまん・・・


当然、3匹とも今夜は自分が私と寝れるのだろうか、と
私が寝る気配に気づくとそわそわじりじり。

昨夜は千夜と寝て、おとといはまいこ~だったから今晩はルカちゃんだな、と思って
「ルカちゃん、寝るよ」とルカちゃんに声をかけても、
もとがとろいルカちゃんがゆっくり歩きだす間に千夜とまいこ~が素早く先に走って行ってしまうし、
まいこ~はまいこ~で、千夜やルカちゃんが先にベッドの上にいるとがっくり早々にあきらめてしまうし、
千夜も自分以外にもう1匹いるととたんに不機嫌になるし・・・

みんな自分1匹と私とだけ、じゃないと面白くないらしい。


20170608lu2.jpg 
「みんにゃ、そうにゃの?りゅ、りゅかたんは誰がいてもべちゅに」
あ、ルカちゃんだけは誰がいても関係ない。
関係なく割り込むもんね(笑)



なんでそんなに一緒に寝たがるのか、本当に不思議。
猫同士はめったにくっついて寝ていないのに。
やっぱり猫にとって飼い主と共寝するというのは、なにか特別な意味があるんだろうなと思う。
それも、他の猫たちと一緒というのではなく、
飼い主と自分とふたりっきり、というのが本当にスペシャルなひと時のようで─


20170608chi3.jpg 
「ママ、ちぃの柔らかくていいにおいがして、しっとりした体が大好きと言ってるにゃん?」
抱き心地№1はたしかに千夜。。。


20170608mj2.jpg 
「おかにゃんっ!やっぱし今晩はおりぇと寝るってきゃ!?」
あとはどうやって千夜を振り切るか、それはまいこ~次第だからね・・・



などと、ちぃとまいこ~がけん制しあっている間に、
ちゃっかりルカちゃんがいつのまにかベッド一番乗りしてることも多々あり(笑)

夏風邪を引いて、体調すこぶるBADのあてくし、
原因は猫に密着されて寝ているうちに暑くなり、布団をけ飛ばすからです・・・






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR