プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満8歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満7歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満7歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

旭山動物園で切ない気持ちに

少しでも独りの時間を持とうと、16日に旭山動物園、そして昨日は円山動物園に行ってきました。
(行ってきたよー、チーママ!)

20171016mj1.jpg 
「にゃんでわざわざでかいにゃんこを見にいくんだか。
おりぇよりもできゃいのきゃ?」
・・・うーん・・・おまえにはかなわないけどねぇ。



まだ体が寒さになれていないせいなのか、
それなりにかなりの防寒体制で行ったというのに、
旭山動物園では本当に寒い思いをしました。
なにせ、この日は最高気温も10℃に満たない。
でも、それでも+の気温でしょー、真冬には-の気温が当たり前に過ごすんだからー、と思っていたら大間違い。
ダウンを着ていくべきだったと後悔・・・


20171016azoo16.jpg 
すっかり晩秋の旭川。 ↑ 動物園内の温度計。



というのも、旭山動物園は円山動物園と違って、
基本、展示動物の多くは屋外展示で、
観察するお客さんも屋外からのみがほとんど。

今になって、室内外両方の展示が可能な円山動物園の良さを感じました。
それは来園者が天候にさほど左右されない、という便利さだけでなく、
動物たちにとっても負担が少なくて済むんだ、と気が付かされたからで・・・


20171016azoo14.jpg 
 ↑ そう強く感じたのが、20歳を過ぎた老ライオン夫婦のライラとレイラの姿を見て。
+9℃の気温でも風が吹くと凍える体感温度になるというのに、見るからに寒そうにしていました。
真冬でも悪天候でない限り3時間程度屋外展示になっているらしい。
真冬の旭川の気温は札幌の比ではない。


20171016azoo15.jpg 
上から見ると、1歳年上のレイラがぴったりライラにくっついていた。
・・・ほほえましいではなく、こんな寒そうにしている姿は見たくない と正直思った。
何か、工夫の余地はあると思うのになぁ。ヒーター入りの床暖房を設置するとか。




ともに20歳を超える大長寿夫婦なのだから、きっと旭山動物園としてもこれまでの飼育方法に
何らかの確信や方針があってのことと思う。
でも、正直、今はもう清掃の時間しか外に出されず、
冬季間は室内展示だけの円山動物園のライオンのほうが体の負担は少ないように思えるし、
見る観客側としても安心できる・・・


20171016azoo17.jpg 
昨年まで体調を崩してしばらく非展示だったというライラ。
単なる感情的な主観だけで言えば、もうなるべく寒い思いはさせてほしくない、
冬は日光浴を兼ねた1時間程度の展示でもいいじゃない  と感じてしまう。
(心配です・・・と旭山動物園にメールを出した)



季節や天候によって、屋内外展示を切り替えられる円山動物園の施設は
なにより動物にとっていいことなんだな、と改めて気が付かされた・・・


20171016azoo1.jpg 
 ↑ 円山動物園の建設中のホッキョクグマ館が完成したら、
きっとこんな風に水中のホッキョクグマも見られるようになるんでしょう。


20171016azoo2.jpg 
 ↑ 旭山動物園の唯一のオスのイワン。



20171016azoo18.jpg 
水中ではなんて身軽なんだろう。また2回ともガラス前に陣取って堪能しました(笑)



20171016azoo3.jpg 
 ↑ 1歳を過ぎた、これでもまだ仔虎のオスのソーンは、
すでに母トラのザリアよりも大きくなっていました。
妹のナージャとはかなりの対格差に。


20171016azoo4.jpg 
もちろん、父トラのキリルの大きさにはまだまだ・・・


20171016azoo6.jpg 
今回初めて、やっとお目にかかれたユキヒョウの子ども「リヒト」。
こちらも1歳を過ぎ、母親のジーマより一回りも大きく。


20171016azoo7.jpg 
でもまだまだあどけない表情で、ジーマにしきりにすり寄って甘えていました。
そして、5歳くらいの人間の男の子に大興奮して、一緒にフェンス越しに駆け回っていました。
子どもだから、子どもには特に関心を持つのかなぁ。


20171016azoo9.jpg 
アザラシの水槽はとても深い。


20171016azoo11.jpg 
オランウータンのオスの大きな大きな手。飼育員からおやつをもらう。


20171016azoo12.jpg 
午後、ザリア親子の後に交代展示になったのは、たしか21歳のアムールトラの のん。
アムールトラには厳しい真夏を乗り切ってくれました。


20171016azoo13.jpg 
国内の動物園には超高齢の動物たちが本当に多くいます。
生まれたばかりの子たちの成長が楽しみ以上に、
高齢のこの子に、次もまた会えるだろうか、という気がかりが多くなって・・・



というわけで、芯から冷え切ってその後もなんだか寒気が続き・・・
まあ、風邪ではないようなのでなんとか乗り切っています。

久しぶりの旭山動物園ではいつも通り感動と感心を味わいつつも、
円山動物園よりも先にできていた施設には疑問も感じる部分も気が付き・・・
いろいろ不安や疑問も感じました。

それでも1日プチ旅行でずいぶん気分転換にはなりましたよ。
(写真には撮れなかったけれど、イボイノシシの展示が本当にユニークで)


20171020chi1.jpg 
「そいで、昨日は今度は円山動物園に行ってでちょ・・・」


昨日の円山動物園については近日中に。
もしかしたら、次の火曜日、また円山動物園に行くかも。


・・・超高齢のサーバルキャットのポッキーが・・・



甘えていいのは

独りになりたいなぁ。
ほんと、つくづく思います・・・

どうも職場でも家庭でもストレスが多く、どこにいても気が休まらなく。
以前だったら、家に帰ってうちの子たちの顔を見たら、
それですべて忘れられるほど家が癒しの空間だったけど、
今は母がいるので、どうしても解放的な気分にも状況にもなれず。


20171007chi1.jpg 
「ママ・・・にゃにをワガママ言ってるにゃん・・・?」
そうですね、ワガママと承知であえて愚痴ってるんですってば。
ニンゲンダモノ。




心身の健康のために、
独りで遠くに旅行に行きたい・・・けど、
猫たちを放っておくこともできず。でしょ?


20171010mj2.jpg 
「おりぇりゃを置いて?」
・・・そこまで割り切れればいいんだけどねぇ。


20171010lu2.jpg 
「ままん、いっちょに寝てあげりゅお」
これがまた、3匹一緒に寝るのも体がつらくて。



どういうわけだか、私は根本的に心が狭いので、
人に一方的に頼られたり甘えられたりするのがとっても苦手。
相手もそれなりに努力したうえでのことであれば喜んで手を貸すのだけど、
ただただ、当然のように、あるいは「あんたならできるから」という理屈で頼られるのは、
それはどちらかというと、タダ乗りでしょ、と感じてしまう。

だって、努力しない人の分まで自分が努力するのはなんか間違っている。違和感ある。

ほとほと、覚悟を決められないというか、狭量この上なし、とは自覚しているものの。
ずっとずっと、こう感じてきた。


唯一、例外がどうぶつたち。

この子らの甘えはいつだって真剣だしまっすぐ。
そしてそれは私自身が求めていて、それを知ってて彼らが与えてくれる癒しだから。
この子らにだけは甘えられる存在でいたいとも思う。

きっと・・・人に甘えられるのが大っ嫌い、というのは、
私自身が人に甘える習性を知らないままだからなんだろうな。


20171010mj1.jpg 
「にゃけど、おかにゃんはワガママ女王様で有名と聞いたぞ」
自分で自分がしたいようにするワガママだもん。
人にやってもらおうなんて露ほども考えない。


20171010chi1.jpg 
「ちぃは知能犯的甘えっ子にゃん・・・」
この子、最近ねだり方が巧妙になっちゃって・・・行く末は尻尾三つ又。



この子たちを置いてどこかに行っても、きっと解放されないな。
こういう時、一緒に出掛けられる犬はいいなぁ、と思っちゃう。


20171007mj1.jpg 
この大きな胸を借ります。突っ伏すとほっとします(笑)



20171010lu1.jpg 
 ↑ 突っ伏すと顔じゅう毛だらけになります。。。



後から来る災難なら、今のうちに

・・・で、何があったかというと。

ある日、母から「ガス台の下から水が漏れている」と連絡があって、
帰宅して調べてみたら、たしかに、シンクの真下からではなく、
隣家との壁際のガス台の下から水が浸み出していて。

実はその2日前に排水管の高圧洗浄の業者が来ていたのよね。
管理事務所に連絡したら、やはり別の階の部屋でも同じ申告がある、
業者を手配するが、システムキッチンごと移動しないと工事できないかもしれない、
大掛かりになる、と言われ─しかも工事日は1週間も先と言われ─

それから浸み出てくる臭い排水をバスタオルでヒマなし拭い、
当然我が家のシンクの水も使えないから、一切の料理もできないので
スーパーの総菜やコンビニ弁当の毎日、という、悪夢の1週間。
お風呂と洗面所の配管とは別なのでまだしも、でしたが。

で、9月30日にやっと排水管工事の人が来てくれて・・・
システムキッチンを移動させるとなると、狭いキッチンだから、
先に食器棚や冷蔵庫を移動させることになるのでは、とうんざりしていたけど、
キッチンと反対側の排水管を覆う壁そのものを取り外す方法で済むことが分かって、ほっ。

20170930hou1.jpg 
壁に穴をあけて、私も初めて目にする排水管。
結局、破損していたのはキッチンの排水管とジョイント部分のつなぎ目でした。
そこから漏れた上階と我が家の排水がシステムキッチンの下を通ってガス台下から流れていたのです。




しかし・・・システムキッチンを動かす必要はなくなったとはいえ、
この配管のジョイント部分の交換というのは、
なんと下階の天井部分までコンクリートを削る必要があり─!
業者さんはうちと下階の部屋とを行ったり来たりしての作業。

20170930hou2.jpg 
それでも手際のいい作業で、これまでのものより数段丈夫で長持ちするというものに新たに交換され─

20170930hou3.jpg 
そして、最後に私のテキトーDIYで貼った腰壁も元通りに。
いやー、まさかプロにテキトーDIYを見られるとは想定外だったなー はははは(恥)



まさか20数年で排水管に穴が開くとは。
こんな大型MSなのに。と思っていたけど、
業者さんの話では、「まあ、珍しくもないです」と。

うちの床と下階の天井にまで及ぶ工事ぃぃぃ?と、へなへなわなわなしたけど、
業者さんたちにはありふれた作業のようでした。
ちなみに、その排水管部分は共用部なので、特に個人的な負担は一切発生しませんでした。
なので、1週間以上もの不便と不安、仕事も工事日に休みを取って、という損害については
これはもう不可抗力よね・・・


20171004mj2.jpg 
「工事の日は、1日中おりぇりゃもぐりゃんまのベッドの下に隠れてにゃ」
男性が3人も出たり入ったり、ドリルの大きな音、、、と
猫たちには恐怖の1日でした。


20171004chi1.jpg 
「でもママ、紙のお皿じゃにゃくて、いつものお茶碗でゴハン食べられるようにゃったし」
洗い物を極力足さないよう、猫たちのゴハンも紙のお皿で我慢してもらってた。



ま、考えようによっては、
どうせ10年後くらいにはこういう目に合う確率はかなり高いのだから、
だったら今済ませてしまって、これであと2、30年は心配ない、となったんだから、
まぁ、いいんじゃないの・・・・と。

あ、相変わらず能天気?

にしても・・・けっこうな、めったにない事件でしたよ。
気をつけようもないしね・・・







トンデモ事件のおかげで円山動物園

ほんとはね・・・今日はまた旭山動物園に行く予定だったの。
なのに・・・!
この週末からとんでもない事件が勃発し(猫たちのことではないですよ)、
結局今日まで今後の予定も見えないため、ただ自宅待機してた。
あ゛ー、こんな無為に1日を過ごすなんて・・・!

なので、その代わりではないけれど、昨日は円山動物園に行ってきました。
ヒマラヤグマやポッキーにも会いたかったので。

日曜日の円山動物園は初めて。
混雑を予想していたけれど、平日の旭山動物園ほどでもなかった。
(日曜日の旭山動物園も知らないけれど)
けれど、いつもの平日では見たことがなかった、猛禽類フライトを見学したり、
オオカミたちの食事風景も見られてよかった。



20170924zoo3.jpg 
すばらしくかっこいい!大型のミミズク。名前失念。今度ちゃんと覚えてきます。


20170924zoo2.jpg 
「鷹匠」飼育員に向かってまっすぐ、まったく羽音を消して飛翔。
ダイナミックかつ感動的です。


20170924zoo5.jpg 
全く人間にはなつかない、けれど人間を利用することの価値を理解している。
こんな大きな猛禽を肩に乗せて歩きたい・・・夢の1つです(笑)


20170924zoo11.jpg 
そして、ヒマラヤグマの・・・こっちはミナミちゃんかな?
この日はけっこう残暑の陽射しがキツイ日だったので、涼しい室内と広々屋外とを半々で過ごしていました。
(直射日光がきついと、屋外側はガラスの反射がひどくて写真も撮れない)



20170924zoo10.jpg 
夕方近くになると、そろそろお楽しみの夕食タイムが待ち遠しくて、
2頭とも室内でまったり&うろうろ。
「たのしみぃ~ 今日のメニューはなにかなぁ」みたいな顔をしてる。


20170924zoo13.jpg 
 ↑ ちょっと夢見がちなオトメ風?


20170924zoo12.jpg 
野生化での生態をほとんど知らないからこんなこと言えるのかもしれないけれど、
こんなにラブリーでかわいく見えるイキモノ、私の中ではダントツ1位。
あなたたちも決して若くはない。
これからも大事にされて長生きしてね。




そして・・・
ポッキーは今日も頑張っている姿を見せてくれました。


暑いくらいの日和だったので、夕方まではポッキーも屋外に出て日陰で丸まって寝ていました。
そして夕方近くに屋内に戻ってからは、
いつも通りゴハンタイム待ちウォーキング。

けれど・・・見るたび、おぼつかない足取りがさらに危うくなっているのを確認することになり・・・


20170924zoo6.jpg 
地面の砂に足を取られるように見えるけれど、むしろこれくらいのほうが
筋肉を衰えさせないためにはいいのか、あるいは転倒した時のケガ防止になるのか─


20170924zoo7.jpg 
もうダメか、と思うほどよろけ、倒れこむことさえあるけれど、必死に立ち上がる。
「がんばれ」と思わず見ていて声が出る。


20170924zoo14.jpg 
となりの2歳の女の子エンちゃんがしなやかで若々しく美しいだけに、
よけいにポッキーの姿には切ないものを感じるけれど─


20170924zoo15.jpg 
相変わらず食欲は旺盛。
けれど、前より食べるのにかなり時間がかかるようになったような気も。


20170924zoo16.jpg 
食べている途中に、ふと、となりのエンちゃんの気配に気づき・・・


20170924zoo17.jpg 
エンちゃんとのフェンスの境でじっと彼女の気配をうかがう。
─という繰り返しをしながらやっと完食。
見えていなくても、となりにメスがいることで、ポッキーは生きる活力を与えられている。


20170924zoo9.jpg 
遠くアフリカの草原からこんなに遠い遠い場所まで連れてこられたポッキー。
でも、きっと不本意な生涯だったと嘆いているのではなく、
いつもいつも「どうやって生き延びるか」それが命題だったのは変わらなかったはず。
だから、ポッキーは勝利したんだよ。
勝手ながら、私はあなたのことを誇りに思っているよ。



20170924zoo18.jpg 
寒帯館のアムールトラのアイちゃんも、寝室への収容が待ち遠しくて、
やせた体でごろんごろん。
タツオ同様、腎臓を患っているのです。
しかし・・・猫が高齢になるとみんな腎臓が─というパターン、
なんとか予防できる方法はないんだろうか・・・


20170924zoo19.jpg 
放飼場の清掃をしている飼育員に、吠えて「早くってば」と催促するアイちゃん。
あなたも本当に大事にしてね・・・・


20170925mj1.jpg 
「む・・・やせた大猫が吠えてるにゃ」 ↑ 肥えてる大猫
 

20170925mj3.jpg 
「おりぇだって、立派な牙があるんにゃっ!」
はいはい、すごい牙だねぇ、かわいいねぇ(笑)



事件が終息したら、雪が降る前に旭山動物園、再チャレンジする予定です・・・

事件の顛末は、また次回に。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR