FC2ブログ
プロフィール

Lin

Author:Lin
兎道修験行者/モル道入門/猫置屋女将




【うちの子たち】
千夜
(ちや 満9歳半・♀)
多分、ヨモママたち(↓下記)と血縁。約生後1ヶ月時に保護。
chiyapro11.jpg

Michaeljackson
(マイケルジャクソン 満8歳♂)
モノママの息子・Bioの兄弟。生後3週間未満時に保護。
mjpro.jpg

Luca(ルカ 満8歳♂)
ヨモママの息子・Cibaの兄弟。約生後2ヶ月時に保護。
lucapro11.jpg



多頭飼育崩壊現場からレスキュー、
Lin家から養子に出た子たち

あうち

2013年4月21日養子へ
bio_pro.jpg


きっちゅ
2013年4月28日養子へ
bio_pro.jpg


くーる
2013年5月3日うーぴと一緒に養子へ



うーぴ
2013年5月3日くーると一緒に養子へ
bio_pro.jpg


あんこ
2013年6月9日養女へ
bio_pro.jpg


不二子
2013年7月13日養女へ
bio_pro.jpg


サバ
2013年7月13日養子へ
bio_pro.jpg


Vivi(びび)
2013年10月6日養女へ
bio_pro.jpg



【預かり・代理募集でLin家から送り出した子たち】

まがも

2013年7月養子へ
bio_pro.jpg


つぐみ
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


うずら
2013年8月養女へ
bio_pro.jpg


ふう
2013年10月養子へ
bio_pro.jpg


ひらり
2013年10月26日 きららと一緒の家に養女へ



きらら
2013年10月26日 ひらりと一緒の家に養女へ



ふわら
2013年11月1日 養女へ



Lion(リヨン)
2013年12月17日 養子へ



Noel(ノエル)
2014年1月25日 養子へ



Carol(キャロル)
2014年1月25日 養子へ



Opera(オペラ)
2014年5月養子へ



Viola(ヴィオラ)
2014年6月養女へ



Elm(エルム)
2014年7月ダーリアと一緒に養子へ



Dahlia(ダーリア)
2014年7月エルムと一緒に養女へ



Daisy(デイジー)
2014年7月養女へ



Poplar(ポプラ)
2014年7月リリと一緒に養子へ



Lily(リリ)
2014年7月ポプラと一緒に養女へ



Daphne(ダフネ)
2014年8月養女へ



Ziggy(ジギー)
2016年8月 養子へ
bio_pro.jpg


BeBe(ベベ)
2016年10月 養女へ





【私が保護し、Lin家から
送り出した野良猫ファミリー】

ヨモママ
(現在名:ルッコラさん)
ルカ、Ciba、クッキー、あずき、諭吉の母猫。2012年夏、養女に。
lucapro11.jpg


モノママ
Mj、Bio、ポポ、銀次郎、大・福の母猫。2013年夏、息子のBioと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


Bio(バイオ)
モノママの息子。2013年夏、モノママと一緒に養子に。
bio_pro.jpg


Ciba(シーバ)
ルッコラさんの息子。2012年秋、銀次郎の家に養子に。
lucapro11.jpg


クッキー
ルッコラさんの娘。2010年夏ポポと一緒に養女に。
lucapro11.jpg


ポポ
モノママの息子。2010年夏クッキーと一緒に養子に。
lucapro11.jpg


あずき
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


諭吉
ルッコラさんの息子。2011年春、養子に。
lucapro11.jpg


Giga(ギガ)(現在名:銀次郎)
モノママの息子。2011年秋、養子に。あとからCibaも迎えられました。
lucapro11.jpg


Duo(デュオ)(現在名:大)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の福と一緒に養子に。
lucapro11.jpg


Eao(イーオ)(現在名:福)
モノママの息子。2011年夏、兄弟の大と一緒に養子に。
lucapro11.jpg

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

いきなり-10℃

来た・・・!
間違いなく厳寒。
いきなり厳寒期なみの気温。
現在の気温は-10℃。

20181208out.jpg 
先日までの非常識なほどの暖冬ぶりが幻のように思われる、この気温急落ぐあいときたら。



寒いのもつらいけれど、季節感が還ってきた感覚が何となく嬉しい。
明日の朝、盛り盛りダウンジャケットで出勤しようかな。
いきなり薄手のダウンでは心もとない。

20181208mj4.jpg 
「冷え込んでも、おりぇとにゃらぬくぬく寝られるにゃろ?」
ほんとに・・・まいこ~と寝るのはあったかいんだけど、
おまえとばかりというわけにはいかないよ・・・




もう師走。はや師走。
なんだか落ち着かない日々の繰り返しのうちに、もう今年も終わってしまう。
今からでも会いたい友だちがたくさんいます。

akikoさん、マーサさん、N西さん、obママ、りえちゃん、みんな元気?
みんなのところのもふもふちゃんたちも元気かな?
もう12月だから「遊んで」と言っても忙しいよねぇ。
Lin家から送り出した子たちも暖かな冬を迎えているよね?

20181208mj2.jpg  
「おかにゃん・・・遊ぶ計画が思い通りに行かない1年を後悔してるんだにゃ」


20181208chi2.jpg 
「あんた・・・遊ぶことびゃっかし考えてるにゃろ」
ちちち、違います!仕事ばっかりしてるから遊べなかったんです!



そうだ、お正月に帰省する?Mayumiさん、Tokuさん。
だったら、絶対遊びに来てね。

20181208lu1.jpg 
「りゅかたんも遊びたいお」  ↑ まいこ~の尻尾で遊ぶルカちゃん。



とりあえず・・・
お好みの寒さになったので、年内か年明けには旭山動物園に行こうかと。


20181208mj3.jpg  
「またケモノ見に行くのきゃ・・・」
うちの猫たちは、電気アンカが仕込んであるベッドで寝ていて暑くなると、
空いているベッドに移動し、そこでまた暑くなると・・・を繰り返している。


でも、きっとまた極端に高い気温の日が戻ってくるような気も。
本当にこの冬は先行き不透明。

皆さんも風邪をひかないように!


変えてはいけない習慣

やっと冬が来た。
今日は1日中ヒーターのスイッチをONにしていて、
そして割と間断なく運転している。

夜になってから外出したら、
このくらいの寒さなら先日購入した「盛り盛りダウンジャケット」も場違いには見えないな、と確信。
(北海道でも気恥ずかしく感じるダウンって・・・)

あたりもうっすら雪で白くなって、
なんとなく気持ちが落ち着いた。
やっぱり、冬は好きだ。
足元が滑るのは恐怖だけども。

20181201c_m1.jpg 
カメラを出すと、必ずカメラバッグにちょっかいを出す、まいこ~。
写真撮らせてってば。


今、リビングの続きの部屋で寝るための敷布団をネットで探していて・・・

毎晩猫たち(日替わり)と反対側の個室のベッドで寝ているけれど、
朝方には寒くなるので、いつもちゃんと布団に入っているか気になって私も熟睡できない。
特に、千夜は頭から布団に入るので、必ず途中で暑苦しくなるのか出てしまい、
しばらくすると寒くなって、今度は「入れて」と枕を手でガシガシして起こす。

なので、自分たちのアンカが入っているベッドのある空間に私が寝るなら、
猫たちも自由に快適な場所を選んで寝られるだろうから。

・・・が、これまでリビング続きの部屋で使っていた寝具では、
非常に腰が痛くなり・・・とほほ・・・
下付き感のない、もっと厚みのあるマットか敷布団じゃないと。

20181201chi1.jpg 
「後ろの部屋に布団敷いて寝るんでちょ?ちぃは別にそれでもいいけど」


20181201mj2.jpg 
「おりぇは・・・大反対」
まいこ~は千夜とルカちゃんが私の布団にいると、絶対に近寄ってこない。


20181201mj3.jpg 
「当然にゃろ。おりぇ、猫と一緒には寝たくにゃいきゃら」
・・・そうですね、まいこ~は猫嫌いでした・・・


20181201lu1.jpg 
「りゅ、りゅかたんはまいきょというにゃんこが嫌いだお」
あっ、ルカちゃん、またズケズケとブラック発言を。


まいこ~は一緒に寝るとき、完全に抱き枕状態になってくれるので、
あったかいことこの上なし。
ぎゅーっと羽交い絞めにして、そのまま当然みたいな顔をして朝までそのまま寝ているので、
この季節、私はぬくぬく眠れる。(いや、途中暑くなる)

20181201mj1.jpg  
「おりぇと寝るのはサイコーにゃろ?身も心もホッカホカににゃるだろぉ?」
しかし・・・抱き枕にされたまま寝るにゃんこというのも・・・



ルカちゃんはいつも私の首元に顔をうずめて静かに寝てくれるので、
これまた顔じゅう毛だらけにされること以外は問題ないしあったかいし。

だからと言って、布団を出たり入ったりを繰り返す千夜だけのけ者にするわけにはいかない。
それに、なにより日替わりだと「今晩は誰と?」と
日に日に「添い寝権」をめぐる攻防が激しくなっているし。

となると、やはり・・・真夏以外は全員がいる場所に私が寝るようにして、
たまにまいこ~とだけ個室のベッドで添い寝してあげる  にするしかないかな。

付け加えると、先日の地震の時、
一緒に寝ていたのはルカちゃんで、千夜とまいこ~は離れたリビングにいて、
飛び起きて、まいこ~はすぐに見つけられたけれど、
千夜の姿がしばらく見えなかったので本当に心配したから。
だから、やっぱり寝るときはできるだけ全員一緒じゃないと心配だ。

ずっと、ウサギと暮らしている頃から、
就寝時にも異変にすぐ気が付くよう、必ずウサギと一緒に寝ていた。
これはやっぱり変えちゃいけない習慣だと改めて思った。


20181201chi2.jpg 
布団の中に頭から突入して、長くなって私の体にぴったりくっつけて寝る千夜。
だって、ちぃちゃんだってママと一緒に寝たいんだものね。
ママもちぃちゃんと寝るのは幸せ。
でも、熟睡もしたい・・・



ずっとずっと就寝問題が完全解決しないまま。
結局、人間が状況に合わせて寝る場所を転々とするしかないみたい・・・
と、くだらない話のようにも聞こえるけれど、
それほどうちのにゃんこたちは飼い主と寝ることに特別なものを感じているようなので。






高齢者と猫

もう11月も終わるというのに、今日は一度降った雪も全部消えてなくなり、
日中は15℃もあって、真冬仕様のコートでは汗ばむほどだった。
明日からまた0℃近くにまで冷え込むらしいけれど、
こんなにこの時期暖かいと、不気味な気も・・・

やっぱり、季節なりの気温であって当たり前。
寒いのはつらいけれど、雪がどっさり降るのも嫌だけど、
冬には冬のにおいや音があり、情景があると思うから。

20181127all1.jpg 
3個のベッドにそれぞれ電気アンカを入れてあげても、
必ず1個は電気の無駄遣い化しており・・・

20181127lu2.jpg 
ホットカーペットのスイッチは入れていなくても、暖房機のスイッチも入れていないけど
どう見ても誰も寒がってなどいないし・・・
「でも、アンカはそのままにしておくんでちょうね・・・」


もうあと1か月で2018年も終わるのか・・・と
ほんとに1年の速さには驚愕の思いと、
同時に・・・今年に入ってからの出来事だったはずなのに、
なんだか10年も前のことだったような感覚も増えてきて・・・
あれ?これはもしや一種の老化か?


20181127chi1.jpg 
千夜も今年満10歳になり、そろそろ私より「実質年長」になってしまうのか・・・
お互いにいつまでも元気でいたいものだ。


20181127chi2.jpg  
でも、猫ってほとんど見た目が変わらなくって羨ましい限り。
「ちぃはアンチエイジングに真剣に取り組んでいるんだにゃ」   は?


20181127lu1.jpg 
男の子たちもいつまでも赤ちゃんチック。
「りゅ、りゅかたん、ベイベにゃんだお」

20181127mj1.jpg 
「おりぇだってさ、赤ちゃんにゃのに、毎晩一緒にネンネしてくりゃにゃいにゃんて」
ますます、さらに、いっそう、一緒に寝ることに必死な猫たち。



母は、当初一度も触れ合ったことのない猫との暮らしに馴れることができるか、
本人も不安がっていた。
私がいない間、大猫3匹とだけで向き合うことに「怖い」とも言っていた。

なのに、今ではすっかり、特にまいこ~に夢中で、
「猫がこんなにかわいい生きものとは知らなかった」としょっちゅう言う。
まいこ~も千夜も、私がいない間は母にべったりしてずいぶん甘やかされている様子。
もし、これで猫がいなかったら、
独りっきりで長い時間を何をすることもなく寂しく過ごしていたと思うが、
猫がいたおかげで、私の所に来てから一度も寂しいと感じたことはないと言う。
私もまた、母がこんなに猫を猫かわいがりするとは意外だった。

そういう意味では、ほんとに猫たちには感謝している。
間違いなく高齢者を精神的に癒し支えてくれているんだから。
だから、世の中の高齢者も、後先の不安をカバーできるシステムがあれば
安心してペットを飼えるだろうし、
ペットの存在が何よりの励ましと生きがいにもなるはずだ、とつくづく思ったり。

ただただ、高齢者世帯のペット飼育は無責任 だけで終わらせるのは
あまりに知恵がないと思う。
きっと、行き場のない小動物にとっても新しい活路になる気がするのだけど。


20181127chi3.jpg 
「ママ・・・またよからぬ妄想を」
ええ、妄想ですけどね。


20181127mj2.jpg 
「おかにゃん、妄想に留めてくれにゃ」  
まあ、そういう取り組みを始めている保護団体もないわけではないらしいし。


さて、年末前に、まずは目前の月末繁忙を乗り切らなければ!

この時期に白くない円山動物園

晴れていたかと思ったら急に暗くなって
みぞれ混じりの雨が降ったりやんだり の1日でしたが、
久々、円山動物園に。



20181120mz1.jpg 
いつも擬岩の上で寝ている姿ばかりのアクバルが、
動きやすい気温になったせいかアクティブな様子を見せてくれた。


20181120mz2.jpg
やっぱり、ユキヒョウは躍動してこその宝石。


20181120mz20.jpg 
1週間ほどの閉園期間内に設置された、丸太でできたステージ。
サブ放飼場の方にも立体的な木組みやキャットウォーク的なものが増えていた。

20181120mz3a.jpg 
こんなユキヒョウの跳躍を見るにつけ・・・
リーベと別れたのがもう10年も昔のような気がしてくる。 


20181120mz4.jpg 
早く雪が積もるといいね、アクバル。


20181120mz7.jpg 
虹が。不安定な天候が続く晩秋には目撃率が高い。



今日の円山動物園は、とにかくアザラシにめいっぱい遊んでもらった!

いまやホッキョクグマ館のララもリラも
開館当初ほどプールに入り浸り という状態ではなくなったけれど、
かといって水中トンネルに入る来園者の期待を裏切らないのがアザラシたち。

20181120mz8.jpg 
ちょうど給餌タイムで、みんな順番に呼ばれて飼育員の前に。
「あたち?」  と、いそいそズリ寄るアズキちゃん(多分)


20181120mz9.jpg 
魚を口に入れてもらっては、ホイッスルの合図で鼻タッチ。トレーニングを兼ねているよう。


20181120mz10.jpg 
他の子も、決して割り込まず、きちんと順番が決まっていてそれに従っている様子。
全員、鼻タッチや体を触られるトレーニングをこなしていた。


20181120mz12.jpg 
陸上では臆病に見える彼ら・・・


20181120mz17.jpg 
陸上にいるときには、さほど反応してくれないのに・・・


20181120mz13.jpg 
水中トンネルのガラス越しでは、人間に大胆なふるまい。
ガラス越しの人間に愛想を振りまくマシロちゃん。
この子は帯広動物園の直立不動のアザラシの子。


20181120mz14.jpg 
人間の手の動きに合わせて回転したり、
カメラを構えると、思わせぶりな上目遣いで誘惑するし(笑)
こんな様子を見ると、間違いなくこの生きものは哺乳類なんだ、と実感する。


20181120mz15.jpg 
まだ子ども同士のアズキちゃんとマシロちゃんは仲がいいけれど、
お客さんの反応独占をめぐって小競り合いも。


20181120mz16.jpg 
あまりの人懐こさと可愛さに翻弄され、1時間近くもここを動けなかった。
深く潜れる環境を楽しんでね。


20181120mz18.jpg 
また遊んでね。


20181120mz11.jpg 
骨をもって泳ぐリラ。


20181120mz19.jpg 
水から上がると、倒木を枕にごろごろ。あっというまに茶グマ。
この子はもうすぐ満4歳。


20181120mz5.jpg 
もう室内でしか見られないライオンのリッキー。
ほんと、暗いってば。


20181120mz6.jpg 
可愛い顔して肉球ぺろぺろ。いや、暗いって。限界。


ヒマラヤグマも、アムールトラのアイちゃんも元気そうだった。


やっぱり、動物園は暑い時期よりは寒い時期の方が過ごしやすい。
寒がりではあるけれど、寒いのは着込めば何とかなることだし、
寒ければ寒いほど「負けるもんか!」という気になれるけれど、
暑いのはどうしようもない。

それに、今季は動物園用?にアウトドア仕様のダウンジャケットも準備したし。
つまり、「おしゃれじゃない盛り方のダウンジャケット」。盛り盛りボリューム。

これで-10℃の旭山動物園だって恐れるに足りず!と意気込んだのに、
なのに、なんなの、この記録的な暖冬ぶりは。
この冬は大丈夫加減の検証ができない恐れ。


20181120chi1.jpg 
「バチがあたったんでちょ」
ななな、なんのバチだ?

20181120lu1.jpg 
「そんにゃにアジャラシがきゃわいいとはにぇ・・・」
るるるる、ルカちゃん以上にかわいい哺乳類なんて・・・!



昨日、今季初めてヒーターのスイッチを入れました。

暖冬の時は、大雪になりがち。
それも、湿った重たい雪の。
マンションなので雪かきの心配がないだけまだしもです。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR